フィット マイナーチェンジ。 ビッグマイナーチェンジしたフィット・ハイブリッドは駆動系も一新されていた!

フィット|Honda公式サイト

フィット マイナーチェンジ

「N-BOX」オーナーの筆者が参加した新型「フィット」の試乗会(筆者撮影) 国内累積販売台数269万台(2020年1月時点)を誇り、いまだ180万台が保有されているという「フィット」は、2020年2月14日にフルモデルチェンジを実施し、第4世代となった。 初期受注は、月販予定1万台に対して2万4000台を達成。 そのうち7割が、新搭載の2モーター式ハイブリッド「e:HEV」搭載モデルだという。 価格は1. 3リッターガソリンエンジンが155万7600円~、e:HEVが199万7600円~だ。 対する「N-BOX」は、軽自動車として2015年から5年連続、登録車を含めた総合ランキングでも2017年から3年連続の販売台数No. 1を誇る。 今、日本で最もたくさん売れているクルマだ。 価格は「G (ホンダセンシング非装着仕様)」の133万9800円~。 東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧は 筆者は2019年3月末、N-BOXの新車を購入している。 そんなN-BOXユーザーの目線で、新型フィットを見た場合、どう感じるのか。 また、ホンダにとって国内販売の要である2車について、メーカーはどう考えているのか。 それを確かめるため、ホンダが2月下旬に千葉県内で開催した新型フィットの報道陣向け試乗会に参加した。 ところが……。 メーカーが考える「車格」とユーザーの購入動機は違う 試乗会でフィットの開発関係者に「N-BOXとは(商品の方向性が)まったく違う」とあっさり言われてしまった。 たしかに、コンパクトカーと軽ハイトワゴンを同じテーブルの上で比較することは、エンジニアにとって意味がないことかもしれない。 決して、比較すること自体を否定しているのではないが「車格では当然、フィットが上だ」という作り手の思いが優先していた。 一方、ユーザー目線では、フィットとN-BOXは、同格になりうるクルマだ。

次の

【試乗レポート】ホンダ フィットがマイナーチェンジで予想以上のレベルアップ|中古車なら【グーネット】

フィット マイナーチェンジ

「ホンダ・フィット」、マイナーチェンジでバリエーション豊かに 本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」にマイナーチェンジを施し、2010年10月8日に発売した。 売れっ子の2代目もデビューから3年を迎え、マイナーチェンジが実施された。 エクステリアは、フロントバンパーの形状が「インサイト」や「オデッセイ」を思わせる凹型のものに改められ、ヘッドランプやリアコンビネーションランプ、ホイールキャップなどのデザインも変更された。 3リッターモデルでは、インテリアカラーがブラックブルーとベージュの2色に増え、シート表皮の材質も新しくなった。 燃費性能の向上も図られ、ピストンのコーティングパターン変更、燃焼室のスリーブ変形抑制などによりフリクションロスを低減。 10・15モードの燃費値は、24. 今回のマイナーチェンジは、各グレードの役割を明確にし「フィット」のブランド力を高めようというのが大きな狙いで、のも、大きなトピックだ。 () 1. 5リッターモデルの「15X」は、いっそう上質感が演出され、内装にクロームの加飾が施されたほか、クルーズコントロールやシートヒーターなどの快適装備が与えられている。 また、ボタンひとつでエンジンやCVT、エアコンを協調制御して実用燃費をアップさせる、「ECONモード」も、ハイブリッドモデルの全グレードとガソリンモデルの一部グレードに備えられた。 5リッターのスポーティグレード「RS」は、はっきりと「走り」のキャラクターが打ち出された。 エクステリアは、いかつい前後バンパーと専用サイドシル、テールゲートスポイラーで飾られ、見違えるほどダイナミックに。 ブラックをアクセントとした前後ランプや専用のエキパイフィニッシャー、オレンジを基調とした派手なツートンカラーのインテリアなどで、他グレードとの差別化を図る。 エンジンそのものの出力(120ps、14. 8kgm)には変わりがないものの、走りに関わる機能にも手が加えられ、5段だったマニュアルトランスミッションは、6段に。 CVT車も変速比をローレシオ化するなど、独自の変更が施された。 サスペンションは専用のセッティング。 前後スタビライザーはより太くなり、パフォーマンスロッドも追加。 ソフト面のESPも、よりスポーティな味付けとされた。 極めつけはサウンドチューン。 サイレンサーやエンジンマウントに手を加え、発進時には迫力ある排気音が、中低速ではすっきりしたエンジン音が得られるという。 3リッターモデルが123万円から166万5600円まで。 5リッターモデル「15X」は149万8000円から167万3600円までで、1. 5リッターのスポーティモデル「RS」が169万8000円、ハイブリッドモデルが159万円から210万円までとなっている。 (webCG 関).

次の

【徹底レビュー】「ホンダ フィット」マイナーチェンジで完成度を高めた今が買い?

フィット マイナーチェンジ

「ホンダ・フィット」、マイナーチェンジでバリエーション豊かに 本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」にマイナーチェンジを施し、2010年10月8日に発売した。 売れっ子の2代目もデビューから3年を迎え、マイナーチェンジが実施された。 エクステリアは、フロントバンパーの形状が「インサイト」や「オデッセイ」を思わせる凹型のものに改められ、ヘッドランプやリアコンビネーションランプ、ホイールキャップなどのデザインも変更された。 3リッターモデルでは、インテリアカラーがブラックブルーとベージュの2色に増え、シート表皮の材質も新しくなった。 燃費性能の向上も図られ、ピストンのコーティングパターン変更、燃焼室のスリーブ変形抑制などによりフリクションロスを低減。 10・15モードの燃費値は、24. 今回のマイナーチェンジは、各グレードの役割を明確にし「フィット」のブランド力を高めようというのが大きな狙いで、のも、大きなトピックだ。 () 1. 5リッターモデルの「15X」は、いっそう上質感が演出され、内装にクロームの加飾が施されたほか、クルーズコントロールやシートヒーターなどの快適装備が与えられている。 また、ボタンひとつでエンジンやCVT、エアコンを協調制御して実用燃費をアップさせる、「ECONモード」も、ハイブリッドモデルの全グレードとガソリンモデルの一部グレードに備えられた。 5リッターのスポーティグレード「RS」は、はっきりと「走り」のキャラクターが打ち出された。 エクステリアは、いかつい前後バンパーと専用サイドシル、テールゲートスポイラーで飾られ、見違えるほどダイナミックに。 ブラックをアクセントとした前後ランプや専用のエキパイフィニッシャー、オレンジを基調とした派手なツートンカラーのインテリアなどで、他グレードとの差別化を図る。 エンジンそのものの出力(120ps、14. 8kgm)には変わりがないものの、走りに関わる機能にも手が加えられ、5段だったマニュアルトランスミッションは、6段に。 CVT車も変速比をローレシオ化するなど、独自の変更が施された。 サスペンションは専用のセッティング。 前後スタビライザーはより太くなり、パフォーマンスロッドも追加。 ソフト面のESPも、よりスポーティな味付けとされた。 極めつけはサウンドチューン。 サイレンサーやエンジンマウントに手を加え、発進時には迫力ある排気音が、中低速ではすっきりしたエンジン音が得られるという。 3リッターモデルが123万円から166万5600円まで。 5リッターモデル「15X」は149万8000円から167万3600円までで、1. 5リッターのスポーティモデル「RS」が169万8000円、ハイブリッドモデルが159万円から210万円までとなっている。 (webCG 関).

次の