ある日私は冷血公爵の娘になった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」56話ネタバレ

ある日、私は冷血公爵の娘になった4話ネタバレ・考察!ひたすらかわいい

ある日私は冷血公爵の娘になった

スポンサーリンク• 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のあらすじ 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 助けが来ないまま、数日がたちました。 エステルは、前世の記憶を追いかけました。 ある映画で、自分の体なのに痛みを一切感じず、意識もまるで外から見ているような視点になるという現象を映し出していたのです。 これは本当なのかと思い、自分自身で試そうとします。 一方、カルルは闇市場にでかけ、手がかりを持ってそうな人を脅しては剣で切っていきました。 ついにある商人が情報を話し、貴族の魔導師、ラフテンが鍵を握っているようです。 カルルは護衛に急いで調べさせようとします。 ひたすら間に合うように祈りながら。 カルルはエステルと過ごして感じた温かさを思い返しつつも、彼女がいなくなってしまうのではないかという恐怖を感じます。 13はエステルを助けようとし、魔導師がいない間に逃がそうとします。 しかしエステルは心ここにあらずという感じで意識朦朧です。 無意識なのか、エステルは自分が逃げると13が殺されてしまうと感じ、一緒に逃げようと13に言います。 運の悪いことに魔導師が帰ってきてしまいます。 魔導師は13を魔法で壁に打ち付けます。 血を流す13。 エステルは死なないでといいますが、13は答えません。 ですが、まだ息があるようでエステルは安心します。 魔導師はエステルをつれ、いすにすわらせると手を固定して動けないようにしました。 エステルは痛みを感じず、無反応でした。 そのリアクションを退屈に思いながらも魔導師はエステルに手を出そうとします。 ネタバレ・感想まとめ.

次の

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」59話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ある日私は冷血公爵の娘になった

漫画アプリ・ピッコマにて、毎週月曜日に配信されている「ある日私は冷血公爵の娘になった」第32話のネタバレと感想です。 前回の31話では、精霊石の音が聞こえるというエステルに、固まる公爵とハーデル。 そこにエメルの加勢もあり、公爵は精霊士のことを話す。 精霊士とは、精霊と契約してその能力を使うもののことを指す。 しかし、精霊士はその能力を使うごとに精霊との繋がりが濃くなり、精霊に近い存在となってしまうと話すハーデル。 そして、精霊士は色々な意味で使える存在。 ただでさえ注目を集めるエステルが、さらに狙われやすくため、他の者には知られたくないと公爵は言うのだった。 1~3話はピッコマで無料配信中!4話以降は、24時間ごとに1話を無料で読むことができます。 今すぐ絵つきで読みたい方は、ピッコマへどうぞ! 目次• ある日私は冷血公爵の娘になった32話のネタバレ 部屋に戻るハーデルに、勇気があると讃えるエメル。 その場で公爵が剣を抜かれてもおかしくないと言うと、エステルの前ではそのようなことはしないと思ってた答える。 しかし、それでも十分恐ろしかったと言い、その手は未だに震えているのだった。 エステルは、他にも色々聞いてもいいとハーデルに尋ねると、ハーデルは快諾。 部屋へと案内するのだった。 カステージョ領地の歴史 ハーデルは、まずはカスティージョの領地から説明しましょうといい、地図を広げる。 そして、• エステラ伯爵領• ソリード伯爵領• アダン男爵領• オンシラス男爵領• カリード男爵領 これら全てが公爵の領地だと説明する。 帝国の7分の1が自分たちの領土だと知り、驚くエステル。 そして、残りの土地は不毛の地となっており、作物も育たず人の住める土地でもないといいます。 どうしてそんな土地になっちゃったのかとエステルが尋ねると、精霊の加護がないからだと答えるハーデルは、この大陸の成り立ちを説明する。 もともとこの大陸は魔族の地だったと言う。 ところが、偉大なる始祖「ソーラ」が神のお告げにより、魔族を追い出し、汚染した土地を清め、帝国を築いたのだという。 そして、その時生まれた三大勢力が、「カステージョ」「ラシャード」「魔導士の塔」だという。 ラシャードとは、精霊士の一族で、100年前に滅びたという。 魔族によって汚れた土地を清めたのがこの精霊士ラシャードだそう。 そして、精霊士たちは大陸の汚染した土地を少しずつ清めていった。 しかし、精霊士がいなくなり、大地を清めることができなくなった。 ここで、エステルは察する。 その土地は、ほかの伯爵や男爵がもっており、もし自分が精霊士になれば、その不毛な土地を清めることができるようになるから狙われるのだと。 ぎゅっと拳を握りしめるエステル。 するとエメルは、エステルは自分が護ると言い、笑みを浮かべるのでした。 皇宮へと向かうエステル エステルが部屋へと戻ると、貴族から手紙が大量に送られてきていた。 これ全部お友達候補なのかと、青ざめるエステル。 しかしエステルは、山積みの手紙を読み、返事を書いたのだった。 そうしていると、狩猟大会をしめくくるパーティの日がやってくる。 2日間行われた狩猟大会の優勝者は、やはり公爵だった。 誰も公爵が捕らえたクマよりも、大きいえものを捕れなかったようだ。 一方、エステルはパーティに出るものの、本当の社交界デビューではなかった。 社交界のダンスパーティーには15歳を過ぎ、成人と認められてから参加できる。 つまり今回は、わたしという存在を世間に知らせることが目的だと言う。 普通は生まれた時に自然と知られるので、エステルは稀なケースだった。 そんななか、エステルはアニーに身だしなみを整えてもらう。 あまりの可愛さに、気に入るエステル。 エメルに護衛を任せ、エステルは皇宮へと向かうのでした。

次の

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」63話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ある日私は冷血公爵の娘になった

スポンサーリンク• 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のあらすじ 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 エステルに手をかける魔導師・ラフテン。 しかし、なかなかうまくいきません。 エステルの方は意識朦朧としているようで、目に光がありません。 うまくいかずにイライラする魔導師。 新しい方法を試す必要があるといって、明日は腕を切ろうと言い出します。 エステルは独房に戻されます。 エステルには、まだ公爵やカルル、エメルが助けに来てくれると言う希望がありました。 でも、いつくるのかという不安にも教われます。 一方、公爵側は魔法の塔のしたにつき、ラフテンを探し出そうとします。 しかし、塔の魔導師たちは公爵たちを中に入れようとはしません。 そこで公爵たちは、剣を駆使し強行突破します。 エステルはいまにも魔導師に腕を切り取られそうです。 13は、こんなことしたらエステルが死んでしまうといい、魔導師を止めようとします。 しかし力及ばず、魔導師はノコギリをエステルの腕に当てました。 エステルは痛みは感じなくなっていましたが、恐怖に押し潰されそうになります。 そのとき、扉の方で大きなおとがして、黒い霧が立ち込めます。 エステルが扉の方を見ると、霧だと思っていたものは黒いオーラで、そこには公爵が立っていました。 遂にエステル救出でしょうか。 次回が楽しみです。 ネタバレ・感想まとめ.

次の