ワンピース 無双 4 最強 キャラ。 【海賊無双4】全キャラ一覧と解放条件

戦国無双4で一番強いキャラは誰でしょうか?

ワンピース 無双 4 最強 キャラ

目次 おすすめスキル• 最終盤おすすめスキル 起死回生の力 【 入手方法】始まりの海図 体力の減少に応じて攻撃力が上昇します。 あえてHPを赤ゲージまで減らし、 無敵状態 ロギア系なら本気バーストなど を利用して最高攻撃力を維持し続けながら戦闘します。 回復アイテムでHPを回復してしまうと、攻撃力上昇の恩恵を得られないので注意しましょう。 スキルとは スキルとは、「始まりの海図」にコインとベリーを使用することで入手できる パッシブスキルのこと。 スキルを使用するには? スキルを入手しただけでは効果を発揮しません。 スキルを使用するには、 キャラごとにスキルを セットする必要があります。 スキルがセットできない? 入手したスキルがキャラにセットできない場合、セットしたい キャラのスキルスロットに空きがない可能性があります。 スキルスロットを増やすには? スキルスロットを増やすには、「キャラの海図」のスキルスロットをコインとベリーで解放する必要があります。 おすすめスキル• おすすめスキル一覧• 必須スキル• 地上攻撃強化• 追い討ち• 特殊攻撃強化• 空中戦の知識• 空中攻撃強化 必須スキル 剛力 敵のアーマーゲージ(敵のシールド)を削りやすくなり、気絶(敵が紫色)状態へ与えるダメージも増えるので、強敵を倒しやすくなります。 どのキャラクターにも装備させておきたいおすすめスキルです。 上昇量はスキルLvが高いほど大きくなる。 4万B のおすすめスキル は通常攻撃よりも 特殊技を主体にダメージを稼ぐので、「特殊技強化」スキルで特殊技の攻撃力を上昇させるのがおすすめです。 上昇量はスキルLvが高いほど大きくなる。 4万B 本気バースト特化型の構成• 海賊無双4関連リンク.

次の

【海賊無双4】おすすめスキル

ワンピース 無双 4 最強 キャラ

ワンピース90巻910話より引用 【パワー】 10億のカタクリの武装色を撃破するギア4の攻撃力はなかなか。 ビッグマムやカイドウには通じなかったのでギア5、ギア6に期待! 【スピード】 スピード型のギア4・スネイクマンでもカタクリよりちょっと遅かったので微妙。 スピードは今後の課題。 【防御力】 カタクリの武装色を下回る武装色なのでまだまだ。 【タフネス】 作中トップクラス。 カタクリの猛攻を食らいながらも再起不能に陥らないタフさピカイチ。 諦めない精神力も相まって素晴らしいものになっている。 【機動力】 ギア4導入で空を蹴って移動できるようになったのは大きい。 しかし、シキやカイドウのように自由自在空を動けるまでもは行かないので成長の余地あり。 ワンピース57巻553話より引用 【パワー】 超巨大な氷塊を持ち上げる腕力、青キジに攻撃を当てられる武装色は素晴らしい。 ジョズの攻撃力=腕力+ダイヤモンド+武装色なわけで、当然申し分ない。 【スピード】 クロコダイルに「あの巨体でこのスピード …参るぜ」と言わせるほどで、スピードにも秀でている。 【防御力】 作中トップクラス。 ミホークの斬撃をとめる快挙を果たす。 ジョズの防御力=基礎防御力+ダイヤモンド+武装色である。 【タフネス】 未知数 【機動力】 スピードはあるが、空である程度自由に動けるのかは不明 パワー・スピード・防御力全てに秀でていて、バランスが取れたキャラである。 基礎戦闘能力も高く、白兵戦ではかなり強い。 ただ、青キジに片腕を取られたのは残念。 ただ、白ひげやドフラミンゴにはすぐ割られてしまったので、氷漬けの技は強者には効かない。 その戦法ばかりを取ってるためパワーはいまだに未知数。 【スピード】 相手を氷漬けにするスピードは半端ない。 ほぼ一瞬で冷凍状態にさせることができる。 一瞬の油断でジョズのようになってしまう。 【防御力】 黄猿・赤犬とともに白ひげの地震攻撃を武装色で防いでるので、武装防御はかなりのものである。 ロギアにも関わらず白ひげの覇気攻撃を受け流しており、武装色に対する対抗策を持ち合わせてるようである。 【タフネス】 頂上戦争ではマルコの蹴りとジョズのタックルを食らうが、耐えている。 【機動力】 白ひげの起こした津波を止める時、すごい高さまでジャンプしている。 あれで月歩を使えれば機動力は中々である。 能力がチートすぎるが故に目立たないが、他のパラメータもそこそこ優秀。 ただ、三大将では最弱と思われる。 ワンピース57巻561話より引用 【パワー】 軽い一振りで超巨大な氷山を一刀両断してしまう凄まじいパワー。 斬撃はジョズに防がれしまったが、直接攻撃だと通じるのか気になるところ。 【スピード】 ルフィのギア2を先回りしてたので、少なくともギア2よりスピードは上。 【防御力】 最上大業物の黒刀で防げば、だいたいの攻撃は防御できるのではないだろうか。 生身のミホークの防御力が気になるところ。 【タフネス】 未知数 【機動力】 対ルフィ戦では、跳んでたのでかなり身軽である。 そもそも斬撃を飛ばせるので、空中移動はできなくても強い。 四皇のシャンクスの互角であることから、「強さ」だけなら四皇と同等といっていい。 (人望がなく部下がいないから四皇になれない)ウィーブル次第だが、七武海では1番強いのではないかと思う。 5位黄猿 ワンピース52巻511話より引用 【パワー】 光速の蹴りの威力は凄まじい。 (物理的には力積が特大)レーザー攻撃も当たってしまえば、人体を必ず貫くので強力。 しかも、それを制限なく連射できる。 【スピード】 作中最高クラス。 今後ワンピースで黄猿を上回るスピードを持つものは出てこないだろう。 見聞色の未来視と組み合わせれば、100%攻撃を当てられるであろう。 【防御力】 青キジ・赤犬とともに白ひげの地震攻撃を武装色で防いでるので、武装防御はかなりのものである。 また、マルコの武装色の蹴りを受け止めており、生身の基礎防御力もなかなかである。 ロギアにも関わらず白ひげの覇気攻撃を受け流しており、武装色に対する対抗策を持ち合わせてるようである。 【タフネス】 未知数。 そもそもスピードが速すぎるせいで攻撃を当てづらい。 【機動力】 空中だろうが光速で一瞬で移動できる。 さらに、世界中どこでも一瞬で移動できる。 機動力でも作中最高クラスである。 パワー・スピード・機動力どれも作中最強クラスだが、悪魔の実の攻撃に頼りすぎている感も否めない。 悪魔の実を無効化するヤミヤミの実ユーザーに対しては、極端に弱くなる可能性がある。 闇の引力からは光速であろうとも逃げられないので、唯一の天敵といえよう。 ワンピース87巻871話より引用 【パワー】 5歳の時点でエルバフを半壊させるパワーを持ち、ジンベエの武装防御技「梅花皮」とベッジの「ビッグファーザー」を難なく撃破していた。 「威国」という遠距離攻撃も備えている。 まだまだ実力は未知数だが、純粋な腕力は作中トップクラスだろう。 【スピード】 スピードが秀でているが分かる描写は今の所ない。 生身の戦闘能力が怪物な分スピードはそこまで、という風に調整されているのかもしれない。 また、ギア4を片手(武装色は使った)で防いでいる。 もし、後者だったらタフネスも作中トップクラスだろう。 【機動力】 普通時のマムは鈍重なイメージですが、痩せた時のマムはかなり身軽だった。 ゼウスがいれば空中を移動できるし、機動力も優秀といえよう。 デフォルトの戦闘能力はかなり優秀。 しかし、ソルソルの実がその力を増幅させるものではないという点は残念。 ゾオン系のような純粋な戦闘能力を底上げするような悪魔の実であれば、もっとランキングは上位だったであろう。 ワンピース59巻577話より引用 【パワー】 「熱+溶岩」という攻撃は、殺傷能力では作中トップクラスである。 一度でも食らうと白ひげやルフィのように体の一部分を抉られてしまう。 武装色の覇気でも防げないので、ビッグマムやカイドウにも通用するものと思われる。 【スピード】 溶岩の粘性が邪魔してるのか、スピードはそこまでではない。 【防御力】 黄猿・青キジとともに白ひげの地震攻撃を武装色で防いでるので、武装防御はかなりのものである。 また、武装色と共に冷えた溶岩を身に纏えば、かなり強力な鎧となるだろう。 ロギアにも関わらず白ひげ・ビスタ・マルコの覇気攻撃を受け流しており、武装色に対する対抗策を持ち合わせてるようである。 【タフネス】 白ひげの地震攻撃を2度も直接食いながらも、 KOはされなかった。 海賊を追いかける凄まじい執念も相まって、タフネスも作中最高クラスといえよう。 【機動力】 高くは飛べないが、多少の高さまでならマグマで移動できる。 頂上戦争で見せたように、地下を溶かして移動でき、他の能力者には持ち得ないタイプの機動力を備えている。 地上戦ではかなり機動力がある方だろう。 頂上戦争では、白ひげ・ジンベエ・ルフィ・エースに重傷を負わせ、イワンコフ・イナズマ・10番隊隊長クリエルを瞬殺し、隊長達+クロコダイルと1人で対抗するという無類の強さを発揮。 これだけ猛攻しといて、まともに攻撃を食らったのは怒り時の白ひげによるもののみである。 おそらく世界政府で一番強いのではなかろうか。 ルフィとの決戦が楽しみである。 ワンピース59巻577話より引用 【パワー】 (おそらく)非能力者の時に、シャンクスの顔に傷をつけ、4番隊隊長のサッチを殺しており、基礎戦闘能力は相当なものである。 さらに、グラグラの実の破壊力も持ち合わせている。 「闇水+地震攻撃」のコラボ技は防御不可能である。 【スピード】 スピードが秀でてる描写は今の所ない。 スピードで相手に劣っていても、闇水で引き寄せれば攻撃は当てられるので、ティーチにはいらないのかもしれない。 【防御力】 闇の引力で攻撃は全て引き寄せてしまうので、防御力は0といってもいい。 【タフネス】 防御力は0な分、タフネスは作中最強と思われる。 白ひげの地震攻撃やエースの「神火 不知火」を食らいながら、耐えている。 闇の引力で攻撃は必ず当たってしまうが、痛みに耐えさえすれば特に傷が残るわけでもなく大丈夫な様子である。 (エースの「神火 不知火」は体を貫いたはずが、穴は開いてなかった) 【機動力】 空を飛べない。 身軽というイメージもない。 そもそも、闇の引力や地震攻撃は、相手との距離にかかわらず強力なので、機動力はいらない。 パワーとタフネスに異常に秀でている。 「体の構造が異形」「悪魔の実を 3つ食べている説」などなど、まだまだ得体が知れず、戦闘においても隠し玉がある可能性あり。 今後の展望も含めて、かなり有望なキャラだ。 ワンピース79巻795話より引用 【パワー】 ギア4のルフィを一撃で KOするという常軌を逸したパワーを持つ。 ゴム人間のルフィに効いてたので、武装色はつかっていた。 龍形態で放つ「ボロブレス」という遠距離攻撃も持っている。 四皇でも頭一つ飛び抜けているのではないだろうか。 【スピード】 未来視を会得したギア4のルフィに確実に攻撃を当てている。 「雷鳴八卦」という技名や「ゴロゴロ」という効果音から、おそらく雷のスピードで攻撃したのであろう。 もしそうなら、スピードにおいても黄猿に次いで作中トップクラスだ。 あの巨体にこのスピードはまさに鬼に金棒だ。 【機動力】 龍形態だと空中を自由自在に移動できる。 抜け目なく5点全てにおいて作中最強クラスであり、まさに「最強生物」である。 ルフィ達がカイドウをどう倒すかが見ものですね。 (倒せないという展開もワンチャン).

次の

【海賊無双4】全キャラ一覧と解放条件

ワンピース 無双 4 最強 キャラ

個人的最強キャラ カイドウ 個人的にはカイドウが最強のキャラだと思います。 なによりでかいっていうのが最大の利点かと。 この大きさ。 完全に進撃の巨人無双になってます。 この大きさにより攻撃力防御力体力もさることながら、攻撃範囲が他のキャラに比べて大幅に広く敵をなぎ倒せます。 また龍に変形できるので龍変形時の特殊技を乱発できることにより、相手に攻撃のターンを与えずに嵌め殺せることもかなりの利点かと。 建物もなぎ倒せますし、パワーダッシュを使った移動も早いです。 弱点を強いて挙げるとするならば• ノーマル状態の移動速度が少し物足りない• 龍変形時の小回りが利かず、大きすぎて侵入できないところがある この2点ぐらいかと思われます。 後は申し分ない強さです。 本気バーストと龍フォルム変形を交互に使っていれば敵無しでした。 白ヒゲ 海賊無双は代々白ヒゲが最強だったのですが、今作でも白ヒゲはやはりカイドウと並び最強格でした。 白ヒゲもカイドウ程ではないにしろかなりでかいので攻撃範囲などは優れています。 カイドウより優れている点は移動速度の速さ。 あのサイズにも関わらず尋常ではないスピードです。 パワーダッシュを使えばマップの端から端まですぐに移動できます。 同じぐらいのサイズのビッグマムなどは非常に移動速度が遅いのであまり使用する気になれませんが、白ヒゲのスピードは圧倒的でした。 カイドウと違って変形フォルムがないので、使っていて特殊技ゲージが枯渇することが多々あり通常攻撃がある程度必要となります。 それでも戦闘能力は非常に高く申し分なかったので、カイドウに次いで使用しました。 おすすめスキル 私が使用したスキルは• 船長の心得(特殊技ゲージ自動回復)• 剛力(スーパーアーマーダメージアップや気絶ダメージアップ)• 特殊技強化 戦闘スタイルによると思いますが、特殊技を使った方が圧倒的に早いし嵌めれるのでいかに特殊技ゲージを貯めて早く殺戮するかを考えると上記のスキルになりました。 トレジャーログの最後の方で脳死ごり押しプレーをしていたら1回ゲームオーバーになったので、そこでバースト中に回復するスキルに変更したぐらいです。 海賊無双4の感想 個人的には非常に楽しかったと思います。 キャラゲー無双なのでジャンル的にハードルは勿論下がっていますが、無双系は爽快感などが全てだと思っているのでそういう意味では十分に満たされました。 雑魚もワラワラいますし、カイドウや白ヒゲはでかいので建物もついでにバッコンバッコン破壊できて気持ちよかったです。 ボリュームもストーリー+トレジャーログクリアで30時間程度。 また、プラチナトロフィーに関しても用意されているコンテンツをやりさえすれば自動で取れます。 前回まではアンプレアブルのキャラの仲間レベルをMaxにしろだの、糞みたいな条件でしか発生しないサブクエストを全て回収しろだの非常に作業感が強い面が多かったのですが、今回はそれが一掃されていました。 これは非常に素晴らしい改善点だと思います。 そのおかげでノンストレスでゲーム自体を楽しめました。 求めているハードルも低いので、適度なボリューム、爽快感で暇つぶしにはもってこいのゲームだと思います。

次の