趣味 ブログ 稼ぐ。 趣味ブログで月5万稼ぐ最短ルートを伝授する@出張所

趣味ブログが圧倒的に稼げない理由はテーマを間違えている

趣味 ブログ 稼ぐ

もしあなたが お金を稼ぎたいなら、今すぐこのブログを読むのをやめましょう。 同じ記事を書くにしても「アフィリエイター」になった方が稼げます。 それでもブログがいいのなら、今すぐ「プロブロガー」になって最短最速で自分を売りましょう。 このブログがおすすめする 趣味ブロガーは カメの歩みです。 昔話のウサギとカメのように、 「なんでお金になるかどうかも分からないのにブログなんてやってるの?」 とバカにされるのですが、私はそれでもあえて趣味ブロガーをおすすめします。 たぶん、アフィリエイターやプロブロガー ではない何かになりたかったからこそ、あなたはこのブログを読んでいるのだと思います。 これは人間をめぐる 現在と 未来のお話です。 1.日々の生活を豊かにするため 精神的な豊かさを実現しよう! まず 現在の話です。 私が趣味ブロガーをすすめるのは 日々の生活を豊かにするためです。 経済的・物質的な豊かさではありません。 ここで言いたいのは 精神的な豊かさです。 「」という記事で、情報発信して「アンテナ」を立てることの重要性を書きました。 「ブログのネタになる」と思うと 毎日の過ごし方が変わります。 自分の好き・得意・趣味に共感してくれる人と出会います。 もっと言えば、価値観の近い人と簡単につながることができます。 そんな人たちに、あなたは自分の知識・経験・体験・スキルなどを提供することができます。 「」という記事で問いかけました。 そもそもブログの目的はお金ではないのでは? 稼ぐことはスッパリあきらめて、ブログを通じて価値ある情報を提供したり、同じ好き・得意・趣味を持つ仲間を集めるのも楽しいですよね。 ブログは自分の好き・得意・趣味を情報発信できるとても素敵なツールです。 趣味ブログは、 今すぐ精神的に豊かになれる方法なのです。 経済的に困っているなら趣味ブロガーを目指すな! 別にこれはきれいごとではありません。 実はこのブログの真のターゲットは 30代と40代のブロガーさんです。 なぜなら今から 顔出しして炎上して社畜やめま~す とか言って、今の仕事をやめることできますか? ほとんどの方はできないと思います。 この年代になるとプロブロガーのハードルがめちゃくちゃ高いからです。 私自身が実際に会社をやめた経験者なので言いますが、• 20代独身で実家暮らしで会社を辞める• 30代で子どもがいて住宅ローンはウン千万円残ってる状態で会社を辞める どっちがハードル高いと思います? 20代の社会人に「会社やめてもなんとかなるよ」と言うならまだわかります。 仮に本業の収入を副業の収入が超えたとしても、 「本当に今後も住宅ローンが返せるのだろうか?」 「子どもの教育費が払えるだろうか?」 と悩むはずです。 実際ブログで稼いぎつつ、本業を続けている人を何人も知っています。 それは正しい選択だと思います。 当たり前のことを言いますが、 経済的になんとかしたいと思っているのなら 趣味ブロガーなんてきれいごとを言っている場合ではありません。 あなたにとって必要なのは趣味ブログではなく、お金を稼ぐ仕組みです。 だからメルカリでもせどりでもライターでもコンビニのバイトでもいいから、今すぐお金を稼いでください。 趣味ブログに人生をかけている場合ではありません。 趣味ブログは高い次元の欲求を満たすことができる! 経済的になんとかしたい人を除くと、次に待っているのは「精神的な豊かさ」の問題です。 マズローの欲求5段階説をご存知でしょうか? 人間の欲求を5段階に分類し、低い次元の欲求が満たされれば、さらに高い次元の欲求を満たすために行動するというモデルです。 自己実現欲求:自己の存在意義を実現する欲求• 自己尊厳欲求:他者から尊敬されたいという欲求• 認知評価欲求:他者から評価されたいという欲求• 安全確保欲求:集団に属することで、リスクや危険から身を守りたいという欲求• 生活生理欲求:衣食住の欲求 出典:「」 お金に困っている人はそもそも 「生活生理欲求」のレベルの問題を抱えています。 趣味ブログはお金を稼ぐのに向いていないので、時間がかかりすぎてゲームオーバーです。 決して、お金がないときに収益のない趣味ブログにすがってはいけません。 でも趣味ブログは、もっと高い次元の「自己実現欲求」、「自己尊厳欲求」、「認定評価欲求」を満たすのに 向いているのです。 目的と手段を間違えないようにしましょう。 もしかして、老後のために貯金してますか? 投資してますか? 節約してますか? 老後が不安だからやっている人もいれば、よくわからないけどやっているという人もいるでしょう。 いずれにしても、これから年金制度はどんどん厳しくなっていきます。 仕組み上破綻する前に税金がどんどん上がり、もらえる金額が減るのは確実です。 老後破産する人は今後も増えるでしょう。 というより老後破産は既に起こっている問題です。 だから老後破産に備えるために「お金」を貯めますか? 残念ながら、それでは足りません。 なぜなら いくら必要なのかわからないからです。 公的年金が最もすぐれているのは、「長生きリスク」に備えるものだから 今、国民年金保険料を払えるのに払わない人がいます(払えない人は免除申請をしましょう)。 しかし国民年金とは 死ぬまでもらえるお金です(少なくとも現時点では)。 30代の人が90才まで生きる計算していたら、医療技術の発達で100才になったらどうなりますか? 貯金なんて長生きしたら足らなくなります。 だからいくら貯金したらいいかは誰にも分かりません。 年金は不労所得です。 不労所得なんて怪しいと思っている人がたくさんいるかもしれませんが、 人生の最後は不労所得でみんな暮らすのですよ。 もちろんその年金が「生活をするのに足りていれば」ですけどね。 生涯月1万円を目指す理由 「」という記事に次のように書きました。 顔出し、炎上なし、オピニオン記事なし、ブログ論なし、収益報告なしでひっそりとブログを使って 自分の好き・得意・趣味を生かした自動販売機化する方法を広めること 自動販売機なんて怪しいと思った人もいるかもしれませんが、私が目指すのは 生涯月1万円です。 もし趣味ブログがみんなに価値を提供しながら、毎月1万円ずつお金をもたらしてくれたらどうでしょうか? 老後の家計が楽になりますよね。 老後になっても趣味ブログなら続けられます。 孫ブログ• 盆栽ブログ• 俳句ブログ• 熟年婚ブログ• 終活ブログ でもなんでもいいじゃないですか。 でも本当に大事なのは、つながり 2017年7月に経済産業省の若手官僚が書いたレポート「」が話題になりました。 定年後は 「社会とのつながり」が急速に失われるそうです。 30代には30代の 40代には40代の 50代には50代の 60代には60代の 70代には70代の ブログを書けばいいだけです。 まあ寝たきりになったりすると厳しいかもしれませんが、それまでにブログを通じて出会った人たちとつながりをもつことは、今後のかけがえのない財産となるでしょう。 90歳でtwitterを操るおばあちゃんもいますからね。 ブログを通じて社会とつながることができます。 別にアフィリエイトやGoogle AdSenseの仕組みがなくなったって困りません。 自分の好き・得意・趣味に共感する人が集まる限り、みんなとつながれますから。 お金だけ持っていても、孤独だったらさびしいじゃないですか。 あるブラック企業は働き方改革とiPadなどのタブレット端末のおかげで、ホワイト企業になったそうです。 今まで人が行っていたことを機械に任せることができれば、人の仕事が減っていきます。 逆にYouTuberのような、過去には考えられなかった仕事がどんどん生まれます。 「趣味ブロガー」だって、そのうちプロブロガーとは別の項目で職業図鑑に載るかもしれませんね。 もし 働かなくてよくなったら何をします? ベーシックインカムがもらえて、AIのおかげで食べ物も安くなって、生活に困らなくなったら何します? そうです。 多くの人がしている「仕事」がなくなると、 相当大きな時間が生まれます。 定年後にテレビ漬けって楽しいの? ずっと仕事を続けていたある人が定年になってから、 「自分にはやることがないことに初めて気づいた」 「若い頃からなんでもいいから 趣味を見つけておけばよかった」 というのを聞いて、そういうものなのか、と思ったことがありました。 その中で特に思ったのは、定年退職を境に1日中テレビを見て過ごしている人の存在です。 「仕事」の部分がまるで「テレビ」に置き換わったように。 出典:経済産業省「」 40年以上ずっと仕事をして、その後に待っている時間はテレビの時間ですか。。。 思うことは人それぞれだと思いますが、テレビは 消費活動しかできません。 ブログは 生産活動をすることができます。 テレビは 一方通行です。 ブログを通じて つながる(双方向)こともできます。 お金と時間だけでは足りない! スマートフォンもパソコンもなかった時代、電気炊飯器も洗濯機も掃除機もなかった時代。 その頃から比べたら、どう考えても経済的・物質的に豊かになりました。 でも定年後の人たちを見ていると、お金だけでは足りません。 時間だけでも足りません。 趣味があれば、退屈しませんよ。 仮に人工知能のおかげで定年が40才にくらい早まって、残りの人生が60年間あっても趣味があれば一生退屈しません。

次の

趣味ブログとかに最適なamazonアフィリエイトで稼ぐ事例

趣味 ブログ 稼ぐ

目次 稼ぐための趣味ブログを作ろう! 「趣味ブログでは稼げない!」一般的によく言われていますが、これは間違っています。 確かに稼ぐ事を考えずに、ただひたすら趣味ブログを書いているだけでは稼げないです。 しかし、しっかりとした戦略を持ち運営すれば、趣味ブログでも稼ぐ事は十分可能です。 ジャンルによって稼げる額は変わってくる 「稼げる」と言っても、 どれだけの額を稼げるのかはジャンルによって変わってきます。 投資が趣味の方であれば、「株」「FX」などを取り入れたブログ記事を書けば、それこそ100万、200万と稼げる可能性はあります。 反対に「釣り」「パチンコ」などの、アフィリエイト案件が少ないようなジャンルであれば、稼げる上限は決まってくるでしょう。 それでも 「グーグルアドセンス」「アマゾンアソシエイト」「楽天アフィリエイト」などを使えば、月に数万~数十万円程度までは稼ぐ事が可能です。 稼ぐためのルール1:無料ブログは使わない まず趣味ブログを運営する場合ですが、 無料のブログサービスを利用することは止めて下さい。 「アメブロ」「ライブドアブログ」といったサービスは無料で使いやすいのですが、それなりにデメリットを持っています。 これはブログサービス側の判断で、ブログを消されてしまう可能性があるという事です。 ちょっとした規約違反などでブログを削除されても、無料ブログを使っている限りは文句を言う事はできません。 月に数万、数十万稼げるようになったブログを、ある日突然消されたら辛いですよね・・・ 他にも無料ブログには、広告規制やサイトが自分の所有物にならないなど、重大なデメリットを抱えています。 アフィリやブログを行うならワードプレス一択 稼ぐつもりのない趣味ブログなら無料のサービスでもOKですが、稼げるブログを運営するのであれば 「ワードプレス」と「レンタルサーバー」を使ってブログを開設しましょう。 ブログ運営で一番人気のレンタルサーバーは、断トツで エックスサーバーです。 ハイスペックで複数のブログ運営ができるし、 ブログがアクセスを稼げるようになってもサイトが重くなりません。 アフィリやブログで稼いでいる人は、かなりの高確率で「ワードプレス+エックスサーバー」を利用しています。 エックスサーバーを契約すれば、管理画面からワードプレスを簡単にインストールしてブログ運営が行えます。 ・ スポンサードリンク 稼ぐためのルール2:グーグルアドセンスをとにかく貼る ブログで稼げるようになるためには、 「広告」を利用する必要があります。 趣味ブログを運営していても、アドセンスの広告さえ設置しておけば、いくらかの収入にはなります。 アクセスが伸びれば収入も伸びる 極端な話をすると、グーグルアドセンスでの広告収入は、アクセス数の増加と共に伸びていきます。 アクセスが月に10万PV、50万PVと増えれば、グーグルアドセンスで10万円、50万円と稼ぐ事は可能です。 趣味ブログといえど一定の需要さえあれば、後はグーグルアドセンスを貼っておくだけで稼げるようになります。 アドセンス広告はたくさん貼ろう たまにサイトのデザインばかり考えて、アドセンスを1箇所にしか貼っていないブログを見かけます。 本気で稼ぎたいのであれば、 アドセンスは最低でも3箇所は貼るようにして下さい。 ブログ記事の 「上部」「中部」「下部」、ある程度アクセスが増えればアドセンスの「関連広告」なども利用するべきです。 貼りすぎはよくありませんが、ブログで稼ぐためには最低でも3つは広告を貼るべきです。 稼ぐためのルール3:アフィリエイト広告を売り込む 趣味ブログを見ていて感じるのは、広告の売込みをしてないのが非常にもったいない! 趣味でブログを書く事は良いと思います。 しかし広告の売込みを行わなければ、収入につなげる事はできません。 とは言ってもアフィリエイト商品を言葉巧みに売り込むのは難易度が高いです。 初心者であれば、 「売り込み」ではなく、「紹介」で稼ぐべきです! 最後にアマゾンアソシエイトや楽天アフィリエイトを紹介する! 初心者がアフィリエイト広告で稼ぐには、変な売込みを行わずに 「アマゾンアソシエイト」や 「楽天アフィリエイト」の商品を紹介するだけでOKです! 例えば趣味で行っている、釣りブログの場合。 これだけでも一定数の商品は売れていきます。 どんなブログでも関連商品を売る事は可能ですよね。 アマゾンや楽天の商品であれば、ユーザーも購入しやすいので、変な売込みを行わなくても一定数量は売れていきます。 大切な事はどのページでも、必ず1つは商品を紹介する事。 そうすれば一つ一つの記事が稼げるページになり、ある程度PVが集まった時に収益が格段に伸びます。 稼ぐためのルール4:記事のタイトル選定 趣味ブログで稼ぐには、 「PV」を集めなければいけません。 一般的に使われているのは、 「SEO」を利用した集客ですね。 これはグーグルの検索上から人を集める方法です。 そのためには一つ一つのブログ記事を、 グーグルの検索上で上位に上げる必要があります。 タイトル選定と記事の質が大切 300文字程度の日記のような記事ばかりでは、人を集める事はできません。 しかし意識して2000文字~3000文字の文字量と、必要な気ワードが含まれている記事を書けば、グーグル検索からアクセスを集める事が可能です。 さらに大切なのは、 人を集められるタイトル選定をすること。 タイトル1「10月24日、本日の釣り日記」 タイトル2「東京で川釣りが行える場所10選!プロが教えるおすすめのポイントは?」 上記二つの記事タイトルを見てください。 「タイトル1」は趣味ブログでありがちなタイトルです。 これは検索キーワードを意識していないので、人を集める事ができません。 しかし「タイトル2」は違います。 「東京 川釣り おすすめ ポイント」「東京 釣り 場所」というような、検索されやすいキーワードを意識してタイトル設定がされていますよね。 こういったキーワードで検索をかけてきたユーザーを、自分のブログへと呼び込むことができます。 このようにブログを書く時は、ユーザーが検索をかけるキーワードを狙ってタイトルを決める必要があります。 これを上手く行えば、検索からユーザーを上手く集客できるようになります。 広告と情報を共存させよう 趣味ブログで稼げるサイトと稼げないサイトは存在します。 その違いは「広告と情報を共存させられているか?」です。 趣味でブログを書くのはOKですが、必ず「広告」を載せるようにして下さい。 「グーグルアドセンス」「アマゾンアソシエイト」「楽天アフィリエイト」これらを使うだけでも、十分稼げるようになります。 まとめ 以上です。 今回は、趣味ブログで稼ぐ方法についてご紹介しました。 趣味ブログは稼げるのか稼げないのか・・・? その答えはブログの運営方法にあります。 何も考えずに趣味ブログを運営していても稼げません。 しかし有料ブログを使い、記事のタイトル選定を考えたり、広告を上手く使えば、趣味ブログでも十分稼ぐ事は可能です。 このやり方はブログ運営でも難易度が低く、 初心者の方でも比較的簡単に稼げる方法です。 「ブログで稼げない!」 「趣味ブログで稼げるようになりたい!」 こんな風に悩みを持っている方は、是非実践してくださいね。

次の

ブログで稼ぐってどうすればいいの?【初心者が最初に知っておきたい知識】

趣味 ブログ 稼ぐ

ブログでお金を稼ぎたい、収入が欲しいと思ってブログに記事を書き始める人は多いものの、そのほとんどが収益をあげることができていません。 その理由はなぜか・・・それは、結局、趣味ブログ止まりになっているから。 ブログと言っても、好きなことを自由に書いたらいいわけではなく、ビジネスである以上、しっかりと戦略を持って取り組むことが何よりも重要になります。 アドセンスで稼ぐにはアドセンスで稼ぐための戦略を、アフィリエイトならアフィリエイトの戦略を。 ということで今回は、 趣味ブログが稼げない決定的な理由とGoogleアドセンス、アフィリエイトで稼ぐための正しい戦略を徹底解剖していきます。 実際に、正しい戦略を以ってブログを運営していけば、弊社でも1つのブログから月に400万円以上を稼ぐことができていますので、あなたでも大きな額を稼ぐことができるでしょう。 Contents• 趣味ブログでは稼げない決定的な理由とは!? 趣味ブログでは稼ぐことができない決定的な理由、・・・それは「趣味ブログ」であるから。 冒頭でもお話をした通り、ブログを使ったGoogleアドセンスやアフィリエイトはビジネスであるため、「趣味」で取り組んでいる以上、稼ぐことは至難の技なのです。 確かに、どのジャンルで記事を書いていくのかというのも重要にはなるのですが、それ以上に、ブログで稼ぐために重要なのはあなたがどの程度本気でビジネスに取り組むか、ということ。 趣味程度でブログでお金を稼げたらいいな、と思っている人では絶対にブログでは稼ぐことはできません。 実際に、そういう甘い意識で取り組んでいる人が多いがゆえにアフィリエイトに取り組むほとんどの人が挫折して諦めてしまっています。 ブログで稼ぐとはいえビジネスですから、稼げるようになるまで時間もかかりますし、数多くの記事を書かなければなりません。 それを忘れて、簡単に稼げたらいいな、趣味程度の意識で稼げるというのは甘い話。 もしあなたがブログで稼ぎたいのであれば、趣味という意識そのものを捨てて、ビジネスをする、本気で取り組むという意識を持つことをおすすめいたします。 その上で、しっかりと戦略を練れば、あなたの好きなジャンルでも十分にお金を稼ぐことができるでしょう。 そう、重要なのは趣味ブログかどうかなのではなく、趣味の意識で取り組んでいるか、本気で取り組んでいるか、ということなんですよね。 そもそもGoogleはブログを評価するまで最低でも3ヶ月はかかると言われているため、ブログにアクセスが集まり始めるまで最低でも3ヶ月は必要になります。 したがって、ブログで稼ぎたい方は最低でも3ヶ月〜半年は収益が発生しないと考えていいでしょう。 ただ、後でもお話する戦略をしっかり練った上で、アドセンスやアフィリエイトに取り組むのであれば、月に100万、200万という収益も可能になります。 また、現在、初期費用がかからず、リスクもなしでブログを使って稼ぐことができるネットビジネスを特別講義として期間限定でお話しています。 それこそ、今回取り上げている ブログビジネスですので、あなたにとっても価値のある内容かと思います。 初心者でもわかりやすく0から稼ぐ方法をお話しておりますので、下記から無料で学んでみてください。 世の中の99%の人が知らない"新時代のお金の稼ぎ方"を無料公開中。 Googleアドセンスはブログの記事内に広告を貼り付け、その広告がクリックされることで報酬が発生する仕組みで、アフィリエイトは商品やサービスを紹介して成約すれば報酬が発生する仕組み。 それゆえ、Googleアドセンスの場合はいかにクリックされるか、であることから戦略としてはいかにアクセスを集めるかが何より重要。 となると、必然的にGoogleアドセンスで稼ぐには検索需要の大きい芸能人、季節、イベントなどトレンド系がメインになります。 トレンドを踏まえたジャンルで記事を書いていくことで大きなアクセスを集めることができ、結果として、記事内の広告が数多くクリックされる。 これがGoogleアドセンスの基本的な戦略と言えるでしょう。 アフィリエイトの場合は商品やサービスを紹介して、それを成約する必要があるため、その商品に興味がある人を集めることが重要です。 それゆえ商品につながる悩み系キーワードやその悩みに関連するキーワードをとっていくことがキモと言えるでしょう。 例えば、ダイエット関連の商品をアフィリエイトしたいのであれば、「痩せたい」、「ダイエット 方法」、「痩せる方法」といったキーワードでとっていくのが基本になります。 ただ、王道のジャンルであればあるほど、他のアフィリエイターも手を出していますので、アフィリエイトの場合はいかにライバルを減らすことができるか、がポイントと言っていいでしょう。 商品やサービスに興味のある人が検索するであろうキーワードで記事を書いてアクセスを集めることで商品が売れる、これがアフィリエイトなのです。 トレンドを抑えるわけではないため、どうしても3ヶ月〜半年以上の時間は必要となりますが、それでも月に100万円以上を稼ぐことができるため、取り組む価値はあるビジネスでしょう。 今回はブログでの戦略についてお話をしていきましたが、自分には難しいと感じた方は下記の『クビでも年収1億円』を読んでみましょう。 私がサラリーマンの時にネットビジネスで0から稼げるようになった方法の全てをお話していますので、ネットビジネスをするのであれば非常に参考になるはずです。 現在、期間限定で無料プレゼントしていますので、ぜひ下記から無料でお受け取りください。 サラリーマンの人生を変える最強の一冊を全ページ無料で公開中。 参考: まとめ 趣味ブログで稼ぐことができないのは、ビジネスではなく趣味として取り組んでいるのが一番の原因。 ブログで稼ぐと言っても、ビジネスであり時間もかかるし、記事も多くの数を入れなければならず、ビジネスとして気を引き締めて取り組むことが重要。 実際、稼げるようになるまでは最低でも3ヶ月〜半年は必要でビジネスモデルに合わせて戦略を練ることも必須。 Googleアドセンスの場合はクリック報酬であるためアクセスが集まりやすいトレンド系を、アフィリエイトの場合は商品やサービスの購入に近いキーワードでアクセスを集めることが大事。 参考: 名前:小玉歩 性別:男性 1981年生まれ、秋田県出身。 ネットビジネス界の異端児。 一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。 この経験を書籍として出版した(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。 その後も出版依頼が殺到し(幻冬社)、(徳間書店)、(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。 現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No. 1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。 経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

次の