バラ 科 の 果物。 花粉症はバラ科の果物に注意!果物アレルギーが起こる理由とは?

「バラ科」のフルーツは。。。?

バラ 科 の 果物

果物を食べて喉がイガイガかゆくなったりしたことはありませんか?もしそのような症状を経験したことがある場合、それは果物によるアレルギー反応かもしれません。 最近バラ科の果物によるアレルギーが増えています。 今まで問題なく食べることができていた果物でも、ある日突然、口に入れることでアレルギー反応が出てしまうのです。 また、年をとるごとに喉に不快感を覚えずに食べられる果物が少なくなっていく・・ということも。 このようなアレルギー症状を出す人の共通点とは何か、また、バラ科の果物アレルギーはどういうものなのか、なぜ起こるのか、そしてその対処法などについて解説していきます。 バラ科の果物アレルギーとはどんなもの? バラ科の果物は意外と多くあります。 りんごやもも、すもも、イチゴ、なし、西洋ナシ、さくらんぼ、あんず、びわなどはすべてバラ科です。 また、梅、ラズベリー、ブラックベリー、アーモンドなどもバラ科の果物に入ります。 バラ科の果物アレルギーとは、バラ科の果物を食べることによってアレルギー反応を引き起こすことを指しています。 それらのアレルギー反応は、「口腔アレルギー症候群(OAS)」という口内に接触することで起こるアレルギーという形で現れます。 果物を単に手に触れるだけでは、アレルギー反応が出ることはほとんどありません。 口腔アレルギー症候群とは 口腔アレルギー症候群とはアレルゲンとなる食べ物(多くは生の野菜や果物)を食べている最中に引き起こされる即時型のアレルギー反応のことです。 原因となる食べ物を食べている途中、もしくは直後(多くは5分以内)に、口の中や喉、舌、唇にかゆみやピリピリ感、腫れなど、口の中だけにとどまった症状がみられます。 これはアレルギーの原因となっているタンパク質が口の中の消化酵素で分解され、症状の原因となる物質がなくなってしまうからです。 そのため口腔内には不快な症状が見られますが、症状が全身に見られたり、特定の症状が全身に広がったりすることはほとんどありません。 ただし、5%未満くらいの人においては、重篤なアレルギー症状が発現することがあります。 喉の腫れや呼吸困難、喘息といった呼吸器官における症状や、腹痛、嘔吐、下痢といった消化器官における症状が見られることもあります。 症状がさらに悪化すると、意識がなくなる等のアナフィラキシーショック状態が起こることもあります。 幼い子どもはアレルギー反応が即時出ることが多い バラ科の果物アレルギーが口腔内だけに起こる人もいれば、せきやじんましんと言った全身症状が即時表れる人もいます。 一般的な傾向として、即時に全身症状が表れる人は比較的年齢が幼い人が多いと言えます。 今まで食べたことのない果物を口にしたときに、全身にじんましんがすぐさま表れたり、かゆみや赤みが急激な速さで全身に広がったりするのです。 これは、幼い子どもは、かゆみやせきなどを引き起こすアレルゲンが胃や十二指腸ですぐに分解することが難しく、アレルゲンがそのままの形で体内に吸収され、血液と共に全身を巡ってしまうからと言われています。 バラ科の食べ物アレルギーと交差反応 バラ科の食べ物アレルギーがある人は、類似した構造を持つ物質に反応してアレルギー反応を起こすことがあります。 このように類似する構造に反応することを「交差反応」と呼びます。 バラ科の食べ物に対してアレルギーが起こる人が交差反応を起こしやすい食べ物をまとめてみました。 バラ科の食べ物アレルギーを持つ人がアレルギー反応を示しやすい食べ物 分類 食べ物 備考 バラ科 りんご、もも、すもも、イチゴ、なし、西洋ナシ、さくらんぼ、あんず、びわ、梅、ラズベリー、ブラックベリー、アーモンド 基本的には加熱調理すればアレルギー症状が出ない。 ただし、ももは加熱してもアレルギー症状が出ることがある。 セリ科 セリ、セロリ、ニンジン バラ科とアレルゲン構造が似ているシラカバ花粉症との交差反応があるため、バラ科にアレルギーがある人もセリ科の食べ物でアレルギー症状が出ることがある。 ナス科 ナス、じゃがいも バラ科とアレルゲン構造が似ているシラカバ花粉症との交差反応があるため、バラ科にアレルギーがある人もナス科の食べ物でアレルギー症状が出ることがある。 マタタビ科 キウイフルーツ バラ科とアレルゲン構造が似ているシラカバ花粉症との交差反応があるため、バラ科にアレルギーがある人もマタタビ科の食べ物でアレルギー症状が出ることがある。 ウルシ科 ウルシ、マンゴー、銀杏 バラ科とアレルゲン構造が似ているシラカバ花粉症との交差反応があるため、バラ科にアレルギーがある人もウルシ科の食べ物でアレルギー症状が出ることがある。 天然ゴム ラテックス バラ科と天然ゴムは交差反応があるため、天然ゴムに触れることでアレルギー症状が出ることがある。 ウリ科 メロン、スイカ バラ科とウリ科は交差反応があるため、ウリ科の食物を食べることでアレルギー症状が出ることがある。 バラ科のアレルギーはどんな人に多い? バラ科の果物アレルギーは、成人、特に女性に多く見られる傾向にあります。 ですが、最近では花粉症にかかる人が低年齢化していることもあり、バラ科の果物アレルギーも低年齢化が進み、子どもにも見られるケースが多くなってきました。 果物アレルギーへの対処法 もちろん、バラ科の果物に対してアレルギーを起こす場合でも、すべてのバラ科の果物に対してアレルギー反応を示すというわけではありません。 特定の果物を食べると強いかゆみや腫れを生じても、他のバラ科の果物を食べても特に何の変化も示さないことがあります。 ですが、同じバラ科の果物ですので、あるときを境に突然アレルギー反応を示すことがあります。 バラ科の果物に対してアレルギーがあることが分かったら、他のバラ科の果物も避ける方が良いでしょう。 また、体調によってもアレルギー症状が出るときと出ないときがあります。 特に疲れているときや風邪気味のときなどは、普段はアレルギーを感じていない人もバラ科の果物アレルギーの症状が出てしまうことがあるかもしれません。 一度でもバラ科の果物を食べることでかゆみや腫れなどを経験したことがある人は、身体が弱っているときはアレルギーを起こす可能性がある果物を注意深く避けるようにしてください。 果物の場合、加熱するとタンパク質の構造が変化しますので、アレルギー反応が出なくなることもあります。 バラ科の果物に対してアレルギーがあっても、どうしても食べたいときにはコンポートやジャムのように火を通してから食べるようにすると良いでしょう。 ただし、ももは加熱してもアレルゲンとしての性質が失われにくくなっています。 アレルギー反応を経験したことがある人は、加工してあるももであっても避けるようにしてください。 まとめ バラ科の果物を含む果物アレルギーは、現代の医療では花粉症と同様、完治するということはほぼ見込めません。 普段はわずかなかゆみや腫れといったごく微細なアレルギー反応しか出ない人でも、体調が優れないなどの悪条件下では重篤なアナフィラキシーショック症状を起こすこともあります。 「少しくらいなら大丈夫」と油断してしまうのではなく、極力食べるのを控えたり加熱したりするなど、アレルギー反応が出ないような対策をとりましょう。 また、もしも身体を安静にしても症状がだんだんひどくなっていくときは、迷わずすぐに医療機関を受診してください。 一度症状が悪化すると、自然治癒が難しくなります。 ご自身にアレルギーがあるのかどうか? なかなか判断できないこともあると思います。 心配な方は、一度アレルギー検査を受けてみるのも手です。 アレルギー検査の種類と、検査からわかることを以下の記事にまとめていますので、気になる方は参考としてご覧ください。 また、もしアレルギーになってしまったら病院では何科を受診すればいいのでしょうか? こちらも検査についてふれながら、以下記事でご紹介しています。 最後に、万が一アレルギーで症状が出てしまった場合に備えて、以下の記事もご参考としてご覧ください。 ご自身以外にも、家族や友人、知人などにアレルギー症状が出てしまったときのお役に立てるかもしれません。 著者情報.

次の

バラ科|科別索引

バラ 科 の 果物

果物図鑑• マルメロの概要 マルメロは秋が旬の果実です。 「西洋かりん」とも呼ばれ、見た目がかりんに似ていて、熟すと果皮が明るい黄色になりよい香りが漂います。 生食には適しておらず、果実酒やハチミツ漬け、ジャムなどに利用されます。 かりんとの見分け方はうぶ毛(綿毛)の有無です。 よく見るとマルメロは果皮に短いうぶ毛がありますが、かりんには生えていません。 またマルメロは形が洋梨に似て少しゴツゴツとしていますが、かりんは基本的に楕円形です。 木を見て判断する場合、葉を見ればわかります。 かりんの葉はフチに細かいギザギザがありますが、マルメロの葉はギザギザしていません。 また花が咲いていれば花の色でも見当がつきます。 マルメロの花は白に少し紅色が差す程度ですが、かりんの花は紅色です。 マルメロの産地は長野県や青森県、秋田県など涼しい地域です。 なお長野県など一部の地域ではマルメロを「かりん」と呼ぶそうです。 かりんに関してはで紹介しています。 マルメロの歴史 マルメロは中央アジアのイランやトルキスタンあたりが原産地とされています。 古くにヨーロッパへ伝わり、古代ローマ時代には栽培されていたそうです。 アメリカ大陸発見後は、移民によってアメリカに伝わりました。 日本へは1600年代にポルトガルから長崎に伝来したといわれています。 小野嵐山の「本草綱目啓蒙(1803年頃)」では、マルメロの項目で「カリンに似ているものの、香気はカリンよりも少ない」と記されています。 文末では「かりんとマルメロを一緒にして売る者が多い」と締めくくられ、一部の人がマルメロとかりんを同じものとして扱っていることがうかがえます。 マルメロという名前はポルトガル語の「Marmelo」から来ています。 ちなみに柑橘を使ったジャムを「マーマレード」といいますが、もともとポルトガルのマルメロジャム「Marmalade(マルメラーダ)」が由来とのことです。

次の

【旅探(たびたん)】食用の果物が多いバラ科の植物

バラ 科 の 果物

バラ科の果物には、リンゴ・イチゴ・桃・サクランボ・西洋梨・アンズ・スモモなどがあります。 どれも私たちにとって身近で、食卓に上る機会も多い果物です。 しかし、バラ科の果物は時にアレルギー症状を引き起こすことがあります。 こちらでは、バラ科のアレルギーについてまとめました。 バラ科の果物で起こるアレルギーの症状 リンゴやイチゴなど、バラ科の果物を食べた直後から数分以内に、くちびるや口のまわりがかゆくなる、口の中や喉にピリピリとした刺激を感じる、口の中がかゆくなる、口のまわりがかゆくなる、くちびるが腫れる、舌がしびれる、喉がイガイガするなどのアレルギー症状があらわれることがあります。 口のまわりの症状でおさまることが多いのですが、人によっては嘔吐、下痢、胃痛といった症状があわれることもあります。 血圧低下や意識がなくなるといった命の危険もあるアナフィラキシーの症状が引き起こされることもあるので、注意が必要です。 バラ科の果物で起こるアレルギーの原因 私たちの体には、体の健康を保つため、体の外から入ってくる自分にとって害になる異物を排除して体を守ろうとする防御機能があります。 この体を守ろうと働く免疫システムが、なんらかの原因でバラ科の果物を異物と判断して過剰に反応することで、バラ科の果物のアレルギー症状は引き起こされます。 バラ科の果物アレルギーと一般的な食物アレルギーとの違い バラ科の果物を食べて起こるアレルギー症状は口や喉に起こることが多くなっています。 このような口まわりに症状があらわれるものを口腔アレルギー症候群といいます。 それに対して、バラ科の果物以外で起こる一般的な食物アレルギーの多くは、全身に症状があらわれます。 これは、口腔アレルギー症候群を引き起こすことが多い、バラ科の果物に含まれるたんぱく質が、消化酵素に弱いためです。 胃や小腸といった消化器で容易に分解されてしまうので、直接接触した口腔内でアレルギー症状が起こります。 また、熱にも弱いことが分かっています。 これに対して一般的な食物アレルギーの原因となることの多い鶏卵、牛乳、小麦などは、消化酵素や熱に強いたんぱく質をもつため、分解されることなく腸まで運ばれ、全身症状となってあらわれるのです。 バラ科の果物アレルギーの対策 口や喉にかゆみや痛み、喉がイガイガする感じがするなどの違和感を感じたら、それ以上食べ続けないようにします。 病院を受診し、血液や皮膚などで分かるアレルギー検査を受けると、何に対してアレルギーがあるのかが分かります。 また、バラ科の果物アレルギーは、例外はあるものの、加熱することで症状が出なくなることも多いので、ジャムやコンポートなど一度加熱してから食べる、あるいは加熱処理を施した缶詰になったものを選ぶこともアレルギー症状を起こさないための手段の一つです。 ただし、桃などでは加熱してもアレルギー症状があらわれるので注意が必要です。 バラ科の果物アレルギーと花粉症との関係 バラ科の果物でアレルギー症状が起こる人には、花粉症の人が多いことが分かっています。 これは、花粉症の原因となっている花粉に対して作られた抗体が、それと似たたんぱく質をもつ、バラ科の果物にも反応するためです。 シラカンバ、ハンノキ、オオバヤシャブシといった花粉が原因の花粉症の人には、バラ科の果物でアレルギー症状が起こる可能性があるといわれています。 バラ科果物アレルギーの人がアレルギーを起こす可能性のある食物 バラ科の果物アレルギーの症状がある人は、以下の果物や野菜などでもアレルギー症状があらわれる可能性があります。 バラ科(リンゴ、西洋ナシ、サクランボ、桃、スモモ、アンズ、アーモンド) セリ科(セロリ、ニンジン) ナス科(ジャガイモ) マメ科(大豆、ピーナッツ) マタタビ科(キウイフルーツ) カバノキ科(ヘーゼルナッツ) ウルシ科(マンゴー) シシトウガラシなど バラ科の果物やその他の食物で起こるアレルギーの検査方法 バラ科の果物やその他の食物アレルギーの疑いがある場合は、アレルギー専門医のもとで正確な診断を行ってもらうと安心です。 自己判断で食物除去を行うと、必要な栄養素が摂れなくなってしまう場合もあります。 アレルギー専門医に診断を行ってもらうと、血液検査の結果が陽性であっても、食物アレルギーという診断にならないこともあります。 これは、実際に食べた時の症状と血液検査などの結果が必ずしも一致しないからです。 食物アレルギーの検査には、以下のようなものがあります。 ・血液検査 採血をして、血中にアレルギーを起こすIgE抗体がどのくらいあるか調べます。 ・プリックテスト 皮膚の上にアレルギーの原因となるエキスを含んだ試薬を置き、検査用の針を押し当てて少し時間をおき、その反応をみます。 果物や生の野菜、あるいは豆類を食べたことで症状が出る口腔アレルギー症候群の場合は、果物や野菜そのものに検査用の針を刺し、その後皮膚に押し当てる皮膚プリックテストが行われることもあります。 ・パッチテスト アレルギーの原因となる物質を含んだシールを皮膚に貼り、2~3日間その経過をみることで、どの程度アレルギー反応が起きるかをみます。 幼い子どもでも行いやすいため、赤ちゃんのアレルギー検査で用いられることもあります。 ・食物経口負荷試験 食物を実際に食べてアレルギー症状が出るか反応をみます。 症状が出ても対応できるよう、専門医の管理のもとで行います。 病院での治療 一定期間、抗アレルギー薬を服用する服薬治療や、かゆみなどがある場合にはステロイドの塗り薬が処方されることが多くなっています。 アナフィラキシーショックなどの重い症状が出た場合には、ステロイド剤の点滴などが行われます。 また、アレルギーの元になる食物を、少しの量から徐々に増やして食べることで体を慣らしていく治療法もあります。 危険も伴うため、必ず救急対応のできる環境で医師の指導のもと行う必要があります。 日ごろの体調管理も効果的 バラ科の果物で起こるアレルギーをはじめとしたアレルギー症状は、体が疲れていたり、抵抗力が落ちている時に症状が出やすくなるといわれています。 規則正しい生活をおくり、十分な睡眠をとることが大切です。 また、ストレスをためず、栄養バランスのよい食事を心がけ、食品添加物や酸化した油などを避ける健康的な食生活を意識するなど、日ごろから体調管理に気を配ることも効果的です。

次の