スカイマーク サイパン。 『スカイマークでサイパン一人旅!』サイパン(北マリアナ諸島)の旅行記・ブログ by wbsb1さん【フォートラベル】

スカイマーク初の国際線、サイパン就航を正式発表!

スカイマーク サイパン

就航記念運賃としては、特に目を惹く感じの金額ではないかも知れませんが、販売期間・搭乗期間が共に長いのが特徴で、利用出来るチャンスがありそうな感じがしますね。 成田~中部線就航も正式発表! またこれも既に発表になっていた成田~中部線の就航も正式に発表になっています。 就航は2019年11月29日~で、週2往復での運航をし、成田~サイパン線へと接続する感じで、運航スケジュールは、以下の通り。 早期割引運賃である「いま得」は、6,250円から。 こちらはどちらとも、旅客サービス施設使用料が含まれた金額になっています。 機内食は?成田のターミナルは?スカイマーク国際線で気になる所 サイパン線の成田空港での使用ターミナルは、第1ターミナル。 まぁ、ANAの資本が入っているので、これは想定内ですかね。 中部に向かう国内線のターミナルは未発表ですが、まぁ、乗り継ぎ需要があるのを考えると、第1ターミナルでしょうね。 となると、国内線の部分に関しては、第3ターミナルに移動したピーチの後釜として入るのかな?的な感じがします。 そう言えば、サイパン線は、そんなに運航距離が長くはないですが、機内食とか、あるのだろうか。 スターフライヤーが台北線で国際線に初就航した際は、機内食も簡素ながら力を入れているのをアピールしていた感じがしますけれど。 まぁ、スカイマーク自体、これから国際線を伸ばして行こうとしているのだから、さすがに機内食が皆無と言う訳ではないと思うのですが。 しかもサイパン線で言えば、成田を出てサイパンに着くまでに正午を跨ぐので、やっぱり機内食は欲しいと言う所ではありますね。 定期便化する前に、成田~サイパンをチャーター便で飛ばしていましたが、その際は、和食のお弁当スタイルの機内食が用意されていたみたいですが(選択肢はナシ)。 また国内線だと無料なのは、「ネスカフェ ゴールドブレンド」とスカイマークオリジナルパッケージの「ネスレ キットカットミニ」の2つだけ(無料サービス提供路線の場合)。 他は300ml程度のペットボトルなども有料で販売(とは言っても価格は良心的で100円ですが)。 アルコール類もハイボールと神戸ワインが300円(共におつまみ付)での提供になっているのですが、国際線になると、どうなるんでしょうね。 そもそもアルコール類とかも、現在はビールが置いていないのですが、置く様になるのかな? あと座席指定料金なんかもフリーのままだろうか… 初の国際線就航と言うコトで、色々と気になる所がありますが、スカイマークの存在は楽しみな所。 先に国際線に打って出たスターフライヤーの台北線は、やや苦戦している感がありますが、スカイマークの国際線も路線網が広がるコトを願いたいモノです。

次の

スカイマーク、東京/成田~サイパン線の一時運休を9月30日まで延長

スカイマーク サイパン

スカイマークの成田~サイパン線運航ダイヤ(2019年11月29日~2020年3月28日) BC811便: 成田(10時15分)発~サイパン(15時00分)着、毎日運航 BC816便: サイパン(16時35分)発~成田(19時30分)着、月・火・水・木・金・日曜運航 BC816便: サイパン(17時05分)発~成田(20時00分)着、土曜運航 この日の初便は満席。 代表取締役社長の市江正彦氏は式典のなかで、国際線の就航先選定にあたって候補地はいくつかあったものの、「ほかと同じところではなく、『唯一我々だけが行ける』という基準で選んだ」と話した。 2018年5月にデルタ航空が成田~サイパン線を運休して以来、日本からの直行便は途絶えていたが、北マリアナ諸島自治連邦区の関係者からは「ぜひ日本からの直行便を」とラブコールを受けており、さまざまな支援もあって同社の定期便化にこぎ着けたという。 市江氏は「創業以来初めての国際定期便で、ようやく新しいステージに入った。 サイパンに行ってよかったと思ってほしいし、必ずそう思っていただけるはず」と述べて、国際線参入の喜びを表現した。 式典のために来日した北マリアナ諸島自治連邦区 知事のラルフ・トーレス氏は、「サイパンの住民はスカイマークに期待している。 初めての直行便にサイパンを選んでくれたことを誇りに思う」「マリアナの観光の歴史は日本からの投資と利用者によって拓かれた。 スカイマークの成功はマリアナの成功でもある。 歴史的にも古い友人として、結びつきを強化していくことを約束する」として、日本からの直行便が再び就航することに感謝を述べた。 両端にスカイマークのパイロットとCA(客室乗務員)、中央に佐山会長が加わった記念撮影。 右から、国土交通省 東京航空局 成田空港事務所 成田国際空港長 石井靖男氏、北マリアナ諸島自治連邦区 知事 ラルフ・トーレス氏、スカイマーク株式会社 代表取締役社長 市江正彦氏、スカイマーク株式会社 取締役会長 佐山展生氏、千葉県 総合企画部 次長 中村耕太郎氏、成田国際空港株式会社 代表取締役社長 田村明比古氏 式典には登壇しなかったものの、ゲート前に駆けつけた取締役会長の佐山展生氏は報道陣に対し、「次は以前から話しているようにパラオ。 来年(2020年)にチャーター便から始めたい。 そして、いつかは欧米に就航できれば」と今後の国際線展開に意欲を見せた。 欧米路線となると新機材の投入も見込まれるが、その点については未定としつつ、話を引き継いだ市江氏は「まずは現状のボーイング 737で飛べるところから」と述べ、現状の機材でカバーできる範囲から就航地を増やしていく方針を示した。 搭乗が始まると、記念品が受け取った初便の乗客が次々と機内へ。 満席の初便は10時20分にブロックアウトすると放水車によるウォーターキャノンを受けつつ滑走路へ進み、11時46分にサイパンへ向け離陸した。

次の

スカイマーク サイパン→成田が欠航! まさかの臨時便搭乗記

スカイマーク サイパン

スカイマークのフライトスケジュール スカイマークは成田空港から出発します。 フライトスケジュールはこちら 成田発 10:15 サイパン着 15:00 フライト時間は3時間45分 サイパン発 16:35 成田着 19:30 フライト時間は3時間55分 成田空港 第一ターミナル 北ウイングでチェックイン 成田空港のBカウンターでチェックイン。 スカイチームのチェックインカウンターだったところです。 成田空港どんどん変わっていますね。 2時間前にカウンターに並びました。 それほど待たずにチェックインできました。 席も事前に決めているのでチェックインもスムーズです。 成田からサイパンへ 非常口座席に座りました チケットを購入したとき、非常口座席があいていたので、予約しました。 非常口座席の欠点は荷物を全て上の棚に置かなくてはいけないこと。 でもそんなことは関係なく広々快適に過ごせました。 座席には毛布がビニール袋に入っておいてあります。 機内は意外と寒かったので、毛布があってよかったです。 枕はありません。 もう1つないものが、モニターです。 機内で映画を見たり音楽を聞いたりしたいかたは、ダウンロードして持っていきましょう! 私もダウンロードして行きました。 充電用のコンセントもあります 機内にある冊子は必ず読みましょう! 座席の前のポケットに3冊の冊子が入っています。 1冊は国内線でもある機内誌 そしてサイパンの情報誌(白)とキャンペーン協力店リスト(黄色)。 この2冊は機内で熟読しましょう。 飛び立つとすぐサイパンパスポートという小さな冊子が配られます。 (実は寝ていて気づかなかったのですが、前のポケットに入っていました) このサイパンパスポートは重要なので、降りるときも持っていきます。 サイパンパスポートには帰国時のホテルから空港へのバスのホテルピックアップ時間と予約表、スタンプシートなどが載っています。 二重のお弁当箱のような形ででてきます。 箱の上にはメニューが乗っています。 あけたら可愛い手まり寿司がでてきてテンションが上がります。 お品書きを見ながら美味しくいただきました! 箸は割り箸でしたが、昨今の事情を考慮してか、箸袋にお持ち帰りくださいと書かれていました。 アルコールも、ビール(日本のビールとサイパンのビール)、ワイン(フランジア)、日本酒がありました。 ソフトドリンクはコーヒー(丁寧にネスカフェ ゴールドブレンドと書かれています)、お茶、水、ジュース、牛乳(牛乳って珍しい気がしました)があります。 食後にチョコレートが配られました。 よく見たらスカイマークが飛んでいる都市とその都市名物が書かれているオリジナルキットカット。 次は入国からスカイマークのバスでホテルまでをレポートします。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の