ハード ゲイナー と は。 ハードゲイナーとは?筋トレや食事でガリガリを脱却する方法

【ハードゲイナー】の筋トレ・食事メニュー|太れない原因・太る方法を大解剖!

ハード ゲイナー と は

生まれ持ってのガリガリ体型が筋トレしてマッチョになりたいのであれば、『』を買うべし。 というか、粉飴が無いと筋肉は付かないし、更に痩せる危険すらあります。 かく言う僕もそうでした。 生まれてこの方ずっとガリガリ。 懸垂15回できるのにガリガリです。 一族郎党ガリガリで、葬式で親戚が集まればルパン三世だらけになります。 たくさん食べても太れない体質は遺伝性であり、専門用語で『 ハードゲイナー 』と呼ばれています そんなハードゲイナーな体質の人が筋トレするのであれば、普通の人とは違ったアプローチが必要です。 今回は粉飴+筋トレでガリガリ脱却成功したので、詳細を記載してみます。 ヒョロガリ体質=ハードゲイナーとは? ハードゲイナーとは、太りにくい体質のことを言います。 食が細い痩せ型の人とは違い、いくら食べても太りにくい体質です。 僕も痩せの大食いといわれるくらいで、焼き肉食べ放題で誰よりも食べ、中ジョッキで7杯ビール飲んでも、全く体重が増えません。 生活習慣が大きく変わったり、激しいスポーツをしていた時期も、少し体重が微増微減してもすぐ戻ります。 女性からは羨ましいとよく言われますが、やはり弱々しく見えるので、高齢の女性からは「ちゃんと食事取っている?」と心配されます。 ハードゲイナーの特徴は、 ・基礎代謝が高い ・胃腸が弱く栄養吸収が下手 基礎代謝とは、運動や仕事以外の生命活動で使うエネルギーのことで成人男性だと一日1500kcalくらいです。 ハードゲイナーの人は、この基礎代謝が高く、普通の人よりもエネルギー消費の激しい燃費の悪い体です。 そして胃腸が弱いため、栄養吸収効率が悪く、暴飲暴食すればお腹を壊しやすいです。 そのため食が細かったり、大食いでも下痢や消化不良になってしまうことがあります。 このため ハードゲイナーの人は、生きているだけでエネルギー消費が激しく、しかも食事摂取しても消化がうまくできない体質です。 そのため 「摂取カロリー<消費カロリー」になりやすく、なかなか太りにくい体質になっています。 なので対策としては、筋トレをするとさらに消費カロリーが大きくなるので、摂取カロリーを増加させるしかありません。 しかし胃弱で消化が悪いので、大量に食事を摂るとお腹を壊してしまいます。 ではどうすればよいのか? そこでやっとこさ粉飴の登場です。 ハードゲイナーの救世主「粉飴」 そんなヒョロガリ体質なハードゲイナーの人が筋トレをするなら、粉飴を使うのがコスパと効率ともに最強です。 粉飴とは、でんぷんを分解してできるマルトデキストリンが主成分です。 マルトデキストリンは、非常に吸収が早く、すぐにエネルギーとなります。 人間は筋肉運動を行う際に、糖分をエネルギーとして体を動かしています。 他にも脂肪などを利用することがありますが、短距離走や筋トレなどの瞬発系スポーツでは糖分をが非常に重要なエネルギー源になっています。 そんな糖分が枯渇してしまうと、疲労や足が攣るなどの症状が出ます。 なのでアスリートも体力の回復、瞬発力の維持のために糖分摂取を行っています。 スポーツドリンクなんかもそうですね。 マルトデキストリンは、名前だけ聞くとちょっと薬品のような感じがしますが、 非常に簡単に言うと吸収しやすいでんぷんです。 粉飴は素早い吸収ができるので胃腸に負担を掛けることなく、さらに甘みが少ないのでとても飲みやすいという特徴があります。 そんな粉飴ですが、我々ハードゲイナーのトレーニーにとってなくなてじはならない存在なのです。 理由を以下に書きます。 ハードゲイナーが健康的に太るには粉飴が一番コスパが良い ハードゲイナーの特徴を思い出してほしいのですが、 ・基礎代謝が高い ・胃腸が弱く栄養吸収が下手 ハードゲイナーが太れないのは、 「基礎代謝が高くエネルギー消費が激しいのに、栄養吸収率が悪い」というのが原因です。 なので、ハードゲイナーの人が運動をすることは、例えるなら燃費の悪いアメ車でガソリンを継ぎ足さずに走り続けようとしているんです。 そのため疲れやすく、すぐにエネルギー不足となるため、今ある筋肉や少ない脂肪をエネルギーに変換してしまいます。 よって筋肉は付かないし、萎むように痩せてしまうんです。 そこで粉飴を使うことで、 「エネルギーを効率よく大量摂取しつつ、胃腸に負担をかけない」という効果を狙うことができます。 これってハードゲイナーの特徴をうまく補っていますよね。 そして コスパ最強です。 一番安くてAmazonレビューも高評価の「」だと、 100gあたり、エネルギー384kcal となっています。 ご飯茶わんに軽く一杯(約150グラム)で約240kcalといわれています。 これに加えて吸収が早いので、さっと水で溶かして飲めば、大量の糖分摂取が可能になります。 さらにこ「」は 1kgで740円です。 単純計算で1kg3840kcalが740円で買えます。 さらにさらに体重を増やしながら筋トレするためのウエイトアッププロテインも売られていますが、かなり高いですし、タンパク質の含有量が普通のプロテインより低くなっています。 これであれば安いホエイプロテインと粉飴を一緒に摂取すればコスパも栄養量も良くなっています。 僕は粉飴+プロテインを取り始めて、1ヶ月で2kg体重が増えました。 この15年間殆ど変わらなかったのに・・・ しかもただ太っただけでなく、筋肉も目に見えて増えました。 もちろんそれなりの筋トレは必須です。 粉飴の摂取量とタイミング まず抑えておきたいのが、筋肉の特徴です。 筋肉は体を動かすだけでなく、エネルギーの貯蔵タンクにもなっています。 糖分を主に貯蔵しており、 エネルギー不足になると筋肉は分解されてしまいます。 なのでボディビルダーの選手は、つねにエネルギー不足にならないように何かを食べています。 ハードゲイナーが痩せるのはここがポイントで、食事量と吸収率が低く、基礎代謝が高いのですぐにエネルギー不足となり、筋肉が分解されています。 しかし胃弱であり、また仕事中にいちいち何かを食べるのが難しい現代人にとって、ここが難しいポイントでした。 そのため、 ・最終栄養摂取から時間の経過している朝食時 ・筋トレ前と筋トレ中のようにエネルギーをかなり消費する時 ・疲労回復のため、筋トレ直後にプロテインと摂取 がベストなタイミングです。 僕はプロテインを摂取するタイミングで一緒に混ぜて飲むようにしています。 朝、筋トレ後、寝る前です。 これに筋トレ前と最中にも水に混ぜて飲んでいます。 ちなみにプロテインと同時に粉飴を取るとインスリンが出るので吸収効率が良くなるという効果もあります。 一度の量は人にもよると思いますが、プロテイン 筋トレ直後:30g、朝晩20g)と粉飴40gくらいにしています。 そこまでカロリー計算をしていないので、割と量は適当です(汗) 粉飴の量は体質にもよるので、初めは少しずつ摂取して、体重の増減をチェックしながら適正量まで増やしていくのが良いと思います。 筋トレで重要なのは、炭水化物とタンパク質です。 炭水化物とタンパク質には黄金比率「炭水化物3:タンパク質1」があります。 一日の食事量から炭水化物とタンパク質の摂取量が黄金比率になるように調整すると、筋トレ効果が最適になります。 僕は食事量に粉飴+プロテインを加え、大まかに計算して摂取するようにしています。 ガチ勢になると、基礎代謝量+筋トレの消費エネルギー量を摂取エネルギーが超えるよう計算しているようです。 粉飴とプロテイン 粉飴を入れて プロテインも入れて 水を入れて混ぜます。 これだけです。

次の

【ハードゲイナー】の筋トレ・食事メニュー|太れない原因・太る方法を大解剖!

ハード ゲイナー と は

これはいわゆるハードゲイナーと呼ばれる男性です。 ハードゲイナーを英語で書くと『Hard gainer』となり、gain 得る・吸収する ことがhard 厳しい・難しい 人という風に訳されます。 ハードゲイナーと呼ばれる男性の多くが、 胃・腸といった体の中でも吸収率の高い臓器が弱い傾向にあると言われています。 いくら食事を取っても、栄養として体の細胞に吸収されないまま、下痢・大便となって体から放出されてしまうんです。 ハードゲイナーの男性は意外と多いため、自分だけと考えすぎないようにしましょう。 今回はデメリットとして上げていますが、 食べても太らないという体質はメリットとも言えるため、気にしすぎないことが大切です。 ちなみに、 ハードゲイナーとは逆に吸収率の高い人は、イージーゲイナーと呼ばれます。 相撲取りの方が1日2食 朝を抜く しか食べないという情報から、僕自身、太るために1日2食の生活を続けていましたが、蓋を開けてみると体重は落ち、脂肪が増えて筋肉量は大幅に下がっていました。 人間の体は、 空腹状態が長く続くと筋肉をエネルギーに変換して摂取し始めます。 そのため、1日2食を続けてしまうと夜から昼まで食べない時間が増えるため、体の栄養は枯渇状態が続くそう。 筋肉量が落ち、太ることも失敗してしまっては行う意味がないですよね。 朝からガッツリ食べないにしろ、しっかりと栄養を補給することは大事だと個人的に思います。 健康的に太るために必要なこととは?.

次の

ハードゲイナーの私が太るためにどんな食事をしたか

ハード ゲイナー と は

このページはハードゲイナーとイージーゲイナーについての知識を掲載しています。 簡単に説明すると、ハードゲイナーはトレーニングをしても筋肉がムキムキになりにくい人 逆にイージーゲイナーはムキムキになりやすい人です。 では、なぜこのような人によった違いが出るかというと原因の大きな割合としては、 その人それぞれの筋肉細胞の数が違うため、1日当たりの最適な筋肉トレーニングの 量が違ってくるためです。 筋肉細胞の数は子供の頃、7,8歳ころにはもう決定されていて、その後トレーニングによって 筋肉細胞を太く強くしていく事は出来ますが、細胞の数を増やす事は出来ないようです。 ゆえに筋肉細胞の多い人は1日当たりの最適なトレーニング量が多くなります。 そういう人がいわゆるイージーゲイナーなのです。 ハードゲイナーの人はどうしてもイージーゲイナーよりトレーニング量を落とさなくてはいけません。 無理にトレーニングしたとしてもオーバーワークになって筋肉が痛んでしまったり超回復の周期が 遅れてしまって効果が得られません。 では、ハードゲイナーの人はどうすればいいかというとトレーニング量を落とさないために 筋肉の疲労回復を早めるサプリメントを摂取する事をおすすめします。 それはビタミンBやクエン酸やにんにくといった疲労回復に効くサプリメントです。 他にも最適なサプリメントが開発されているかもしれません。 ハードゲイナーとイージーゲイナーの診断方法はありませんが、長らくトレーニングをしていたら だいたい自分がどちらに当たるかわかってくるのではないでしょうか。 もちろんトレーニング方法が間違っているという場合もあるので注意が必要です。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ハードゲイナーとイージーゲイナー ・ ・.

次の