仕事 が 続か ない 人。 仕事が続かない飽きやすい人へおすすめの仕事

仕事が続かない飽きやすい人へおすすめの仕事

仕事 が 続か ない 人

by あなたは仕事が続くタイプの人ですか?それとも 仕事が続かない人ですか? 仕事というのは外側から見るのと、内側から見るのとではまったく見え方が変わってきます。 ものすごく憧れていた仕事に就いたのに、理想とはかけ離れた現実に「こんなはずじゃなかった・・・」と思い、辞めてしまうケースも決して少なくありません。 例えば、花屋さんには本当にたくさんの女性が求人に申し込んでくるそうですが、残るのは100人に1人ほどのようです。 花屋さんの仕事というのは、花を売るだけでなく、きちんとお客様に出せるような状態に手をボロボロにしながら処理をしたり、冬場でも冷たい水で長い時間洗ったりとなかなか過酷なものです。 ここにギャップが生まれてしまい、結果その仕事が続かないということになります。 そこで本日は仕事が続かない人の特徴や理由をご紹介しますので、上記以外にもあなたに当てはまるものがあるかどうかチェックしてみてください。 スポンサーリンク 仕事が続かない 仕事が続かない人には次ようなものが当てはまることが多いです。 転職癖がついている• 理想が高い• 我慢ができない• サボり癖がついている• 条件にこだわりすぎる それではそれぞれ細かくみていきましょう。 転職癖がついてしまっている 一度就職すればそこで長く働けるのが理想ですが、会社がブラック企業でも無いのに、3年働いて自分の仕事内容に疑問を感じ、3年程度で毎回転職する転職癖がついてしまった人もいます。 若いうちは良いのですが、歳を取れば取る程仕事は見つけにくくなるのが現実です。 自分にあった適職に合うまで転職を続け頑張る人もいますが、結局飽きたらまた新しい会社へ転職しようという転職癖がついてしまっている人もいます。 転職する度にまた新しい事を覚えなければ行けませんし、大変なものです。 しかし、お給料関係でやっていけない以外などの対した理由も無いのに飽きちゃった・・・と 人も以外と少なくありません。 人間関係で人とのコミュニケーションができない 仕事を一緒にやる人は選ぶことができないと言われている様に、会社には怖い先輩、口が悪い人、性格がいじわるな人など様々います。 もちろん自分に相性の良い人ばかりではありませんよね。 ですが、仕事においてミスをするということは周りにも迷惑がかかり、その によって他の人の仕事も取られてしまいますし、時間も取られてしまいます。 怖くて聞きづらいから良く解らないけど自分判断で処理したなど、また失敗した事を怒られるのが怖くて失敗したことそのものを隠していたという 人も多々いるでしょう。 後で皆が困る事をしてしまう人もいます。 そういう人は周りが迷惑がかかるため解雇されてしまったり、その人のコミュニケーション不足が主な原因であるにも関わらず「この職場はやりにくい。 雰囲気が悪い。 素が出せない・・・」と勝手に解釈して仕事をやめてしまうこともあります。 スポンサーリンク 今の職に満足せずもっと良い所へ!と理想を描いて辞めてしまう 今の職場で安定しているのに今の自分のポジションに満足せず、 もっと遥かに高いところへ!と理想を持ち会社の帰りに資格取得に勢を出している人もいます。 今の世の中何が役に立つかはわかりませんが、 自分自身向上の為に沢山資格取得を取り今以上に良い所へ転職を考えている人もあなたも周りにちらほらいるのではないでしょうか。 特に人間関係で揉めてなくて良いところなのに何故?と周りから思われるような人がいますが、 本人自身が今の現状に嫌でもっと位の高い仕事や会社に行きたい願望で頑張って会社を辞めてしまう人もいます。 そういう人は同じ様な事を何度も繰り返して結局何になりたいのか解らなくなり、仕事が続かないような状況に陥ってしまうでしょう。 我慢ができない 仕事をしていると、嫌なことが少なからず出てくるものです。 嫌な仕事をやらされたり、先ほどお伝えしたように上司や同僚と上手くいかなくて悩むこともあります。 そんな問題をうまく解決していけば、と感じたり、を見つけられるかもしれません。 ですが、我慢ができない人だと、少し障害やカベが立ちはだかると という感情に支配されてしまい、 すぐに仕事を辞めるという決断をしてしまいます。 できないことや嫌なことがあると、もうダメだ、と自分で諦めてしまうため、仕事が長くは続かなくなってしまいます。 スポンサーリンク サボり癖がある 少しめんどくさくなったり、 と思ったりすると、すぐに仕事を休んだりしてしまい、結果的に仕事を辞めてしまったりします。 一度サボってしまうと、どんどんサボり癖がついてしまい、嫌なことがあると辞めてしまえばいい、という考えになってしまいます。 また、何度も仕事をサボっていると、会社側からよく休む人として扱われて居心地が悪くなったり、辞めさせられてしまうことにもなってしまいま す。 忍耐力がないので、ついサボってしまうという結果になってしまうのです。 また、仕事をサボっていると、仕事をしていない時間、つまりプライベートの方がよく思えて、辞めてしまったりもするでしょう。 条件に拘りすぎる 時給は何円以上がいい、時間はこの時間がいい、などといろいろな条件を常に考えていると、働いているうちに「ここは時間が融通きかない」や「仕事は大変なのに、時給が低いんじゃないか」などと悪条件しか見えなくなってきてしまうものです。 その仕事が本当に楽しくてやりがいがあると、少しの悪条件など気にならなくなるのですが、条件を求めてその職場に入った人だと、やはり悪条件の方に目がいってしまいます。 それを考えていると、もっと条件のいいところに行きたい、という感情が生まれてきてしまいます。 悪いところばかり目につくようになってしまうとを維持することが難しくなり、すぐに仕事を辞めてしまいます。 ですが、新しいところへで仕事を始めても、また同じように悪いところが目についてしまって、また仕事を辞めてしまう結果になってしまうこともあり、仕事が続かない人になっていってしまいます。 スポンサーリンク 仕事が続かない人の心理や理由 少しでも嫌なことがあるとガマンできない どんな職種、どんな職場であれ、仕事をしていれば、何かしら嫌なことは起こります。 誰でも、日々起こる仕事上の嫌なことをガマンしながら、仕事を続けていくわけです。 しかし、仕事が長続きしない人は、そうしたガマンができません。 少しでも「嫌だ」と感じると、それを自分の中で処理することができず、仕事を辞めるという安易な判断をしてしまうわけです。 「嫌だ」と感じる原因や理由はさまざま。 職場の人間関係がうまく行かないとか、上司に説教されたとか、仕事が覚えられない、朝起きるのが辛いなど、理由は人それぞれですが、いずれにしても、そのような「社会に出て働く以上誰もが経験すること」に、精神的に耐えられません。 要するに忍耐力がはなはだしく欠如しているわけですから、次の仕事を始めてもまたすぐに、ガマンできなくなってしまいます。 「嫌だ」と駄々をこねる子供のようなもので、いわば、大人になり切れない心理ということができるでしょう。 「探せば仕事はいくらでもある」という甘い心理 とか、人間関係がうまく築けないとか、大きなミスしたというようなことがあっても、今の仕事を辞めてしまった場合の不安が強ければ、仕事を続けることができるものです。 ところが、仕事を続ける人にはそういう不安がありません。 世の中を甘く見ているところがあって、「今の仕事を辞めても、探せば仕事なんていくらでもある」と思っているのです。 実際に、これまでは仕事を辞めても、なんとか転職先を見つけてこられたのでしょう。 しかし、今後も仕事が見つかるという保証はどこにもありません。 年齢が高くなればなるほど、転職や再就職がむずかしくなるのは常識です。 しかし、自分に甘く、社会も甘く見ているために、「なんとかなるさ」と考えてしまうのです。 そうした甘ったれた心理から、先のことをよく考えず、リスクの想定をしようとしないのが、仕事が長続きしない大きな理由と言っていいでしょう。 スポンサーリンク すぐに「この仕事は自分に合っていない」という心理を持ってしまう 仕事を始めてすぐに、「これこそ自分の天職」と思えるような人は、稀と言っていいでしょう。 大多数の人は、最初は仕事が覚えられずに焦ったり、ミスをして落ち込んだりしながら、時間をかけて仕事を覚え、仕事になじんでいくものです。 つまり、自分の努力と意識の持ち方で、自分を仕事に合わせていくのが、多くの人の仕事との関わり方です。 仕事を長く続けるうちに、「自分に合った仕事だ」と思えるようになり、やがて「これこそ自分の天職」と胸を張って言えるようになるわけです。 それに対し、仕事が長続きしない人は、すぐに「この仕事は自分に合っていない」と思ってしまいます。 長く続けることで、自分を仕事に合わせようというような意識は持ちません。 まるで、服を買いに行って、「これも似合わない、あれも合わない」ととっかえひっかえ試着するように、仕事を変えてしまうのです。 自分本位の心理から、どんな仕事も長続きしないわけです。 ミスや問題が起こると、人のせい、会社のせいにする どんなに優秀な人でも、仕事にはミスやトラブルがつきもの。 また、会社や組織で仕事をしていれば、人間関係の問題が起こることもあるでしょう。 そうしたミスや問題を自分で日々解決しながら、仕事を続けるのが、社会人としてあるべき生き方であり、実際に多くの人はそのようにして仕事を続けているわけです。 そこには、「ミスや問題が起こる原因は自分にある」という意識、「だから、自分を改めよう」という心理が存在していると考えていいでしょう。 仕事が長続きしない人は、別の心理を持っています。 それは、「ミスやトラブル、仕事上の問題の原因は他人や会社にある」という意識、つまり、「自分は悪くない」という心理です。 何が起こっても、自分は悪くなく、同僚や上司、会社組織が悪いのですから、「今の会社を辞めさえすれば、問題解決」という判断をするわけです。 何とも身勝手で、子供じみた心理と言わざるをえません。 仕事が続かない理由を自覚する いかがでしょうか。 仕事が続かない理由はもちろん人によって違うものです。 ネガティブな理由もあれば、前向きな理由もあるでしょう。 仕事が続かないという言葉だけだと、あまり良い印象を与えることはありません。 しかし仕事を点々としていたけれど、その過程が今の仕事に十分すぎるほど活きている人もいます。 このことから、仕事が続かないというのは決して悪いことではなく、最も大切なのは、その「今」を将来にどうつなげるかということ。 仕事が続かない・・・と自己嫌悪してしまいがちな人は、「」を参考にして、なぜ続かないのか理由を自覚し、同じことを繰り返さないように未来へ活かしましょう。 きっと「これだ!」と感じ取れるような仕事に巡りあう、またはつくり出すことができるはずです。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

土方の仕事ってきついの?続く人、続かない人の特徴

仕事 が 続か ない 人

または、普段はちゃんとできるのに、上司と関係が悪くてつい報告を怠ったり……。 そんな状況にある人もいるかもしれません。 自分を守るためにも、しっかり報連相は実施しましょう。 (2)人の好き嫌いが激しい 職場にはたくさん人がいるもの。 人の好き嫌いが激しい人なら、社内に何人か「大嫌い」な人がいてもおかしくないでしょう。 しかし、「嫌い」という感情は仕事をする上でとても邪魔になってしまいます。 無自覚にも意地悪をしてしまったり、ついその人との会話を避けたり。 嫌いなのは仕方ないですが、仕事中は意識してコミュニケーションを取りましょう。 (3)後回しにしがち 今できることは、今やってしまうに越したことはありません。 「後からやればいいや……」と思って先延ばしにしていると、思わぬ急用が入って立て込んでしまった時などに、自分も苦しみます。 また、期限の設定されている提出物なども、期限より前倒しで提出する人の方が好印象です。 できるだけ仕事はスピード感を持ってやっていきましょう。 仕事は辛いのが当たり前。 そんなふうに思っていた時期がありました。 激務の職場にいたころ、成功した先輩方が誰しも辛さを乗り越えた経験を語っていたからです。 「毎晩2時になると吐き気が襲ってきて、トイレで戻していた」 「目を瞑ると、自分が首を吊っているところが浮かんでいた」 なんて笑顔で語る先輩方を目に、「ハハハ、私は限界っす……辞めたいっすね」と言う勇気はありませんでした。 辛い時期を乗り越えた先輩方は笑っていましたが、志半ばでウツになり退職する方も多かったからです。 「あのときは辛かったよ~」と語る方がレアな生き残りで、あのとき自分が潰れてもおかしくなかったんだ、と今なら思えます。 でも、仕事が辛いときほど、そういう視野を持てません。 止まらない涙を抱えながら、「泣くのは甘えだ」とか「新人だから辛いのは当たり前だ」と自分を追い込んでしまいがちです。 「ああ、会社行きたくないな。 っていうか、行けるかなあ……。 体が重いなあ。 昨日、お酒飲んだわけでもないのに。 辞めたいな。 いや、せめて異動したい。 とにかく上司や同僚の顔を見たくない……」 と、思い始めたときって、もう病みかけていませんか。 ここで踏ん張りをきかせて生き残る人もおります。 でも、その背後にはポキリと折れて復帰できない方も山ほどいることを忘れないでください。 もともと私の勤め先は、メンタルがタフな人を面接で採用していました。 それなのにポキリと心が折れ、病んでしまう人がたくさんいたのです。 もし、自分がとびきりタフだと思えないなら、「辞めたい」「異動したい」「せめて今日休みたい」という心の悲鳴を聞き逃さないでください。 特に、ムリヤリ口角を上げて笑っている自分に気づいたり、食欲、睡眠に影響が出たら注意信号です(これらは私がウツで退職する社員を観察して見出した、ウツや体調不良で倒れる前兆です)。 ウツはひどくなると、精神科へ通う力すら奪います。 手足が動くうちに「いやあ、ちょっと眠れなくって。 このままじゃ本格的に病んじゃうと思ったので、早めに来ました」と軽いノリで精神科へ相談しておいた方がいいと思います。 仕事が辛いときの対処法 また、仕事が辛いまま病むまで無理をして、退職まで行ってしまった人に話を聞くと「仕事で行き詰まったとき、周囲へ相談するのが下手」な傾向にあります。 例えば、職場で上司とうまくいかなくても「人間関係が辛くて、辞めたい。 上司の上司も、きっとこの状況を分かっていて、そのうえで私の乗り越え方を見ていらっしゃるんだ……」なんて考えやすいのです。 ですが、上司の上司・周辺部署・人事の視点では、あなたが悩みを訴えない限り実情に気付けないものです。 特に偉い人というのは、業務量が多く、大量の「これ確認してください」「例の件ですが……」といった質問に返事をするだけで、あっという間に日が暮れる日々を送っています。 多忙な方々には部下の様子を聞かずとも察する力など、残されていないのです。 あなたは管理職に無視されたと感じてきたかもしれませんが、あちらには察する力が残っていないだけかもしれないのです。 職場の人間関係が辛いなら、特に相談すべきです。 例えば、あなたが異動したかったとします。 異動願いを「今すぐ異動させてください、お願いします!」では人事の都合もあって聞いてもらえないかもしれません。 しかし、配属当初から「このままじゃ私、病んじゃいます……!」と訴えておけば、年単位で悲願を叶えられる可能性は高いのです。 その期間、どうしても会社に行きたくないと思った日は、ちゃんと休んで寝ましょう。 長く働くためには、どうしても無理な日は休む習慣を付ける方が大切です。 もし「突発的な頭痛」「お腹が痛い」など、ストレス由来の体調不良があれば、必ず休んでください。 辛いときに休むのは甘えではなく、適切な体調管理の手段。 短期的に会社でどう言われようとも、長期的に自分を守る道を選んでください。 あなたの身を守れるのは、あなただけです。 上司や、上司の上司すら話を聞いてくれないのなら……体や心を壊す前に休みを取りましょう。 転職エージェントや精神科、オンラインカウンセリングなどなど……使えるものは何でも使っていいのです。 心と体の平穏を取り戻せますよう、全力で応援しています。

次の

仕事が続かない人の特徴・原因・理由|男女別/立場別/集中力

仕事 が 続か ない 人

高学歴で頭がいいはずだけど、なぜか仕事ができない…という人には共通点があります。 頭がいいのに仕事ができない人の、1つ目の共通点が、プライドのせいで協調性に欠けるという点です。 就活までは高学歴が重視される風潮がありますが、社会に出ると学歴はそれほど重要視されません。 というのも、高学歴かどうかは、仕事の出来・不出来にはあまり関係ないからです。 高学歴で頭がいいはずなのに、仕事ができない人は、プライドが高くて協調性がない人に多いそうです。 プライドが高く自分より学歴の低い人を見下す人は優秀ではない! 高学歴で頭がいいがゆえに、プライドが邪魔をして、自分のする仕事を勝手に決めたり、同僚との付き合いを拒んだりしている人がいるようです。 高学歴という、学生時代の成功経験が尾を引き、自分のやり方を信じて疑わないというタイプも、高学歴で仕事ができない人の特徴です。 また、仕事ができない高学歴の人は、自分より学歴の低い人の言う事は聞かないというスタンスで、上司の意見を全く聞き入れようとしないようです。 これもプライドが邪魔をしていますね。 高倍率の難関校に合格したという成功体験から、自分を過剰に評価してしまい、高すぎるプライドを持ってしまう場合もあります。 仕事の優秀さと学歴を一緒にしてしまってはいけませんね。 頭がいいのに仕事ができない人は、学生時代に勉強ばかりに打ち込んで、他の事をしてこなかった人に多いようです。 高学歴だと勉強での応用力を仕事にも活かしてくれるのではないか、と期待もありますが、仕事の優秀さには繋がらない場合もあります。 高学歴でも応用力がなければ優秀とはいえない! 高学歴な人は、知識が人よりも優れているのは確かです。 ただ、その知識を仕事に生かせなければ社会人として、優秀な人とは言えないのが現実です。 受験などのパターン思考から抜け出せず、仕事で行き詰る高学歴の人もいます。 色々なやり方が認められる、ビジネスの世界では答えをどう出していいのか分からず苦しむ人もいるようです。 頭がいいとしても、応用力を活かさなければ仕事ができない人のままでしょう。 高学歴という肩書は仕事を始めるまでは、有利に働く事が多いですが、いざ仕事を始めると高学歴がプレッシャーになる場合もあります。 頭がいい人は、今まで上手くいっていた事が仕事では通用せず、社会に出て初めての挫折を味わった時に心が折れてしまうようです。 挫折が怖くなりチャレンジをしなくなり仕事に伸び悩む、といった事も多いです。 失敗経験がない高学歴の人はリスクを恐れてしまうのが弱点! 高学歴で頭がいい人のなかには、失敗を乗り越えて勝ち上がってきた、たくましい人も勿論いますが、挫折経験のない人もたくさんいるのも事実です。 失敗が許される若い時期に、リスクを恐れて、何もチャレンジできないでいると、仕事の優秀さ以上に、人間としての強さに悪影響が出ます。 高学歴ゆえに、失敗できないというのは周りからのプレッシャーや期待も影響しているのかもしれませんが、若いうちから守りに入ってしまっては勿体ないですね。 仕事ができないのではなく、挑戦していないだけだったら?自分からチャンスをつかみに行きましょう。 逆に学歴は高くないが仕事が出来る優秀な人とは? 高学歴の人の中にも仕事が出来る人はたくさんいます。 しかし、高学歴=仕事が出来る・優秀というわけではありません。 高学歴が優秀に繋がらないのと同じで、学歴がなくても優秀な人というのも存在します。 ここでは学歴はなくても、仕事で優秀な人について見ていきましょう。 エジソンも松下幸之助も小学校中退! 学歴が低くても、偉人として世に名を残す人もたくさんいます。 学歴がなくても成功した人として有名なのはエジソン。 エジソンは小学校を中退するほど、学歴は低いが誰もが知ってる有名な発明家になりました。 また、経営の神様と言われる松下幸之助も小学校中退です。 最新式の扇風機を開発した人は工業高校中退で、スカイプ開発者の1人は高卒だとか。 ロスチャイルドやカーネギ、ロックフェラーなどといった大富豪にも高学歴ではない人が多いようですよ。 高学歴で頭がいいのに仕事ができない人は協調性・応用力・チャレンジ精神がない! 高学歴で、頭がいいはずなのに仕事ができない人というのはどこの職場にもいます。 そして、そういう人はプライドが高かったり、応用力がなかったり、失敗を恐れていたりという特徴があるようです。 また、学歴はなくても別の才能や努力で大成した人もいます。 ただ、学歴の有無に関わらず、仕事で成功した人は挑戦をし続けたという共通点があります。 高学歴でも、そうじゃなくてもプライドで固くならず、柔軟な発想で新しいことに挑戦する気持ちが大切なんですね。 こちらもあわせて読みたい!.

次の