グレタ キチガイ。 グレタ・トゥーンベリ

「ぞっとした」環境活動家の16歳少女へのTV司会者発言が炎上

グレタ キチガイ

しかしどれだけ私が怒り悲しんでいようとも、私はそれを信じたくありません。 なぜなら、もしあなたたちが状況を理解していながら行動を起こしていないのであれば、それはあなたたちが邪悪な人間ということになるからです。 私はそれを信じたくありません。 二酸化炭素排出量を10年で半分に減らしたとしても、地球の平均気温を1. そしてそれによる取り戻しのつかない連鎖反応を埋め合わせることは、制御不能になります。 しかしその数字には、ティッピング・ポイント(小さな変化が集まって、大きな変化を起こす分岐点)やフィードバックループ(フィードバックを繰り返して改善していくこと)、空気汚染に隠されたさらなる温暖化、そして環境正義や平等性などの要素は含まれていません。 そして、私たちや私たちの子供の世代に任せっきりで、何千億トンもの二酸化炭素を吸っている。 私たちは、結果とともに生きなければいけないのです。 「気候変動に関する政府間パネル」が発表した、地球の温度上昇を1. 今日、その数字はすでに350ギガトンにまで減っている。 なぜこれまでと同じやり方で、そしていくつかの技術的な解決策があれば、この問題が解決できるかのように振舞っていられるのでしょうか。 現在の排出量レベルを続ければ、残っているカーボンバジェット(温室効果ガス累積排出量の上限)は、8年半以内に使い切ってしまいます。 しかしこの現状に沿った解決策や計画は作られないでしょう。 なぜならこの数字は、とても居心地が悪いから。 そしてあなたたちは、それを私たちにはっきりと言えるほど十分に成熟していない。 あなたたちは、私たちを失望させている。 しかし、若い世代はあなたたちの裏切りに気づき始めています。 未来の世代の目は、あなたたちに向けられている。 もしあなたたちが裏切ることを選ぶのであれば、私たちは決して許しません。 私たちはこのまま、あなたたちを見逃すわけにはいかない。 今この場所、この時点で一線を引きます。 世界は目覚め始めています。 変化が訪れようとしています。 あなたたちが望もうが望むまいが。

次の

【悲報】国連演説した16歳のグレタさん、ヤベー奴だった・・・

グレタ キチガイ

'How dare you? You have stolen my dreams and my childhood. また、グレタ氏は、すでに数十年来、研究者たちは気候変動について警告を行っているが、しかし、各国政府は無為に過ごしていると強調した。 10年で大気中の有害廃棄物を半分に減らす必要があるという提案は、環境保護活動家を納得させていない、それは少なすぎるからだ。 グレタ氏によれば、現在の計画では、地球上の気温を摂氏1. 5度未満に抑えられる可能性は50%だという。 つまり、「何千億トンの二酸化炭素」の処理や環境破壊の結果への対応は、おそらく、グレタ氏の世代やその子どもたちが追うことになる。 We are all Greta. そして私たちはあなたたちが裏切り者であることを理解し始めている。 未来の世代の目はあなたたちに向けられている。 そしてもしあなたたちが欺いたなら、私たちは決して許さないでしょう。 世界は目覚め始めています。 変化は訪れようとしています。 あなたたちがそれを望もうが望むまいが」と強調した。 2018年8月にが始めた自然環境汚染へのたった1人での抗議行動は、国際的な活動に発展し、世界中のたくさんの若者たちと一体となった。 トゥーンベリさん自身は、ダボスでの世界経済フォーラムや欧州議会の会議に出席、ローマ法皇とも面会をしている。 28日、トゥーンベリさんがヨットで英国から米国に向けて大西洋を横断し、。 関連ニュース.

次の

【悲報】16歳の環境活動家グレタさんを支える環境団体、中国政府の代理人の疑い 沖縄「ジュゴン裁判」も担当

グレタ キチガイ

スウェーデンの女子生徒、グレタ・トゥーンベリさんは昨年8月、スウェーデン議会前で地球温暖化問題、気候変動対策のための学校ストライキを行ったことで一躍有名となった後、同年12月の第24回気候変動枠組み条約締結国会議(COP24)に出席。 欧米ではグレタさんの活動に刺激を受けた学生や生徒たちが毎週金曜日、世界270カ所の都市で地球温暖化対策デモ集会を開催してきた。 (動画はグレタさんによるCOP24でのスピーチ、国連広報センターYouTubeより:編集部) 欧米のメディアではグレタさんの活躍は大きく報道され、ノーベル平和賞候補者に上がるほど有名人となったが、ここにきて欧米の極右ポピュリストたちからグレタさんへの批判の声が出てきた。 オーストリア通信(APA)が3日、報じた(「」2019年4月8日参考)。 オバマ前米大統領は4月6日、ベルリンで若者たちに向かって、「君たちは祖父母からどのような音楽を聴くべきか、何が重要であるかを決定されたくはないだろう。 どのような世界に生きるかでも同じだ」と述べ、「環境問題は人類の生存をかけた挑戦だ。 我々が生きている地球は危機に瀕している。 環境保護のため、誰かがするまで待っているのでは成果は期待できない」と強調し、欧米社会で若者たちが毎金曜日午後に地球温暖化対策のためデモ集会(フライデー・フォー・フィーチャー)を開催していることを評価したばかりだ。 それに対し、欧米の極右ポピュリストは16歳の少女に対して個人攻撃を始めた。 精神治療を必要としている」と中傷。 極右派雑誌「Alles Loger」のローランド・ホーフバウアー編集長は「醜い娘だ」といった類の誹謗を繰り返す。 彼らは「グレタさんは環境保護運動のアイコンに利用されているだけだ」というのだ。 グレタさんの母国、スウェーデンでも右翼ポピュリストの「スウェーデン民主党」(SD)のジミー・オケーソン党首は、「グレタさんは環境問題運動をする団体の広告塔だ」と単刀直入に批判している一人だ。 それに対し、グレタさんの活動を擁護する側は、「極右派のグレタさん批判の背後には極右派の典型的な女性観が現れている。 彼らはグレタさんが訴えている環境保護問題にはなにも言及せず。 もっぱら個人攻撃に終始している」と指摘する。 本人も明らかにしているように、グレタさんはアスぺルガー症候群に罹っている。 両親の影響もあって環境問題に強い関心を有し、2018年8月、スウェーデン議会前で気候変動問題のための学校ストライキを行ったことを皮切りに、これまで世界各地で地球温暖化対策の重要性を訴えてきた。 環境保護活動家グレタ・トゥーンベリさん(Facebookより:編集部) 極右派のグレタさん批判には気候変動問題に対する専門的な観点からの批判はほとんど聞かれない。 この問題を正面から批判することは極右派にとっても難しい。 そこで極右派は地球温暖化対策運動そのものを直接批判せず、グレタさんと彼女の家族への攻撃に出てきているわけだ。 ある社会学者は、「極右派は敵を見つけ出し、そこに個人攻撃を強めていく。 極右派の典型的な戦略だ。 解決策や妥協点を探すための批判、議論ではない」と受け取っている。 グレタさんの運動に対しては学校関係者からも批判の声があることは事実だ。 毎週金曜日の若者のデモ集会をオバマ氏は評価したが、デモ集会に参加する生徒や学生たちは学校や大学の授業を休んで参加するケースが少なくないからだ。 参加するなら授業のない学校の休みの日にすべきだとの主張だ。 金曜日の同集会に参加するために、親が子供を学校からピックアップし、デモ集会に連れていく、といった情景も見られだした。 オーストリア代表紙プレッセ紙は「学生の本分は勉強だ」としてデモに参加する前に勉強すべきだ、と主張している。 グレタさんを擁護する側は、「グレタが両親に利用されている、学校をさぼる生徒に悪用されている、といった批判はグレタさんが何を言っているかとは関係がないことだ。 彼女は気候変動対策を訴えているのだ。 彼女の運動は民族主義といったイデオロギーとは関係がない。 極右派の批判は気候変動問題を指摘するグレタさんの口塞ぎで、言論の自由の蹂躙だ」と強く反論している。 グレタさんは今年2月、ツイッターで「最近、私に対して多くのうわさや憎悪が発信されていることを知っている。 何も驚きに値しない」と冷静に対応する姿勢を示している。 地球温暖化問題は一国だけの問題や大企業の責任だけではない。 地球レベルの問題だ。 極右派のグレタさん批判は専門的な議論を回避した個人攻撃に終始しているのは残念だ。 一方、グレタさんの運動だけに注目するのではなく、地道に環境保護のために実践している会社、機関、団体に対しても目を向けるべきだろう。 いずれにしても、極右ポピュリストのグレタさん批判には地球温暖化問題への深刻さが決定的に欠けている。

次の