アキラ 予言。 新型肺炎でオリンピック「中止だ中止」!? 「AKIRAの予言」を思い出す人続出: J

東京オリンピック中止の予言がヤバイ!松原照子•ひろゆき•アキラの予言とは?

アキラ 予言

この今の状況を、1982年のアニメ『AKIRA』が全てを予言していました。 新型コロナウィルス、東京オリンピック中止の予言だ。 作者は超能力者かもね。 この話題のアニメ『AKIRA』とはどのような内容なのでしょうか!? アニメ『AKIRA』とは? 話題となっているアニメ『AKIRA』は、1982年から1990年まで連載していた未来型SF作品です。 今から(2020年2月現在)だと、38年前のアニメ作品。 アニメ『AKIRA』 AKIRAとは1982年~1990年に連載された大友克洋によるマンガ作品、および1988年劇場アニメ版作品のことである。 新型爆弾により崩壊した東京地区に住む主人公・金田は、事故をきっかけに超能力に目覚めた親友の鉄雄と共に軍が秘密裏に研究する超能力者を巡る抗争に巻き込まれる。 軍が極秘に封印していた最強の超能力者「アキラ」の封印を解き世界征服を試みる鉄雄の暴走を止めるため、金田は仲間たちと協力し戦う。 東日本大震災の復興もまだままならない状況で、オリンピック開催で国民デモが行われているなど、アニメと似たような状況が重なりますね。 そして、AKIRAで描かれていたオリンピック会場が、 新国立競技場のイメージに似ているのも『また予言か?』と話題にもなっています! 新国立競技場の初期のデザインが『AKIRA』で描かれていた。 AKIRAで描かれていた会場と新国立競技場の初期のデザインが一致。 コロナウイルスを予言しているかのように伝染病対策の記事が………。 そして 『コロナウイルスの特効薬では?』と思われるシーンも登場しますね。 そして、『AKIRAの予言』はこれだけではありませんでした。 戦争=震災とは意味は全く違いますが、東日本大震災で日本が受けた被害となれば一緒であり、現実とリンクしていると噂にもなっていますね。 もしかしたら予言書「AKIRA」に出てくるアキラ君とはコロナウイルスのこのではないのかとか考えたり。 第三次世界大戦は起こらないことを願います! 『AKIRA』の予言は真実か?ネットで話題に! 『AKIRA』の予言率が異常なので、『AKIRA』を聖典とする宗教団体が生まれていれも不思議はない。 — ヤギの人(手洗い) yusai00 新型コロナ蔓延でAKIRA程でないにしろディストピア化した東京 やはり大友は予言者 — けみかけ kemikake AKIRAスゲー。。。 30年以上前から予言してたとは。。。 まさにAKIRAが描いた世界が現実とリンクすることが多すぎて『預言書では?』と思ってしまうのも仕方がありません。 果たして東京オリンピックは開催できるのか?コロナウイルスは世界的なパンデミックとして広がってしまうのか? 今後の世界の動きに注目しましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

東京五輪の都市伝説!漫画AKIRAの怖い予言とは?

アキラ 予言

画像は、『 』(講談社)より 30年前に大友克洋が近未来の混沌とした世界を描いたSFアクション漫画『AKIRA』(講談社)。 その漫画の舞台が2020年に開催される東京オリンピックを控えたものだとして「作者の大友克洋は、予言者だったのだろうか?」と話題になっている。 しかも、大友克洋は過去のインタビューの中で、1本1本の線に「雲になれ」「建物になれ」と、呪いを込めて描いたと語っている。 【『AKIRA』のあらすじ】 1982年7月、新型爆弾により「東京」は崩壊。 これがきっかけとなり、第三次世界大戦が勃発。 世界は荒れ果てた。 それから38年がたち、東京は復興のまっただ中、新たな発展を迎えつつあった。 東京湾上には高層ビルが立ち並ぶ「ネオ東京」が建設。 2019年、オリンピックを翌年に控えた「ネオ東京」が舞台となり、物語が展開していく…。 超能力に覚醒した少年少女は実験体としてナンバリングされ、世間から隔絶された研究施設で様々な実験を繰り返されていた。 その実験体28号「AKIRA」は、能力があまりにも超大なため、危険を感じた政府によって長年厳重に封印されていたのだった。 だが、「AKIRA」が覚醒した時、東京に再び大カタストロフィが起こるのであった…。 【ポイント】 物語では、この暴走する「AKIRA」について「触れてはならない力」「神…の力ですか?」「自ら開けた恐怖の穴を慌てて塞いだのだ」「『AKIRA』の暴走する超能力は誰もコントロールできない」と語っている。 このことから、「『AKIRA』とは、原子力の暗喩ではないか?」という説が囁かれている。

次の

「中止だ 中止」 漫画「AKIRA」は2020東京五輪の運命を予言したのか? 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

アキラ 予言

画像は「」より引用 第三次世界大戦が勃発して現実とは異なる歴史を辿った2019年の『ネオ東京』を舞台にした人気SFアクション漫画 『AKIRA』(大友克洋著、1982〜1990年に講談社『週刊ヤングマガジン』で連載)。 2020年の東京オリンピック開催を予言したことで、 「作者の大友克洋は予言者」と話題になったことは記憶に新しい。 詳しく知りたい方は筆者の過去記事を見てほしい。 一方、『AKIRA』の舞台は1982年に新型爆弾により崩壊したネオ東京で、作中、東京オリンピックはネオ東京の復興と再生をアピールするために開催されるという設定になっている。 大震災と戦争という違いはあれど、 復興をアピールする目的での東京オリンピック開催という点では両者が一致している。 今から30年以上も前に、2020年の東京オリンピック開催を的中させていたのもすごいことだと思うが、この点に関してさらに興味深い描写が存在する。 作中、 『東京五輪、国民の力で成功させよう』という看板に『中止だ中止』『粉砕』などの落書きが描かれているのだ。 つまり、様々な問題が多発して、 国民から『オリンピック中止』の批判が上がるということまで予言していたということだ。 となると、予言通りにオリンピックは本当に中止になる可能性がある。 さらに作中、看板に描かれている「開催迄あと147日」の文字に注目してほしい。 東京オリンピックは2020年7月24日開催だから、そこから逆算して「今月2月末に何かが起こるのでは?」とネットでも話題になっているのだ。 東京オリンピック開催から147日を逆算すると、 2月29日となる。 なお、この時期を狙ってか、 という。

次の