夫 の チン ぽ が は いらない こだま。 『夫のちんぽが入らない』ドラマ化、石橋菜津美&中村蒼が夫婦役でW主演

夫のチンぽが入らないwikiその後ネタバレ!原作版の結末を紹介!

夫 の チン ぽ が は いらない こだま

FOD・Netflixにて2019年3月20日に配信が始まった、話題のドラマ「夫のちんぽが入らない」を見たのでレビューしてみます。 控えめに言って、かなりの名作ドラマでした。 Netflix、hulu、アマゾンプライムビデオと無駄にトリプル契約中です。 『夫のちんぽが入らない』について 連続ドラマ『夫のちんぽが入らない』は、主婦こだまの自伝である短編小説「夫のちんぽが入らない」を原作とした作品です。 原作は、2017年1月に大幅に加筆修正され書籍化し、発売1カ月で13万部の売り上げを突破しました。 「Yahoo! 検索大賞2017・2018」小説部門賞を2年連続受賞、現在は週刊ヤングマガジンにて漫画版が連載されています。 出典・フジテレビ 連続ドラマ『夫のちんぽが入らない』レビュー 正直、原作が話題になった時もタイトルのインパクトが凄すぎて本を手に取れませんでした。 が、これから原作を読んでみたい。 そう思うくらい素晴らしい出来のドラマ。 テーマ自体は重く、さらに誤解を招きかねないタイトル。 夫の風俗通いや妻の不倫、かなりセンセーショナルな内容です。 でも不思議とドラマを見ていて嫌悪感を持つ事は一切ありませんでした。 ヌードもあり、リアルな描写もあるのにも関わらず、とても繊細で温かい、夫婦の物語だと感じました。 主人公夫婦との問題とは違っても、どの夫婦にも少しは重なる部分がありえるような話で、外からは見えない夫婦の深い部分を描いているなと思います。 キャスト・制作 原作: 出演:石橋菜津美、 演出:タナダユキ 脚本:黒沢久子 企画・プロデュース:清水一幸 プロデューサー:湊谷恭史 公式サイト: あらすじ タイトルに偽りはない。 衝撃の実話。 主人公・久美子は、大学進学を機にオンボロアパートで1人暮らしをすることにした。 そこで図々しくも優しい研一に出会う。 惹かれ合う2人は、久美子が入学前に付き合うことになった。 同じ学部、同じサークルで1個上の研一とは、授業とアルバイト以外はいつも一緒だった。 誰にも入らないことを言えない、ふたり。 結婚をしたふたりは、幸せだった。 久美子は山の間の小さな学校で教師になった。 平穏な暮らしだったが・・・転任することになった久美子。 転任先は、問題児の多い学校、問題のあるクラスの担任になった。 久美子、心を病み、車を運転している最中に意識が朦朧とする。 崖から落ちそうになり、命の危機を感じたとき、久美子を心配する農夫婦に出会う。 」という強い思いにより結婚する2人。 しかし、一筋縄には行かず、夫婦となってからも2人はすれ違い苦悩し心が離れていってしまいます。 しかしやがて2人だけの夫婦のカタチを見つけていく… 物語のテンポの良さ、全10話の長さをちっとも感じさせないストーリー展開は素晴らしく、制作陣の名前をみて納得。 いち押しのドラマ『東京女子図鑑』や映画『百万円と苦虫女』の演出でも有名なタナダユキさん、脚本はタナダユキさんおなじみの黒沢久子さんが担当しています。 一気に観て、そのままこの記事を書いています。 この俳優陣で面白くないワケがない。 夫を演じる 中村蒼さんの体当たり演技。 失礼ながら初見となった、 石橋菜津美さんのリアルな演技に度肝を抜かれました。 この石橋菜津美さん、なんと200人のオーディションを勝ち抜き監督に絶賛されたと話題の女優さん。 とても綺麗な女優さんなんですが、このドラマの中では石橋さんの持つ普通っぽい地味さ、淡々とした中にある静かな強さがリアルさが出ているんです。 ナレーションがなんとも良く、石橋さんだからこそここまでの実写化ができたと感じました。 また脇を固めるのは、尾野真千子さん江口のりこさんをはじめとする豪華なキャストたち。 面白くないワケがありません。 母親役の女優さんも良かったな〜〜 このドラマにかける制作陣の熱を感じました。 あえて記事にしたくなる程の魅力・夫婦にこそ観て貰いたい こうしてタイトルを書く事や、記事にするのも正直ちょっぴり抵抗のあるわたしでした。 しかしその抵抗感よりもドラマとしてのクオリティ、こだまさんの実話でもある夫婦の物語は素晴らしく、たくさんの方、特に結婚されている夫婦にぜひ見て欲しい! 少しでも興味を持たれた方にはぜひ観て欲しい!そんな思いで記事を書きました。 『夫のちんぽが入らない』が好きな人におすすめの映画、逆もまたしかり 性をテーマにしたもの、家族愛や夫婦の形についてのおすすめ映画をピックアップしてみました! 『夫のちんぽが入らない』を見た方にはもちろん、下記の映画が好きな人は『夫のちんぽが入らない』もきっと楽しめる!と思います。 二重生活• 愛の渦• 湯を沸かすほどの熱い愛• 永い言い訳• ぐるりのこと• 万引き家族• そして父になる 『夫のちんぽが入らない』の監督タナダユキさんと黒沢久子さん脚本の他作品も必見! タナダユキさんと黒沢久子さんのタッグ作品は女性におすすめ。 アマゾンプライム会員なら無料視聴可能な『東京女子図鑑』は何回も見ました。 どちらの作品も女性ならわかる感覚、視点が魅力的です。 東京女子図鑑• 百万円と苦虫女 原作本も是非読んでみたいと思います。

次の

『夫のちんぽが入らない』あらすじとネタバレ感想!タイトルに凝縮された壮絶な人生を描く私小説|よなよな書房

夫 の チン ぽ が は いらない こだま

あまりにみんな褒めてるから「夫のちんぽが入らない」を読んだんだけど、私の勘どおりあんまし面白くなかった。 この本がどうイマイチだったかを、書いていく。 だいたい4点におさまる。 1. 第一に、「夫のちんぽが入らない」ことをここまで気に病んでる著者の心性があんましよく分からない。 この本の著者であるこだまさんの心の中では、「私は夫と普通にセックスできないから、女として/嫁として欠陥品だ」という思いが20年間、通奏低音のように響き続けてるんだけど、 私はそもそも「『セックス/結婚/出産ができること』と『人間の出来』は関係ない」と思ってる。 どれくらいそう思ってるかというと、「この先2年間は奇形が生まれるから絶対出産しちゃだめ」と言われている、アメリカから輸入された強い皮膚科の薬を、自分の皮膚の美容のために、なんの迷いもなくグビグビ飲むほどである。 また、全然好きじゃないただの男友達と「税金安くなるし面白いから」という理由で婚姻届を出すというプロジェクトもやりかけたほとである。 そういう、こだまさんの倫理観と真逆の倫理観を持つ奴がこの本を読んで、 「私とは全然違う考え方だが、気持ちはわかる」 と思えるほどの筆の力が単純に足りない。 具体的に言うと、全然好きじゃない相手としてしまった初セックスで植え付けられた(と思われる)性嫌悪とか懲罰感とか、母に植え付けられた自己否定感についてはもっとエピソードたくさん込めて書いてほしい。 全然足りない。 別に人間は過去の思い出によって構成されるわけではないから、こだまさんの性観念の成り立ちを全て過去に求める必要はないんだけど、本人がこの二者に「ちんぽが入らない」源流があるっぽいとほのめかしてるだけに、「え、よく分からない。 この初セックスの相手/お母さんは、どんな人だったの? 普通に書き足りないよ」と思った。 特にお母さんに関しては、「育児ヒステリーで赤子のこだまさんを床に叩きつけた」話とか、著者に対する「産め産めハラスメントのひどさ」を読むにつけ、相当味の濃い人物だと思うのだが……。 一体、幼少期にこだまさんにどんな教育を施したのか。 そのことが、「夫のちんぽが入らない」ことのカギを握っている可能性は相当高いのではないだろうか。 意地悪な見方をすると、この著者は、 「夫のちんぽが入らない」という大告白をした時点で、「私すごいこと言ったぞ! すごい秘密を書いたぞ!」とドヤって、それ以外の恥ずかしいエピソードを開陳することを怠ってしまったんじゃないだろうか。 はっきり言って、 あなたの一番恥ずかしいところそこじゃないでしょ? って思う。 多くの人にとって、赤裸々な性体験よりも、親をディスる方がよっぽど書きにくい。 2. 第二に、ズレたギャグセン。 『夫のちん「ぽ」が入らない』と「ぽ」が使われてる時点で地雷だって思ってたんだけど。。。。 あたってた。 この人は、自分の話を真面目にすべき場所で茶化して安い笑いとって誤魔化すタイプの書き手で、マジで 悪しきサブカル。 全然真摯じゃないんですよ。 たとえば、この『夫のちんぽが入らない』というフレーズが、本文の要所要所でリフレインされるんですよ。 たとえば 「普通に生きてても、私はどこかで常に気にしている、夫のちんぽが入らない女だってことを。 隣のおばさんが『あなたのところ子供まだ?』って聞いてきたけど、言ったろかと思う、「夫のちんぽが入らないんです」って。 」 など。 この「ぽ」っていうひらがなは、日本語の中でも最強クラスに笑えるひらがななので、連発されるといちいち話の本筋から気が逸れちゃう。 だから、最高にエモーションをそそって切なくするべき場面で、この「ぽ」に象徴される安い笑いを投入することで自分で自分の話を台無しにしていると思う。 照れてんじゃねーよと思う。 ギャグセンは、多分ある人なんだと思う、だからこそ「使う場所ここじゃねーだろ」と思う。 3. 第三に、夫の説明が足りない。 恋人時代の夫のエピソードが、なんだかかなり良いんですよ。 だからこそ、結婚数年後に、すれ違いの夫婦生活に突入してしまう過程が不明瞭すぎて消化不良を起こした。 「えっなんで、あんなに良い恋人だったのに、なんで?!」とびっくりしてしまった。 私に限らず多くの未婚女性にとって、「結婚後どのようにして夫婦が冷めるのか」は最大の関心事項だと思うのでここはマジちゃんと書いてくれないと困る。 更に、このすれ違い時代に、夫は嫁の仕事の辛さを感じ取りつつも一切優しい言葉をかけたりしないんですね(そう読める)。 だけど、その数十ページ後に、「この人は何も言わないけど本当は分かっててくれる、素敵な旦那です」的なエピソードが現れることで、なんか、「口に出さないけど汲み取ってくれる夫」「結局善人なんですちゃんちゃん」みたいな感じになってるんですけど、いや、そうは問屋がおろさねえから。 わっかんねえから。 4. 第四に、エンディングが良くない。 しかも両方、「なんとなく、時間が解決してくれた」みたいな感じですからね。 全然納得できないがな。 だってそもそも、なんでこんな生産性の低いダメ出しブログを書いたかと言うと、「惜しい」と思ったからなんです。 こんなにズタボロに言ってますが、私、この本、 初め3分の1くらいはとてもわくわくしながら読んだのです。 だからこそ、読後は「惜しい」「もっとちゃんと書いてくれよ!」という気持ちになったのですね。 良かった点は、恋人時代の夫の変キャラっぷり。 それと、夫のちんぽが入らないことが発覚した直後の、この文です。 『昔から私の番になるとちょうど機械が壊れるとか、私の買ったものだけ不良品とか、そういう運の悪さ、間の悪さで損をする場面が数えきれないほどあった。 世の中の『偶発するちょっと嫌なこと』が、なぜか私に集中した。 だから今回も自分のせいかもしれないと思っていた。 』 あ~ こういう考え方する人なんだ、だからこういう人生を送ることになるのか、と思った。 エッセイって、レアな体験をひけらかすデュエルじゃない。 頭の中の思考回路がどれだけレアかをひけらかすデュエルなんだ。 こういう文が読みたくて、エッセイ読んでるんだよね。 」とそのままの意味ですね。 つまり、文章が理解できていないの一言に尽きるように思います。 そもそも、「面白い話」ではないでしょう。 そこがまず、ズレてる感が半端ない。 そして、別にドヤってる訳ではなく、こういう人間もいることを分かって欲しいという意図で書かれたものだと思うのです。 理解できる、共感できる、というのは人それぞれでしょう。 面白くない、理解できない、というなら別にそれはそれでいいと思う。 同じ経験をしてないとおそらく共感も感情移入もできないでしょうし。 「ぽ」についても意味が分からない。 笑えるひらがな? 何を言ってるんですか? 頭大丈夫? と思わずにはいられない。 まぁ、この小説を読んでないから他の内容については全く意見できないのだけど、とりあえず目についた文面だけ反論したい。 あと、リフレインとかデュエルとか意味を理解して使ってますか?ということを問いたい。 多分ズレてる。

次の

『夫のちんぽが入らない』は、性行為の話ではない “いびつ”な私小説の魔力

夫 の チン ぽ が は いらない こだま

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 夫のちんぽが入らない 著者 こだま 発行日 発行元 言語 形態 ページ数 195 公式サイト コード () [ ] 『 夫のちんぽが入らない』(おっとのちんぽがはいらない)は、によるの作品。 略称、「おとちん」。 主婦・こだまが夫とのの悩みを綴ったで、5月のイベントで発売の同人誌に短編として寄稿され反響を呼び、大幅な加筆修正を経てとしてにより刊行。 文庫版特別収録エッセイ「ちんぽを出してから」を収録しにより文庫化された。 小説部門を第3回(2017年)・第4回(2018年)の2年連続受賞。 および、それを原作とした漫画。 の制作により化され、におよびにて配信されている。 概要 [ ] 2014年開催のイベントで販売された同人誌「なし水」に収録。 同作者の初書籍。 作者の実体験に基づいた。 女子大生と男子学生が恋に落ち、後に結婚に至る。 しかし、の際に夫の()ができず、子供ができないことに悩みつつも共に生きてゆく。 2017年2月時点で、単行本の発行部数は13万部を突破した。 が2014年にリリースした楽曲「Orphans」は、同人誌に掲載された本作にインスパイアされたものである。 また、こだまは「Orphans」のタイトルで、雑誌『』でエッセイを連載している。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 の作画で『』()にて、25号(同年5月21日発売)から2020年15号(同年3月9日発売)まで連載。 書誌情報(漫画) [ ]• ゴトウユキコ『夫のちんぽが入らない』 講談社〈〉、既刊4巻(2020年3月6日現在)• 2018年9月6日、• 2019年2月6日、• 2019年9月6日、• 2020年3月6日、 配信ドラマ [ ] 夫のちんぽが入らない ジャンル 配信ドラマ 原作 こだま 企画 (フジテレビ) 脚本 監督 出演者 音楽 (音楽プロデュース) 国・地域 言語 話数 10 各話の長さ 26 - 46分 製作 プロデューサー (ザフール) 制作 ザフール(制作協力) 製作 配信 配信サイト 配信国・地域 配信期間 - の制作により化され、およびにての16時から全10話が配信されている。 実写ドラマとして挿入障害を扱い、濡れ場もあることからヒロイン役は200人規模のオーディションをおこなった。 キャスト [ ]• 渡辺(山本)久美子 -• 渡辺研一 -• 寺田朋美 -• ミッキー -• アリハラ -• 山本冴子 -• 山本祐介 -• 渡辺和之 -• 渡辺京子 - スタッフ [ ]• 原作 - こだま『夫のちんぽが入らない』(刊)• 脚本 -• 音楽 - 、、、、• 音楽プロデュース -• 協力プロデューサー - 坂本和隆• プロデューサー - (ザフール)• 企画・プロデュース - ()• 監督 -• 制作協力 - ザフール• 制作著作 - フジテレビ 配信日程 [ ] 配信回 配信開始日 タイトル 配信分(FOD版) 1 2019年3月20日 第1話 44分 2 3月20日 第2話 46分 3 3月20日 第3話 31分 4 3月20日 第4話 26分 5 3月20日 第5話 28分 6 3月20日 第6話 31分 7 3月20日 第7話 29分 8 3月20日 第8話 27分 9 3月20日 第9話 42分 10 3月20日 第10話 33分 脚注 [ ] []• NEWSポストセブン. 2017年1月17日. 2018年12月13日閲覧。 2018年7月3日. 2018年7月4日閲覧。 とれたてフジテレビ. 連続ドラマ『夫のちんぽが入らない』. 2019年2月6日. 2019年3月21日閲覧。 、ねとらぼ、2017年02月12日 11時30分 UPDATE。 、withnews(ウィズニュース)、2017年2月12日。 コミックナタリー 2018年5月7日• マイナビニュース 2019年4月2日. 2019年7月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式特設サイト• - 公式サイト• - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の