ハウス クリーニング 外国 人 雇用。 特定技能

特定技能

ハウス クリーニング 外国 人 雇用

新たな外国人材受入れ制度(在留資格「特定技能」の創設)について 平成30年12月8日、第197回国会(臨時会)において、在留資格「特定技能」の創設等を内容とする「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が成立し、同月14日に公布されました(平成30年法律第102号。 一部の規定を除き、平成31年4月1日施行)。 また、平成30年12月25日、改正法に基づく「特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針」・「特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針(分野別運用方針)」が閣議決定されました。 厚生労働省の所管では、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にあるため外国人により不足する人材の確保を図るべき産業上の分野として、2分野(介護、ビルクリーニング)で受け入れることとしております。 あわせて、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」についても、「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」の第3回会議(平成30年12月25日開催)において了承されました。 詳しくは、以下リンク先をご参照ください。 厚生労働省では、国際競争力強化の観点から、留学生の国内就職支援も含め、専門的・技術的分野の外国人の就業を促進しており、東京、名古屋、大阪、福岡外国人雇用サービスセンターを拠点に、外国人留学生に対し就職に向けた各種情報を提供するとともに、入学後の早い段階からの就職支援(就職ガイダンス)、インターンシッププログラムの提供、就職面接会等を実施しています。 詳細については以下の連絡先までお問い合わせください。 また、一部の新卒応援ハローワーク内に留学生コーナーを設置し、各種支援メニューをご用意していますので、ご利用下さい。 北海道地域では、日本国内での就職を希望する外国人留学生と留学生の採用を検討している企業のマッチングを総合的に支援する、「外国人留学生サポート事業」を実施しています。 在留資格「特定技能」の外国人労働者を雇用する事業主の方へ 在留資格「特定技能」の外国人労働者の雇入れまたは離職の際には、他の在留資格の外国人労働者(特別永住者及び在留資格「外交」・「公用」の者を除く)同様、厚生労働大臣(ハローワーク)へ届け出ること(外国人雇用状況届出)が必要です。 在留資格「特定技能」の外国人労働者について外国人雇用状況届出を行うにあたっては、以下の図のように、指定書により特定産業分野を確認した上で、在留資格に加えて特定産業分野も届け出ていただく必要があります(例:「特定技能1号(介護)」等)。 平成24年5月7日より、高度人材(現在でも就労が認められている外国人のうち、高度な資質・能力を有すると認められる者)の受入れを促進するため、高度人材に対しポイント制を活用した出入国管理上の優遇措置を与える「ポイント制度」が施行されました。 ポイント制に係る家事使用人モデル契約書(英語版( )• ポイント制に係る家事使用人モデル契約書(日本語版( ) 留学生インターンシップについて 国内の大学や大学院で学ぶ多くの外国人留学生が、日本国内での就職や日系企業への就職を希望しています。 しかしながら、就職活動の準備不足や、外国人留学生と企業の間における処遇・キャリア形成の考え方の違いなどから、必ずしも就職が進んでいるとはいえません。 このため、企業と外国人留学生の相互理解を促すとともに、外国人留学生を取り巻く就職環境の改善を図ることを目的に、東京、名古屋、大阪の外国人雇用サービスセンター及び福岡学生職業センターを窓口として外国人留学生向けのインターンシップを実施しています。 [PDF形式:669KB] 北海道地域では、日本国内での就職を希望する外国人留学生と留学生の採用を検討している企業のマッチングを総合的に支援する、「外国人留学生サポート事業」を実施しています。 データ・資料 Reference• その後、外国人を雇用される事業主の方への助言・指導や、離職した外国人労働者の再就職支援を効果的に行うため、改正雇用対策法(平成19年10月1日施行)により、すべての事業主の方に対し、外国人労働者の雇入れ又は離職の際に、当該外国人労働者の氏名、在留資格、在留期間等について確認し、ハローワークへ届け出ることを義務づける「外国人雇用状況届出制度(届出制度)」を設置いたしました。 両制度は対象となる事業主の範囲が異なります(報告制度は任意で報告していただいた事業主の方、届出制度は外国人労働者を雇用する全ての事業主の方)ので、データの継続性はありませんので取り扱いにご留意下さい。

次の

ハウスクリーニング事業在留外国人雇用の利点と注意点

ハウス クリーニング 外国 人 雇用

共働き世帯の増加に伴い、近年ハウスクリーニング事業に注目が集まっていますが、「かなりの重労働であること」「需要が増えてきていること」から、必要な労働者を確保するのが困難になっています。 そこで近年、在留外国人を雇用しようという動きが高まってきました。 単に日本人の代替というわけではなく、外国人を雇うことによるメリットが大きいことも理由の一つとなっています。 ハウスクリーニング事業で在留外国人を雇う3つのメリット 1. 若い人材を確保できる ハウスクリーニング事業は肉体労働なのでフレッシュな人材を確保したいところですが、最近は少子高齢化の影響で、日本で若い人材を採用するのは困難になっています。 日本で働きたいと望んでいる在留外国人には若年層も多いため、若い労働力を確保したい事業者には大きなメリットとなります。 即戦力になる 日本ではハウスクリーニングやハウスキーパーを利用する人は稀ですが、例えばフィリピンなどでは一般家庭でもメイドを雇うのは当たり前の生活を送っています。 そのため家事全般に長けている人材が多く、即戦力として雇い入れることができます。 助成金や支援制度を活用できる 国では外国人労働者を雇用する企業に対し、一定の条件のもと、助成金を支給する制度を設けています。 このうち大半のハウスクリーニング事業に該当するのは「中小企業緊急雇用安定助成金」で、最近3ヶ月の生産量が直前3ヶ月または前年同期比で減少しているか、または前期決算等の経常利益が赤字である場合、在留外国人を雇い入れることで休業、教育訓練、出向手当の5分の4にあたる費用が助成されたり、教育訓練経費を1人あたり1日6,000円支給してもらうことができます。 参考: 留意点2. 文化・慣習の違い 外国と日本の文化・慣習には大きな違いがあるため、日本人の慣習・マナーを前提とした教育を行うと指示どおりに仕事をしてくれなかったり、行き違いによるトラブルが発生する場合があります。 雇用条件についても、口頭で伝えるだけでは誤解が生じる可能性がありますので、マニュアルや契約書は詳細な内容を記したものを作る必要があります。 日本では原則として家事支援を目的とした外国人の在留は認められていないのですが、平成25年度に「世界で一番ビジネスをしやすい環境を作ること」を目的とした国家戦略特区を設ける規制改革制度が制定され、翌年から東京都や大阪府、兵庫県などで大胆な規制緩和が行われることになりました。 その中には在留外国人をハウスキーパーとして雇うことを許可する内容も盛り込まれており、今後ハウスクリーニング事業に雇われる在留外国人は増加することが見込まれています。 ハウスクリーニング事業の需要が高まっていくことが予想される昨今、事業発展のためにも在留外国人の雇用を積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

次の

特定技能の流れ「海外」から受け入れ・雇用するには?【完全版】

ハウス クリーニング 外国 人 雇用

要するに、特定技能制度が円滑に進んでいくよう、建設業界・介護業界・宿泊業界などの業界ごとに連携しようということです。 ホームページで外国人向けの求人ページを作成する 自社のホームページに外国人向けの求人ページを作成すれば、技能実習2号を修了して帰国した外国人の方などから問い合わせという流れも考えられます。 また、留学経験がある外国人の方からの問い合わせなども考えられます。 ホームページは日本語・英語・中国語などで作成するのがベストだと思いますが、日本語をある程度話せることが前提条件にありますので、日本語の採用ページだけでも応募がくる可能性はあると思います。 人材派遣会社からの紹介 特定技能の新制度ができた事により、今後外国人と企業をつなぐ人材派遣会社などが増えると予想されます。 例えば、現在海外にある技能実習生の送り出し機関や、海外の日本語学校なども特定技能の在留資格で働くことを前提とした職業紹介事業を始めることが可能です。 登録支援機関を介した雇用 外国人の支援業務を行う「登録支援機関」ですが、登録支援機関が職業紹介事業も併せて行うような登録支援機関が登場してくると予想されます。 そういった登録支援機関から特定技能で働く外国人を紹介してもらうことも可能になってくると思われます。 ビザの発行後に入国 無事に「在留資格認定証明書」が公布されたら、海外にいる外国人に郵送します。 海外にいる外国人は在留資格認定証明書とその他必要書類を持って在外公館(日本大使館又は総領事館など)にビザ(査証)の申請を行います。 外国人は在外公館からビザ(査証)が発行されたら日本に入国します。 入国の際に「上陸審査」があり、ビザがあるからといって必ず入国できるというものではありません。 無事上陸審査をパスしたら、外国人に在留資格が与えられ、晴れて入国という流れになります。 就労開始前に実施すること 実際に業務を開始する前に以下のことを行います。 受入れ機関等が実施する生活オリエンテーションの受講• 住居地の市区町村等で住民登録• 給与口座の開設• 住宅の確保 など 特定技能の流れ「海外」から受け入れ・雇用するには?【完全版】のまとめ いかがでしたか。 今後は特定技能での外国人雇用が増え、日本企業にとっては重要な人材確保手段としての位置づけになることが予想されます。 また、特定技能の在留資格では転職が可能な為、労働条件や職場環境の整備などの企業努力も求められるようになると予想されます。 特定技能制度の理解を深めて、今後の企業経営にお役立ていただければ幸いです。

次の