淡路島 移住。 私が、なぜ淡路島に移住したのか?その2

とっくんファミリーの淡路島移住珍道中日記

淡路島 移住

ー毎日、淡路島。 ー 1 淡路島へ移住してきた理由 連載をスタートするにあたり、まずは自己紹介も兼ねて私の移住話から始めたいと思います。 私が移住してきたのは2016年3月。 ちょうど2年になります。 東京で育ち、東京で働いていた私はいつしか「淡路島で暮らしたい」そう思うようになり、夫婦の間でそれを口にするようになってから1年後には実際に移住していました。 もちろん、すんなりと移住できたわけではありません。 不思議と色々な幸運が重なって淡路島に住むことができそうな気配がしてきたので、最後は「えい、やーっ!!」と夫婦で思い切ったというのが実際の話。 二人とも実家は東京にありますし、親も友達も残しての移住は不安というより寂しさに似たような気持ちの揺れがありました。 でも新しい理想の土地で自分たちの家族をつくるんだ!という意気込みで前に進んでいた記憶があります。 結婚して7年目だけどそのときはまだ子どもがいなかった私たちは「淡路島のような環境の良いところで家族を増やせたら」という淡い期待もあったのです。 島から出ていく人が多くて困っている今、島の人は本当に不思議みたいです。 そのうえ、移住してきて1年以上経ってから聞いた話では、「こんなところにわざわざ来るなんて絶対おかしい。 何か変なことをして東京から逃げて来たんじゃないか」と思って不審がる人も少なくないとのこと。 そんなこともつゆ知らず、私は移住してきた理由を「おいしいから!」とのんきに答えていました。 「毎日とれたての新鮮な食材で暮らせるなんて、私には夢のような生活なんです。 しかも野菜だけでなく、肉、魚、卵、果物、米と一年を通じてあらゆる種類の鮮度の高いものが普通に手に入る。 そしてこの景色、環境。 こんな贅沢はなかなかないんですよ」と。 そんなにピンと来ないな、という感じの反応が多かったように思います。 逆に「そうそう!」と好反応を示してくれた人たちは、淡路島を一度出て帰ってきているいわゆるUターン組や、神戸などで淡路島の食材を使っていて、その良さを理解している飲食店の人でした。 島で生まれ育った人にとっては、当たり前すぎることなのでしょう。 移住後初のおうちごはんは、いかなごの新子とホタルイカの パスタ。 ふらっと入ったスーパーで地の旬の鮮魚が手に入り、 びっくりした記憶が(今はめったにスーパーには入りませんが)。 ちなみに、にんにくも淡路島産。 苺もたくさんの農家さんがいます。 淡路牛も有名ですが、猪豚(いのぶた)も負けないくらいおいしい です! 味が濃くてジューシー。 ちょっと高いけど、つい手が…。 そもそも、なんで「淡路島で暮らしたい」と思うようになったのか 最近また、「なんで移住したんですか?」と聞かれることが増え、自分でも改めて考えていました。 思い起こすと、淡路島への移住に恋焦がれる以前に、「東京じゃなくてもいいな」というのはぼんやりと心の中にあったと思います。 大人になってから旅行で東京より西に行くことが増え「こっちの味付けの方が好きだ」と感じることがよくあったり、仕事などで出会う素敵だなと思う人たちに地方出身者の割合が多かったり、ということが重なって、次第に自分の中にある疑問が沸いてきました。 「東京での暮らしってそんなにいいものなのか?」と。 私もずっと東京で暮らしてきたので、淡路島にずっと住んでいる人と同じように、「東京」に特別な意識を向けたことがなかったのです。 東京は日本の中心とされているというのもあり、海外への憧れはどこかにありつつも、日本国内に自分にとって東京よりいい場所が他にあるかもと考えたことすらなかったのだと思います。 でもその疑問が沸くようになってから、海外で暮らすのは私にはハードルが高すぎるし、やはり日本が好きというのもあり、じゃあどこなら本当に住めるかな、という妄想をたまにするようになりました。 そんなとき、初めて神戸に旅行に行き、「同じ街の中に山も海もあるなんて!普通の生活もしながら、自然に囲まれる。 私もこんな場所に住みたい」そう思ったのを覚えています。 これが淡路島を選んだ自分の原点なのではないかと今は思います。 じゃあ、なんで神戸じゃなく、淡路島なのかという疑問が沸くと思うのですが、淡路島にはもう一つ、私が求めていたものがあるのです。 住むところはできるだけのんびりと時間が流れて空気が綺麗とか景色が良いとか、感覚的にも心地の良い場所にしたかったのです。 私は人に淡路島を説明するときに「土地に風通しの良さがある」と表現することがよくあるのですが、まさにそれがもう一つの理由です。 のんびりしている、人口密度が低い(そうは言っても淡路島の人口は15万人)、穏やかな感じ、などさまざまな言い方があると思うのですが、私としては人が健やかに暮らしていくのにちょうどいい感じとでも言うのでしょうか、山も高すぎず、平野もあって、自然も豊かなのですが、濃すぎないという塩梅が素晴らしいのです。 今までの暮らしからの反動もあったと思いますが、私には神戸はキラキラしすぎていたし、神戸に住むのはコストもそんなに東京と変わらなくなりそうだという、自分の誘惑への弱さに対する懸念もありました。 家のベランダからの景色(賃貸マンション)。 淡路島の相場からするとほんの少しだけ高かっ たのですが(それでも東京の半分以下です)、 毎朝ここから昇る朝日を見られるので後悔はありません。 玄関を開けると目の前に広がる景色。 山側の景色は夕焼けも綺麗なのです。 淡路島の「スペース」は、私自身の「スペース」に 東京を離れてみようと思った思いのひとつには、「自分の人生をちゃんと生きたい。 もっと自分の時間が欲しい」というものもあったように思います。 これは移住して2年が経った今だからこそ、落ち着いて振り返ってわかったことなのですが。 東京での自分は「消費」が中心にあり、それが自分を窮屈な気持ちにさせていたと今になって思うことがよくあります。 淡路島に来て、極端にストレスが減りました。 サラリーマンを辞めたということもあるのですが、そんなに私はバリバリ働いていた方ではなく、きっと元同僚の人たちも「私がストレスから解放されたのは会社を辞めたからだ」なんて言ったら違和感を覚えると思います。 私自身も、それは同感です。 やはり東京での暮らしは、何気ない日常におけるストレスの部分が多かったように思います。 住んでいる街の人口密度の高さ、建物の多さ、電車の車内はもちろんのこと、どこに行くにもどこを歩くにも人と情報が溢れていて、隙間がない。 消費を否定するつもりはもちろん一切ありません。 正直、移住して最初の頃は、もっと消費から離れたい、という反動からくる思いがあり、いずれはもっと淡路島の山奥の方に住んで、自給自足に近い生活ができたらなんていう憧れもありました。 実際そういう生活をしている移住者の人たちも多く、とても素敵な生活をしている人たちがいます。 でも移住して2年、私たちはその器ではない、もっと欲にまみれているということがよくわかりました。 「消費」は嫌いじゃないんです。 これからも「消費」はしたい。 淡路島のアクセスの良さを生かして、色々なところに旅行も行きたいし、溜まっている近郊の行きたい素敵なお店リストもひとつずつ当たって行きたいし、移住して一か月後に授かった息子にも定期的に神戸のきちんとしたレストランやホテルに連れて行ってあげたり、港町ならではの美味しい洋食屋さんや中華料理のお店に連れて行ってあげて、都会の空気も吸わせたいとやりたいことは山積みです。 でも東京に住んでいたころの自分は、何かに流されて、しなくていい「消費」、本当は求めていない無駄な「消費」までしていたし、そうなってしまいやすい環境や力がそこにははっきりとあったと思います。 淡路島に来て二年がたち、反動の期間も過ぎ、落ち着いて自分と向き合える空気感の中で暮らす日々があり、自分が本当にしたいことを選んで過ごしたいように過ごせている充足感をようやく得られています。 淡路島が誇る、西浦のサンセットラインからの夕焼け。 瀬戸内海にも面しているのは淡路島の魅力のひとつ。 我が家なりの「あきらめない、移住」をお届けします 今の私は、毎日新鮮な食材で食卓を囲み(疲れているときはコンビニや外食に頼ることはもちろん、カップラーメンだって好きですが)、毎日海と空と山の色の移り変わりをチェックし、毎日車で移動し(東京では18歳で免許を取って以来20年間全く運転しなかった超ド級のペーパードライバーでしたが)、毎日のドライブで流れる景色に今でも感動し、月に1,2度は島外にお出かけし、現在1歳3か月になった息子と、東京から連れてきたセキセイインコと、三ノ宮に毎日バスで通勤しつつ月2回~3回は東京に出張に行く夫と家族4人で楽しく暮らしています。 我が家の長女、セキセイインコの雌。 今年で7歳になります。 #2からは、そんな島での暮らし方についてお届けできればと思っています。 引き続き、おつき合いいただけたら嬉しいです。

次の

淡路島への移住、最後の一歩

淡路島 移住

淡路島への単身赴任歴3年です。 いまは西宮市の自宅での生活をメインにしながら(家庭の事情)、南あわじ市民で居続けています。 両方に家があるので移住者と呼ぶのが正しいかどうかは微妙な立ち位置だと自分でも思いますが、田舎にどっぷりではなく、都会も含めた良いどこ取りの生活ができる現状にはけっこう気に入っています。 田舎への移住、良い話ばかりではない 田舎暮らしを夢見る人がたくさんいて、実際に移住する人も多いようですが、失敗も多いのが事実です。 失敗については過去記事「」をご覧ください。 また役所や住民、そして移住者のなかには、そういった移住を推奨する活動をしている人がたくさんいるのも事実です。 こういった人たちが懸命にネット情報や紙の媒体を作るといった広報活動をし、それを見た人が「移住」にあこがれます。 日本中の自治体が出している移住者のための「助成金」「補助金」が検索できるサイトです。 ちなみに兵庫県の自治体で検索した結果、181件もの「助成金」「補助金」のリストが得られました。 次にぼくが住んでいる淡路島の南あわじ市だと 独身で移住したら婚活の手伝いまでしてくれます。 ただ、ぼくみたいに50代も後半になると、受け取れる助成金や補助金は、かなり減ります。 少しでも興味があるらな、南あわじ市なら担当課へ電話で聞くか、時間があるなら視察がてら行って担当者に詳しく聞いてみるぐらいのことはすべきだと思います。 こういった同じような施策は全国規模であるわけですが、その情報が移住を考えている自分にとって本当に必要な内容なのかを、きちんと考える必要はあると思います。 広報は宣伝だと考える 広報活動は別に移住だけに限らず何でも同じで、良いことを中心に書くのが普通です。 これは商品を販売するのも同じことです。 メリット・デメリットを公正に並べるよりも良いことを中心に書いて、興味を持ってもらい購入に繋げる。 デメリットをズラズラ並べたのでは、検討してもらうための席にすらつくことができません。 ぼくの移住プレゼンテーション ぼくの場合、自分から田舎に移住したいと思う前に、仕事のための強制的な移住だったので、悩むことが一切ありませんでした。 これだけは先に申し上げておきます、ぼくは移住を真剣に考えて、長期間悩みに悩んだという経験がありませんから、そういう人の立場に立ってアドバイスすることができません。 「決まりました、来てください。 」 「はい、行きます。 」 この超簡単なやりとりだけで移住が決まりました。 でも結果的に淡路島で良かったと思っています。 理由は、地理的な要因ですと、西宮市からだと1時間半程度の距離であるために、もし家族に何かあってもクルマで直ぐに帰ることができること、気候がほとんど同じなので衣食住に関わることに特別な準備も必要ないことなどがあげられます。 距離も実走行で100キロ程度なので、連休で西宮市の家に帰ってて南あわじ市へ戻る時は、夕飯食べて、お風呂に入って、パジャマ着て、夜遅くに走りました。 その時間だと渋滞もないために、1時間10分ぐらいで南あわじ市の家に着くことができました。 超便利です。 一度他の自治体からもオファーいただいた経験があるのですが、そこは九州の南の端で、交通費も相当にかかり気軽に帰れないために、即お断りしました。 そういう意味で近くの田舎というのは、自由に行き来できるので、都会と田舎の両方を楽しむことができます。 家族のことでもあまり心配なく日々過ごすことができます。 こんなことから、ぼくは移住に対しては「完全移住」よりも「半分移住」をオススメしています。 都会の今までの家と、新しい田舎の生活を両方やるという意味です。 もちろん「そんなのは移住じゃない!」とか「移住を増やさないと田舎の過疎化が止まらない!」とか意見はあると思います。 またそういう移住のやり方だと、助成金・補助金を受け取ることができない場合もあると思います。 でも、ここで冷静に考えてください。 人口に関して言うと、日本そのものが年50万人ペースで人口が減るのです。 増えているのは東京都、沖縄県、埼玉県、神奈川県、愛知県、千葉県、福岡県の7都県だけ。 あとはすべてマイナスです。 総務省自治行政局・地方制度調査会ヒアリング 総務省自治行政局・地方制度調査会ヒアリング 総務省のデータですが、「日本の場合、社会増減(国際人口移動)の水準は小さいため、ほぼ自然増減の動向によって人口変化が決定づけられる。 」とあります。 ということは子供がどんどん生まれないかぎり人口は増えないとうことで、海外からの移住が見込めないのであれば、減る傾向にある日本の人口を地域同士で奪い合っているだけ・・・・・みたいなことになる。 簡単なイメージしやすい例に置き換えると、携帯電話の大手キャリア、Docomo、au、Softbankが「他社からの乗り換えで、iPhoneが一括0円!」キャンペーンで契約数を増やそうとしているのと同じです。 携帯電話の場合は、ぼくもそうですが一人で複数台を契約していることも珍しくありませんが、家はおそらく殆どが一家に1軒、住民登録は複数の自治体でできません。 そういう奪い合いの戦略に乗っかって移住を決断するのは、あまり感心しません。 どんどん移住のためのプレゼンテーションという内容から離れてしまいました。 結論から申しますと、田舎はよほどのことがない限り、やはり人口は減ると思います。 空き家も増えます。 移住希望者にとって、これは良いことでもあり、悪いことでもあると取れるわけで、悪い方を書けばそれは福祉や医療の問題があります。 そのあたりも考えると、ぼくはやっぱり「完全移住」よりも「半分移住」を、極論だと「ノマド」的な生活でも良いのではないかと考えています。

次の

淡路島・洲本市での移住や田舎暮らしの応援サイトSUMOTTO

淡路島 移住

もう今年もあと一日となりました。 淡路島に移住してちょうど一年くらいなので、キリもいいし、 この一年で感じたメリット・デメリットをまとめてみます。 まずはメリットから 1.食の充実・満足感がハンパない 淡路島に移住してからというもの、産直市場通いが日課となりました。 スーパーで買い物をする感覚です。 このブログで何度か産直市場で買ったものなどを紹介したこともありますが、 採れたて新鮮な野菜が信じられないくらいの安価で手に入ります。 そして新鮮で安価だというだけではなく、その種類もとても豊富なことに驚かされました。 今までスーパーで玉ねぎやレタス以外で淡路産の野菜や果物を見かけたことがあまりなかったので、 「えっ、こんなものも作っていたんだね~。 おそらく大抵のものは淡路産で十分間に合う、そんな感じですね。 また海に囲まれた島なので、島のいろんなエリアに漁港があり、そこから採れたての魚がスーパーで手に入ります。 もちろん漁港に行けばそれこそ新鮮で種類豊富な魚介類が買えます。 しかも小さな島なのでどのエリアに住んでも車で数十分走ればどこかの漁港には行けるお手軽さ、 もちろん都会のような渋滞に巻き込まれることもありません。 淡路島は食料自給率が今もなお100%超え、本当に「食の宝庫」だと感じます。 もっと若いころは食べ物よりもファッション等の方が興味があったりと、 いくら新鮮な食材が手に入ると言われても響かなかったかもしれませんが、 年齢を重ねるごとに幸福度が「食の充実」に左右されることを実感するようになりました。 そんなタイミングでの淡路島移住は私たちにとってはベストだったなと思います。 2.住宅コストを中心に生活コストが縮小された 移住前は東京を含む首都圏に住んでいました。 一人暮らしの1Rのときでさえ、7万円弱の家賃、結婚して少し広い間取りに住み替えたら駐車場を含めて約15万円の家賃を支払っていました。 こんな住宅コスト、首都圏を離れてしまえば異常だとしか思えません。 大体駐車場に約3万円なんて、今考えたらクレイジーですよ・・・。 地方都市なら普通に一人暮らし用の部屋借りれます。 この住宅コストを削って手に入れた余剰分、人生を充実するための別のコストに当てればどれだけメリットが大きいことか。 絶対毎日都会じゃなきゃいやって考えでないなら、その余剰分で行きたいときに行けばいいですよ。 実際私たち夫婦は、東京には2・3か月ごとくらいに、神戸にも行きたいときに出かけています。 なので、日常は淡路島という田舎に住んでいますが、田舎に引きこもっているような感覚はありませんし、 といったところです。 ちなみに淡路島は島外への交通の便が意外といいです。 高速バスが充実しているので、神戸三宮までは約1時間、ゆったりとバスに乗っていればつきます。 その本数も30分に1本くらいはあるのでお手軽ですよ。 都会の電車に立ったまま揺られて20分より断然楽で快適ですね。 関西国際空港へも高速バスが出ているので、羽田・成田に重い荷物を担いで電車に乗ってた頃よりこれまた楽に行けます。 あと、野菜が前述のとおり安く手に入るので食費も安いです。 その余剰分はちょっと高価な調味料なんかに使っています。 3.気候が穏やか(但し島の東海岸側) 日照に恵まれているのか、島の空き土地にやたらとソーラーパネルの設置が目立ちます。 日本各地の年間平均日照時間は約1500時間~2200時間くらいらしいのですが、 淡路島は2150時間くらいあるみたいです。 やっぱり空がすっきり晴れて太陽の日がさしていると気分的に全然違いますし、 私もそうなんですけど、女性の中には低気圧に弱い人もいるので、日照って結構大事だと思っています。 4.何もかもが混み合わないので、自分の時間を無駄に奪われない 首都圏とは違い、役所・銀行・スーパーのレジ、すべての場面で待ち時間が少ないです。 これ、意外と大きなメリットですよ。 だって手続きの待ち時間なんて無駄でしかないですもんね。 スマフォやタブレットでも見て時間潰せばいいじゃんって話かもしれないですが、 同じやるならそんなの家やカフェでやりたいですよ(笑)。 もう都会の行列には並べない・・・。 ではデメリットは? 正直、デメリットって一年間住んでみて、 ないんですよね。 多少これは都会の方がいいかなってこともあるにはあるけど、 そんな時は東京に行ったときにまとめて済ませるか、 神戸にサクッと行っちゃうので、結局解決してますからね。 よく言われがちな田舎のお付き合いが大変とかそういうもの別にないです。 そんなことは住む場所をよく考えたらどうにでもコントロールできることだとよく分かりました。 マンション管理組合との絡みがある首都圏のマンション暮らし時代より楽なくらいです。 またその話は別の機会に触れてみようかと思っていますが。 しいてデメリットかなってことを言ってみれば、 この前記事にも書いたんですど、 ってことくらいなんですよね。 ちなみに淡路島には映画館もないです。 私たち夫婦は都会に住んでた頃から映画館には行かないので、 全然問題ないですけどね。 あ~、あとは 本屋さんの本の品ぞろえは微妙ですねー。 専門書とかは完全アウトな感じかもしれないです。 私は投資をするので、それがらみの本をチェックすることもあるんですが、 ホントに置いてないです。 分かりやすい例でいえば、「パンローリング社」の本が一冊も見当たらなくてびっくりしました。 都会の本屋で投資コーナーにこの会社の本がないってまずあり得ないでしょ・・・。 まあ本なんて今やネットで買えばいいんで困ることはないんですけど、 パンローリングの本って結構高価なので、さらっと中身を見てから買うか決めたかったんですよ。 まあこれも神戸にでもさっと行けばいいだけの話です。 ほんと、今のところ思いつくのはこれくらいですね。 まあ取るに足らないことなので、デメリットっていうか?ってレベルです。 スポンサードリンク カトウさん はじめまして、こんにちは。 >淡路島にあるドラッグストアーに転職を考えています 淡路島って結構ドラッグストアありますよね。 >車の免許がありますが何年も運転していません 関西都市部からの移住者の方だと、そういう方見かけますよ。 淡路島に移住してから運転し始めたペーパードライバーとか。 まぁ淡路島の道は基本一車線なので、そんなに難易度は高くないかと。 80歳オーバーっぽいお年寄りが軽トラで時速30km弱くらいでゆるゆる走ってても、煽られたりしてないから多分大丈夫じゃないですかね。 ただ夜は都市ではありえないくらい本当に真っ暗なので、動物の飛び出しとか要注意です。 >できたら彼女と二人でゆっくり暮らしたいです 田舎だからか基本的におおらかなかんじなんで、ゆっくり暮らすのか可能だと思いますよ。

次の