めっちゃ wifi。 【専門家監修】無制限WiFiに騙された人は注目。今選ぶべきWiFiとクラウドSIMの問題点 (どんなときもWiFi/限界突破WiFi/めっちゃWiFi/THE WiFiなど…)

めっちゃWiFiの口コミ・評判!他社と比較してお得?速度は速い?

めっちゃ wifi

めっちゃWiFiは端末の機器損害金が安い クラウドWiFiサービスでは、利用中に端末の故障、破損、紛失があった場合は機器損害金(交換代)を支払うことになります。 例えば、端末を勢いよく落としたり水濡れさせて故障させたり、どこかへ置き忘れて無くした場合などです。 以下に各サービスの機器損害金を比較します。 めっちゃWiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi Mugen Wifi 機器損害金 5,000円 12,000円 18,000円 18,000円 20,000円 めっちゃWiFiは他社より安いです。 (以前は5,000円でしたが、その後、利用規約が変更されて12,000円になってました。 ) めっちゃWiFi以外の3社では月額380円~500円の端末補償オプションを用意しており、これを追加しておくことで端末の故障・破損の場合は無料で交換してもらえます。 ただし、紛失・盗難の場合は対象外になっており、月額料金に端末補償料が加わって月々の支払い額が増えるというデメリットがあります。 月額料金を比べると以下のようになります。 めっちゃWiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi Mugen Wifi 月額料金 3,480円 3,480円3280円 3,450円 3,280円 端末補償料 — 400円 380円 500円 合計月額 3,480円 3,680円 3,830円 3,780円 他社で端末保証を付けて利用した場合と比べると、めっちゃWiFiの方が安いです。 めっちゃWiFiは補償サービスがありませんが万が一の時でも機器損害金は12,000円で済みます。 各サービスで解除料を比較すると以下のようになります。 その後、Mugen WiFiが条件を変更して2年以内の解除料を安くし3年目以降の解除料を0円にしました。 どんなときもWiFiの括弧内の料金は、クレジットカード支払い限定の特典ページからの申し込みの場合です。 通常ページからクレカや口座振替で申し込んだ場合より好条件になっています。 これによりめっちゃWiFiの縛りの緩さはこの中で3番目に後退しました。 とはいえ、3年目以降は解除料は無料で契約期間の縛りが無くなるのは魅力です。 最低利用期間の2年間使った後は、 契約解除料のことを気にせず止めたいタイミングで無料で解約ができます。 めっちゃWiFiは海外利用料が安い クラウドWiFiサービスは、端末を海外に持って行き現地でもインターネットが利用できます。 クラウドSIMのおかげで外国の通信会社のSIM情報を端末に適用できるからです。 外国で利用する場合は、月額料金に加えて日額の「海外利用料」がかかります。 海外利用料は現地で端末の電源を入れたときに発生し、使わなかった日は料金はかかりません。 以下に各サービスの海外利用料を比較します。 めっちゃWiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi Mugen Wifi アジア17か国:850円 エリア1:1,280円 エリアA:1,250円 エリア1:1,200円 その他の国:1,250円 エリア2:1,880円 エリアB:1,850円 エリア2:1,600円 各社ともに2種類のエリアで料金が異なっており、アジアや欧米など渡航先として人気の国はエリア1やエリアAになっています。 めっちゃWiFiは下記の国の海外利用料が850円で特に安いです。 中国、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インド、ミャンマー、モンゴル、ラオス、カンボジア、バングラデシュ これらの国へ旅行やビジネスで訪れる予定の人は注目でしょう。 この他の国の利用料は1,250円ですが、他社のエリア2やエリアBの国で使う場合はめっちゃWiFiの方が安いです。 まとめ 4つのクラウドWiFiサービスを比べた場合にめっちゃWiFiの魅力は以下の3点です。 端末の機器損害金が比較的安い。 契約解除料が3番目に安く3年目からは契約解除料はかからない。 アジア17か国の海外利用料が安い。 以上から、めっちゃWiFiがおすすめなのは次のような人になります。 端末補償オプションを付けたくないけど不安もある• 3年目からはいつでも無料で解約できるようにしたい•

次の

どんなときも、めっちゃ、よくばりWiFiの比較のやり方

めっちゃ wifi

サービス開始当初は無制限に使えた所もあったんだけど、どんどん規制が厳しくなったよ 実際に回線Boyで把握しているだけでも、下記のような事象が起きています。 通信制限の内容 どんなときもWiFi 制限不明 但しネット上では速度制限がかかったという口コミ多数有 公式でも不具合を認めています。 クラウドWiFi東京 1ヶ月300GBで制限(2020年2月にテスト) どこよりもWiFi 1ヶ月300GBで制限(利用規約に記載) ギガWi-Fi 1ヶ月150GBで制限 ポケモバCloud 1ヶ月150GBで制限(2020年5月にテスト) 限界突破WiFi 3月6日から 1日5GB超えると速度制限。 24時を超えると制限解除。 WiMAX 直近3日間で10GBを超えた場合翌日の18時から2時は速度制限 上記の通り、無制限と言われているのに、なぜか制限がかかるという事があります。 そのため 月300GB以上使うという人には「ポケットWiFi」はおすすめできません。 但し、昼間のみ利用するという人の場合は「 WiMAX」という選択肢はあります。 無制限のポケットWiFiを選ぶ際の注意点• 1.契約期間・契約解除料は必ずチェック ポケットWiFiでは、• 契約期間の縛りがあるサービス• 契約期間の縛りがないサービス の2つに分かれています。 基本的には、契約期間の 縛りがあるサービスの方が料金は安めの設定となっております。 なお、契約期間はサービスによって変わってきますので必ずチェックしてください。 当サイトで契約者が多い無制限のポケットWiFiの契約解除料を比較してみます。 限界突破WiFi 1~24ヶ月目 18,000円 3年目以降 5,000円 更新月 0円 Mugen WiFi 1~12ヶ月目 9,500円 13~24ヶ月目 5,000円 25ヶ月目以降 0円 どんなときもWiFi 1~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月 0円 よくばりWiFi 1~12ヶ月目 18,000円 13~24ヶ月目 12,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月 0円 めっちゃWiFi 1~24ヶ月目 9,800円 3年目以降 0円 上記の通り、Mugen WiFiが1年以内の解約でも9,500円と安いです。 どんなときもWiFiは1年以内18,000円ですから比較すると倍近く違います。 さらに、Mugen WiFiは 25ヶ月目以降はいつでも解約金0円なのに対して、 どんなときもWiFiは更新月以外は9,500円取られてしまいます。 このように契約解除料もシッカリチェックしておかないと、後々後悔してしまう事もあります。 2.クラウドSIM系は約9割ソフトバンク回線 ポケットWiFiの無制限と記載している業者の殆どが「クラウドSIM」を利用しています。 10Mbps以上出ていれば、動画視聴等にも影響はないと言って大丈夫だよ! 当サイトのテスト環境で、50Mbps以上の速度を計測したのは、• GMOのWiMAX• ネクストモバイル• エヌズカンパニーのポケットWiFi となっており、どれもクラウドSIMではなく、物理SIMのポケットWiFiサービスです。 先ほども記載しましたが、10Mbps~30mbpsと速度が出ていれば、通常利用では問題ありませんが、 少しでも速度の速いポケットWiFiを使いたいという人は、 クラウドSIM系のサービスは避けたほうが良いです。 上記は2020年3月19日に計測しましたが、見てのとおりWiMAXはかなり速度が速いです。 そういう人が多いから、ここではキチンと説明するね。 最近で炎上しているのが「どんなときもWiFi」と「限界突破WiFi」です。 「どんなときもWiFi」は 2月、3月と度重なる通信障害が発生しています。 この理由は定かではありませんが、恐らくユーザーが増えすぎたため、一人あたりの通信量を確保できなくなりました。 「限界突破WiFi」でも、3月6日頃から密かに 1日3GB制限になったり、3月19日時点では 1日5GBの制限があるという噂です。 上記2社に限らず、少なからず制限をかけてくるサービスが殆どです。 今、無制限に使えるから〇〇というWiFiは良いよという話も聞きますが、数か月後どうなっているかはわかりません。 そのうえで「無制限」と言われている「WiFi」を契約するのであれば、 月300GB迄と思った方が良いです。 そうだね。 でも、無制限WiFiの殆どが 3,250円~3,480円となってるから、大きく料金は変わらないよ。 では、どのような点を重視した方が良いのかというと、• 契約期間• 契約解除料• その他に他と違う点 となっております。 「契約期間・契約解除料」については、既に「契約期間・契約解除料は必ずチェック」にて説明しましたので省きます。 3番目の「その他に他と違う点」について解説していきます。 当サイトで一番人気のある「Mugen WiFi」は契約解除料が安いのはもちろんですが、30日間お試しキャンペーンを行っております。 このキャンペーンでは、条件は多少ありますが、 30日以内であれば返却手数料1,000円を支払う事で全額返金して貰えます。 実際にポケットWiFiを利用して、• 速度が遅い• 電波が入らない• 思っていた物と違った といった時に、30日以内であれば、泣き寝入りをせずに1,000円支払う事で全額返金してもらう事が出来ます。 月額料金にこだわって、安い所ばかり探していると、 途中解約の料金が高かったり、 契約期間が長かったりと良いことがない場合もありますので気をつけてください。 まず、速度制限についてお話ししますが、WiMAXの速度制限は月間での制限は設けていません。 直近3日間で10GBを超えると 翌日の18時~2時迄が1Mbps前後の速度まで低下するという制限内容です。 そのため、2時から18時までの間であれば、 速度制限にかかっていも高速通信が可能という特徴もあります。 さらに、サービス運営側で急に制限をかけられるよりも、予め3日で10GB使うと速度制限になるというのがわかっていた方が、大事な仕事や見たいオンデマンドがある時にも 通信量を調整して使う事ができます。 「 3日で10GBで十分」「 昼間しか使わないから関係ない」という人には、WiMAXはおすすめです。 そうなんだよ!クラウドSIMを利用したポケットWiFiの場合、いつ速度制限になるかわからないから、WiMAXという選択も考えてね。 WiMAXで一番安く使えるのが「GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)」プランとなっております。 2.契約期間なし!「縛りなしWiFi」 縛りなしWiFiは契約期間の縛りがありません。 そのため3ヶ月や半年で解約しても 契約解除料及び解約金は0円です。 気軽にポケットWi-Fiが持てるという点でおすすめです。 縛りなしWiFiのプランは3つ用意されており、• 通常プラン:1日2GB• ライトプラン:1ヶ月20GB• WiMAXプラン:3日で10GBの制限のみ となっております。 WiMAXプランなら月間無制限となっており、3日間で10GBを超えない限り速度制限になりません。 3日間で10GBを超えても速度制限は18時から2時までと時間が決まっておりそれ以外の時間帯では高速通信が可能となっております。 そのため縛りなしWiFiで 大容量通信を検討している人は 「WiMAXプラン」がおすすめです。 縛りなしWiFiの料金については以下の通りです。 月額料金 通信量 通常プラン 3,300円 1日2GB迄 ライトプラン 3,000円 1ヶ月で20GB迄 WiMAXプラン 3,800円 月間無制限 (3日で10GBの制限有) 全体的に料金も安めとなっております。 契約期間の縛りがないから、気軽に解約出来ておすすめ! \契約期間の縛りがないため、いつでも解約OK/。 3.動画見放題!無制限に使える!「ゼウスWiFi」 ゼウスWiFiはクラウドSIMを利用しており、1日3GBや3日で10GBといった速度制限なく、 ポケットWiFiが無制限に使い放題です。 私も実際に試してみましたが、1日10GB以上利用を2週間続けましたが、速度制限にかかることなく快適に動画視聴ができました。 さらに、ゼウスWiFiの特徴として、• softbank、au、docomoの3キャリアに対応• 月額料金が無制限WiFiの中で最安値級• 端末はレンタルのため無料• 30日以内解約事務手数料0円 となっており、無制限WiFiの中でもコスパが良いです。 なお、 30日以内は解約事務手数料0円となっておりますので、契約したけど思ったより速度が遅いという場合には気軽に解約ができます。 今のところ、速度制限という情報はないよ!それに公式では 動画見放題と書いてあるから動画視聴だったら好きなだけ可能だよ! 月額料金 1~6ヶ月目:2,980円 7ヶ月目以降:3,280円 通信量 無制限 本体代 レンタルのため無料 契約期間 2年間 ゼウスWiFiは申し込みが殺到中のため発送まで1週間~2週間となっていますが、今後さらに遅くなる可能性もありますので、無制限WiFiを契約したいという人は早めに申し込んでおいた方が良いです。 ゼウスWiFiデビューキャンペーン中のため 最初の6ヶ月間は月額料金2,980円! 4.無制限に使えて最短翌日発送「どこよりもWiFi」 どこよりもWiFiでは、無制限に使えるポケットWiFiが月額3,380円と格安で利用することができます。 それ以外の時間帯は高速通信が可能です。 月額料金 (ギガ放題) 3,980円(税抜) 初期費用 3,000円(税抜) 本体代 19,200円(税抜) キャッシュバック 15,000円 契約期間 1年間 1年以内の解約違約金は1,000円 2年目以降は違約金無料 支払い方法 クレジットカードまたは口座振替 サービス開始翌月に15,000円キャッシュバックキャンペーン中! 6.初期費用0円!端末貰える「限界突破WiFi」 限界突破WiFiは1日3GBの速度制限で一時期炎上していましたが、現在は下記の表の通り1日5GB迄高速通信、10GB迄快適通信、10GB以上で速度制限となっております。 但し、このように速度制限を設けておりますので、 いきなり速度制限がかかったという事態を避けることができます。 上記にて 在庫切れと表示される場合、下記の申込フォームより申込可能です。 7.契約解除料が安い「めっちゃWiFi」 めっちゃWiFiの最大の特徴は、• 契約解除料が安い• 25ヶ月目以降は解約金0円 という点でしたが、「Mugen WiFi」が同じような内容のサービスを始めてしまったため、「めっちゃWiFi」は人気が出ませんでした。 「Mugen WiFi」と「めっちゃWiFi」を比較してみます。 月額料金 契約解除料 その他 めっちゃWiFi 3,480円 1~24ヶ月目9,500円 25ヶ月目以降0円 特になし Mugen WiFi 3,280円 1年未満:9,000円 2年未満: 5,000円 25ヶ月目以降0円 30日全額返金補償有 上記の通り、比較すればわかりますが、料金・契約解除料・全額返金補償有という点で「Mugen WiFi」の方が良いです。 そのため、めっちゃWiFiを選ぶという人が少ないです。 そんな「めっちゃWiFi」ですが、他よりも優れている点もあります。 それは、海外での利用料金が安いです。 東南アジア17ヵ国 1日850円• それ以外の地域 1日1,250円 という料金設定になっており、他のクラウドSIMを利用したポケットWiFiよりも安く利用できます。 他のポケットワイファイが2年や3年といった契約期間を設けている中で、 3ヶ月や半年で解約しても解約金はなしです。 問題が何もなければ、上位で掲載したい位、良いサービスなんだけどちょっと勿体ないね。 在庫切れのため 新規受付を停止しています。 再開は5月6日以降を予定しております。 その理由として3つあります。 1.月額料金が安い Mugen WiFiの料金は、月額3,280円となっており、他社と比較しても安い水準になっております。 月額料金 Mugen WiFi 3,280円 どんなときもWiFi 3,480円 限界突破WiFi 3,500円 毎月100円位までの違いなら気にすることはないと思いますが、 「どんなときもWiFi」と比較すると200円、「限界突破WiFi」と比較すると220円違いますので、この料金の違いは大きいですね。 2.契約解除料が安い Mugen WiFiの契約解除料は、• 1年未満の解約の場合:9,500円• 1~2年未満の解約の場合:5,000円• 25ヶ月目以降:0円 となっており、急遽ポケットWiFiを解約しないといけないと言う時でも、解約金が安く設定されていますので、 気軽に解約できるのが特徴です。 そうだよ!返金手数料として1,000円請求されるけど、それ以外は 全額戻ってくるよ! 他のポケットWiFiでは7日以内の初期契約解除制度は設けられていますが、7日という短い期間だと、試す間もなく解除期間が終わってしまいますので、 Mugen WiFiの30日間全額返金補償はありがたいですね。 気になる速度制限ですが、当サイトの計測では300GB迄は問題なく使えているのを確認しております。 大容量通信のポケットWiFiを一番お得に使えるのは「Mugen WiFi」です。 再度、特徴を確認しておきますが、• 料金が安い(月額3,280円)• 契約解除料が安い• 30日間全額返金補償有 となっており、他の無制限WiFiと比較しても頭一つ抜けている感じです。 初月の月額料金が0円• 契約事務手数料0円 という嬉しいキャンペーン内容となっております。 そのため、 無制限のポケットWiFiを少しでも安く使いたいという人におすすめです。 hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プランは、• 通常プラン:月額3,355円• セレクトGプラン:4,255円 という2つのプランが用意されていますが、特に何もなければ「通常プラン」の契約で問題ありません。 そうだね。 キャンペーンを適用するには 月額380円の端末補償が加入必須だよ! なお、端末補償も2ヶ月間は無料で利用できますので、2ヶ月無料で使っておいて 「端末補償」だけ解約するというのも有りです。 そうすることで、 月額料金2ヶ月無料キャンペーンも適用されて安く利用することができます。 月額料金 3,450円 事務手数料 3,800円 キャンペーン 2ヶ月無料キャンペーン 25ヶ月目以降解約金0円 25ヶ月目以降端末返却不要 注意点としては、よくばりWiFiは 契約事務手数料が3,800円と少しだけ他のポケットWi-Fiよりも高いです。 その分 2ヶ月間無料キャンペーンとなっておりますので、総額で考えればよくばりWiFiは安く利用できます。 12.通信障害有?CMを流していても気をつけて「どんなときもWiFi」 今ネット上を騒がしている「どんなときもWiFi」です。 その理由として、 無制限と記載してあるのに、速度制限がかかったという事です。 上記の通り何回も通信障害が起きており、どんなときもWiFiのユーザーは速度制限を強いられて困っている人が多いです。 どんなときもwifi どんなときもこんな感じ 詐欺だよな — 38. テレビCMを行っており、知名度はありますが、実情は回線が混雑していてまともに使えない人が多いです。 どんなときもWiFiについて詳しく知りたい人は「」をご覧ください。 まとめ このページで紹介している大容量(無制限)のポケットWiFiは、全て契約して実際に試しています。 少しでも正確な情報をお届けできたらと思っていますが、万が一情報に誤りがある場合は「」よりご連絡いただけると助かります。 繰り返しになってしまいますが、ポケットWiFiを決める前には必ず「」を読んで頂けると幸いです。 何に注意したら良いのか、無制限WiFiとは本当に無制限か等記載しております。 営業マンの巧みな言葉に騙されないように気をつけてください。 最後になりましたが、無制限のポケットWiFiと言って沢山の業者から販売されていますが、本当に良いと言えるのはごく一部です。

次の

めっちゃWiFiってどうなの?同じ無制限のどんなときもWiFiやよくばりWiFiとメリット・デメリット比較や口コミ・評判まとめ

めっちゃ wifi

トリプルキャリアとは 先ほどから使っているトリプルキャリアとは、 自社回線を持っているドコモ・au・ソフトバンクの3つの通信キャリア MNO のことです。 Rakuten mobile回線(楽天回線)とは 引用: トリプルキャリアに加えて、2019年10月から第4のキャリアとしてMNO事業を開始する予定だったのがRakuten mobile回線です。 Rakuten mobile回線は第4のキャリアとしてのサービス開始が遅れている Rakuen mobileでは以前から ドコモとauの回線を借りて通信サービスを提供してきました。 しかし、第4のキャリアとしてMNO事業を開始する予定だった10月直前になって発表されたのが一部地域を対象とした「無料サポータープログラム」。 これはサービスが本格的に始まるまでの期間において、無料で無制限に通信できるというプログラムで、東京23区、大阪市、名古屋市および神戸市のいずれかに住んでいる5,000人を対象としています。 結局のところ、基地局の設置が追い付いておらずサービスを本格的に提供する体制が間に合っていないのが実情で、キャリアとしての正式なサービスはまだ開始に至っていません。 2019年11月現在のRakuten mobile回線を一旦整理すると、次のようになります。 一部地域ではRakuten mobileの自社回線 MNO を使える• その他の地域や繋がりづらいエリアではローミング協定を結んだau回線を拾う• 既存の楽天mobile契約者はドコモ回線とau回線で通信 MVNO 、今後順次移行 こうした中で最近問題になっているのは、 トリプルキャリアに対応しているはずのクラウドSIMのポケットWifiが、Rakuten mobile回線 楽天回線 を拾ってしまうこと。 どんなときもWiFiのお客様サポートTwitterアカウントでは、ユーザーからの指摘に対して以下のように答えています。 お問合せありがとうございます。 ご指摘の楽天に関してはdocomoのMVNOサービスとなります。 スポンサーリンク クラウドSIMが楽天回線を掴むと速度が遅いという口コミも 引用: MVNOの通信速度は、借りている回線の量と利用状況によって変動し、利用者数が多ければ多いほど回線が混雑して「繋がりにくい」「遅い」といった状態に陥ります。 そのため、クラウドSIMがMNVOの楽天mobile回線 ドコモから借りている回線 を拾ってしまうと、他の回線に比べて速度が落ちてしまう可能性が大きいです。 実際に楽天mobile回線を掴んでしまった利用者の評判や口コミから見えてきたのは、「 楽天回線を掴むと速度が遅くなる」状態になった時の速度に対する不満でした。 どんなときもwifi 7日間経過。 エリアによってじゃなく、基本は楽天にさせるとしか思えない。 とりあえず様子見だがずっとこのままでは動画もたいして見られないし耐えられないな。 先日、私も実際にどんなときもWiFiや限界突破WiFiで突然速度が落ちて楽天mobile回線に繋がるという現象に出会いました。 どんなときもWiFi、限界突破WiFi、めっちゃWiFiがRakuten mobile回線を拾うと速度はかなり遅くなる どんなときもWiFiや限界突破WiFi、めっちゃWiFiで楽天mobileの回線を拾ったときの状態や速度についてまとめました。 Rakuten mobile回線を拾った時の回線速度 私が楽天回線を拾ったのは、めっちゃWiFiが昼間、その他は夜21時から22時頃でした。 どんなときもWiFiや限界突破WiFiは、普段から同時間帯でも下り速度で平均20M~40bps程度で通信できていましたが、突然がくっと速度が落ちた時に確認すると楽天回線を掴んでいました。 どんなときもWiFiで楽天回線を拾った場合 で楽天回線を拾った時の速度は、 夜21時で下り4. 85Mbpsで上りが7. 78Mbps。 普段の通信速度の5~10分の1の速度に落ちると、ページの読み込みや切り替わりが遅く感じられました。 限界突破WiFiで楽天回線を拾った場合 で楽天mobile回線を拾った時の速度は、 夜22時で下り1. 45Mbpsで上りが7. 26Mbps。 夜22時は、ネット利用者の通信量が最も多い時間帯だと言われています。 どんなときもWiFiで楽天回線を拾ったときよりもさらに速度が落ちているのも納得できますね。 めっちゃWiFiで楽天回線を拾った場合 で楽天mobile回線を拾った時の速度は、 昼13時で下り1. 22Mbpsで上りが12. 7Mbps。 上りに対して下り速度が1. 22Mbpsは厳しいですね。 TwitterのTL上のリンク記事を読み込むのに10秒程度掛かりました。 再起動後に再度計測(au回線) Rakuten mobile回線に繋がる状態が続いたので、どんなときもWiFiを再起動したところ、au回線を掴み直してくれました。 下り43. 4Mbps、上り24. 8Mbpsで普段通りの速度に戻ってくれたので助かりましたね。 めっちゃWiFiは再起動でも楽天回線を拾ったため、その後電源を完全に落としてから繋いでようやくau回線を拾ってくれました。 ネットを使いすぎると楽天mobileに繋がるといった話もありますが、ほとんど通信していなかっためっちゃWiFiでも拾ったことを考えると、通信量よりもエリアや繋がりやすさが優先されたのかもしれません。 今度も楽天mobile回線に繋がることがあれば、その前後の通信や状況について追記していきます。 スポンサーリンク 他にこの現象が起きる可能性があるポケットWiFi 楽天回線への回線提供はドコモとauであるため、ソフトバンク回線だけを使うよくばりWifiなどのクラウドSIMは、この問題を特に気にする必要はありません。 逆に、トリプルキャリアに対応したクラウドSIMを採用しているポケットWifiは、該当する可能性があります。 2020年6月現在、楽天mobileを掴む可能性があるポケットWifiは以下の通りです。 クラウドSIMを使った無制限プランは通信速度も速く便利ですが、 自分では回線を選べない以上、 「トリプルキャリア対応」だとしても、 回線が混雑しているMVNOの回線を掴んでしまう可能性があることを理解しておかねばいけないのかもしれません。 Rakuten mobile回線を掴んでしまった時の対処法は? もし、楽天のMVNO回線を掴んでしまった時はどうしたら良いのかについて解説します。 どんなときもWiFi・めっちゃWiFi・Mugen WIfi 格安プラン の対処法 どんなときもWiFiやめっちゃWifiの機種U2s(D1)は、とにかく 再起動を試みましょう。 U2sの再起動は、 電源ボタンを18秒長押しする必要があります。 20秒近くボタンを長押しするのは、なかなか面倒ですよね。 なお、電源を入れ直すのでも良いですが、すぐに入れ直すとあまり意味が無いことがあるため、電源を落としたら1~3分ほど置いてから電源を入れるようにすると確実です。 Mugen WiFi アドバンスプラン の対処法 引用: GlocalMe G4は画面付きの端末ですが、電波を切り替える時は一度電源を切る必要があります。 側面の電源ボタンを長押しすると「電源を切る」「再起動」を選択できるので、「再起動」を選択しましょう。 機内モード それでも同じ回線を掴んだままであれば、Mugen WifiのG4と同じように電源ボタンを長押しして、画面上から再起動を選択してみましょう。 クラウドSIM以外の無制限・大容量ポケットWiFi クラウドSIMは複数のキャリアを掴む為、このように速度が遅くなるという問題があります。 再起動で直るものの、再起動には少し時間もかかるし面倒だという面はぬぐえません。 そこで、それは嫌だという人の為にクラウドSIMではなくソフトバンク回線のみに対応しているポケットWiFiを紹介します。 無制限で月額3,050円という最安の低料金で利用可能なのが。 softbankのLTE回線を利用しているので、エリアも回線速度も十分です。 それこそ固定回線の代わりにも十分使えます。 たとえばSoftbankの大容量プランであるメリハリPLANは50GBで7,480円。 半額以下でしかももっと容量を使えるのですから、キャリアで大容量を使うわけにはいきません。 また WiMAXだと 3日で10GBの制限があったり、 エリアが狭く繋がらない所があったりで不満を感じている人も多いですが、このギガゴリWiFIならその 心配も不要です。 しかし当サイトでは、 特別に2年目も料金アップなしの「当サイト限定特別プラン」を設けてもらっています。 申し込み方法は当サイトに掲載している公式へのリンクを経由して申し込むだけ。 そうすれば、2年利用時の総額が5,000円以上安くなるので、ぜひ利用してください。 20GB~50GB0GBの利用ならFUJI WiFi 契約期間の縛りがない方が良いと言うなら、 がおすすめです。 25GBが2,480円、50GBが2,980円とかなり安くなっています。 FUJIWifiはソフトバンク回線のみを利用します。 またにはSIMプランもあるので対応端末であれば、データ通信はFUJIWiFi、音声を()など別の格安SIMとして1台のスマホで格安に大容量の通信が可能となります。 FUJIWiFiのSIMプランは20GBが1,980円、50GBが2,480円。 たとえば、みおふぉん(月額920円)と併用すれば、合計2,900円で大容量通信のスマホを持つことができるということです。 キャリアの3分の1以下です。 \料金詳細や契約方法を紹介/ クラウドSIMで掴む楽天のの回線はキャリアではなくMVNO クラウドSIMが掴む楽天mobile回線は、楽天のMNO回線ではなくMVNO回線であること、時間帯によっては楽天回線を掴むことでかなり速度が落ちてしまうことについて触れました。 2019年11月現在、 クラウドSIMで掴む楽天mobileの回線は、キャリアの楽天ではなくあくまでもMVNOのドコモ回線を使った楽天回線です。 「#楽天モバイル無料サポータープログラム」で検索すると30Mbps以上の回線速度を多く見掛けますが、基地局の設置状況を考えると、今後すぐにクラウドSIMに楽天のキャリアが対応していく可能性は低いでしょう。 低速回線から抜け出したい時は、端末再起動などで対処してみてくださいね。

次の