ファスティング 断食期。 実は重要だった!ファスティングの準備食について

ファスティングダイエットの効果とやり方 半日から1週間まで~正しいダイエット法とは

ファスティング 断食期

「そろそろダイエットを始めないとなぁ…」と思っても、たくさんあるダイエットの中からどれを選んだらよいものか迷いますよね。 いざダイエットを始めてみても、思ったよりも手間がかったり、長く続けなければならなかったりとすぐに挫折してしまいがち。 そんなあなたには、ファスティングダイエットをおすすめします! 耳になじみのない方でも大丈夫! ファスティングダイエットについてじっくり学んでいきましょう。 [1]ダイエットに効果的なファスティングの驚くべき美容効果とは? みなさんは『ファスティング』というダイエット方法をご存じですか? よくメディアでも取り上げられ、注目を浴びているこのダイエット方法ですが、いつもダイエットに挫折しがちな方にとてもおすすめなのです。 それでは、『ファスティング』について詳しく解説していきます。 つまり、ファスティングダイエットは一定期間、食事をとらないダイエットのことなんです。 しかし、ファスティングダイエットは宗教的な意味合いの断食とは違って、一切飲食をしないというわけではありません。 ファスティングダイエットの場合は一定期間、固形物は一切口にしませんが、その代わりに野菜エキスの入った 『酵素ドリンク』などで必要な栄養を摂取していきます。 また、水分は ミネラルウォーターなどでしっかりと摂取することが大切です。 短期間で痩せるというメリットがあり、長期的なダイエットに挫折しがちな人におすすめのダイエット法と言われています。 その他にも、『痩せたいけど運動はちょっと…』なんていう人にもおすすめされているダイエット方法なんです。 ファスティングをするとどのような効果が期待できるのかチェックしていきましょう。 ・体内環境を整えてくれる 内臓が疲れてくると病気になりやすいと言われています。 それは、体の中の毒素を排出する機能が衰えてしまうからです。 そこで、ファスティングで疲れた内臓を一定期間休ませることで 毒素の排出機能を回復させ、体内環境を整えることが期待できます。 ・胃腸の働きを整えてくれる 通常の食生活を送っていると、朝昼晩の食事に加え、間食をしてしまいますよね。 もしかするともっと食事の回数が多い人や、胃腸に負担の掛かる食生活を送っている人もいるかもしれません。 そうなると、胃や腸は休む暇がありません。 それも毎日の繰り返しですからなおさらです。 ファスティングをすると疲れた胃が休まり、腸の中もリセットされます。 それによって 胃腸の働きが整い活性化され、便秘などの困った症状も解消できると言われています。 ・肌がきれいになる ファスティングをすると体内の毒素や老廃物が排出され、デトックス効果を得られます。 そのため、 肌がきれいになるとも言われています。 腸内環境が整うことでニキビや肌荒れの改善にも期待できます。 ・代謝が上がる 胃腸を休めることによって、それまで消化に使われていたエネルギーが細胞を再生するためであったり、修復するために使われるようになります。 そのため、代謝が活発になって、 痩せやすい体につながります。 ・感覚が研ぎ澄まされる ファスティングを行うと、いつもより味覚が敏感になったり、視覚や聴覚が研ぎ澄まされると言われています。 また、空腹時は集中力が上がるとも言われています。 ファスティングダイエットの注意点は以下の通りです。 注意点を踏まえた上で安心で安全なダイエットを行いましょう。 ・ファスティングダイエットをやらない方がいい人 ファスティングダイエットは、成長期である16歳以下の方や、体力が衰え始めている60歳以上の方にはおすすめしません。 成長期に必要な栄養が摂取できないと十分な発育ができなくなってしまいますし、体力のない人の体には大きな負担になってしまうからです。 その他にも、持病があって薬を服用している方や、妊娠中の方も、ファスティングダイエットはおすすめできません。 ・ファスティング中の体調異変には注意して ファスティングダイエット中は、 『好転反応』という体調の変化が起こる人が多い傾向にあります。 好転反応は、体内から排出された毒素が血液中に押し出され、一時的に汚れた血液が全身に回ることで起こる体調不良と言われています。 つまり、好転反応が出るということはファスティングが成功している証拠です。 しかし、あまりにも酷い症状の場合は、好転反応によるものではない恐れもあるので、直ちにファスティングを中止してください。 好転反応による症状はさまざまですが、以下のような症状が起きやすいと言われています。 ・頭痛 ・肩こり ・腰痛 ・吐き気 ・めまい ・喉の腫れ ・ニキビなどの肌荒れ [2]半日から1週間と期間もさまざま! ファスティングダイエットの失敗しない方法 ファスティングダイエットと言っても、ただ食べなければいいわけではありません。 どんなダイエットにも言えることですが、間違ったやり方をしてしまうと失敗したり、リバウンドの原因につながります。 また、期間もざまざまなので自分に合ったものを選ぶことが大切です。 そこで、ファスティングダイエットの失敗しない方法を交えながら、正しいファスティングダイエットの方法をご紹介していきます。 しっかりと計画を立て、無理のない方法で試してください。 先ほども述べたように、ファスティングは好転反応を伴う場合が多いです。 仕事をしている方は特に、ファスティングをする期間を選ばないと過度のストレスにつながったり、挫折の原因になります。 ファスティングをする期間によっては、仕事が落ち着いている時期や長期休暇の時を見計らって始めるのがいいでしょう。 また、生理の時も体調を崩しやすいので避けるのが無難でしょう。 無理のない計画を心がけること大切です。 ・痩せやすい期間に行う 女性の体の仕組みとして、 生理後の約1週間が痩せやすい時期と言われています。 女性の方ならよくご存じの通り、生理が終わって約1週間くらい体調の良い日が続きますよね。 生理の期間から一転、気分もスッキリし、肌の調子も良くなります。 これは、女性ホルモンの『エストロゲン』が関係していると言われています。 エストロゲンは中性脂肪の代謝を促進する働きがあり、自律神経も整えてくれます。 したがって、体調が良く、痩せやすく、気分もバッチリなこの時期にファスティングダイエットを行うのが成功の秘訣なのです。 ・準備期間と回復食期間が大事 ファスティングダイエットは、ただ食べないことが重要なわけではありません。 ファスティングの期間中を我慢しても、終わった途端に脂っこい食べ物や甘い食べ物をたくさん食べてしまっては、せっかくの我慢が台無しです。 ファスティングによって休んでいた内臓にいきなり負担がかかり、返って調子を崩す事態になりかねません。 したがってファスティングダイエットには、 『準備期間』と 『回復食期間』が大切になってきます。 準備期間は、ファスティングに慣れるための大事な期間になります。 この時期は、まだファスティング期間ではないからと言って、消化に悪いものや脂っこいものを食べるのは厳禁です。 この時期にそのような食生活をすると、ファスティングの効果が半減してしまうと言われています。 この期間は消化に良いものはもちろん、 体に優しい野菜を中心としたものを摂取しましょう。 そして、ファスティング期間を終えた後の回復食期間では、好きな物をたらふく食べたい気持ちを抑え、 おかゆやみそ汁など消化に良いものから摂取しましょう。 お腹いっぱい食べるのもおすすめしません。 胃腸の機能を少しづつ回復させてから、徐々に固形物を摂るようにしてくのがベストです。 回復食期間で暴食をすると、リバウンドにつながる恐れがあるので十分に気を付けましょう。 ファスティングを成功させるには、必ず準備期間と回復食期間を正しい方法で行ってくださいね。 ・酵素ドリンクがおすすめ ファスティング期間中は何も口にしないのではなく、 酵素ドリンクを摂取するのがおすすめです。 酵素ドリンクはダイエット中の必要な栄養をサポートしてくれるだけでなく、ダイエットに差しさわりない程度の程よい糖分で空腹感を軽減してくれます。 酵素ドリンクについては、後ほど詳しく説明していきます。 まずは、本格的なファスティングダイエットとなる『1週間』のファスティングダイエットのやり方です。 個人差はありますが、ファスティングの中で一番体重が減少しやすいのがこの1週間行う方法だという声が多く聞かれました。 短期間で本格的に体重を落としたい人におすすめです。 ファスティングを始める前日は、1日消化に良いものを摂るよう心がけ、暴飲暴食、脂っこい食事や甘い物、高カロリーの物は控えます。 ファスティングに向けて体を慣らす準備日にしましょう。 6日間、酵素ドリンクと水だけで過ごします。 水は1日2リットルの摂取が好ましいと言われています。 最初はおかゆやみそ汁を摂取し、5日間かけて徐々に固形物を摂取していきます。 くれぐれもいきなり暴飲暴食をしないようにしてください。 6日間のファスティングほどではありませんが、しっかりとファスティングの効果が期待できます。 3日間の場合のスケジュールは以下のようになっています。 1週間の時と一緒で、前日は1日消化に良いものを摂るよう心がけ、暴飲暴食、脂っこい食事や甘い物、高カロリーの物は控えます。 ファスティング期間は3日間。 こちらも1週間の時のように酵素ドリンクと水だけで過ごします。 回復食期間は、ファスティング期間と同じ期間であるのがベストです。 期間が短いからと言って1日ほどで済ませず、3日かけて消化に良いものから徐々に固形物を取るようにしてください。 しかし、減少した半分程度は水分なので、実際は500g~600gほどの体重減少だと言われています。 「その程度!?」と驚くかもしれませんが問題ありません。 1日ファスティングダイエットの場合、繰り返し行うことで効果が実感できます。 週末などを利用して、ぜひ定期的に行ってみてください。 1週間や3日と同様。 1日酵素ドリンクと水だけで過ごします。 1日ファスティングダイエットの場合、1週間や3日のコースほど消化しやすいものに重点を置かなくても問題ありません。 しかし、暴飲暴食をしたり、脂っこい食事や甘い食べ物、高カロリーのものは避け、体に優しい食事にするのがベストです。 急激に食事の量を増やすのもおすすめしません。 例えば、玄米や白米に豆腐の味噌汁と梅干としらすおろし…このくらいの食事から始めましょう。 半日と言っても18時間のファスティングをする必要があります。 しかしこの場合うれしいのが、睡眠時間を含めた18時間でよいことです。 これならストレスもあまり感じず、すぐにでも始められそうですね! 半日ファスティングダイエットも1日の場合と同様、繰り返すことで効果を実感できます。 「ちょっと食べすぎたかな」なんて時に試してみる手軽さが魅力的です。 今までと同様。 前日の夕食を早めに済ませて、睡眠時間を含めた18時間を酵素ドリンクと水だけで過ごしてください。 半日の場合は体力の温存を考える必要がないので、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れるのもいいでしょう。 空腹感を紛らわすこともできます。 1日ファスティングダイエットの場合と同様。 [3]ファスティングダイエットで失敗しない酵素ドリンクの選び方 [2]で紹介した通り、ファスティングダイエットを失敗しないためには酵素ドリンクがポイントです。 しかし、酵素ドリンクといってもいろいろな種類があり、どのようなものがファスティングダイエットに向いているのか分かりませんよね。 間違った選び方をしてしまうと効果が半減してしまったり、全く効果が出なかったりとファスティングダイエットの失敗にもつながります。 そこで、酵素ドリンクを選ぶ際のポイントを簡単にご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 酵素には、代謝を上げ痩せやすい体にする効果が期待できます。 その他にも、便秘解消や美肌効果があると言われていて、酵素ドリンクはダイエットにはもってこいのドリンクなのです。 ファスティングダイエットで摂取する酵素ドリンクの場合は、あくまでもダイエットが目的なので、次の点を注意して選んでください。 ・酸や熱に強いものかどうか 通常酵素は、 酸や熱に弱いという特性があります。 しかし、 『エンザミン』という酵素は酸や熱に強い特殊な酵素で、質の良い酵素ドリンクなどによく使われています。 エンザミンで作られた酵素ドリンクは酸や熱に強く、しっかりと体の中に吸収されるので、ファスティングダイエットには特におすすめです。 ・無農薬で安心な原材料かどうか 酵素ドリンクを選ぶ際は、無農薬で安心な原材料かもしっかりと確認する必要があります。 また、原産地も確認して安全な国のものであるかどうか見極めましょう。 原産地が明記されていないものもあるので、そういった酵素ドリンクよりも明記された酵素ドリンクの方が信頼性が高いです。 ・無添加かどうか 体の中の酵素は、添加物によって破壊されてしまいます。 また、ファスティングによって空っぽになった体というのは添加物を吸収しやすくなっているので気を付けなければなりません。 酵素ドリンク自体に 保存料などの添加物が入っている場合があるので、よく確認してから購入しましょう。 ・果汁や甘味料で薄めていないものかどうか 酵素ドリンクの中には、酵素原液が薄められているものがあります。 『植物発酵抽出物』や『野草発酵エキス』と明記されている場合、 酵素原液が薄められている場合があるので注意しましょう。 植物原料100%、つまり薄めていないものは、原材料だけが明記 大根、キャベツ、ニンジン、トマトなどそのままの明記 されているのが通常です。 ・飲みやすいかどうか 酵素ドリンクは、ファスティング中に何度も口にするものです。 ファスティング中は味覚も敏感になっているので、飲みやすいかどうかもポイントになってきます。 ここで、飲みにくいものを選んでしまうとファスティングダイエット自体が苦痛になってしまうので、ダイエットの失敗にもつながりかねません。 サンプルやトライアルキットで試してからの購入がおすすめです。 [4]自分に合ったファスティングスタイルで無理のないダイエットを いかがでしたか。 ファスティングダイエットは無理な運動が必要なく、期間もさまざまなので、自分に合ったスタイルで無理なく始められそうですよね。 「すぐにでもダイエットの効果を実感したい!」というそこのあなた。 ぜひファスティングダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

次の

ファスティングダイエットの効果とやり方 半日から1週間まで~正しいダイエット法とは

ファスティング 断食期

こんにちは、カウンセラーの安永です。 最大の目的は、溜め込んでしまった汚れを追い出し、カラダの隅々をキレイにしていくことです。 日々の不規則な食習慣によってあなたのカラダの中は、悩みの溜め込みになっていませんか? 「ファスティング」にはじめて挑戦される方は不安があるかもしれません。 ファスティング期間中のポイントや実際にどう過ごしているのか、これから始められる方の参考にしていただければと思います。 準備期 純和食を基本に、高脂質・高タンパクの食材を避け、食べ過ぎない生活を送り、体を準備していきます。 ファスティング期 栄養補給のための酵素ドリンクを飲みながら行います。 またこまめな水分補給も大切です。 復食期 いきなり普段の食事に戻すのは控え、負担の少ないものから徐々に慣らしていきます。 明日から準備期です。 早速仕事後に明日からのファスティングに向けて、血流観察と体組成計測定を行います。 ファスティングを行う前にきちんと自分の状態を知ることで、目標をきちんと立てることができます。 ここ1ヶ月生活習慣が乱れてしまっており、計測結果もひどいことに…。 酵素ファスティングプログラムを通し、腸内環境を休め、適度な栄養補給を行いながら、乱れた食習慣を正すことで、健やかな日常生活を送れるようにするきっかけとして始められる方も多く、自分の体と向き合う大切な方法でもあります。 今回は「乱れた食習慣を正す」ことを目標に始めたいと思います。 準備期1日目 朝食は酵素ドリンク(20mL)に置き換えます。 なぜ朝は酵素ドリンクだけなのでしょうか。 それは『ナチュラルハイジーン』という酵素を働かせる時間割があります。 午前中は『排泄の時間(デトックスの時間)』といわれており、朝起きて消化器官がまだ目覚めていない中で、消化に負担のかかる朝食を摂ってしまうと、本来行いたい『排泄』のしくみが滞ってしまうのです。 睡眠中のターンオーバーの時間と午前中のデトックスの時間は、消化器官を休息させていきましょう。 朝は酵素ドリンクだけにすると、カラダが軽やかですよ。 朝忙しい中でバタバタ朝食を摂ってる方は、まずは朝のファスティングからはじめてみるのもいいかもしれません。 昼食は自宅でファスティング中の代替食としてをいただきました。 オススメとしてスプーン1杯の亜麻仁油を加えると、オメガ3系脂肪酸も同時に摂れますし、お味もコクが出てとても美味しいですよ! ファスティングはカラダのリセット期間。 リフレッシュしながら楽しんで過ごすことが大切です。 しっかりと「ファスティング期」に向けて体を整えていきましょう! ファスティング1日目 いよいよ今日からファスティング。 今日から3日間は酵素ドリンクとお水だけです。 消化器官を休ませてカラダの隅々までキレイを目指します。 準備期よりも食欲もなく、穏やかに過ごしています。 ぐっすり眠れているのとお手洗いの回数が多くスッキリとした体感です。 ファスティング期の基本セット 酵素ドリンク(1) ハーブザイム(ジンジャー)150ml ファストプロウォーター350ml 酵素ドリンク(2) ハーブザイム(オラックス)150ml ファストプロウォーター350ml 良質な水 ファストプロウォーター1L 美味しい3倍希釈の酵素ドリンクの作り方 酵素ドリンクは原液のままお飲みになられるのもいいですが、ファスティング期間中は多くの水分補給が必要となります。 今回は持ち運びにも便利なファストプロウォーターを使った3倍希釈のポイントをお教えします。 まず、のラベル文字「FAST PRO」と「WATER」の間くらいまで、ゴクゴクと飲みます。 そこにペットボトルがいっぱいになるようにハーブザイム(酵素ドリンク)を入れると、ちょうど美味しい3倍希釈の酵素ドリンクが出来上がります。 ぜひご参考にしてみてください。 私はファスティング期間中にこのドリンクを2本〜3本飲みます。 ファスティングはまだまだこれから。 酵素ドリンクを摂りながら頑張ります。 ファスティング2日目 本日も酵素ドリンクのみで過ごします。 ファスティングを初めて行われる方は「初期反応」と呼ばれる症状が出ることがあります。 詳しくはをご覧ください。 昨晩はお腹がすいてソワソワすることもなく、ぐっすり休めて朝もスッキリ。 今回はそのような初期反応も少なく、軽やかです。 今回のファスティングでは腸内フローラのサポートにを取り入れてみました。 ファスティング期は悩みの溜め込みをスッキリとさせる期間。 朝スッキリお便りもあり、お肌の調子も良かったです。 その他のファスティングをサポートするサプリメントなどはをご覧ください。 ファスティング期は1日2L以上の水分補給が必要となります。 普段の食事に含まれる水分がありませんので、しっかりと意識して水分補給しないと1日に2Lとることは難しいです。 空腹感を感じた時や、口さみしい時など、こまめにとるように意識しましょう 復食期2日目 「集中3日間ファスティングプログラム」も本日で終了です。 おなか周りや、お肌も柔らかく、とても調子がいいです。 何よりも生活リズムが正されている分、体はもちろん気持ちが違います。 しかし、復食期は「食べることができるけど、少ししか食べられない…」これが意外にファスティング期より誘惑に負けそうになります。 そこで、私は代替食であるファストプロ ガユに亜麻仁油、ケイ素、ファストプロウォーター、あおさ海苔、ゴマを加えて少しアレンジを加えます。 単に食事を置き換えるだけでなく、少しアレンジをすることで、食事に満足感をプラスできオススメです。 準備期・復食期の食事に関してはを基本に、高脂質・高タンパクの食材は避けましょう。 復食期も美味しいファストプロミールで頑張ります。 結果はなんと、体重-4. 0kg、体脂肪-2. そして、安永の結果は、体重-2. 0kg、体脂肪-1. おなか周りや下半身もスッキリ。 今回の目的の乱れがちな食習慣の改善も、ファスティング期間中に規則正しい食生活を送ることができ、その後も発酵食品を中心に酵素の豊富なメニューを意識的に取るなど、体に対する考え方も変わり、体重も増えずに過ごしています。 また、味覚も敏感になり、普段の食事も美味しくいただけるのも定期的なファスティングがあるおかげかもしれません。 ファスティング後は、特に体に取り入れるものを意識しましょう 復食期でもお話しましたように、体の中をスッキリさせ、吸収しやすい状態にこそ、体の喜ぶものを積極的に取り入れていくことを心がけましょう。 私が普段の食生活の中でよく取り入れているは、納豆(発酵食品)や、サラダの調味料、大根おろしに加えたり、お味噌に混ぜて味噌ディップを作っても美味しいです。 最後に、ファスティングは自己流で行わないようにしましょう。 リバウンドや体調不良を起こす原因にもなりますので、専門の資格者などの指導を受けながら行うことをおすすめします。 安永の結果 体重 -2. 0kg 体脂肪 -1. 5% 一緒に行ったお客様の結果 体重 -4. 0kg 体脂肪 -2.

次の

ファスティングの期間や頻度は?長期と短期がそれぞれおすすめな理由

ファスティング 断食期

「そろそろダイエットを始めないとなぁ…」と思っても、たくさんあるダイエットの中からどれを選んだらよいものか迷いますよね。 いざダイエットを始めてみても、思ったよりも手間がかったり、長く続けなければならなかったりとすぐに挫折してしまいがち。 そんなあなたには、ファスティングダイエットをおすすめします! 耳になじみのない方でも大丈夫! ファスティングダイエットについてじっくり学んでいきましょう。 [1]ダイエットに効果的なファスティングの驚くべき美容効果とは? みなさんは『ファスティング』というダイエット方法をご存じですか? よくメディアでも取り上げられ、注目を浴びているこのダイエット方法ですが、いつもダイエットに挫折しがちな方にとてもおすすめなのです。 それでは、『ファスティング』について詳しく解説していきます。 つまり、ファスティングダイエットは一定期間、食事をとらないダイエットのことなんです。 しかし、ファスティングダイエットは宗教的な意味合いの断食とは違って、一切飲食をしないというわけではありません。 ファスティングダイエットの場合は一定期間、固形物は一切口にしませんが、その代わりに野菜エキスの入った 『酵素ドリンク』などで必要な栄養を摂取していきます。 また、水分は ミネラルウォーターなどでしっかりと摂取することが大切です。 短期間で痩せるというメリットがあり、長期的なダイエットに挫折しがちな人におすすめのダイエット法と言われています。 その他にも、『痩せたいけど運動はちょっと…』なんていう人にもおすすめされているダイエット方法なんです。 ファスティングをするとどのような効果が期待できるのかチェックしていきましょう。 ・体内環境を整えてくれる 内臓が疲れてくると病気になりやすいと言われています。 それは、体の中の毒素を排出する機能が衰えてしまうからです。 そこで、ファスティングで疲れた内臓を一定期間休ませることで 毒素の排出機能を回復させ、体内環境を整えることが期待できます。 ・胃腸の働きを整えてくれる 通常の食生活を送っていると、朝昼晩の食事に加え、間食をしてしまいますよね。 もしかするともっと食事の回数が多い人や、胃腸に負担の掛かる食生活を送っている人もいるかもしれません。 そうなると、胃や腸は休む暇がありません。 それも毎日の繰り返しですからなおさらです。 ファスティングをすると疲れた胃が休まり、腸の中もリセットされます。 それによって 胃腸の働きが整い活性化され、便秘などの困った症状も解消できると言われています。 ・肌がきれいになる ファスティングをすると体内の毒素や老廃物が排出され、デトックス効果を得られます。 そのため、 肌がきれいになるとも言われています。 腸内環境が整うことでニキビや肌荒れの改善にも期待できます。 ・代謝が上がる 胃腸を休めることによって、それまで消化に使われていたエネルギーが細胞を再生するためであったり、修復するために使われるようになります。 そのため、代謝が活発になって、 痩せやすい体につながります。 ・感覚が研ぎ澄まされる ファスティングを行うと、いつもより味覚が敏感になったり、視覚や聴覚が研ぎ澄まされると言われています。 また、空腹時は集中力が上がるとも言われています。 ファスティングダイエットの注意点は以下の通りです。 注意点を踏まえた上で安心で安全なダイエットを行いましょう。 ・ファスティングダイエットをやらない方がいい人 ファスティングダイエットは、成長期である16歳以下の方や、体力が衰え始めている60歳以上の方にはおすすめしません。 成長期に必要な栄養が摂取できないと十分な発育ができなくなってしまいますし、体力のない人の体には大きな負担になってしまうからです。 その他にも、持病があって薬を服用している方や、妊娠中の方も、ファスティングダイエットはおすすめできません。 ・ファスティング中の体調異変には注意して ファスティングダイエット中は、 『好転反応』という体調の変化が起こる人が多い傾向にあります。 好転反応は、体内から排出された毒素が血液中に押し出され、一時的に汚れた血液が全身に回ることで起こる体調不良と言われています。 つまり、好転反応が出るということはファスティングが成功している証拠です。 しかし、あまりにも酷い症状の場合は、好転反応によるものではない恐れもあるので、直ちにファスティングを中止してください。 好転反応による症状はさまざまですが、以下のような症状が起きやすいと言われています。 ・頭痛 ・肩こり ・腰痛 ・吐き気 ・めまい ・喉の腫れ ・ニキビなどの肌荒れ [2]半日から1週間と期間もさまざま! ファスティングダイエットの失敗しない方法 ファスティングダイエットと言っても、ただ食べなければいいわけではありません。 どんなダイエットにも言えることですが、間違ったやり方をしてしまうと失敗したり、リバウンドの原因につながります。 また、期間もざまざまなので自分に合ったものを選ぶことが大切です。 そこで、ファスティングダイエットの失敗しない方法を交えながら、正しいファスティングダイエットの方法をご紹介していきます。 しっかりと計画を立て、無理のない方法で試してください。 先ほども述べたように、ファスティングは好転反応を伴う場合が多いです。 仕事をしている方は特に、ファスティングをする期間を選ばないと過度のストレスにつながったり、挫折の原因になります。 ファスティングをする期間によっては、仕事が落ち着いている時期や長期休暇の時を見計らって始めるのがいいでしょう。 また、生理の時も体調を崩しやすいので避けるのが無難でしょう。 無理のない計画を心がけること大切です。 ・痩せやすい期間に行う 女性の体の仕組みとして、 生理後の約1週間が痩せやすい時期と言われています。 女性の方ならよくご存じの通り、生理が終わって約1週間くらい体調の良い日が続きますよね。 生理の期間から一転、気分もスッキリし、肌の調子も良くなります。 これは、女性ホルモンの『エストロゲン』が関係していると言われています。 エストロゲンは中性脂肪の代謝を促進する働きがあり、自律神経も整えてくれます。 したがって、体調が良く、痩せやすく、気分もバッチリなこの時期にファスティングダイエットを行うのが成功の秘訣なのです。 ・準備期間と回復食期間が大事 ファスティングダイエットは、ただ食べないことが重要なわけではありません。 ファスティングの期間中を我慢しても、終わった途端に脂っこい食べ物や甘い食べ物をたくさん食べてしまっては、せっかくの我慢が台無しです。 ファスティングによって休んでいた内臓にいきなり負担がかかり、返って調子を崩す事態になりかねません。 したがってファスティングダイエットには、 『準備期間』と 『回復食期間』が大切になってきます。 準備期間は、ファスティングに慣れるための大事な期間になります。 この時期は、まだファスティング期間ではないからと言って、消化に悪いものや脂っこいものを食べるのは厳禁です。 この時期にそのような食生活をすると、ファスティングの効果が半減してしまうと言われています。 この期間は消化に良いものはもちろん、 体に優しい野菜を中心としたものを摂取しましょう。 そして、ファスティング期間を終えた後の回復食期間では、好きな物をたらふく食べたい気持ちを抑え、 おかゆやみそ汁など消化に良いものから摂取しましょう。 お腹いっぱい食べるのもおすすめしません。 胃腸の機能を少しづつ回復させてから、徐々に固形物を摂るようにしてくのがベストです。 回復食期間で暴食をすると、リバウンドにつながる恐れがあるので十分に気を付けましょう。 ファスティングを成功させるには、必ず準備期間と回復食期間を正しい方法で行ってくださいね。 ・酵素ドリンクがおすすめ ファスティング期間中は何も口にしないのではなく、 酵素ドリンクを摂取するのがおすすめです。 酵素ドリンクはダイエット中の必要な栄養をサポートしてくれるだけでなく、ダイエットに差しさわりない程度の程よい糖分で空腹感を軽減してくれます。 酵素ドリンクについては、後ほど詳しく説明していきます。 まずは、本格的なファスティングダイエットとなる『1週間』のファスティングダイエットのやり方です。 個人差はありますが、ファスティングの中で一番体重が減少しやすいのがこの1週間行う方法だという声が多く聞かれました。 短期間で本格的に体重を落としたい人におすすめです。 ファスティングを始める前日は、1日消化に良いものを摂るよう心がけ、暴飲暴食、脂っこい食事や甘い物、高カロリーの物は控えます。 ファスティングに向けて体を慣らす準備日にしましょう。 6日間、酵素ドリンクと水だけで過ごします。 水は1日2リットルの摂取が好ましいと言われています。 最初はおかゆやみそ汁を摂取し、5日間かけて徐々に固形物を摂取していきます。 くれぐれもいきなり暴飲暴食をしないようにしてください。 6日間のファスティングほどではありませんが、しっかりとファスティングの効果が期待できます。 3日間の場合のスケジュールは以下のようになっています。 1週間の時と一緒で、前日は1日消化に良いものを摂るよう心がけ、暴飲暴食、脂っこい食事や甘い物、高カロリーの物は控えます。 ファスティング期間は3日間。 こちらも1週間の時のように酵素ドリンクと水だけで過ごします。 回復食期間は、ファスティング期間と同じ期間であるのがベストです。 期間が短いからと言って1日ほどで済ませず、3日かけて消化に良いものから徐々に固形物を取るようにしてください。 しかし、減少した半分程度は水分なので、実際は500g~600gほどの体重減少だと言われています。 「その程度!?」と驚くかもしれませんが問題ありません。 1日ファスティングダイエットの場合、繰り返し行うことで効果が実感できます。 週末などを利用して、ぜひ定期的に行ってみてください。 1週間や3日と同様。 1日酵素ドリンクと水だけで過ごします。 1日ファスティングダイエットの場合、1週間や3日のコースほど消化しやすいものに重点を置かなくても問題ありません。 しかし、暴飲暴食をしたり、脂っこい食事や甘い食べ物、高カロリーのものは避け、体に優しい食事にするのがベストです。 急激に食事の量を増やすのもおすすめしません。 例えば、玄米や白米に豆腐の味噌汁と梅干としらすおろし…このくらいの食事から始めましょう。 半日と言っても18時間のファスティングをする必要があります。 しかしこの場合うれしいのが、睡眠時間を含めた18時間でよいことです。 これならストレスもあまり感じず、すぐにでも始められそうですね! 半日ファスティングダイエットも1日の場合と同様、繰り返すことで効果を実感できます。 「ちょっと食べすぎたかな」なんて時に試してみる手軽さが魅力的です。 今までと同様。 前日の夕食を早めに済ませて、睡眠時間を含めた18時間を酵素ドリンクと水だけで過ごしてください。 半日の場合は体力の温存を考える必要がないので、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れるのもいいでしょう。 空腹感を紛らわすこともできます。 1日ファスティングダイエットの場合と同様。 [3]ファスティングダイエットで失敗しない酵素ドリンクの選び方 [2]で紹介した通り、ファスティングダイエットを失敗しないためには酵素ドリンクがポイントです。 しかし、酵素ドリンクといってもいろいろな種類があり、どのようなものがファスティングダイエットに向いているのか分かりませんよね。 間違った選び方をしてしまうと効果が半減してしまったり、全く効果が出なかったりとファスティングダイエットの失敗にもつながります。 そこで、酵素ドリンクを選ぶ際のポイントを簡単にご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 酵素には、代謝を上げ痩せやすい体にする効果が期待できます。 その他にも、便秘解消や美肌効果があると言われていて、酵素ドリンクはダイエットにはもってこいのドリンクなのです。 ファスティングダイエットで摂取する酵素ドリンクの場合は、あくまでもダイエットが目的なので、次の点を注意して選んでください。 ・酸や熱に強いものかどうか 通常酵素は、 酸や熱に弱いという特性があります。 しかし、 『エンザミン』という酵素は酸や熱に強い特殊な酵素で、質の良い酵素ドリンクなどによく使われています。 エンザミンで作られた酵素ドリンクは酸や熱に強く、しっかりと体の中に吸収されるので、ファスティングダイエットには特におすすめです。 ・無農薬で安心な原材料かどうか 酵素ドリンクを選ぶ際は、無農薬で安心な原材料かもしっかりと確認する必要があります。 また、原産地も確認して安全な国のものであるかどうか見極めましょう。 原産地が明記されていないものもあるので、そういった酵素ドリンクよりも明記された酵素ドリンクの方が信頼性が高いです。 ・無添加かどうか 体の中の酵素は、添加物によって破壊されてしまいます。 また、ファスティングによって空っぽになった体というのは添加物を吸収しやすくなっているので気を付けなければなりません。 酵素ドリンク自体に 保存料などの添加物が入っている場合があるので、よく確認してから購入しましょう。 ・果汁や甘味料で薄めていないものかどうか 酵素ドリンクの中には、酵素原液が薄められているものがあります。 『植物発酵抽出物』や『野草発酵エキス』と明記されている場合、 酵素原液が薄められている場合があるので注意しましょう。 植物原料100%、つまり薄めていないものは、原材料だけが明記 大根、キャベツ、ニンジン、トマトなどそのままの明記 されているのが通常です。 ・飲みやすいかどうか 酵素ドリンクは、ファスティング中に何度も口にするものです。 ファスティング中は味覚も敏感になっているので、飲みやすいかどうかもポイントになってきます。 ここで、飲みにくいものを選んでしまうとファスティングダイエット自体が苦痛になってしまうので、ダイエットの失敗にもつながりかねません。 サンプルやトライアルキットで試してからの購入がおすすめです。 [4]自分に合ったファスティングスタイルで無理のないダイエットを いかがでしたか。 ファスティングダイエットは無理な運動が必要なく、期間もさまざまなので、自分に合ったスタイルで無理なく始められそうですよね。 「すぐにでもダイエットの効果を実感したい!」というそこのあなた。 ぜひファスティングダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

次の