お 題目 と は。 お題目の祈り・願いが叶わない 絶対に願いが叶う信心という方法|唱題の功徳

南無妙法蓮華経

お 題目 と は

創価学会本部を訪問した際、副会長クラスの幹部の方を中心とする懇談の場で、ある婦人の質問がありました。 病の克服を願って、一日中、それこそ「仕事のように」南無妙法蓮華経のお題目を唱え続けているご婦人がおり、その方を激励しているが、ぜんぜん良くならないと言っている。 どうしたら良いか?という質問でした。 日蓮大聖人は次ぎのように仰せです。 「其の上は私に計り申すに及ばず候 叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く(御書:日厳尼御前御返事1,262ページより)」 通解:「その上は自分勝手に御本尊の功徳を推し量ってはなりません。 あなたの願いが叶うか叶わないかは、御信心によるのです」 お題目を唱えていても願いが叶わないのは、本人の御本尊に対する「信心」が無いからだと仰せです。 叶う・叶わないは信心による その信心とはいったい何か 改めて、「信心」という心・思いとはいったい何でしょう。 大聖人は次のように仰せです。 「行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず、我もいたし人をも教化候へ、行学は信心よりをこるべく候(御書:諸法実相抄1,361ページより)」 通解:行学の二道に励んでいきなさい。 行学が絶えてしまえば、仏法はない。 自分も行い、人をも教え導いていきなさい。 行学は信心から起こるのです。 行・学の具体的な実践を促す(うながす)ような「信心」でなくてはならないと仰せです。 行とは、勤行(読経・唱題)の「自行(じぎょう)」と弘教(ぐきょう)の「 化他行(けたぎょう)」の2つのことです。 弘教とは、自分自身だけの変革ではなく、自他共の幸福を目指して、人々に仏法を語っていくことをいいます。 学とは、教学を学んでいくことであり、「御書(ごしょ)」の拝読を根本に、仏法の正しい法理を学ぶことです。 この行と学については、「どこまで実践すれば良い」ということではなく、仏法を深めるために、その努力をすることが肝心で、その原動力が信心であるということです。 広宣流布の信心でお題目の祈り・願いは絶対に叶っていく 特に「弘教」の実践は、末法という現代にあって、仏法の実践に不可欠なものです。 「弘教」を願ってのお題目(唱題)の実践こそが、自身の内なる「仏の生命」を呼び出だし、自他共に、苦境を変革してことになります。 自身も他人も共に幸福に!このことを祈りの根本にすることが、「自分の願い」を叶える一番の近道であるということなのです。 池田SGI会長指導選集の『幸福と平和を創る智慧(大百蓮華・2016年5月号の97ページ上段)』」に、池田名誉会長の次のことばが紹介されています。 「御書に『叶い叶わぬは御信心により候べし(御書1,262ページ)』と仰せです。 どのような信心に立てば祈りは叶うのか。 それは、自分のことだけでなく、他者や社会のために祈り、行動する『広宣流布の信心』です。 私自身、祈ったことは一つ一つ叶えてきました。 それは、『広宣流布は必ずできる!いな、必ず広宣流布を成し遂げてみせる!』~この誓願をひたすら貫いてきたからです」 あくまでも、他人の幸福を祈る心から本当の信心が始まります。 その信心の下、南無妙法蓮華経のお題目の祈り・願いは絶対に叶っていくということなのです。 絶対に願いが叶う信心の関連記事•

次の

題目の力のすごさについて

お 題目 と は

題目をつけるときのポイント 題目をつけるには、以下のポイントに気をつけます。 研究対象と論点 あなたが取り組んでいる研究対象と、論点が最低限伝わらないといけません。 研究対象は何か、どんな論点から考察・研究を行なっているのかをいったん明確にしましょう。 研究対象や論点が複数あって…という場合は、いったん抽象度をあげて考えてみましょう。 抽象度を上げるというのは、「幼稚園児・小学生・中学生」だったら、「児童」という抽象度の高い言葉でまとめてみるということです。 抽象度を上下させて、適切な言葉を探し出しましょう。 キーワードを明確にする あなたの論文は、何に関する論文でしょうか。 それを示す大きなヒントは、「キーワード」です。 特に、専門用語のキーワードが入ることが望ましいです。 心理学ひとつとっても、「認知的不協和」「カクテルパーティ効果」「単純接触効果」などたくさんのキーワードがありますよね。 もし、研究した場所が重要なら、「淡路島」のように地名がキーワードして入るでしょうし、手法に独自性があるなら「文献学的考察」のように手法や着目点がキーワードとして入るでしょう。 あなたの研究に関する専門用語(キーワード)はどんなものがあるかをまず洗い出してみましょう。 その中で最も大事なものを1〜2語、厳選して題目に盛り込みます。 研究内容を一言で他人に説明できるか あなたの研究を20文字以内で言うとなんでしょうか。 専門用語が長いなどの事情がありますから必ずしも20字以内とダメというわけではありません。 要するに、一言で言うとどんな研究かというのをいったん自分の中で明確にしないといけません。 これが自分の中で明確になっていない限りは、いい題目は決めようがありません。 自分の研究の内容を一言で他人に説明してみてください。 これができないようなら、自分の中で煮詰まっていない証拠です。 抽象的にしてみたり、逆に具体的にしてみたりして的確に表現できることを目指しましょう。 型に沿う 卒論に限らず、論文の題目はある程度型があります。 ここまでの3点が抑えられれば、あとは型に沿って当てはめるだけです。 型に沿えば妙な題目にはなりません。 論文は独自性・新規性が大事だとは言いますが、論文の付け方で出すもんじゃありません。 いくつか型のパターンがありますので、続いて論文の題目の型について紹介していきます。 卒論の題目の型について 卒論の題目を眺めていると、いくつかのパターンに分かれていることがわかります。 逆に言えば、論文の題目のつけ方は数種類のパターンしかないということです。 どんな型があるのか、参考例と一緒に紹介していきます。 なお、ここでの題目の型は私が勝手に分類して名前をつけたものなので、公式なものではありませんが、考える参考になると思います。 問題提起型(〜か) 最後に「〜か」「〜とは」と疑問文で終わる題目です。 読者に対して疑問を投げかけるような題目です。 論文の論点が明確で、何かを検証していく感が強いです。 発生現象学において他我がどのように構築されるか• ハトはトポロジーを知覚できるのかートポロジー的特徴を手がかりにした弁別課題による検討ー• 観光によるイメージ形成がもたらすものとはー道の駅とみうら枇杷倶楽部の事例からー 出典: 体言止め型 最後に名刺で終わる題目のつけ方が『体言止め型』です。 重要なキーワードを最後に持ってくることで、重要なキーワードが何であるか、論文の主題がなんであるかを示しやすくなります。 スピノザから学ぶ自由論• コミュニケーション・メディアと自己承認欲求• 出征順位と関わり合いから見るきょうだい 出典: について型(〜について) 最後に「について」「〜に関する考察」「〜の検討」などといった言葉で 安直に思いつきやすく何にでも使えるのですが、論文の焦点がぼやける可能性があり、使用には注意が必要です。 待機児童問題の実態について• 強化学習に基づくカテゴリー弁別における影響遙邨ついての検討• 有舌尖頭器の携帯分類・編年試案と考察 出典: サブタイトル型(ー〇〇ー) 補足のように、末尾に「ー〇〇ー」とつけるタイトルのつけ方もあります。 他の型と併用可能です。 一言にまとめるとなんだかややこしくなってしまう場合や、研究の範囲(時代・場所・論点など)を絞り込む場合などに用いられます。 「抽象的な概念ー具体的な手法・観点ー」という使われ方が多いです。 ミュージアムにおける仕掛けの検討ー美術館のキャプションを題材に• 選択型における確率知覚ー非現実的楽観傾向の検討ー• 非行少年の抑止について支援の現状ーボランティア活動を通してー 出典: まとめ|題目の書き方はポイントと型を抑えよう 今回は、卒論(卒業論文)の題目について解説をしました。

次の

題目(南無妙法蓮華経)・念仏(南無阿弥陀仏)の違いやそれぞれの意味とは?|納骨堂辞典

お 題目 と は

題目をつけるときのポイント 題目をつけるには、以下のポイントに気をつけます。 研究対象と論点 あなたが取り組んでいる研究対象と、論点が最低限伝わらないといけません。 研究対象は何か、どんな論点から考察・研究を行なっているのかをいったん明確にしましょう。 研究対象や論点が複数あって…という場合は、いったん抽象度をあげて考えてみましょう。 抽象度を上げるというのは、「幼稚園児・小学生・中学生」だったら、「児童」という抽象度の高い言葉でまとめてみるということです。 抽象度を上下させて、適切な言葉を探し出しましょう。 キーワードを明確にする あなたの論文は、何に関する論文でしょうか。 それを示す大きなヒントは、「キーワード」です。 特に、専門用語のキーワードが入ることが望ましいです。 心理学ひとつとっても、「認知的不協和」「カクテルパーティ効果」「単純接触効果」などたくさんのキーワードがありますよね。 もし、研究した場所が重要なら、「淡路島」のように地名がキーワードして入るでしょうし、手法に独自性があるなら「文献学的考察」のように手法や着目点がキーワードとして入るでしょう。 あなたの研究に関する専門用語(キーワード)はどんなものがあるかをまず洗い出してみましょう。 その中で最も大事なものを1〜2語、厳選して題目に盛り込みます。 研究内容を一言で他人に説明できるか あなたの研究を20文字以内で言うとなんでしょうか。 専門用語が長いなどの事情がありますから必ずしも20字以内とダメというわけではありません。 要するに、一言で言うとどんな研究かというのをいったん自分の中で明確にしないといけません。 これが自分の中で明確になっていない限りは、いい題目は決めようがありません。 自分の研究の内容を一言で他人に説明してみてください。 これができないようなら、自分の中で煮詰まっていない証拠です。 抽象的にしてみたり、逆に具体的にしてみたりして的確に表現できることを目指しましょう。 型に沿う 卒論に限らず、論文の題目はある程度型があります。 ここまでの3点が抑えられれば、あとは型に沿って当てはめるだけです。 型に沿えば妙な題目にはなりません。 論文は独自性・新規性が大事だとは言いますが、論文の付け方で出すもんじゃありません。 いくつか型のパターンがありますので、続いて論文の題目の型について紹介していきます。 卒論の題目の型について 卒論の題目を眺めていると、いくつかのパターンに分かれていることがわかります。 逆に言えば、論文の題目のつけ方は数種類のパターンしかないということです。 どんな型があるのか、参考例と一緒に紹介していきます。 なお、ここでの題目の型は私が勝手に分類して名前をつけたものなので、公式なものではありませんが、考える参考になると思います。 問題提起型(〜か) 最後に「〜か」「〜とは」と疑問文で終わる題目です。 読者に対して疑問を投げかけるような題目です。 論文の論点が明確で、何かを検証していく感が強いです。 発生現象学において他我がどのように構築されるか• ハトはトポロジーを知覚できるのかートポロジー的特徴を手がかりにした弁別課題による検討ー• 観光によるイメージ形成がもたらすものとはー道の駅とみうら枇杷倶楽部の事例からー 出典: 体言止め型 最後に名刺で終わる題目のつけ方が『体言止め型』です。 重要なキーワードを最後に持ってくることで、重要なキーワードが何であるか、論文の主題がなんであるかを示しやすくなります。 スピノザから学ぶ自由論• コミュニケーション・メディアと自己承認欲求• 出征順位と関わり合いから見るきょうだい 出典: について型(〜について) 最後に「について」「〜に関する考察」「〜の検討」などといった言葉で 安直に思いつきやすく何にでも使えるのですが、論文の焦点がぼやける可能性があり、使用には注意が必要です。 待機児童問題の実態について• 強化学習に基づくカテゴリー弁別における影響遙邨ついての検討• 有舌尖頭器の携帯分類・編年試案と考察 出典: サブタイトル型(ー〇〇ー) 補足のように、末尾に「ー〇〇ー」とつけるタイトルのつけ方もあります。 他の型と併用可能です。 一言にまとめるとなんだかややこしくなってしまう場合や、研究の範囲(時代・場所・論点など)を絞り込む場合などに用いられます。 「抽象的な概念ー具体的な手法・観点ー」という使われ方が多いです。 ミュージアムにおける仕掛けの検討ー美術館のキャプションを題材に• 選択型における確率知覚ー非現実的楽観傾向の検討ー• 非行少年の抑止について支援の現状ーボランティア活動を通してー 出典: まとめ|題目の書き方はポイントと型を抑えよう 今回は、卒論(卒業論文)の題目について解説をしました。

次の