浮き輪肉 マッサージ。 腰の「浮き輪肉」を削ぎ落とす方法 :理学療法士 安部元隆 [マイベストプロ大分]

【体験談】バランスボールで腰回りの浮き輪肉を撃退!トレーニング動画3選

浮き輪肉 マッサージ

モテ子 もうすぐ9月よ。 その浮き輪…みたいな腰肉外したら? 全国のダイエッター女子注目!今回はリクエストの中でも特に多い「 腰肉を落としたい」という声にお応えします。 腰周りから下半身にかけての脂肪は、子宮をはじめとする 大切な器官を守るためにつくもの。 女性にとって、 ある程度は必要なものなのです。 でも…蓄えすぎると、「浮き輪肉」やら「洋ナシ体型」、果ては「土偶体型」など、なんとも屈辱的な呼称で括られてしまう憂き目に…。 これはなんとかして抜け出さねば、ですよね。 その上厄介なことに、日常生活で動かすことが少ない部位であるがために「 定着しやすく落ちにくい」脂肪でもあるのです。 内股や片足重心、長時間のデスクワークなどで骨盤に開きや歪みが生じてしまうと更に下半身太りしやすいので気を付けて。 また、腰の冷えも女性特有の下半身太りの一因。 1 熱を生み出す 筋肉量が男性より少ないこと 2 自律神経や女性ホルモンの乱れで 血流が滞ること 3 月経に伴い熱を運ぶ血液が奪われてしまうこと、これらが腰冷えの主な原因。 冷えた部分には老廃物や脂肪が溜まりやすいもの。 加えて、女性の場合腰周りの冷えは月経に関する不調 生理痛の悪化 などにも直結してしまいます。 運動不足や締め付けの強い下着 矯正下着など により血行不良に陥るケースが多いので、当てはまる方は改善しましょう。 血流UPだけでなく、老廃物や蓄積したセルライトの揉みだしに有効なのはお風呂などでの マッサージ。 意外と手が疲れますが、毎日根気よく続けることが大切です。 腰肉を親指と残り4本の指でつまむ。 両手を使いましょう。 つまんだお肉を一か所10回程度揉む。 「右手で上に、左手で下に」と上下交互に脂肪を動かしましょう。 気になる部分を全て10回ずつ揉んだら、手のひらを使って下方に脂肪を流して完了! 深部の老廃物まで全て押し流すという意気込みで行いましょう。 仰向けになり、肩幅の広さに足を開きます。 お腹をペタンコにし、恥骨と左右の腰骨を結んだ三角形が床と平行になっていることを触って確認しましょう。 息を吐きながらゆっくりお尻と背骨の1本1本を浮かせていきます。 腰を反らないように気を付けて。 肩と膝を結ぶ線が一直線になったら息を吸い、再び吐きながらゆっくりと床に背骨とお尻を戻していきます。 お尻歩きで骨盤から太もものインナーマッスル強化 骨盤から太もものインナーマッスル「 大腰筋 だいようきん 」を鍛えるのも 下半身太り脱却に効果的。 腕を大きくふりながら、お尻を使って前後に歩きましょう。 オススメはヨガマットを使うこと。 つまり、 腰を重点的に動かすダイエット法を選べば夢の「 脱・土偶体型」が叶うのです。 フラフープで痩せるのは、 背中や腰、脇腹、お腹のインナーマッスルが刺激されて鍛えられるから。 やり方は、初心者さんは脚を前後に開き、腰も前後に動かして回すだけ。 慣れてきたら脚を閉じて回しましょう。 正しい姿勢で行うことで骨盤の歪みもリセットされるので、全身のダイエット効果も期待できます。 フラフープダイエットの詳しいやり方と効果は 有酸素運動も大切 最後に、ダイエット時に脂肪が落ちていく順番のこともお話ししておきましょう。 個人差はありますが、残念ながら 腰やヒップは 1番最後に落ちる脂肪というのが定説です。

次の

【体験談】バランスボールで腰回りの浮き輪肉を撃退!トレーニング動画3選

浮き輪肉 マッサージ

bifix. html お腹まわりにできる浮き輪肉の原因の多くは 加齢です。 年齢を重ねるごとに、代謝が悪くなりダイエットをしてもお肉が落ちにくい体質になってしまいます。 以前と比べると、痩せにくいと感じた経験のある方もいるのではないでしょうか。 さらに、浮き輪肉は、生活スタイルにも大きく影響します。 例えば、デスクワークなどで椅子にずっと座っている生活スタイルだと、お腹まわりの 「腸腰筋」が固くなりやすい傾向にあります。 すると、筋肉を動かす機会も少ないことから、浮き輪肉になりがちです。 このような生活スタイルから、体を動かさない環境によって体内にも老廃物が溜まりやすく、むくみの原因となってしまいます。 そのため、なるべく体を動かす習慣をつけることをおすすめします。 生活スタイルや加齢からできる浮き輪肉ですが、マッサージでお腹まわりのお肉を刺激してダイエットすることができます。 リンパの流れや血液の流れに直接働きかけてすっきりお腹を目指してみましょう。 bifix. html 浮き輪肉が気になる方におすすめのダイエット方法の紹介です。 ウェストのまわりのお肉は落ちにくいですよね。 無理にダイエットをしても持続しないという方向けに、簡単なマッサージ方法があります。 それは、 お腹まわりのお肉を掴みながら摘んで直接刺激を与えるだけのマッサージ方法です。 マッサージの後は、お腹の中心をなでるように両手で軽く押し流すようにしましょう。 マッサージを行うタイミングは、血流がよくなる入浴後や軽い運動をした後がおすすめです。 このマッサージは、テレビや音楽を聴きながらできますので、是非トライしてみてくださいね。 まとめ 最後に、ダイエット中は便秘になりやすいといわれています。 しかし、ここで紹介しているマッサージは便秘解消にもよいとされています。 是非試してみてください。

次の

ダイエットで、お腹回りのうきわ肉をスッキリ解消!効果的な3つの方法

浮き輪肉 マッサージ

気がついたらお腹周りのお肉が増えていたという方はいませんか? ダイエットをしていてもなかなかお腹のお肉が減らないと悩んでいる方はいませんか? せっかくダイエットをしても、お腹周りだけはぷよぷよとお肉が浮き輪のように残っているという人もいると思います。 お腹周りというのは、普段意識しないと使わない筋肉もあるため、なかなかお腹周りは痩せにくいと言われています。 お腹周りの肉は、食生活に頼り過ぎ無くても、ちょっとした日常生活の改善や心掛けだけで、簡単に解消させて、落とすことが可能です。 当ページでは、浮き輪腹解消のためのお腹痩せる方法15選をご紹介しています。 お腹周りのお肉を落としたいという方は、是非、参考にしてください。 浮き輪お腹の原因 浮き輪のようなお腹の肉は、加齢とともに脂肪が増えてしまう事で、やはり男女問わず気になってしまいがちですよね。 若い頃は、皮下脂肪がつきやすいのに対し、加齢とともに増えるのが内臓周辺に脂肪がつきやすいケースです。 お腹に脂肪がつきやすい特徴として、以下のような点が挙げられます。 ・姿勢が悪い ・食べ過ぎ ・座りっぱなしの生活をしている ・筋肉量がすくない お腹は普段あまり動かさない部分になるため、筋肉量も少なく、お腹に自然と脂肪がつきやすくなります。 他にも、姿勢が悪いと骨盤がねじれたり歪んでしまうこともあり、それが原因でお腹がぽっこりとしてしまうこともあります。 人間は本来、飢餓に耐えられるように脂肪を蓄えるシステムになっており、食べ過ぎると、必要量以上のカロリーが脂肪となって、女性の場合、皮下、男性の場合は内臓に蓄積されます。 浮き輪腹解消にお腹痩せる方法15選 浮き輪腹というのは、なかなか取りにくいものですよね。 お腹の浮き輪のような脂肪は、ちょっとした食生活の見直しと、簡単なエクササイズでスッキリ解消できます。 それでは、ここからは、浮き輪腹解消にお腹痩せる方法15選を具体的に紹介していきます。 正しい姿勢を意識する 姿勢が悪いと骨盤などが歪んでしまい、脂肪がつきやすくなります。 正しい姿勢を意識すると、お腹が出ているということも意識することができ、お腹をへこませようとする時間が圧倒的に増えると言われています。 また、正しい姿勢を意識するだけでも、普段使わない筋肉を使うようになります。 背筋をぴんと伸ばした姿勢を意識しましょう。 呼吸法を意識する ドローインという呼吸法は、体の内側から負荷をかけてあげることでインナーマッスルまで効率よく鍛えることが可能です。 ドローインでお腹を引っ込めることで、お腹周りの筋肉が形状記憶し、短期的にウエスト周りのサイズダウンが期待できます。 お腹をぎゅっと凹ませた腹式呼吸の状態を10秒間キープします。 背筋を伸ばし、頭を高く、姿勢を崩さないで行います。 呼吸法を意識するドローイン呼吸法の方法は以下の動画も参考にしてみて下さい。 石鹸がついた状態で脇腹からおへそのあたりまで贅肉を寄せ付けて、右手で左の脇腹からへそまでをマッサージしましょう。 次に左手で右の脇腹からへその辺りまでマッサージをするということをなんども繰り返していきます。 他にも、湯船の中で座ったまま両膝とかかとをつけ、お腹の皮膚とその奥の脂肪をつかみ、膝を左右に15cmほど10回揺らすといった方法も効果的です。 足を使ってエクササイズ 四つん這いになり、右足を床と水平になるようにしっかりと上げ、そのままの姿勢で後ろへ蹴り上げるように足を伸ばし、10回繰り返したら、左足で同様の動作を行います。 骨盤を立てて座る 骨盤が正しい位置と角度にあることで、背中の筋肉がバランス良く使われるようになり、続けることで今まで使っていなかったインナーマッスルも少しずつ引き締まるようになります。 骨盤を立てて座る座り方に関しては、以下の動画でも丁寧に解説されていますので、こちらも参考にして下さい。 乳酸菌で浮き輪腹の原因を排除 女性の場合は、便秘がお腹ぽっこりの原因になっていることもあります。 便秘が続いていてお腹ぽっこりが気になっている場合、便秘を解消してあげることが先決です。 腸内環境を整えて便秘を改善してあげるために、乳酸菌を摂取するようにしましょう。 ヨーグルト、キムチ、漬物、味噌など発酵食品もおすすめです。 以下の記事も参考にしてみて下さい スクワット スクワットで使う太ももの筋肉は非常に大きく、片足だけでも腹筋の6倍の筋肉を持っていると言われています。 腹筋するよりもスクワットをするほうが代謝をあげる効果が6倍もアップします。 つまり、腹筋を30回するのとスクワットを5回するのとでは代謝に変わりはないということです。 効率的に代謝を促してお腹痩せするためには、腹筋よりもスクワットを行うと良いでしょう。 肩甲骨をほぐしてあげる 肩甲骨の周辺にある筋肉をほぐすことで、内臓機能を活発にすることができます。 リンパの流れの拠点となっている肩甲骨をほぐすことで、リンパの流れが活発になります。 この肩甲骨がが硬くなっていると、リンパの流れが悪くなり、新陳代謝も衰えてしまいます。 肩甲骨を柔軟にすることで、エネルギー代謝が良くなり、お腹のぽっこりを解消することができます。 良質なタンパク質を摂取する 良質なタンパク質は、脂肪を減らすために必要な筋肉は欠かせない栄養素となります。 例えば、鶏のささみなどは脂肪が少なく、タンパク質が豊富です。 野菜や果物を摂取する 野菜・果物というのは、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んでおり、健康的な体を作るためには欠かせません。 お腹のお肉が気になってきたら、野菜や果物を積極的に摂取するようにしましょう。 また、玄米や全粒粉など、精製されていない物を食べるのもおすすめです。 ソーダ・ファーストフードはNG ソーダやコーラが好きという人もいると思いますが、その中に含まれている砂糖の量を見れば、思わずぞっとするかもしれません。 目安は1日2リットルの水を飲むようにしましょう。 ファーストフードなども脂肪分が多いので、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。 有酸素運動 お腹の脂肪をとるには、やはりある程度体を動かすことを意識する必要があります。 特に、有酸素運動は効果的で、できれば、最低でも週に4日、1日30分を目安に行いましょう。 ウォーキング、水泳など、自分の好きな有酸素運動を取り入れてみましょう。 筋トレ 筋肉は姿勢を正し、脂肪を燃焼させるためには、必要不可欠です。 特に、有酸素運動と筋トレを組み合わせることで、脂肪燃焼の効果がアップします。 腕立て伏せを正しい姿勢で行うことで、体幹を鍛えることができ、お腹わまりの脂肪を減らすことに繋がります。 エクササイズ ツイストクランチやプランク、サイドプランクなど、腰回りの筋肉や、腕から胸筋、腹筋、太ももなどの筋肉を鍛えることができ、全身を引き締めることが期待できます。 エクササイズに関しては、以下3つの動画も参考にしてみて下さい。 特に脂肪のつきやすい部分である、太ももの内側、お尻、お腹周りなどにできます。 一方の脂肪は男女問わずつきやすく、体全体につきやすいものです。 脂肪は、ダイエットなどで簡単に落とすことができますが、セルライトは、女性につきやすく、一度ついてしまうと、落としにくいものになります。 セルライトの場合、時間をかけてゆっくりと肌の表面に凸凹と現れてくるので、セルライト予備軍が作られている可能性もあります。 脂肪細胞が肥大してしまうと周りの毛細リンパ管や毛細血管を押しつぶしてしまい、循環が悪くなります。 その結果、不要な老廃物が溜まり、固いセルライトになり、セルライトがセルライトを作りだしてしまうと言われています。 むくみや血行不良がセルライトの原因と言われているため、これらの原因を取り除いて、セルライトを作らないようにしたいですね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか。 お腹周りのお肉というのは、誰もが気になるものですよね。 浮き輪腹解消にお腹痩せる方法15選として、以下のように紹介してきました。 ・正しい姿勢を意識する ・呼吸法を意識する ・お風呂でお腹のマッサージ ・足を使ってエクササイズ ・骨盤を立てて座る ・歩くだけで引き締まる ・乳酸菌で浮き輪腹の原因を排除 ・スクワット ・肩甲骨をほぐしてあげる ・良質なタンパク質を摂取する ・野菜や果物を摂取する ・ソーダ・ファーストフードはNG ・有酸素運動 ・筋トレ ・エクササイズ お腹のお肉を落とすには、部分痩せを期待せず、体全体の脂肪を落とすことを考えると良いでしょう。 脂肪を溜め込まないような食生活、運動などをすることで、体全体の引き締めを目指しましょう。 お腹周りの脂肪がなかなか落ちないと諦めずに、是非、お腹周りの脂肪をすっきりと落としましょう。 当ページの関連ジャンルの記事として、以下の記事も参考にしてみて下さい。

次の