どんな とき も wifi 比較。 「どんなときもWiFi」と「GMOとくとくBB WiMAX2+」どっちがおすすめできるの!?

NomadSIMとどんなときもWiFiを徹底比較!!月額料金・通信容量・縛りなどをわかりやすく紹介します|今日はヒトデ祭りだぞ!

どんな とき も wifi 比較

更新日:2020年3月3日 「どんなときもWiFi」と「WiMAX」で迷っている人も多いかと思います。 私はWiMAXユーザーですが、海外に出る機会も多く、日本で使う際はWiMAXの7GBの制限が厳しいため、どんなときもWiFiが発売された際は精査しました。 端末が届きましたので、速度や本当に使い放題で制限がないのか等を試してみます。 このページでは、WiMAXユーザーの私が、どんなときもWiFiとWiMAXをさまざまな角度から比較した結果をまとめています。 このページの要点を動画でまとめました。 音声だけでもわかるように作っておりますので、興味がある方はご覧ください。 どんなときもWiFiとWiMAXの比較 両者を、6つのカテゴリーで比較していきます。 通信速度• 通信エリア• 最大接続台数• 海外での利用 先に結論を表にまとめると以下の感じです。 それではそれぞれを詳しくみていきましょう。 しかし、これらはあくまでもカタログ値であり、実測値はどちらも大きく下がります。 大切なのは最大速度ではなく、実測値とPing値(反応速度)です。 WiMAXとどんなときもWiFi それぞれの実測値• WiMAX W06(最新端末):ダウンロード:25. 5Mbps アップロード:3. 8Mbps Ping値:83. 21ms• どんなときもWiFi D1:ダウンロード:26. 1Mbps アップロード:14. 0Mbps Ping値:60. 8ms 数値はから引用。 実測値の引用元のサイトは、スピードテストサイトなのですが、その測定数値の平均を毎日更新してくれており、サンプル数も多いため信頼度が高いです。 この数値を見ると、 WiMAXよりもどんなときもWiFiの方が、アップロードが速く、Ping値も優秀です。 WiMAXの実測値に関しては、エリアやどのモードを利用しているかで大きく変わるため何とも言えませんが、どんなときもWiFiの実測値は実用に十分耐えうる数値です。 WiMAXには速度制限がある WiMAXで速度が最も出るエリア(ハイスピードプラスエリアモード)は、1ヶ月間で7GBの利用で速度制限がかかります。 (制限速度:下り最大0. 384Mbps) やや速度が落ちるハイスピードモードでも、データ量が3日で10GBを超えると、翌日の18時から2日後の2時ごろまでは概ね1Mbpsに制限されてしまいます。 どんなときもWiFiは、たとえ1TB使ったとしても制限がかかりません。 ただし、違法ダウンロード、不正利用、大容量通信などによるネットワークの占有を行った場合や、海外で1GB/1日以上利用した場合は384Kbpsまで下がってしまいます。 私は、WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを利用するため、どんなときもWiFiとWiMAXの併用で行くことに決めました。 本来は、どんなときもWiFiのみでも良かったのですが、本当に制限がないか、速度の状況などを確認したかったため2台持ちを選びました。 対応エリアであっても、屋内や車中、地下、トンネル内などの電波のつながりにくい場所では通信できなかったり通信速度が低下してしまったりします。 WiMAXはauエリアも利用ができますが、3年契約以外だと月額が1,005円かかる事と、月間7GB以上の利用で事実上利用不可能となる速度制限が入ります。 一方の どんなときもWi-Fiは、大手キャリア3社の回線を利用できるので広いエリアに対応しています。 ソフトバンクの4G回線は人口カバー率99%で、ドコモの基地局は山間部を含めて広い範囲で回線を受信できます。 都市部ではソフトバンクの4G回線であっても、移動でドコモの回線が強い地域に行けば自動でドコモの回線に切り替わります。 よって、 使用エリアの広さではどんなときもWiFiが優れています。 契約月の翌月5日までに返却できなければ、機器損害金18,000円が発生します。 一方のWiMAXは端末の「購入」が前提となるので、解約時に返却する必要がありません。 ただし、端末の利用開始時だけに限れば、どんなときもWiFiの方が手間はかかりません。 わずかな差ですが、「クラウドSIM」の採用によりSIMカードを挿す必要がないからです。 どんなときもWiFi(機種U2s):5台• WiMAX(W06):16台(ほかの機種は10台が多い) WiMAXの方が、より多くの端末と接続することができます。 ただし、5台接続できれば十分ですので、ここはあまり気にしなくてもいいかな思います。 2年経過した時点のトータル料金は、次のとおりです。 どんなときもWiFi:81,720円• Broad WiMAX:83,494円• カシモWiMAX:84,520円 どんなときもWiFiは初月の料金を含んでいないので、2年間利用時の合計金額は各社ほぼ横ばいということになります。 ただし、WiMAXは現在3年契約ですので、2年目で解約すると違約金が14,000円かかります。 2年契約で解約ができるどんなときもWiFiに軍配が上がるでしょう。 一方のWiMAXは、日本国内限定のサービスなので海外で同等のサービスは受けられません。 2019年4月執筆時点で最新機種のW06でも、「海外では利用ご利用いただけません」と記載されています。 どんなときもWiFiなら世界107ヶ国にて1台で利用でき、電源がONならいつでも使用可能です。 面倒な手続きも要らないので、手軽に使うことができます。 ただし、 日本のように「1ヶ月定額」ではなく「1日定額」なので利用には注意が必要です。 また、1GB/日を超えると384Kbpsに制限されてしまいます。 アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米(69ヶ国):1,280円/日• 中東・南米・アフリカ(37ヶ国):1,880円/日 海外での利便性においては、どんなときもWiFiに軍配が上がります。 以上を踏まえて、次はどんなときもWiFiとWiMAXのどちらがお得なのかお話していきます。 上記の結果を踏まえると、トータルではどんなときもWiFiに軍配が上がりました。 ただし、通信速度の速さや電波を掴むルーター端末の性能ではWiMAXに軍配が上がるので、使い方によってはWiMAXの方が便利に感じることもあるでしょう。 私は検討した結果、国内ではWiMAXとどんなときもWiFiの2台持ち。 海外では現地のSIMを空港で買って利用しています。 どんなときもWiFiだと海外での利用料が高いからです。 どんなときもWiFiを契約する際は公式サイトのキャンペーンを利用すると、通常より安く利用できます。 キャンペーンは時期によって変わる可能性がありますので、詳細は公式サイトを確認してみるといいかと思います。 どんなときもWiFiに向いている人• データ利用量を気にせず使いたい方• 都市部以外(WiMAXの電波が弱い地域)にお住まいの方• 海外は数日の旅行程度の方• 海外で現地のSIMを買う事に手間を感じる方 WiMAXに向いている人• 都市部(WiMAXのエリア内)居住でスマホは別に契約しているような方• 海外旅行では現地のキャリア(SIM)を使う方.

次の

どんなときもWiFiとMugen WiFiを徹底比較!どっちがお得?

どんな とき も wifi 比較

【2020年6月最新情報】無制限から月間25ギガまでに制限 どんなときもWiFiは完全無制限のポケットWiFiとして有名でしたが、たび重なる通信障害が原因で、月間25ギガまでの利用制限がかけられています。 どんなときもWiFiの評判からわかった全デメリット それでは、どんなときもWiFiの評判からわかった5つのデメリットについて紹介していきます。 2020年6月時点で、どんなときもWiFiより安いポケットWiFiがいくつも見つかったので、人気の他社サービスと月額料金を以下の表で比較しています。 サービス名 月額基本料金 どんなときもWiFi 3,480円 ギガゴリWiFi 3,460円 ネクストモバイル 3,100円 Mugen WiFi 3,280円 よくばりWiFi 3,450円 このように、どんなときもWiFiの月額料金は決して高いわけではありませんが、他のポケットWiFiと比べて1番安いわけではありません。 さらに、ずっと月額3,480円で利用できるわけではなく、2年間限定の割引キャンペーンで安くなっているだけなので、3年目以降は月額4,410円と1,000円も高くなってしまいます。 せっかくポケットWiFiを契約するなら、できるだけ安い料金で使えるサービスを選ぶべきです。 この記事では、どんなときもWiFiよりも安いポケットWiFiとして『ギガゴリWiFi』紹介していします。 海外の利用料金も最安ではない どんなときもWiFiは、1台だけで国内と海外の両方で使えるので、海外旅行が好きな方におすすめのポケットWiFiですが、海外対応のポケットWiFiの利用料金を比較した結果、料金が最安ではないことが分かりました。 どんなときもWiFiと、最安値の『ギガゴリWiFi』を比べた場合の金額差は500円ほどですが、3泊4日の海外旅行の場合だと2,000円もの金額差がでてしまうため、とにかく安く使いたい方には『ギガゴリWiFi』をおすすめします。 通信速度が安定しない どんなときもWiFiは速度が安定しないという悪い評判が多く投稿されています。 どんなときもwifiがまったく使えないレベルになってきた。 こりゃダメかな。 さっきから全然通信できない。 — ると。 8月から毎月歌の本番あるよ 662totoro WiMAXと比べて速度が遅い 口コミで指摘されている「通信速度」について調べるため、どんなときもWiFiと人気のポケットWiFiを比較したところ、 どんなときもWiFiは他より遅いことがわかりました。 この速度差を見ると、どんなときもWiFiの端末の性能が頼りなく見えますが、決して「どんなときもWiFi」が遅いというわけではありません。 快適にインターネットを行うためには 10ギガあれば十分と言いますし、どんなときもWiFiを日頃から使っていて使い勝手の悪さを感じることはありません。 それにこの数字は、あくまで公式サイトが発表してる「電波がはいりやすい環境だったらこのくらい出る」という目安の比較にすぎないので参考程度にしかなりません。 利用者の実測値を比べても遅い しっかり通信速度を比較するには、実際の通信速度(実測値)を測定することが大事です。 それぞれの実測値の比較結果を見ていきましょう。 みんなのネット回線速度 サービス名 下り平均の実測値 どんなときもWiFi 23. 06メガ GMO WiMAX 46. 06メガ カシモWiMAX 35. 84メガ UQ WiMAX 39. 99メガ どんなときもWiFiが23ギガに対し、WiMAXは40ギガ。 公式サイトが発表しているデータでは 10倍差があったものの実際の速度差は2倍しか違いません。 確かにWiMAXが速いのは事実ですが、 どんなときもWiFiは心配するほど遅くもないということがお分かりいただけるかと思います。 ちなみに、どんなときもWiFiとWiMAXの通信速度の差がここまでひらいてしまう理由は、それぞれ得意な分野が違うからです。 WiMAXは「通信速度が得意」、どんなときもWiFiは「対応エリアの広さが得意」という認識で大丈夫でしょう。 \光回線について詳しく書いた記事/ 解約時の違約金に注意 どんなときもWiFiは 解約違約金が高いという悪い口コミがいくつか投稿されています。 他社サービスとの違約金の違いについて確認してみましょう。 サービス名 違約金 どんなときもWiFi 最大19,000円 縛りなしWiFi 0円 めっちゃWiFi 9,800円 UQ WiMAX 最大19,000円 GMO WiMAX 最大19,000円 解約違約金が一切かからないサービスがある中、 どんなときもWiFiの違約金は最大19,000円と高額なのが分かります。 そもそも「解約違約金」とは、契約期間中に解約するとかかる違約金のことなので、更新が終わるタイミングなら違約金はかかりません。 解約は更新タイミングをしっかり見極めた上でおこないましょう。 どんなときもWiFIの解約金まとめ 利用期間 解約金(税金) 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 【更新月】25ヶ月目 0円 26~48ヶ月目 9,500円 【更新月】49ヶ月目 0円 50~72ヶ月目 9,500円 自分の更新タイミングがわからない方は、契約メールの日付から25ヶ月目を計算する方法が簡単です。 あと、更新月の2ヵ月前にお知らせメールが届くので見落としがないよう心がけるとよいでしょう。 解約時の流れや注意点について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 同時に5台しか接続できない どんなときもWiFiは、他社と比べて 同時接続台数が少ないのがデメリットです。 サービス名 最大接続台数 どんなときもWiFi 5台 限界突破WiFi 8台 ネクストモバイル 15台 GMO WiMAX 16台 UQ WiMAX 16台 ワイモバイル 16台 他社のサービスでは10台以上が同時接続できるのに対し、 どんなときもWiFiの最大接続台数は5台まで。 利用者の口コミでは、接続できる数の少なさを指摘する声も見受けられます。 どんなときもWiFi、同時接続台数5台っていうのはきつい。 せめて10台はないとなぁ、、 — ニコ x0817x さらに言うと、端末の説明書にある注意書きには 「パフォーマンスが保証できるのは2台まで」と記載されているので、同時接続できるのは実質2台までと考えておいた方がよいでしょう。 以上をふまえると、1人で使うのであれば問題ないのですが、自宅の固定回線の代わりとしてつかう予定の方や、3人以上でつかう場合は不向きであることが分かります。 レンタル端末の返却が必要 『どんなときもWiFi』はレンタル端末なので初期費用が安くおさえられるメリットがありますが、解約時に端末を返さないといけません。 返す期限は 解約を申し出た翌月の10日必着なので、余裕をもって翌月5日までには返す手続きを済ませておきましょう。 端末を返すときに壊れていた場合、機器損害金18,000円がかかるため、端末の取り扱いには十分ご注意ください。 ただ、故障の目安がはっきりしていないので「どの程度の傷が機器損害金の対象になるか?」が疑問ですよね。 この件に関して以下のような口コミがありました。 どんなときもwifi、契約しました。 端末はレンタルということらしいのだが、「端末売買契約」なるものを結んだことになるらしい。 返却の際はその契約を解除して原状に復して返還するって書いてる。。 原状に復すって解釈によるけど、これって端末返却時に必ず料金取られる気がするんだが。。 — sasaki tomohiko hico14 サポートに問い合わせたところ、正常に端末が動作していれば問題なく小キズであれば故障には当てはまらないとのことです。 ギガゴリWiFiの方がおすすめ 結論から言うと、どんなときもWiFiよりも料金が安く、サポート体制に優れているギガゴリWiFiの方がおすすめです。 どちらも同じ端末が使えるので、料金とサービスだけを比較してシンプルにおすすめできる理由を2つ紹介します。 月額料金がシンプルで安い ギガゴリWiFiは どんなときもWiFiと同じ完全無制限のポケットWiFiですが、料金を比較するとどんなときもWiFiよりも安いのでおすすめです。 月額料金 ギガゴリ WiFi どんなときも WiFi 1~2年目 3,460円 3,480円 3年目以降 3,460円 3,980円 ギガゴリWiFiの大きな特徴として、ポケットWiFiの中でも最安レベルの月額料金になっているのでお得に利用できます。 どんなときもWiFiも2年間3,480円の料金で利用できて他のサービスよりも安い方ですが、せっかくポケットWiFiを契約するならできるだけ料金が安いサービスを選ぶべきです。 大手プロバイダが運営会社だから安心 ギガゴリWiFiは大手プロバイダとして20年以上の実績がある「GMOとくとくBB」が運営会社なので、サポート体制が充実していて安心です。 例えば、最大2ヶ月無料の「端末保証オプション」に加入していれば、端末が故障したときでも無料で交換することができます。 どんなときもWiFiや他社ポケットWiFiの運営会社はまだまだ新しいので、電話がつながらなかったり、突然ネットが繋がらなくなったりするケースがあり、信頼できる運営会社の方が安心です。 まとめ ここまで紹介したように、どんなときもWiFiにはデータ容量無制限で使えて、対応エリアが広いといったメリットがありますが、一方で5つのデメリットが見つかりました。 ただし、ポケットWiFiはこれから長く使っていく物として慎重に選ぶ必要があり、メリットだけでなくデメリットもしっかり確認して契約しましょう。

次の

どこよりもWIFIとどんなときもWiFiを比較!どっちがお得?

どんな とき も wifi 比較

次に安いのがhi-ho GOGO Wifiです。 ただし、補償オプションをつけるならそちらも加味して考えた方が良いでしょう。 ちなみに、 THE WiFiは 5Gアップデートプログラムに対応予定というのが他社とは違うところ。 公式サイトには以下のような記載があります。 当社にて5G対応の環境が整い次第、THE WiFiを24か月以上ご利用のお客様を対象に、5G対応端末への機種変更時の切り替え手数料の3,000円(税抜)を免除いたします。 5Gアップグレードプログラムの開始時期や申し込み方法等については、プログラム内容が確定次第、当社ウェブサイトにてご連絡させていただきます。 引用: 詳しいことは決まっていないようですが、今後に期待したいですね。 また、ライトプランより 約350円UpのTHE Wifiプランなら、 全国15万ヶ所のWiFiスポットが利用可能です。 (その他各社はUpなし) そして補償オプション料金は各社あまり変わりませんが、 めっちゃWiFiのみ 補償オプションがありません。 その点店舗受け取りができると、仕事帰り等に受け取れて嬉しいですね。 また、店舗受け取りなら 申し込み当日に受け取ることも可能。 ただし、 どんなときもWiFiと クラウドWiFiは、受け取りが店舗の場合も 申し込みはWebから! 必ず先にWebで申し込みしてから店舗へ向かいましょう。 \2年使うなら安い!/ ただし、 THE Wifiは2年契約。 更新月以外に解約すると解約金が9,500円かかります。 そのため、個人的には の方がオススメ。 契約期間の縛りがないため、いつ解約しても解約金0円で安心です。 …と、書いていたのですが 現在、クラウドWi-Fiは配送遅延状態でいつ届くか分かりません。 現在端末の入荷待ちで、入荷日は5月中旬予定。 というわけで現在、 契約期間や解約金に縛られたく無い方は 縛りなしWiFiをオススメしています。 そういった時に、 いつ解約しても解約費用がかからないのはかなりのメリット。 もちろん 長く使う場合も途中で料金Upがないので安心です。 そして、 店舗受け取りなら 申し込み当日に受け取り可なのも人によってはメリットになりますよね。

次の