ヨーグルトメーカー 牛乳パック おすすめ。 【楽天市場】ヨーグルトメーカー

トープラン ヨーグルトメーカー TKSM

ヨーグルトメーカー 牛乳パック おすすめ

美味しくて健康にもよいと人気のヨーグルト。 メーカー品ももちろん美味しいのですが、自家製なら鮮度が高く、味もより好みにあったものを作ることができます。 そのお手伝いをしてくれるのがヨーグルトメーカーです。 購入を検討してみると、思った以上にたくさんの製品があり迷ってしまうかも。 そんな方に、自分に合った製品を選ぶポイントを紹介します。 ヨーグルトメーカー選びのポイント ヨーグルトメーカーの機能性を左右する主なポイントは、専用容器の有無・温度調節・時間調節の3つです。 これらの機能性が、そのヨーグルトメーカーでできる調理の幅に大きな影響を与えます。 また、それぞれについて具体的に知ることで目的に合った製品選びにも繋がるので、きちんとポイントを押さえましょう! 専用容器タイプか牛乳パックタイプか ヨーグルトを作るための容器は、専用容器を使用するものと、市販の牛乳パックをそのまま使用するものの2種類があります。 牛乳パックを使用するタイプは、1Lの牛乳に種菌を入れ、ヨーグルトメーカーにセットするだけの手軽さです。 ただし、常に1Lのヨーグルトしかできないというデメリットもあります。 専用容器タイプは複数のサイズ展開をしているので、自分に合ったサイズのものを選ぶことが可能です。 また、ヨーグルトメーカーの中にはヨーグルト以外の発酵食品づくりに対応しているものがありますが、そのような製品は専用容器タイプに限られます。 専用容器タイプのデメリットは、使用前に必ず熱湯消毒を行わなければならないことです。 様々なレシピに挑戦するなら大切な温度調節機能 一般的なプレーンヨーグルトなら、40度に設定できれば大丈夫です。 しかし、もっといろいろな種類のヨーグルトに挑戦してみたいのなら、細かな温度調節が必要。 例えばR1というヨーグルトの適温は、42度といわれています。 使用する種菌によって、細かな温度調節が必要になるので、微調節ができる製品を選ぶ必要があるのです。 ヨーグルト以外の発酵食品に挑戦するなら、温度設定の幅も大事なポイント。 例えば、甘酒の発酵には60度程度の温度が必要です。 そこまでの高温には対応していない製品も多いので、温度調節の上限にも注意して製品を選びましょう。 失敗を防ぐタイマー機能 ヨーグルト作りで適温維持とともに大切なことは、ちょうどよい発酵時間です。 発酵には8時間ほどもかかるので、うっかりセットしたことを忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。 発酵しすぎるとすっぱくなり、食べられなくなってしまいます。 そのような失敗を防ぐためにも、タイマー機能のついた製品がおすすめです。 時計のアラームなどで代用する場合、時間は知らせてくれても保温を止めてはくれません。 温度調節機能と連動したタイマー機能は、失敗の確率を大きく下げてくれることでしょう。 季節によっては、保温が解除されても室温で発酵が進んでしまうことがあります。 タイマー解除後はなるべく早く発酵状態を確認することも大切です。 ギリシャヨーグルト用の水切りフィルターなど、付属品もチェック 本体機能以外の付属品にも目を向けてみましょう。 ギリシャヨーグルトは、完成したヨーグルトを水切りして作ります。 水切りができれば、ざるとガーゼを利用するなど、工夫次第で何とかなりそうですが、あらかじめ付属品として付いているなら、その方が手軽で使いやすいでしょう。 また、他種菌をすくう為のスプーンが付属品として付いていることがあります。 軽量スプーンでも代用できますが、柄が長い付属品の方が使いやすく、熱湯消毒するときも手軽です。 このような付属品は、作業工程を簡単にしてくれたり、雑菌の混入を避けやすくしてくれたりするメリットもあります。 牛乳パックタイプから専用容器タイプまで、おすすめヨーグルトメーカー10選 ここからはおすすめのヨーグルトメーカーを紹介していきます。 温度調節やタイマーなどのポイントに加えて、他の発酵食品も調理できるかなど、それぞれの製品の特徴をわかりやすく説明していくので、参考にしてみてください。 レシピ付でクリームチーズも楽しめる。 アイリスオーヤマヨーグルトメーカープレミアム 温度調節機能付きホワイトIYM-012 「アイリスオーヤマヨーグルトメーカー飲むヨーグルトモード付きIYM-013」は、アイリスオーヤマのIYM-012の上位モデル。 プレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・塩麹・飲むヨーグルトなどの温度、時間設定が手軽にできる自動メニューを搭載。 飲むヨーグルトは固形のヨーグルトをミキサーなどで攪拌しても作ることができますが、ヨーグルトメーカーにセットするだけの手軽さにはかないません。 就寝前に牛乳パックをセットしておけば、朝出来立ての飲むヨーグルトを楽しむこともできます。 専用容器も2つ付くなど、付属品も一層充実したおすすめの製品です。 「TANICAヨーグルティアS1200mlYS-01」は、TANICA(タニカ)が自信を持って発売したのが、このヨーグルトティアSです。 タニカは日本で初めてヨーグルトメーカーを発売した、ヨーグルトメーカーのパイオニア的会社。 高性能のヒーターを採用することで、短時間で発酵設定温度に達することができ、安定した調理が可能です。 タイマーは1〜48時間の1時間刻みと30分を測ることができます。 30分のタイマーは温泉たまごづくりなど低温調理にも活躍。 カスピ海ヨーグルトや豆乳ヨーグルトなど様々なヨーグルト・甘酒・塩麹・コンフィなども調理できる幅広さと、ヨーグルトメーカーの可能性をとことん追求した高性能モデルです。 「タイガーヨーグルトメーカーCHF-A100」は、1Lの牛乳パックを一回り大きくした程度の、とてもスリムでコンパクトなヨーグルトメーカーです。 牛乳パックそのままを使ったヨーグルト作りもできますが、専用の発酵容器を使い、塩麹・しょうゆ麹・甘酒など様々な発酵食品を作ることもできます。 牛乳パックは1Lのものの他、底面が7cm角のパックであれば500mlの牛乳パックも使用可能です。 コンパクトさを重視したため、液晶モニターが1つしかなく、温度と時間をボタンで切り替えて表示させるのが、ちょっとわずらわしく感じることもありそうです。 ヨーグルトの他に、チーズ・納豆・レモン酵素など多くの発酵食品を作ることができます。 温度、タイマーともに多くのヨーグルトメーカーよりも、幅広い設定ができます。 マニュアル設定以外に、4種の自動モードだけでも多くの調理に対応しているモデルです。 付属品も豊富で2つの専用容器・チーズフィルター・納豆容器などが付属しています。 専用容器の容量は2Lの大容量です。 多機能・大容量のヨーグルトメーカーですが、税別11,800円(メーカー希望小売価格)という価格はヨーグルトメーカーとしては高価。 自家製発酵食品を極めたい方に、おすすめの製品です。 「山善ヨーグルトメーカー発酵美人YXA-100」は、材料を容器に入れ、本体にセットするだけの簡単操作で、プレーンヨーグルト、カスピ海ヨーグルトなど8種類の発酵食品が作れるヨーグルトメーカーです。 調理には、付属の大型容器(1L)か小分けボトル(150ml、4本付属)を使用します。 牛乳パックそのままの調理はできません。 本製品の特徴は4本付属する小分けボトル。 調理後は、そのまま冷蔵庫に入れて保存容器としても利用可能。 小分けボトルを使って、発酵温度・時間が共通の3つの発酵食品(塩麹・醤油麹・甘酒)を同時に調理することができます。 「BRUNO(イデアインターナショナル)発酵フードメーカーLOE037」は、やや丸みを帯びたシンプルなデザインと印象的なボディカラーが可愛らしい、発酵フードメーカーです。 牛乳パックそのままでも、付属の専用容器を使っても調理可能。 ヨーグルトなら牛乳パックで、発酵食品なら専用容器でという使い分けが手軽です。 レシピブックには基本の発酵食品の作り方と、アレンジレシピが掲載されています。 発酵食品も食卓にもっと取り入れたい方におすすめです。 イデアインターナショナルの販売ですが、BRUNOというブランド名で販売されていることもあります。 商品を探す際には両方でチェックした方がよいでしょう。 「アイリスオーヤマヨーグルトメーカーPYG-103A」は、メーカー販売ページで、1,980円の低価格を実現しています。 ヨーグルトメーカーの中心価格帯は2,500円〜4,000円の間です。 低価格でも機能はしっかりしており、カスピ海ヨーグルト・天然酵母・甘酒など6種類の調理に対応しています。 ヨーグルトメーカーの活用法で紹介されるレシピは、ほぼ網羅しています。 安さの秘密は機能をシンプルに突き詰めたこと。 付属品も1Lの専用容器が2つなのでとてもシンプル。 とにかく手軽に発酵食品を作ってみたいなら、おすすめの製品です。

次の

ヨーグルトメーカーは低脂肪牛乳だと失敗する?

ヨーグルトメーカー 牛乳パック おすすめ

考えてみてください。 毎日 100円のカップ入りヨーグルト(100円)のヨーグルトを毎日食べると、10日間で1,000円。 一ヶ月で3,000円です。 一方、市販の紙パック 牛乳 1000 cc (200円)と種菌(市販のヨーグルトカップ 100円)でヨーグルトを作るなら、10日間で300円で済みますね。 一ヶ月で900円。 市販のヨーグルトと比べると、差額は2100円。 一ヶ月間、家族4名が毎日ヨーグルトを食べるなら、市販ヨーグルトなら12,000円。 一方、手作りなら3,600円です。 1カ月の差額は何と8,400円です。 家族4名が高級レストランで1回の食事を楽しめる計算です。 ヨーグルトを手作りするのは簡単です。 以下の通りです。 約 100gのカップ入りヨーグルトを牛乳紙パック900cc(100ccを取り出す)に入れてシェイクする。 42度で約7時間放置 実に簡単。 でも、夏はほったらかしでOKですが、冬は固まりにくいですよね。 問題は42度を7時間保つこと、これが難しいわけ。 そこで、登場するのは ヨーグルトメーカー。 ヨーグルトメーカーはこの温度管理と時間を厳格にやってくれるのです。 これはご存知だと思います。 例外はカスピ海ヨーグルトで、発酵温度は25度前後。 ですから、ヨーグルトメーカーの温度設定は少なくとも上記の2つ温度を保てれば良いのです。 まとめると以下の通り。 ほとのどのヨーグルト・・・42度• カスピ海ヨーグルト・・・27度 でも最近のヨーグルトメーカーは、他の発行食品にも対応しております。 タイマー機能 さらに、温度管理ができても保温時間をタイマーで管理しなければ余り意味がありません。 (キッチンタイマーでも可能ですが、ほとんどのご家庭では晩にヨーグルトメーカーに仕込み、朝ヨーグルトが出来上がっている状態で冷蔵庫に保管するはずですから、キッチンタイマーは使えません。 ) ヨーグルトメーカーで作れるヨーグルトの発酵時間は、種菌100g 市販のヨーグルトの1カップ に対して牛乳1000mlの割合で以下の通りです。 でもこれが半分なら約 5時間でヨーグルトは完成します。 ですから、1時間刻みで設定できるタイマー機能が不可欠となります。 今時のヨーグルトメーカーはこの機能が搭載されていますのでご安心ください。 牛乳パックをそのまま利用可能なタイプ 牛乳パックをそのまま容器にできる!これはとても重要です。 毎朝の食卓、または3度の食事に欠かさずヨーグルトをお召し上がりになる方は、高頻度でヨーグルトを作らなければなりません。 それで、雑菌を入れないようにしながら、専用容器に牛乳と種菌を入れて、混ぜて少し温めて、セットする・・・これが面倒になってくるわけです。 それで、 できるだけ面倒な手順を省けるように、 牛乳パックをそのまま容器にしてヨーグルトメーカーにセットできる機能があれば、ヨーグルト作りの手間がかなり省けます。 ですから、ぜひとも牛乳パックをそのまま利用できるヨーグルトメーカーを選びたいものです。 ヨーグルトメーカーで利用できる材料 牛乳はどれを選んだらいいの? ではヨーグルトメーカーでどの牛乳を利用できるのでしょうか? 成分無調整牛乳つまり普通に「牛乳」と記載されているものや、「スキムミルク(脱脂粉乳)」、「無調整豆乳」であればヨーグルトメーカーで使えます。 しかし、以下の表示のものは、固まりにくいので、避けたほうが無難です。 加工乳• 低脂肪乳• 無脂肪乳• 成分調整牛乳• 低温殺菌牛乳• 調整豆乳 一方以下のものはヨーグルトメーカーで全く固まりません。 乳飲料• 豆乳飲料 種菌は市販のもでOK! 種菌にできるヨーグルトは、 市販のプレーンヨーグルトでOKです。 ただし、果肉入りは避けましょう。 まずくなります。 お勧めは「 ドリンクタイプ」つまり「飲むヨーグルト」です。 これで しっかり固まりますよ。 なぜ? それは、種菌 「スターター」とも言う。 として固形のヨーグルトを利用すると、長いスプーン等で混ぜてあげないと、全体が均一に発酵しません。 これを電子レンジ(500w 3分)であたためた牛乳パックに注ぎ、ゆっくりシェイクするだけで種菌が均一に牛乳に混ざります。 一方 カスピ海ヨーグルトは粉末状の種菌を購入したほうがよさそうです。 お勧めヨーグルトメーカー ではここで、Amazonで今人気のヨーグルトメーカーベスト6を上げてみます。 Amazonで 2番人気 電熱線が底ではなく本体側面で効率UP。 別途容器 利用可能。 ただし市販の粉末種菌は、そこに記載されている方法で利用。

次の

ヨーグルトメーカーおすすめ10選!目的に合った製品選びがポイント

ヨーグルトメーカー 牛乳パック おすすめ

多機能=使いやすい、とは限らない。 しかし、用途によって最適な機能は違うもの。 多機能モデルが必ずしも使いやすいとは限りません。 ヨーグルトメーカーは、「おもに何を作りたいか」を決めて選ぶといいですよ。 「プレーンヨーグルトが作れればよい」なら、細かい温度設定や長時間のタイマー機能は必要なし 人気のR1ヨーグルトなどの特殊菌ヨーグルトではなく、プレーンヨーグルトが作れればよいという場合は、単機能モデルがおすすめです。 温度設定機能やタイマー機能がないほうが、調理のたびに温度や保温時間を設定する手間がありません。 牛乳パックのまま調理できるタイプなら、より手軽で衛生的です。 ヨーグルトメーカーは、牛乳パックごと本体にセットして調理できる「牛乳パックタイプ」と、材料を専用容器に入れて調理する「調理容器タイプ」の2種類があります。 「牛乳パックタイプ」は、容器の消毒や洗い物の手間が省けるので、ヨーグルト作りがより手軽に行えます 「R1ヨーグルトなどの特殊菌ヨーグルトや、ヨーグルト以外の発酵食品を作りたい」なら、細かな温度・時間調整機能は必須 特殊菌ヨーグルトや、いろいろな発酵食品作りに挑戦したいなら、温度や保温時間の自由度が高いものがおすすめ。 この場合、「ケフィアヨーグルト」や「カスピ海ヨーグルト」など、ヨーグルトを作ることが多い場合は、牛乳パックごと作れるものが手軽です。 甘酒や塩麹といった、ヨーグルト以外の発酵食品の調理がメインの場合は、材料のかき混ぜなどの作業がしやすい「調理容器タイプ」がベターです。 また、調理容器については、口が広く容量の大きいもののほうが、調理する食材の形状や大きさに制限が少ないです。 「牛乳パックタイプ」は付属の容器も縦長になり、入れられるものの形状が限定されてしまうことも(細長く巻いて作る鶏ハムなどにはぴったりですが)。 ひんぱんに肉や魚の低温調理に使用する場合にはあまり向きません。 この写真はちょっと極端ですが、「牛乳パックタイプ」に付属する調理容器は口が狭いものが多く、いざ加熱する段階になって、「肉、入らない!」なんてことも おすすめのヨーグルトメーカー8選 ここからは、おすすめのヨーグルトメーカー8モデルをご紹介します。 「牛乳パックタイプ」を5モデル、「調理容器タイプ」を3モデル、それぞれピックアップしました。 アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカー KYM-014」 豊富な自動調理メニューを追加。 大ヒットモデルをより使いやすくした後継機 2016年の発売当時、品薄になるほど大ヒットしたの後継機モデル。 「KYM-014」では、「プレーンヨーグルト」「カスピ海ヨーグルト」「甘酒」「塩麹」を調理するための温度とタイマーがプリセットされた自動調理メニューが追加され、使い勝手が向上。 下位モデルとして、「プレーンヨーグルト」「甘酒」の自動調理ボタンを搭載したも用意されています。 保温時間は最長99時間(約4日間)と長く、酵素シロップなどの超ロング保温が必要なメニューも簡単です。 「牛乳パックタイプ」なので、「低温調理も、発酵食品作りもしたい。 でもヨーグルトは牛乳パックで作りたい」というちょっと欲張りな願望をかなえてくれます。 シルバーを基調とした清潔感のあるデザインで、キッチンに出しておいてもおしゃれ。 最新モデルには、「プレーンヨーグルト」「カスピ海ヨーグルト」「甘酒」「塩麹」を作るための温度と時間が設定されたオートメニューが搭載され、さらに便利になりました。 自動メニューは搭載されていないので、機能がシンプルなヨーグルトメーカーが欲しいという方におすすめです。 田中企画販売「ヨーグルトファクトリー Extra TKSM-019」 プレーンヨーグルトだけならこれで十分! スイッチひとつのシンプルマシン(甘酒作りは不可) 「プレーンヨーグルトが作りたいだけなのに、最近のヨーグルトメーカーが多機能すぎてツライ……」という人におすすめなのがこちら。 温度調整機能なし、タイマー機能なし、調理容器の付属もなし、とないないづくしですが、逆に言えば、温度や時間設定の手間もないということ。 タイマー機能がないので心配かもしれませんが、寝る前にセットして、朝起きたらスイッチをオフにするという使い方をしている家庭が多いようです。 なお、カスピ海ヨーグルトも作れる、カスピ海ヨーグルトと甘酒(1Lの調理容器付き)も作れるも別途用意されています。 調理容器は2Lのたっぷり容量で、ヨーグルトの消費量が多い家庭にもぴったり。 容器が大きいと調理前の消毒が大変ですが、「KGY-713SM」の容器はレンジでの消毒が可能なので、ご安心を。 また、ギリシャヨーグルトやチーズを作る際の水切りが簡単に、早く行える回転式脱水機能(手動)を備えているのもポイントです。 「KGY-713SM」で作ったフレッシュチーズは激ウマなので、チーズ好きな人には特におすすめ。 写真のシルバーのほか、ゴールド、レッド、ホワイトの4カラーから選べます。 マルコメ「プラス糀 甘酒メーカー糀美人 MP201」 お手ごろ価格の「調理容器タイプ」をお探しならこちらをチェック 「甘酒メーカー」というネーミングにセンスを感じる1台。 実は機能的にはヨーグルトメーカーと同じです。 ただ、注目したいのは価格です。 「調理容器タイプ」は「牛乳パックタイプ」に比べ価格が高い(1万円前後)ものが多いのですが、「MP201」は5,594円(2019年6月25日時点の、価格. com最安価格)と、比較的お手ごろ。 「ヨーグルティアS」や、「ヨーグルト&チーズメーカー」のように、ほかのモデルにない機能があるわけではありませんが、「調理容器タイプをお手ごろ価格で手に入れたい」という方は要チェックです。

次の