歯茎 の 痛み。 特集2 歯・歯茎の痛み 予防と健診、早めの受診を

【歯茎が痛い】 歯茎の痛みからわかる、原因の見分け方と対処方法【歯茎の教科書】

歯茎 の 痛み

1.歯茎が痛いときの応急処置 注意:この方法は根本的な解決方法ではなくとりあえず改善する方法です。 1-1.「ロキソニンS」市販の痛み止めをのむ 歯医者にすぐにいけない時は、とりあえず市販の痛み止めを飲んでください。 歯茎の痛みは繰り返すことが多く、痛みが出たり、引いたりします。 痛みが強い時は我慢をせずに痛み止めを飲んだ方が体が楽になります。 現在市販されている痛み止めは医療機関で出されるものと成分が近いものも販売されています。 痛くて何も食べられず体力が低下するより、痛み止めを飲んで体を楽にしてあげてください。 詳しくは「」参考にしてください。 1-2.冷えピタで痛い部分を冷やす 腫れや痛みを減らすために冷やします。 ぬれタオルや、冷えピタなどで冷やして、血液の循環を抑えます。 腫れて痛い部分は、血液や膿で内圧が高くなっています。 冷やすことによって多少でも内圧を下げ痛みを軽減させます。 1-3.軟らかい歯ブラシで磨く 歯茎が痛いときは軟らかい歯ブラシで磨くようにしてください。 お口の中に細菌が多くなるとますます痛みが強くなります。 また、痛い部分は歯茎が弱くなっているので無理に磨くと、傷がつき痛みが増してしまいます。 1-4.イソジンでうがいする うがい薬でよくお口の中を消毒してください。 イソジンやコンクールなどの殺菌作用が強く、刺激が少ないものが効果的です。 1-5.よく寝て体力を回復する 歯茎の痛みは細菌と体の抵抗力のバランスが崩れた時に痛みとして出てきます。 歯茎は体の変化を敏感に感じ取り、風邪を引いたり、疲れている時に体の抵抗力が下がると腫れや、痛みが出やすい場所です。 休養をとって体力の回復に努めてください。 2.歯茎の痛みの原因と治療法 2-1.歯茎が腫れて痛む歯周病 歯茎の痛みで最も多いのが歯周病です。 歯周病によって歯の周りの骨が溶かされて、歯と歯茎の間に膿がたまり、歯茎が腫れて痛みます。 自然に膿が出ることもありますが、何度も繰り返します。 歯周病が進行すると口臭や歯が揺れるようなことが起こり、最終的には抜けてしまいます。 治療法 早期の治療が必要になります。 大きく腫れている場合は歯茎から中に溜まった膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 腫れが引いてから歯周病の治療(ブラッシング方法、歯石除去、場合によっては外科的な処置)を行い、これい以上歯周病が悪化しないようにメンテナンスをしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-2.歯の根の先が腫れて痛む根尖病巣 歯の根の先に膿が溜まる根尖病巣(こんせんびょうそう)が痛みの原因です。 腫れと痛みは繰り返すことが多く、最後には歯が揺れてきます。 虫歯が深くなり神経が自然に死んでしまったり、根の治療が不十分な場合に起こります。 根の先の膿は鼻の副鼻腔に入って上顎洞炎になることもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 腫れが大きく痛みが強い場合は根の中から膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 その後根の中を消毒する治療をしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 歯根嚢胞の治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-3.物が詰まって痛む食片圧入 歯に虫歯が出来て穴が開いたり、詰め物が取れたり、歯周病で歯が動いたりすると、歯と歯の間に食べかすがどんどん詰まります。 これによって歯茎を圧迫して食片圧入(しょくへんあつにゅう)が起こり、歯茎に痛みが出ます。 特に子供の場合は気づきにくく、歯ぐきが大きく腫れて痛みが強くなることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 詰まった食べかすをきれいに取り、虫歯の治療をすれば詰まらなくなります。 また、歯周病の場合は毎日デンタルフロスや歯間ブラシを使って、食べかすを貯めこまないようしていきます。 乳歯の虫歯治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-4.さわると痛い口内炎 歯茎に口内炎ができると、痛みが強くなります。 口内炎は米粒みたいな小さなものから、歯の3本分ぐらい広がる大きなものまであります。 原因はウィルスや鉄分、ビタミン不足、ストレス、睡眠不足など色々原因はあります。 また、お口の中は細菌が多い場所なので治りにくく、痛みが続く場合も多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 ケナログやアフタゾロンなどドラッグストアで売っている薬を塗ると比較的早く治ります。 塗るときは口内炎の部分を少し乾かして軟膏で覆ってあげるようにすると効果的です。 治りが悪い時は体の病気からきている場合もありますので、内科に受診して下さい。 2-5.厄介ものの親知らず 親知らずは横や斜めに生えていることが多く、親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜り、歯茎が腫れ痛みが出ます。 また、腫れて歯茎が盛り上がると、噛み合う親知らずに刺激されより痛みが強くなります。 治療法 噛み合わせに関係していないようであれば早期に抜歯をしたほうがいいです。 抜歯をすることによって親知らずの前の歯に悪い影響が及ぶのが抑えられます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-6.歯ブラシで磨きすぎのキズ 歯茎は粘膜なので歯ブラシで磨きすぎると傷がつき痛みが出ます。 この傷にお口の中の細菌が感染すると口内炎のようになって痛みが強くなったり、歯茎が下がってしまうこともあります。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 正しい圧のブラッシングを行い歯茎に傷がつかないようにします。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-7.粘膜がヒリヒリ痛むカンジダ菌 カンジダ菌はカビ菌の一種です。 体の抵抗力が下がったり、長期間抗生物質を飲んでいるとカンジダ菌が増え、歯茎がヒリヒリ痛むことがあります。 また、お口の中の清掃状態が悪いときにも起こり、特に入れ歯を使われている方は毎日入れ歯の洗浄剤を使わないとカンジダ菌が発生しやすくなります。 治療法 カンジダ菌の検査を行い、原因を特定します。 菌が特定されればお薬でカビを退治します。 再発しやすいためお口の中は常に清潔な状態に保つ必要があります。 2-8.上あごに多いやけど 意外に多いのがやけどです。 特に上あごに多く全体的に赤くなり、ただれてしまうこともあります。 また、お口の中の細菌が感染するとより悪化してしまいます。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 刺激が強い食事は避けるようにしてください。 ただ原因が改善されなければより悪化してしまいます。 我慢するよりも早期に歯医者で治療したほうが歯を守ることができます。

次の

【プロ執筆】歯茎の腫れを発見!起こった原因と治し方を紹介

歯茎 の 痛み

1.歯茎が痛む原因 はじめに、歯茎が痛む原因の代表例を紹介します。 どのような原因で歯茎が痛むのでしょうか? 1-1.歯肉炎・歯周病 歯肉炎は、歯茎の炎症です。 歯磨きが不十分で歯と歯茎の間に食べかすが溜まっていくと、その部分に「歯周ポケット」と言われる隙間ができます。 歯周ポケットの中で「歯周病菌」が繁殖し、発症するのが歯肉炎です。 歯肉炎が重症化し、歯周ポケットが4㎜以上の深さになると「歯周病」と診断されます。 歯周病が重症化すると歯が抜けてしまうことも珍しくありません。 1-2.虫歯 虫歯が進行すると、虫歯菌が歯髄(しずい)まで到達し、そこから歯茎へと進行していきます。 その結果、歯根に病巣ができることも珍しくありません。 これを、根尖病巣と言い、発症すると歯茎が痛むだけでなく大きく腫れることもあるでしょう。 また、虫歯の治療中に歯の神経を抜いたところで治療を中断してしまうと、神経を抜いた傷跡に虫歯菌が入って根尖病巣ができることもあります。 1-3.銀歯やブリッジ、インプラントのトラブル 虫歯や歯周病などが原因で、銀歯・差し歯・ブリッジ・インプラントになった場合、その後の手入れが悪いと歯肉炎を起こす場合があります。 差し歯やインプラントなどは歯肉のトラブルによっては着用が難しくなる場合もあるので、注意が必要です。 1-4.親知らず 親知らずが生える前や、斜めに生えてしまった場合は歯肉が炎症を起こすことがあります。 この場合は口の奥の方にかなりの痛みを感じるので、「親知らずかも」と分かりやすいときもあるでしょう。 1-5.その他 ストレスや病気が原因で、一時的に歯茎が晴れることもあります。 また、口内炎ができると歯茎に痛みを感じることもあるでしょう。 口内炎はストレスでも発症しやすくなります。 3.歯茎が痛む場合の治療方法 この項では、歯茎が痛む場合の治療方法を解説します。 どのような治療方法があるのでしょうか? 3-1.歯医者にいく目安 歯茎全体が腫れている場合や、歯茎の一部が大きく腫れた場合、強い痛みを感じる場合はすぐに歯医者を受診しましょう。 放っておいてもよくなる可能性はありません。 また、それほど腫れはないけれども痛みが1週間以上続いている場合も、歯医者を受診してください。 3-2.歯医者での治療方法 歯肉炎や初期の歯周病の場合は、歯垢を取って歯をクリーニングするだけでも腫れや痛みが引いていきます。 根尖病巣(こんせんびょうそう)の場合も、適格な治療をすれば、やがて腫れも引くでしょう。 歯医者で治療を行った場合、痛みが強ければ痛み止めなどを処方してくれます。 また、歯茎のケア方法を指導してくれるので、しっかりと聞いて実践しましょう。 親知らずが原因の場合は、抜歯をすすめられることもあります。 親知らずの生え方次第では、大学病院などを紹介されることもあるでしょう。 3-3.子どもや妊婦について 子どもや妊婦でも基本的に治療方法は変わりません。 また、子どもが歯茎の痛みを訴える場合は、歯の抜け変わりが原因ということもあります。 この場合は、痛み止めが処方されることもありますので、塗ってあげましょう。 なお、妊婦の場合、歯科医は麻酔の使用には慎重です。 親知らずが原因の場合は痛みを止める応急処置を行い、出産後にゆっくりと治療を再開することもあります。 3-4.応急処置 夜間急に歯茎が痛みだしたという場合は、鎮痛剤を服用したり頬から歯茎を冷やしたりしましょう。 温めてはいけません。 ただし、それで痛みが引いても必ず歯医者にはいきましょう。 歯茎の痛みは虫歯の痛みほど強烈でない場合が多いのですが、放置しておくと2の「放置する危険性」でご紹介したように、歯が抜けてしまうこともあります。 関連記事 4.歯茎の痛みに関するよくある質問 Q.口の中をケガして歯茎が痛む場合も、歯医者に行けばいいのでしょうか? A.ケガが原因の場合は口腔外科や整形外科を受診し、指示があれば歯医者を受診してください。 Q.歯茎が痛まないように普段からできる予防方法はありますか? A.歯と歯茎の間に食べかすをためないようにすることです。 歯磨きを丁寧に行い、歯間クリーナーなども利用しましょう。 Q.歯周病に効果のある歯磨き粉などを使えば、歯周病になりにくいのですか? A.一定の効果は期待できますが、こまめな歯磨きも行いましょう。 Q.ストレスによる歯の痛みと病気による歯の痛みの違いは分かりますか? A.素人では区別がつかないことが多いので、念のために歯医者を受診しましょう。 Q.赤ちゃんが歯茎を触ってぐずりますが、赤ちゃんも歯肉炎にかかるのですか? A.赤ちゃんの場合、歯が生えてくるときに不快感を覚えることもあります。 歯固めのおもちゃを使ったり、ぐずりが激しい場合は小児科医に相談しましょう。 Q.銀歯は、年月がたったら交換した方がいいのですか? A.歯医者で定期的に経過観察をしてもらっていれば、銀歯を交換するタイミングなども教えてもらえます。

次の

歯茎が痛い理由は8つだけ!今、痛みを止める応急処置と治療法、全まとめ。

歯茎 の 痛み

相談できるかかりつけ医持とう 吉﨑正仁 徳島・健生歯科なると 所長 昭和から平成へと時代は変わり、はや20年余りが過ぎました。 「歯を白くしたい」「歯並びをよくしたい」「口臭が気になる」など、歯科医院への通院理由も、過去のそれとは様変わりしてきました。 私が子どものころは「う蝕(虫歯)の洪水の時代」といわれ、どこの歯科医院でも虫歯の治療を希望する患者さんで待合室はあふれかえっていました。 当時の 歯科医業の本質は「歯や歯茎の痛みをとる」ことで、患者さんの通院理由もほとんどがそこにあったと思います。 一部の専門家・研究者を除けば、日々虫歯の治 療に追われるのが歯医者の姿でした。 私自身は、乳歯だった子どものころを中心に1~2回虫歯の治療を受けたことはありますが、歯が痛くなり、どうしようもなくなって受診したという経験があ りません。 幸か不幸か「歯の痛み」、とくによく患者さんが我々に訴える「昨夜眠れなかった」というぐらいの「激烈な歯痛」を経験した記憶がないのです。 表1 痛みの感じ方 「自発痛」:激痛~違和感程度まで さまざま 「誘発痛」:咬合痛、打診痛、冷温 熱痛、擦過痛など 痛みの感じ方を調べると、診断の 助けになる そんな私が「歯や歯茎の痛み」について語るのもおかしなことかもしれません。 しかしながら、いまの時代でも歯科医のもっとも重視すべきことに変わりな い、それらの「痛み」について、経験した実例を踏まえて整理して記すことで、少しでも皆様のお役に立てるならと考え、この度の寄稿となりました。 歯・歯茎の痛み方 歯科で扱う痛みは他にもありますが、今回は歯と歯茎の痛み、それも「自発痛」を中心にお話しします。 自発痛とは「じっとしていても痛い」というものです。 これに対して「歯に刺激をあたえたときだけ痛い」ものを「誘発痛」と呼びます。 自発痛にも「神経に触るような鋭い痛み」「心拍に合わせてずきずきするような痛み」「鈍い痛み」「歯が浮いたような感じ」「違和感のみ」など、程度はさまざまです。 誘発痛は症状によって細かく分類されます。 かみ合わせたときに痛い「咬合痛」、たたくと痛い「打診痛」、冷たいものや熱いものがしみる「冷温熱痛」、こすったときに痛い「擦過痛」などがあります。 強い自発痛が出ているときには痛みが広範囲に渡るため、患者さん自身、どの歯が痛いのかわからないことがあります。 しかし原因の歯はほとんどの場合、咬 合痛や打診痛、冷温熱痛をともないますので、一本一本可能性のある歯を診査していけば、原因の歯を突き止められます。 象牙質が露出すると 誘発痛は緊急を要しませんが、「咬合痛」「打診痛」はこれから生じる「自発痛」の前触れかもしれませんので、何日間も続くなら歯科で診てもらった方がいいでしょう。 その他「擦過痛」や「冷温熱痛」は、歯の刺激に対して敏感な部分が露出することでみられるようになります( 図1)。 たとえば歯周病が進行して歯茎が縮んで歯の根っこが表に出てくる、長年の歯ブラシの使用で歯の表面が削れてしまった場合などです。 歯の表面のエナメル質は硬く刺激に対して強いのですが、その下の象牙質は間接的に神経と通じているため、刺激を受けると痛みを感じます。 象牙質が露出した場合、場所さえわかれば、その箇所を覆うことで痛みを緩和できます。 しかし神経のダメージが大きく、非常に強い冷温熱痛を感じる場合は、神経をとる治療( 抜髄処置)をおこなう必要があります。 主な痛みの原因は3つだけ 患者さんの来院目的が多様化しているといっても、歯や歯茎の痛みをどうにかしてほしいという訴えはなくなりません。 強い「自発痛」が続けば日常生活にも差し障ります。 痛みの原因と場所(患歯)を突き止め、早急に治療しなければなりません。 意外に思うかもしれませんが、歯と歯茎に起こる痛みの原因は主に3つしかありません。 痛みの場所さえはっきりすれば、約9割の痛みがわずか3つの病名で説明できます。 (1)歯髄炎 歯の中にある神経が炎症を起こしている (2)根尖性歯周炎 歯の根の先で炎症が起きる (3)辺縁性歯周炎 歯の周りの歯茎が腫れている 以上です。 原因や経過はさまざまですが、最終的にはこの3つの状態にたどり着いて、歯や歯茎の痛みとして自覚されるのです。 歯髄炎 歯の神経が炎症を起こす 歯の神経(歯髄)はエナメル質や象牙質などに守られており、通常は血液しか中に入り込めません。 ところがエナメル質や象牙質が何らかの原因で欠けると、神経が細菌に感染して炎症を起こします( 図2)。 最もわかりやすい例が「虫歯」です。 虫歯で歯に穴があき、神経に到達するような深さになれば、神経が細菌の攻撃を受けます。 こうなると、痛みをとるには、先ほど述べた抜髄治療しかありません。 この他、ケガで歯が欠けたり、ひびが入ったり、歯の表面がすり減って細菌に感染することもあります。 ただ、虫歯にもいえますが、歯髄炎で痛み出す前は「冷たいものがしみる」などの知覚過敏を経験することが多く、この時点で受診すれば神経を取らずに済むことがあります。 根尖性歯周炎 歯の「根」の先で炎症が 虫歯治療をしていない歯の根の先が突然膿みだすことはまれです(虫歯を長い間放置していれば別です)。 ほとんどが抜髄治療をおこなった後の歯に起こります。 神経が細菌感染を起こし、抜髄治療をした歯の根の中には少なからず細菌が残っています。 免疫の力で細菌の活動が抑えられていても、体調をくずすなどして 免疫の働きが弱まると細菌の活動が活発になり、根の先で炎症を起こすことがあります。 結果、膿がたまると根の周辺が圧迫され激しい痛みを起こします( 図3)。 治療は、膿がたまっている場合は膿を取り除くことを優先します。 そして根の中を掃除・消毒して炎症を鎮めます。 患者さん自身が根尖性歯周炎を予防するのは難しいのですが、定期的に歯科医の検診を受け、痛み出す可能性のある歯をチェックし、早めに治療することは可 能です。 痛みが出ても症状が軽ければ、抗生物質で膿を「散らし」て治ることもあります。 辺縁性歯周炎 歯茎が腫れる 歯茎が広範囲に腫れる場合と、部分的にぷくっと腫れる場合があります。 前者のような腫れ方はほとんど歯周病と考えていいと思います。 歯周病は30歳以上の方の9割がかかっている病気ともいわれていますが、軽度ではあまり症状がなく、自覚しにくいという特徴があります。 歯周病が進行すると、歯のまわりの歯周ポケットが深くなり、酸素を嫌う歯周病菌が住みつきやすい環境が整います( 図4)。 歯周病菌が増え、菌の活動が活発になれば、歯茎は炎症を起こして痛み出すようになります。 治療は、膿がたまっている場合は膿を出し、歯の周りの清掃や消 毒、薬(抗生物質)の服用で、できるだけ菌の数を減らし、痛んでいる歯を刺激しないよう安静を保つことです。 あまりにも進行している場合、残念ながら時期 を見計らい、その歯を抜かざるを得なくなります。 ぷくっと腫れる原因は歯周病以外にも、前述のように根の先が膿んだり、外からの力で歯の根が割れた場合などにも起こり得ます。 親知らずが腫れて痛むのも、広い意味での歯周病です。 原因がわかりにくい痛み 表2 歯の関連痛 ・咀嚼筋の筋肉痛 ・顎関節症の痛み ・頭痛 ・別の歯の痛み これらが歯の痛みとして感じられる 歯と歯茎の痛みには、痛む箇所だけ調べても原因がわかりにくいものもあります。 たとえば「右上の奥 に虫歯があって痛みが出ているのに、右下の奥歯の痛みと錯覚する」などです。 もちろん、本当の原因の歯を治療することで、痛みもなくなります。 その他、咀嚼筋(あごの筋肉)の酷使で生じた筋肉痛が歯の痛みとして感じられる場合などが代表的です。 風邪を引いて鼻の調子が悪くなる、などのきっかけでこの部分が炎症を起こし、歯の鈍い痛みとして感じることがあります。 抗生物質の服用でよくなりますが、前述の「根の先の炎症」が引き金で起こることもあり、その場合は原因の歯の根を治療しなければなりません。 重度になると、耳鼻科と連携して治療することも必要です。 治療はペインクリニック(痛みをとる治療が中心の診療所)や脳神経外科でおこないます。 いわゆる「不定愁訴」(これと いった原因が見あたらないが症状の訴えがある)であり、精神面、体調面に問題を抱えるときは、歯科だけでは対応に窮することがあります。 歯科2大疾患を予防して 歯科の2大疾患は、虫歯と歯周病です。 歯や歯茎の痛みもこの2つが出発点となるものがほとんどです。 自分で予防したり、定期検診で被害の小さいうちに見つけ、痛みが出る前に治療することが大切です。 虫歯、歯周病とも徹底したプラークコントロール(歯垢=プラークを除去して歯・歯茎をきれいに保つ)が、予防の基本です。 虫歯も歯周病も細菌が原因なので、細菌の住みか(歯垢)を極力無くせばよいのです。 一般的に奥歯の噛み合わせの面にある溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境は歯垢がたまりやすいのですが、これ以外にも、その人その人の歯の形や歯並びで歯垢が たまりやすい箇所が存在することがあります。 歯科医院でチェックしてもらい、適切な指導を受けてください。 自分でできる虫歯予防のポイントは、次のようなものです。 生活習慣病と同じように、虫歯や歯周病も日ごろから気を付けることで予防できます。 虫歯・歯周病の予防を心掛ければ、間接的に糖尿病や心臓病の予防につ ながるという利点もあります。 心と体の健康を保つためにも、まずお口の中の健康に気をつけていただきたいと願っています。 いつでも元気 2010. 12 No. 230.

次の