ある日お姫様になってしまった件について 72 話ネタバレ。 ある日、お姫様になってしまった件について

ある日、私は冷血公爵の娘になった4話ネタバレ・考察!ひたすらかわいい

ある日お姫様になってしまった件について 72 話ネタバレ

悲運のサブキャラプリンセスに転生!? ある時、彼女は自分が 人気のネット小説『かわいらしいお姫様』に登場するお姫様・アタナシアに転生してしまったことに気づきます。 しかし、 アタナシアは18歳の誕生日に父親であり冷酷な皇帝・クロードに殺されてしまうという悲運の持ち主。 なんとか 自らの死亡エンドを回避しようと、アタナシアは奮闘することを決意します。 処刑されてしまう18歳になる前に、この場所から出ていく。 月日を重ねていく中でアタナシアとクロードのふたりがどういった親子関係を築くのか、アタナシアは死亡エンドを回避できるのか。 ぜひご注目ください!• しかし、アタナシアは父親の皇帝・クロードに見捨てられた姫で、周囲にも冷たく扱われている。 小説の中では、妹で主人公姫のジェニットに毒を盛った濡れ衣を着せられ、18歳の誕生日にクロードに殺されてしまう運命のアタナシア。 どうにかして冷酷な皇帝パパから距離をおこうとするけれど、なんだかパパは私をかまいたがっているようで…? 【書誌情報はこちら】 【試し読みはこちら】• 詳細は各店舗にご確認ください。

次の

彼女が公爵邸に行った理由71話ネタバレ

ある日お姫様になってしまった件について 72 話ネタバレ

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ジェニットはクロードに冷たくあしらわれてしまう。 宝石眼を見せることすらできなかった。 とある日、気分転換にとルーカスがアタナシアを皇宮の外に連れ出してくれた。 服装も庶民の物に変え、市場を楽しむ。 入ったカフェの隣のテーブルに、ジェニットとイゼキエルがいた。 その場ではなんとかバレずに済んだが、小鳥を扱う店にて、イゼキエルに見つかってしまう。 一方ジェニットは、イゼキエルに置いてけぼりにされ、その後ろには黒髪の紳士が立っているのであった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話のネタバレ イゼキエルに気づかれてしまったアタナシアは、彼に青い小鳥の入った鳥かごを押し付け逃走。 一方ジェニットはアクセサリー専門店で、レースの手袋、ブローチ、ネックレスなど可愛らしい商品を眺めていた。 何がいいかなと選んでいると、贈り物ですかと、黒髪の紳士が話しかけてきた。 知らない人に突然話しかけられて驚くジェニット。 知らない人だから言い切ってもいいかと、自慢気に妹のためですと答えると、その男性は優しく微笑んだ。 その顔つきは、皇帝クロードにそっくりだ。 彼は、少し拝見してもいいですかと言う。 ジェニットが持っていたアクセサリーに触れ、とても繊細にカットされたブルーサファイアだ、フレームの細工もとても美しいと、指で触れながら説明する。 妹さんがお嬢さんのように美しい青い瞳をお持ちなら、とても意味のある贈り物になりますよと、微笑んだ。 ジェニットはそれを購入。 わけあって離れて暮らしていたが、これで喜んでもらい親しくなれたらいいなと言う彼女。 そしてチラっとその紳士の顔を見て、やはり似ていると思う。 ジェニットは、妹は私を嫌いではないと言ってくれたが、父も怖いしと漏らす。 厳しい人なのかと聞かれ、本当は優しいのだが、私とは離れて暮らしていたからと、ジェニットは慌てて答える。 男は鼻で彼女を笑ったようだ。 相手の方を向くと、男は優しい表情のままだ。 見たわけではないので、笑われたのは勘違いかもしれないと、ジェニットは思うのだった。 その頃アタナシアは、遠くまで逃げすぎて、見知らぬところまで来てしまった。 ルーカスを呼べばいいかと思い、その辺の店に入る。 書店だった。 するといきなり、呪いをかけられたようだねと、店主の老人に声をかけられる。 お嬢さんが不幸になることを願う人から呪われたという店主。 アタナシアは、もしかして黒魔法使いですかと老人に尋ねる。 引退したがそうだったと答える老人。 では私にかけられた呪いはどんなものかわかりますかと聞くと、非常に巧妙なものでよくわからないと言われてしまう。 インチキなんじゃないかと疑うアタナシア。 老人は、とにかくそんなものに触れてはいけないと言う。 アタナシアが持っていたのは黒魔法入門の本だった。 黒魔法は必ず代価を払わなければならない、黒魔法を使って幸せになった者など一人もいないからねと。 アタナシアはふと、もし黒魔法で子供を持てばその子も不幸になってしまうのかと尋ねた。 何故そんな質問をするのか疑われるが、もしもの話だと言うアタナシア。 老人は、黒魔法は生ではなく死だ、もし黒魔法で子供を持てばその子は必ず呪われる、抜け出すのは相当な努力が必要だろうと答える。 無闇に不幸を呼び起こす力に頼れば、取返しのつかないことになるだろうと。 でもと言うアタナシアに、お嬢さんはこのようなところにいるべきではない、お嬢さんに売るものは何も無いから出ていきなさいと促す。 店をでたアタナシア。 黒魔法では幸せになれない、黒魔法で子供を持てば必ず呪われると言っていたが、可愛らしいお姫様の小説ではハッピーエンドだった。 じゃあ完結後はどうだったのかと、アタナシアは疑問を持つのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話の感想 イゼキエルに見つかったアタナシアは、鳥かごを押し付けることで逃げ出しましたが、バレバレですね。 またもやイゼキエルに弱みを握られてしまいました。 外出していたことがバレたら大変です。 一方、イゼキエルが離れたために、ジェニットにあの黒髪の男が近づきました。 ジェニットはアタナシアにプレゼントを選んでいましたね。 そのプレゼントに、いちいち指で触れる男。 アタナシアが、呪われたと老人に指摘されたので、この男があの贈り物に呪いをかけたのかもしれないですね。 ジェニットが心をこめて選んでくれた贈り物を、アタナシアが無下にするとは思えませんから。 クロードの大事な存在であるアタナシアが不幸になることで、クロードを傷つけようとしたのか、アタナシアを不運にしクロードから引き離し、自分の娘をクロードに近づけさせるつもりなのか。 とにかくアタナシアにとって見えない敵ですね。 ルーカスがそれに気づいてくれればいいのですか。 天才魔法使いなので、是非気づいて彼女を守ってほしいところ。 問題の黒魔法について、アタナシアはあることに気づきましたね。 小説はめでたしめでたしで終わっていますが、その後どうなったのか誰もわかりません。 老人の話すように、黒魔法の子供は呪われるというなら、エンディング後にジェニットに悲劇が起きたのかもしれません。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日、私は冷血公爵の娘になった4話ネタバレ・考察!ひたすらかわいい

ある日お姫様になってしまった件について 72 話ネタバレ

彼女が公爵邸に行った理由71話ネタバレ 射的屋の店主から「夜市の本当の目玉」を教えられたレリアナは、店主から指示されたとおりに裏路地にある扉を三回ノックします。 小窓から顔を出したのは、顔に傷のある男です。 男はレリアナたちへ「子供たちが来る所ではない」と鋭い視線を寄こします。 「子供「たち」だと?」 カッとなるヒーカー。 「お待ちください。 私たち美味しいロポタンを買いに来たんです!」 レリアナは男に食い下がります。 「…誰から聞いた」 「向こうの射撃店のおじさんから…」 「ったく…。 子供は早く帰れ」 そう言って小窓を閉めようとする男に、レリアナは「ちょっと待っ…!」と焦ります。 その時、スッと伸びてきたのはアダムの剣です。 小窓の男へ向けて無言で剣先を突き付けるアダム。 男はヒィィッと顔を青くさせます。 その様子を見守っていたレリアナは、「美味しいロポタンを買いに来たのですが」と満面の笑みを浮かべました。 入室を許された一行は、薄暗い石造り道を奥へ進んでいきます。 (薄暗い…。 でも中から何か音楽が…) 奥の扉を開けた先で、中の様子を目の当たりにしたレリアナとヒーカーは、驚きに顔を歪ませたのでした。 「…って、大人のお店!?」 場面が変わり。 気を失っていた射的屋の店主は目を覚まします。 大人のお店では、男同士による剣の決闘が行われていました。 周囲の観客と同じく驚いたり笑いながら鑑賞するレリアナを、ノアは無意識のうちに可愛い…と考え、ハッと口を押さえます。 ノアの様子に「…?」を浮かべるアダム。 お店を出て路上を歩いていると、不意にノアは通行人の女性とぶつかりました。 「あっ!申し訳ありません!」 「いえ」 ぶつかった衝撃で地面に散らばった女性の荷物を拾おうとするノア。 「拾ってくださらなくても大丈夫ですのに…ありがとうございます」 荷物を拾おうとする女性とノアの指先が、わずかに触れ合います。 「あっ」 驚いたように顔を上げる金髪の女性を見て、ノアは目を見開きます。 (…何だ?何か妙な気分が…。 違和感というか…。 いや…) ノアは怪訝な表情で顔を上げますが、金髪の女性はいつの間にかいなくなっていました。 場面は変わり。 ノアとぶつかった金髪の女性は、そっと胸を押さえます。 (一体誰…?) 「大丈夫ですか?」 女性の元に現れたのは、シャマルでした。 「あっシャマル卿。 ここは本当に人が多いですね」 「お気をつけください。 またこの間のように倒れたら…」 「はい」 可愛らしく純粋そうな微笑みを浮かべる金髪の女性。 「早く行きましょう。 ビビアン姫君がお待ちですわ」 71話はここで終了です。 ついに…本来のヒロインであるベアトリスが登場しました。 やはり本来のヒロインと主人公というだけあって、顔を見ただけで互いに感じるものがある二人…。 レリアナ派としては複雑な心境です。 これまでヴェールに包まれていたベアトリスは、さすがヒロインというか、見た目だけじゃなく性格も良さそうですし…! 今後の展開に要注目ですね。

次の