ペット セメタリー。 ペット・セメタリー : 作品情報

ペット・セメタリー(1989) : 作品情報

ペット セメタリー

解説 ある小さな町のペット・セメタリーにまつわる伝説を描くホラー映画。 製作はリチャード・P・ルービンスタイン、監督は「シエスタ」のメアリー・ランバート、原作・脚色はスティーブン・キング、撮影はピーター・スタイン、音楽はエリオット・ゴールデンサルが担当。 出演はデール・ミッドキフ、フレッド・グウィンほか。 日本版字幕は大條成昭。 カラー、ビスタサイズ。 ドルビーステレオ。 1989年作品。 1989年製作/アメリカ 原題:Pet Sematary 配給:パラマウント映画=UIP ストーリー メイン州の田舎町ルドローの大学病院の院長に選ばれた医師ルイス・クリード(デール・ミッドキフ)は妻レイチェル(デニーズ・クロスビー)や2人の子供エリー(ブレーズ・バーダール)、ゲイジ(マイコ・ヒューズ)とシカゴから引っ越してきたが、家の前の道路を行きかう大型トラックに驚く。 そんな彼らの向かいに住むジャド・クランダル(フレッド・グウィン)は、この道路で轢かれたぺットを葬るペットセメタリーの存在を教える。 ある日ルイスの病院にヴィクター・パスコー(ブラッド・グリーンクィスト)という患者が運び込まれてくるが、看護空しく息を引きとった。 その夜ルイスは夢でパスコーから、あの墓地に足を踏み入れるなと告げられる。 レイチェルと子供達をシカゴの実家へ送り出した感謝祭の日、ルイスはエリーが可愛がっている仔猫の死骸を見つける。 彼はジャドの案内で墓地の奥深く、山の中の平坦な場所にそれを埋めると、翌朝その猫が生き返るが凶暴と化していた。 ある日レイチェルの家事を手伝っていたミッシー・ダンドリッジ(スーザン・J・ブロムマート)が自殺したことで、彼女は自分の姉ゼルダの死を思い出し苦にしていた。 さらにクリード一家とジャドの団欒の日、ゲイジが大型タンクローラーにはねられ轢死する悲劇が起きた。 例の墓地にゲイジを埋めようとするルイスにジャドは、呪われた人間となって生まれ変わる、と諭すが、レイチェルとエリーが実家に戻ったある夜、彼は息子をあの墓地に埋めた。 異変を察したレイチェルは慌ててメイン州の自宅に向かうが、ゼルダの夢に悩まされる彼女を幽霊のパスコーが見守っていた。 やがて生き返ったゲイジは、父の鞄からメスを奪い、いたずらをする様にジャドを死に追いやった。 そして家にたどりついた母の命をも奪うのだった。 ついにルイスはゲイジの命を奪い、妻の死体をまたあの墓地に埋めようとしている。 それは悲嘆のあまり狂ったようになってしまった男の姿だった。 スティーブンキングブームでもきてるのかと思うほどリメイクや続編がでてる。 ペットセメタリーもリメイクされると言うことで久々の鑑賞で予習しときます。 内容は死者が生き返るお墓があってそこに大切な家族が死んだことでショックをうけた主人公がそのお墓に埋めるってお話なんだけど、、 突っ込みどころ多数で。 まずそのお墓のことを教えてくれたおじいさん。 埋めたらどうなるか知ってるのになぜそれをさせるんだ笑 主人公もお墓に埋めて猫が凶暴になったのに関わらずなにも学ばない、、まあそこは人間の愚かさや、大切な人間を失った悲しみが少しでも生き返る希望にすがる思いってことはわかるが、、 しかしスティーブンキングの陰鬱とした話にはこのくらいの画質と当時の技術での作りが雰囲気でてるね。 子供が襲ってくる演技も本当に怖さと悲しみが滲みでる。 今見てもわかりやすい内容だけどお墓から復活したらやたら相手を殺したがるのはなんでなのか ネタバレ! クリックして本文を読む 学生の頃友人が一番怖いホラーと言っていた本作。 なかなか観る機会がなかったのですが、リメイクもそろそろ上映されるし、netflixに上がってたので観てみました。 うーん、普通かな? 話の流れは流石スティーブン・キング原作、脚本だけあってスムーズなんですよね。 主人公が息子や嫁を生き返らせたい気持ちはスゴく良くわかるのですが、でもそれはやっちゃいかんだろうと。 まぁ、バッドエンドにしかならないですよね~。 死者が蘇る不思議なミクマクの墓所。 あれってある意味ゾンビ製造所ですよね。 家族の為にって所でもう少し情緒的になってるかと思いきや、結局アメリカ人大好きなゾンビ物に落ち着いちゃってるので、そこんとこで今一つ乗り切れなかったというか・・・んー、リメイク観に行くか悩むわ。 あ、頭パッカーンとなっててもパスコーはイイ奴でした。

次の

ペットセメタリーリメイク版ネタバレとあらすじ!結末は後味最悪?

ペット セメタリー

解説 ある小さな町のペット・セメタリーにまつわる伝説を描くホラー映画。 製作はリチャード・P・ルービンスタイン、監督は「シエスタ」のメアリー・ランバート、原作・脚色はスティーブン・キング、撮影はピーター・スタイン、音楽はエリオット・ゴールデンサルが担当。 出演はデール・ミッドキフ、フレッド・グウィンほか。 日本版字幕は大條成昭。 カラー、ビスタサイズ。 ドルビーステレオ。 1989年作品。 1989年製作/アメリカ 原題:Pet Sematary 配給:パラマウント映画=UIP ストーリー メイン州の田舎町ルドローの大学病院の院長に選ばれた医師ルイス・クリード(デール・ミッドキフ)は妻レイチェル(デニーズ・クロスビー)や2人の子供エリー(ブレーズ・バーダール)、ゲイジ(マイコ・ヒューズ)とシカゴから引っ越してきたが、家の前の道路を行きかう大型トラックに驚く。 そんな彼らの向かいに住むジャド・クランダル(フレッド・グウィン)は、この道路で轢かれたぺットを葬るペットセメタリーの存在を教える。 ある日ルイスの病院にヴィクター・パスコー(ブラッド・グリーンクィスト)という患者が運び込まれてくるが、看護空しく息を引きとった。 その夜ルイスは夢でパスコーから、あの墓地に足を踏み入れるなと告げられる。 レイチェルと子供達をシカゴの実家へ送り出した感謝祭の日、ルイスはエリーが可愛がっている仔猫の死骸を見つける。 彼はジャドの案内で墓地の奥深く、山の中の平坦な場所にそれを埋めると、翌朝その猫が生き返るが凶暴と化していた。 ある日レイチェルの家事を手伝っていたミッシー・ダンドリッジ(スーザン・J・ブロムマート)が自殺したことで、彼女は自分の姉ゼルダの死を思い出し苦にしていた。 さらにクリード一家とジャドの団欒の日、ゲイジが大型タンクローラーにはねられ轢死する悲劇が起きた。 例の墓地にゲイジを埋めようとするルイスにジャドは、呪われた人間となって生まれ変わる、と諭すが、レイチェルとエリーが実家に戻ったある夜、彼は息子をあの墓地に埋めた。 異変を察したレイチェルは慌ててメイン州の自宅に向かうが、ゼルダの夢に悩まされる彼女を幽霊のパスコーが見守っていた。 やがて生き返ったゲイジは、父の鞄からメスを奪い、いたずらをする様にジャドを死に追いやった。 そして家にたどりついた母の命をも奪うのだった。 ついにルイスはゲイジの命を奪い、妻の死体をまたあの墓地に埋めようとしている。 それは悲嘆のあまり狂ったようになってしまった男の姿だった。 スティーブンキングブームでもきてるのかと思うほどリメイクや続編がでてる。 ペットセメタリーもリメイクされると言うことで久々の鑑賞で予習しときます。 内容は死者が生き返るお墓があってそこに大切な家族が死んだことでショックをうけた主人公がそのお墓に埋めるってお話なんだけど、、 突っ込みどころ多数で。 まずそのお墓のことを教えてくれたおじいさん。 埋めたらどうなるか知ってるのになぜそれをさせるんだ笑 主人公もお墓に埋めて猫が凶暴になったのに関わらずなにも学ばない、、まあそこは人間の愚かさや、大切な人間を失った悲しみが少しでも生き返る希望にすがる思いってことはわかるが、、 しかしスティーブンキングの陰鬱とした話にはこのくらいの画質と当時の技術での作りが雰囲気でてるね。 子供が襲ってくる演技も本当に怖さと悲しみが滲みでる。 今見てもわかりやすい内容だけどお墓から復活したらやたら相手を殺したがるのはなんでなのか ネタバレ! クリックして本文を読む 学生の頃友人が一番怖いホラーと言っていた本作。 なかなか観る機会がなかったのですが、リメイクもそろそろ上映されるし、netflixに上がってたので観てみました。 うーん、普通かな? 話の流れは流石スティーブン・キング原作、脚本だけあってスムーズなんですよね。 主人公が息子や嫁を生き返らせたい気持ちはスゴく良くわかるのですが、でもそれはやっちゃいかんだろうと。 まぁ、バッドエンドにしかならないですよね~。 死者が蘇る不思議なミクマクの墓所。 あれってある意味ゾンビ製造所ですよね。 家族の為にって所でもう少し情緒的になってるかと思いきや、結局アメリカ人大好きなゾンビ物に落ち着いちゃってるので、そこんとこで今一つ乗り切れなかったというか・・・んー、リメイク観に行くか悩むわ。 あ、頭パッカーンとなっててもパスコーはイイ奴でした。

次の

ペット・セマタリー

ペット セメタリー

ペットセメタリーのネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 【起】 - ペットセメタリーのあらすじ1 メイン州の田舎町の白い大きな家に越してきたクリード一家は、優しく頼もしい医師の夫ルイス、若く美しい妻レイチェル、幼い娘エリー、よちよち歩きの息子ゲイジと灰色の大きな猫チャーチと言う幸せな家族でした。 中年で通いの家政婦ミッシーは未婚で、そんなレイチェルを羨み私は胃が痛いとこぼします。 気にかかるのは家の前の柵の無い田舎道で、昼夜分かたずオリンコ社の大型トラックが行き交い、引っ越して間もなく道に出たゲイジは道を挟んだ向かいの古屋に住む老人ジャドに助けられます。 彼は家の脇道はそこで轢かれたペットたちを弔うペット墓地に続いていると言い、一家は彼の案内でその墓地を訪ねます。 墓地の手作りの門には子供の字で「Pet Sematary」 綴り違い とあり、中心から同心円状に子供の手造りの墓が並んでいました。 彼はこの土地は墓地にしか使えないと言い、エリーにここには自分の愛犬スポットもいて、死者が語り合い休む場所だと教えますが、レイチェルは子供に死を教えておくべきと言うジャドに突っかかります。 彼女はその夜、チャーチが死んだらあの墓に埋めるの?と泣くエリーをじっと見ていました。 新しい病院への初勤務の日、パスコーと言う青年が事故に遭い運ばれてきます。 頭部が砕け蘇生の見込みは無かったものの、救急車の手配をした彼はパスコーと残ります。 が、突然息を吹き返したパスコーは「男の心は岩のように固いものだ、ルイス」「またあんたの前に現れる」と言って、亡くなります。 その夜、寝室に頭が砕けたパスコーが現れ、助けようとしてくれたお礼だと言い、ルイスをペット墓地へと導き、奥の藪を指差して「この先は死者たちが歩く場所」「あの境界を越えるな」「境界の向こうの土地は腐ってる」と忠告します。 翌朝ベッドで目覚めたルイスの足は泥で汚れていました。 【承】 - ペットセメタリーのあらすじ2 感謝祭でレイチェルと子供たちが彼女のシカゴの実家に帰省し、彼女の実家と折り合いの悪いルイスが残ったある日、ジャドからチャーチが家の前で亡くなっていると知らせがあります。 遺体は首が折れ、凍って地面に貼りついていました。 娘を思い頭を抱える彼に、ジャドはいい方法があると言い、スコップとツルハシを持ってペット墓地へ連れて行き、パスコーの言っていた藪の向こう側に埋めると言い出します。 藪には枯れ木が積み重なり見るからに危険でしたが、ジャドは2回ほど行ったことがあるから大丈夫とどんどん先に進み、深い森や険しい岩場を越えて、ようやく目的地に辿り着きます。 そこは巨大な模様が石積みで描かれた一枚岩の上でした。 ジャドはここはミクマク族の埋葬地だと言い、その中心にチャーチを埋めろ、土は固いが飼い主の君が掘って埋めなきゃならんと言います。 作業は夜までかかり、ジャドは、家族には絶対内緒だと言い「男の心は岩のように固い、あのミクマク族の埋葬地のように」と言って帰ります。 ルイスはパスコーの言葉を思い出しぞっとします。 妻の実家に電話をすると、エリーにチャーチの事を聞かれ黙り込んでしまいます。 電話の向こうでは、ゲイジが覚えたてのハイ、ダディ、アイラブユーを繰り返していました。 翌日、ルイスは地下室で甦ったチャーチに威嚇され驚きます。 餌は普通に食べ、折れた首も治っていましたが、嫌な臭いがして異常に攻撃的になっていました。 ジャドに生き埋めだったのではと聞いても、彼は確実に死んでいたと言い、あの埋葬地は少年時代、愛犬スポットが死んだ時、ミクマク族の古着屋に教わった、甦ったスポットは狂暴で、母親は腐った土の臭いがすると怯え、2度目に死んだ時ペット墓地に埋葬した、教えたのは娘さんへの同情だと話します。 が、ルイスが人間を埋めた事はあるのかと聞くと、ひどく動揺し否定します。 戻ったエリーは2人がペット墓地に埋める夢を見たと言い、チャーチに再会した途端、臭いに眉を顰めます。 また、直後に胃痛で悩んでいたミッシーが首を吊り亡くなりますが、レイチェルは葬儀に参列せず、ジャドには君の猫はどうした?もうあれは君の猫になったと言われます。 夜、レイチェルは、エリーに穏やかに死を語っていたルイスに謝り、ミッシーの訃報を聞いた途端、嘔吐して寝込んだ理由を打ち明けます。 脊髄の病気で痩せさらばえ背中が曲がった姉ゼルダを、両親は人目に付かぬよう家の小部屋に隠し、8歳だった彼女は時々その世話をさせられ死ねばいいと思っていた、けれど両親が留守だったある日、痙攣を起こした姉は彼女を呼ぶうち亡くなり、彼女はゼルダが死んだと何度も叫びながら、笑っていたのだと。 「怖かったの…」と泣いて吐露するレイチェルをルイスは固く抱きしめ、危篤で錯乱する姉を8歳の君に任せて外出する両親がおかしいと慰めます。 【転】 - ペットセメタリーのあらすじ3 オリンコのトラックが会社を出た頃、ルイスたちはジャドと庭でランチをしながら凧上げをしていました。 ゲイジはルイスに付き添われ凧の糸巻き棒を握り上機嫌でしたが、彼が騒ぎに気を取られた時、ゲイジは手を離れた糸巻き棒を追って道に歩き出て、トラックに撥ねられてしまいます。 ルイスは必死で走りましたが間に合いませんでした。 その夜、ジャドはレイチェルを鎮静剤で寝かせ、ルイスは血の付いたシャツのまま呆然とし、エリーはゲイジとの写真を、彼を神様に返してもらった時見せてあげるのと言い大泣きしていました。 葬儀は、レイチェルの父親がおまえのせいで娘が不幸になった!地獄に堕ちろ!とルイスを罵って殴り掛かり、ゲイジの棺が倒れ、レイチェルは泣き叫ぶ修羅場となります。 その夜、エリーに神様は人を生き返らせる力があるよねと聞かれ、ルイスは信じていいと答えます。 レイチェルが睡眠薬で熟睡した後で、ジャドが来て、埋葬地にゲイジを埋めようと言う考えは捨てろと忠告します。 彼は人間を埋めてないというのは嘘で、村のビルと言う男が戦死した息子ティミーをあの埋葬地に埋めたところ、蘇った息子は悪臭がし狂っていて、ジャドと数人がかりで家ごと焼いた、炎の中でビルは息子を助けようとして捕まり焼け死んだと話します。 彼は、時には死の方がいいとこぼし、あの腐った土地のパワーを教えたせいでゲイジは死んだのかもしれない、全て俺のせいだと嘆きます。 ルイスはレイチェルとエリーと彼女の両親を空港に見送りに行きます。 が、エリーはパパとジャドとパクスコウの夢を見た、よくない事が起きると怯え、彼女の父親は葬儀のことを詫びますが、ルイスは無表情のまま握手をして別れます。 彼はその足でゲイジの墓に行きますが、パスコーが現れ、境界を越えてはならない、あの土地は腐ってると言います。 が、彼は泣きながら、もしティミーのようになったらもう一度眠らせる、2人には知らせなければいいと答えます。 その頃、レイチェルの実家ではエリーがひどくうなされ、パクスコウと言う良い幽霊がパパがこれからすごく悪い事をするから教えに来たと言ってると言い、パパに電話をしてと泣いていました。 レイチェルは夫の病院で事故死したパスコーを思い出し自宅に電話しますが、ルイスはゲイジの墓を掘り返している最中でした。 ジャドの家でも来てないと言われ、これから向かうと言って電話を切ります。 ジャドは家のベランダで「やったな、バカめ…後が大変だ」と呟きます。 ルイスは掘り出したゲイジの遺体を抱きしめ大丈夫、任せておけと呟き、レイチェルは機内で、ゼルダが自分を殺した罰にゲイジと一緒に迎えに行くと笑う悪夢で目覚めます。 彼女は、土地の悪霊の妨げを憑いているパスコーに守られ順調に進みますが、森でレンタカーがパンクし、奇しくもオリンコのトラックに拾われ家に向かいます。 【結】 - ペットセメタリーのあらすじ4 ゲイジを埋葬地に埋め、帰宅したルイスは、ベッドに倒れ込み眠ってしまいます。 そこに蘇ったゲイジが唸り声を上げながら侵入し、ルイスの医療カバンからメスを持ち出します。 ルイスの家の明かりに気づいたジャドは慌てますが、見ると小さな足跡が自分の家の中に続き、子供の無邪気な笑い声が聞こえます。 2階の寝室で、ジャドは小さなナイフを構えてゲイジを呼びますが、メスで切り裂かれ喉笛を噛み切られて息絶えます。 レイチェルはジャドの家の前でトラックを降り、助手席にいたパスコーは、この先は禁じられている、俺はこれでお別れだと言い、乗ったまま去って行きました。 が、彼女は子供の笑い声と呼ぶ声を聞き、チャーチが血を舐めているのを見て、ジャドの家の中に入って行きます。 2階の唸り声を聞き上がって行くとゼルダがいて、背骨を曲げて寝たきりにしてやると笑いながら迫ってきますが、それはシルクハットにマントのゲイジでした。 困惑する彼女に、ゲイジはいいものをあげるとメスを出し、レイチェルの絶叫が響きます。 翌朝ルイスは、家の中に子供の足跡がありメスが奪われた事に気づき、ゲイジの笑い声に身構えた時、電話が鳴ります。 それはレイチェルの父親で、娘は無事着いたか?、エリーがママが殺されたとヒステリーになってるんだがと話し続ける電話を切り、足跡が続く地下室に向かおうとした時、再び電話が鳴ります。 それはゲイジで、「今ジャドの家 最初はジャドと遊んで次にママと遊んだ 面白かったよ 今度はパパと一緒に遊びたいな」と笑っていました。 彼は注射器に毒薬を入れ、ジャドの家に向かい、玄関にいたチャーチを毒薬で殺害し、家の中に侵入します。 中は腐った土とカビで覆われ異世界のようになっていましたが、階段に落ちていたレイチェルのハイヒールを拾うと元に戻り、「驚いた?今度はパパと遊びたいな」と言うゲイジの声が聞こえます。 2階の寝室ではジャドの遺体を発見し、廊下では屋根裏から首を吊られたレイチェルの遺体が落ちてきます。 その上の暗闇には悪魔の顔をしたゲイジがいて、ルイスに飛びかかり、彼の身体をメスで何度も切り付けてきました。 2人は揉み合い、ルイスがゲイジを跳ね飛ばすとゲイジは唸り声をあげながら再び彼に向かってきます。 が、ルイスは泣きながら両手を広げておいでと言い、悪魔の顔のゲイジを受け止め、その首に毒薬を注射します。 子供の顔に戻ったゲイジはすねて彼の腕から逃れ、「すごくずるい」と言って、廊下をよろよろと歩き、息絶えます。 彼は家中にガソリンをまき、ゲイジやジャドの遺体とともに焼き払いますが、彼の腕にはレイチェルの遺体が抱かれています。 パスコーが現れ止めますが、ルイスは、ゲイジは待ち過ぎた、でもレイチェルは死んだばかりだからと言ってパスコーの身体をすり抜け、ペット墓地へと向かいます。 彼はレイチェルの遺体に微笑みながら「今度は大丈夫だ、約束する」と話しかけていました。 「男の心は岩のように固い 自分の人生に全てを賭ける 手に入れた物に責任を負うからだ そして所有した物は必ず君の元へ戻ってくる」… 深夜0時の鐘と共にレイチェルは帰ってきました。 キッチンに座り込みトランプ占いをしていたルイスは嬉しそうに立ち上がり、土で汚れ、片足だけハイヒールを履き、片目の抉れたレイチェルと抱き合い、激しいキスを交わします。 が、彼女はそばにあった包丁をゆっくりと手に取り、暗い画面にルイスの絶叫が響きます。 原作小説のタイトルと公開された映画では「Pet Sematary」、小説の邦訳版も「ペット・セマタリー」ですが、これは子供が書いたと言う原作の設定通りの綴り違いで、日本公開時のカタカナ表記の邦題だけが「ペット・セメタリー」に直されているのだとか。 当時「キャリー」と「シャイニング」以外では当たり率の悪かったキングの映画化作品の中では、当たりの作品だと思います。 出たがりのキングは、本作ではミッシーの葬儀の牧師役で登場しています。 若い頃には気付かなかった意地の悪さを、再見するたび発見するのもまた一興。 そういやあの爺さん、「これまで2度ほど行ったことがあるから大丈夫」って言ってましたよね。 一度は愛犬スポット、もう一度は?…くわばらくわばら。

次の