カラメル ソース の 作り方。 安全なプリンのカラメルの作り方

カラメルソースの作り方

カラメル ソース の 作り方

鍋 にグラニュー糖と水を入れたら中火にかける• フツフツしてきても、そのまま 触らずに色付いてくるまで待つ。 コンロから下ろしてもさらに色付くので、好みのカラメル色になる少し手前で火から下ろす。 はねるのでシンクなどに置き、 一気に熱湯を加えたら全体を混ぜたら出来上がり。 ほうほう・・・ ちなみに、カラメルソースをかける前のプリンですが、こんな感じの巨大プリンです笑 おはようございます。 固まったので失敗したと思ってました。 どうやらこれが当たり前らしく、 加熱してカラメル色になってきたら水を入れないと固まるそうです。 なので、この場合は カラメルソースの作り方が失敗に終わったわけではないんですね。 ということで、 「見た目はカラメルソースになったものの、カチカチに固まる」という場合の原因は、 加熱してカラメル色になった時に水を入れなかったため なわけです。 やり方は簡単。 カラメルソースが固まる原因~その2 続いて、何度かカラメルソースを作っていてでた症状。 砂糖と水を混ぜて加熱し続けていたら、カチコチの砂糖になってしまった という場合。 これは失敗でした。 原因は 火力が弱過ぎた ことが原因と判明しました。 何度かカラメルソースを作っている間に、 少し火力を強めたところ、無事カラメル色に変化しました。 通常「中火で」と書かれているものの、家はIHコンロ。 失敗したら、その時よりも火力を上げてみるとうまくいくと思います。 この辺は、特にIHコンロの場合、使用しているコンロの出力にもよるので、色々試して加減を掴むしかありません。 ちなみに、 まぜないで鍋を傾けるように回転させながら煮詰めていく ということも、砂糖のまま固まることを防ぐ手段になるようです。 ですが、以下のようにしたところ、捨てずにカラメルソースにすることができました。 カチコチになった砂糖に再度、 水またはお湯を入れる• 加熱して固まった砂糖を すべて溶かす• 以降通常のカラメルソースの作り方どおり進める ダメかなーと思ったんですが、大丈夫でした! 捨てずに再チャレンジできます。 カラメルソースの作り方の疑問。 砂糖・鍋 ここで、いくつかカラメルソースの作り方の疑問があったので解消しておきます。 砂糖何を使う?グラニュー糖・上白糖・三温糖など カラメルソースの作り方で検索すると、ほとんどグラニュー糖。 知らずに作ったカラメルソースは上白糖で作りました笑 結論は どの砂糖でもカラメルソースは作れる そうです。 強いて言えば、 不純物が少ないので色々なものとの相性がいい、という理由からお菓子の本では基本的にグラニュー糖 とのこと。 とはいえ、カラメルソースを作る時にグラニュー糖が無いからとわざわざ買いに行かなくても、他の上白糖でも大丈夫なんです。 事実できてしまったので。 カラメルソースを作る時は鍋?フライパン? カラメルソースを作る場合何を使うか、という話。 こちらも、ネットで調べると 鍋 と記載されているものがほとんど。 またもや何も知らずに作った自分は、フライパンで作りました笑 なので、鍋でもフライパンでもカラメルソースを作ることができます。 メリットデメリットを簡単に挙げると• 鍋~カラメルになった時の色が見やすい。 焦げやすい。 フライパン~黒いため色が見づらい。 焦げない。 という違いがあります。 どちらでもできますが、個人的には カラメルソースを作った後の処理が楽なので、フライパンがおすすめだと思います。 まとめます だいぶごちゃごちゃしましたが、まとめると・・・ カラメルソースが固まる場合• レンジでチンして水またはお湯で溶かす• 固まったままプリン容器に入れる カチコチの砂糖になった場合• 原因は火力不足なので、再度水を入れて加熱する カラメルソースに使用する砂糖の種類• なんでもよい 使用する鍋• フライパンがおすすめ。 という感じになります。 カラメルソースが足りませんでした笑 プリンって簡単そうでやってみると勉強になることばかりでした。 参考になることがあれば幸いです。 ありがとうございました。

次の

カラメルソースを作る時、鍋で固まってしまい器に注げません

カラメル ソース の 作り方

プリンのカラメルが固まってしまう原因とは? プリンのカラメルは、砂糖と同量の水を鍋で煮詰めて作ります。 一定の温度に達すると水分が全部飛び茶色いソースになりますが、この現象をフランス語でキャラメリゼと言います。 そして水分が全部蒸発した状態のカラメルを冷ますと、カチカチのべっ甲飴に変わります。 べっ甲飴の状態になると軟らかい状態に戻すことは出来ませんが、カラメルを作ったばかりのときは水分を吸収するので軟らかさを取り戻すことが出来ます。 またこの状態の時にプリン液を流し込むと、プリン液の水分をカラメルが吸収してカラメルとプリン液が混ざりきれいにプリンを仕上げられません。 このように、プリンのカラメルはそのときのカラメルの温度によって固さや水分の吸収に変化をもたらします。 もしプリンのカラメルがいつも固くなって失敗しているのなら、それはカラメルの水分が足りないからです。 カラメルを作るときに煮詰めると急に泡立って牛乳が沸騰したときのような状態になります。 このときにカラメルの水分が全部蒸発しているので、このままではカラメルはカチカチに固まります。 そこでこのカラメルを軟らかくするときに水分を足すのですが、これは固くなってから足すのではもう手遅れです。 そしてカラメルはこの高温の状態の時だけ、水分を吸収することが出来ます。 したがって キャラメリゼの時に水分を足すことで、カラメルが固くなるのを防ぐことが出来ます。 スポンサーリンク 具体的な方法はカラメルを作るときにお湯を用意しておいて、キャラメリゼの状態になった起きに適量のお湯を混ぜます。 このときにお水を足しても吸収して軟らかくなりますが、お湯よりもお水のほうがはねて飛び散ってやけどをしやすいのでお湯のほうが安心です。 そして入れながら鍋のふたで飛び散ったカラメルや水分を避けるといいでしょう。 そして反対に加熱しすぎて焦がしてしまったときは、水を足して軟らかくなっても焦げた苦味はなくなりません。 最初から作り直したほうがいいでしょう。 追加するお湯の量は、使用した砂糖の量によって違います。 最初は少しずつ入れてかき混ぜて、固さを確認しながら量を決めるといいでしょう。 そしてもしもお湯をたくさん足しすぎて、カラメルが軟らかくなりすぎても心配はありません。 そのまま加熱してまた水分を飛ばせば、カラメルは固くなります。 カラメルをプリンの容器に注いだときに、カラメルがちょうど良い固さかどうか確認する方法があります。 カラメルがさめてからプリン容器に注ぎ、それを指で強く押します。 そのときに指の形がいつまでもカラメルに残っている場合は、固くなりすぎている証拠です。 もしそうなったときは、また鍋で加熱してお湯を足して軟らかくすることが出来ます。 そして反対に一瞬で指のあとが消えてしまう場合は、まだ水分が残っていて軟らかい証拠なのでプリン液をこの上に注ぐとカラメルと混ざる可能性が高いです。 そして容器にカラメルを入れてからでも固さを確認することが出来て、固すぎてもまたお湯を足して加熱したら軟らかくなります。 何回作ってもカラメルが固くなって失敗すると悩んでいた人も、お湯の追加や固さを調べる方法がわかればもう失敗を恐れることはありません。 何回か作っているうちに、追加するお湯の量や固さの感覚がつかめるようになるでしょう。 YouTube とよはまプリン~カラメル編~. wmv YouTube プリンの作り方 カラメル作り YouTube カラメルソースの作り方 固めない基本レシピ|コマギレシピシリーズ 作り置きスイーツアイテム.

次の

プリンなどに★カラメルソースの作り方

カラメル ソース の 作り方

小さな鍋に砂糖と水を入れて、 かき混ぜずに弱火に掛けます。 沸騰して周りがきつね色になってきたら、鍋ごと回して全体を混ぜ合わせるようにします。 (焦げやすいので注意して下さい。 色がお好みの濃いあめ色になったら、火を止めます。 調整用の足し水をそっと入れて、鍋を回して全体を混ぜ合わせます。 周りに色が付くと焦げやすいので、目を離さないように注意してくださいね。 また、足し水をするときに跳ねやすいので、やけどをしないように気を付けてください。 電子レンジで簡単、固まらないカラメルソースの作り方 電子レンジでも簡単に作れるカラメルソースの作り方をご紹介します。 材料 グラニュー糖 60g 水 大さじ1 熱いお湯 大さじ2 作り方• 耐熱ボウルにグラニュー糖と水を入れて、 かき混ぜずに電子レンジに入れます。 600wで3分加熱しますが、1分ごとにボウルをゆすって軽く混ぜ合わせます。 少し色付くので、さらに10秒ずつ、色を確認しながら4回くらい加熱します。 泡立って、濃いめのあめ色になったらレンジから出します。 熱いお湯をそっと入れて混ぜます。 茶こしで濾すとなめらかになります。 電子レンジによって加熱時間が違ってくると思いますが、焦げやすいので色を確認しながら作業してください。 また、耐熱ボウルなど容器がとても熱くなっているので、取り出す時は気を付けてくださいね。 熱いお湯を加えるときも跳ねやすいので、やけどをしないように気を付けてください。 グラニュー糖は細目の方がなめらかになります。 固まらないで作るコツって? 固まらないカラメルソースの作り方をご紹介しましたが、どうして固まらないのかなって思いますよね。 ポイントは以下の3つです。 POINT• 足し水(お湯)を加える。 砂糖と水の分量はしっかり量る。 かき混ぜない。 工程の最後で足し水(お湯)をしていますが、 水(お湯)を加えることで固まらなくなりますので、必ず加えます。 すぐに使わない場合などは、少し多めに水(お湯)を足してゆるく作っておくと良いですよ。 また、加熱する前に砂糖と水の分量をきちんと量りましょう。 水の分量が足りないと焦げやすくなり、固まりやすくなってしまいますので、分量はきちんと量ってから始めるようにしましょう。 さらに砂糖と水を容器に入れたらかき混ぜてはいけません。 とにかく加熱が終わるまではかき混ぜないようにしましょう。 混ぜると砂糖が固まってざらざらしてしまうので、鍋や容器を回してなじませるようにします。 また、色も付きやすいようですよ。 カラメルソースの活用! カラメルソースを作り過ぎてしまったときなど、プリン以外にも活用できると助かりますよね。 プリン以外の活用方法や保存方法について調べました。 カラメルソースの保存は? カラメルソースは本来長期保存が可能なのですが、 手作りしたものは冷蔵庫に保存して、1週間くらいを目安に使い切るようにしたほうが良いようです。 冷凍保存も可能なようなので、冷凍するのも良いですね。 冷凍もする場合は、小分けにして冷凍すると使いやすいですよ。 プリン以外の活用方法は? プリン以外にもいろいろなものに使えますのでいくつかご紹介します。 余ってしまったときなどに是非試してみてください。 トッピング お好みでいろいろなものにかけて使えますよね。 バニラアイスクリームにかける• フレンチトーストにかける• パンケーキにかける• フルーツにかける• etc. カラメルミルクティー 鍋に牛乳とカラメルソース、ティーバッグを入れて温めます。 ティーバッグなしで、カラメルミルクにしても良いですし、生姜をプラスしてもおいしいですよ。 ミルクコーヒー ミルク入りのコーヒーに砂糖の代わりに入れるとキャラメルマキアートっぽくなるようですよ。 煮物・煮込み料理 肉じゃがやカボチャの煮物など煮物を作るときに砂糖の代わりに使ってみましょう。 甘みが足りない場合は砂糖を加えてくださいね。 また、褐色系の煮込み料理に隠し味として使ってもおいしくなります。 カラメルナッツ カラメルソースにバターを加えて溶かし、ミックスナッツを入れて絡めます。 焦がさないように気を付けながら水分を飛ばしましょう。 カラメルゼリー お湯でのばして火にかけて沸騰したら火を止め、粉ゼラチンを入れて混ぜ、容器に入れたら冷蔵庫で2時間くらい冷やします。 カスタードクリームや生クリームなどをのせても良いですよ。

次の