前髪なし アレンジ。 前髪なしのまとめ髪アレンジ10選!不器用でも簡単なやり方は?仕事用も

“前髪なし”が似合わない6つの理由

前髪なし アレンジ

そのまま毛先までスルーさせて。 これを2〜3回ほど繰り返し、自然なカールに。 指先にシアバターをほんの少しつけて、毛束を細かく取って指先でこすりながらなじませていく。 ゴムは緩ませず、きっちりタイトに結わく。 ジェルを指先にほんの少し取り、おくれ毛をつまむようにしながらなじませる。 ゆるさを残しつつも、どこかちゃんとした印象に。 トップや後頭部の表面も数か所つまんでデコボコになるように軽くひっぱる。 耳を半分隠すことで、ヌケ感アップ! 【How to】 スカーフは耳にかかる程度にぐるりと巻き、いつもよりやや高めの位置でひとつ結びに。 ひとつ結びにしてから、毛束に指を入れ、上下に動かし、逆毛を立ててボリュームを。 首元あたりまで編み終えたら、クリップで仮留めする。 仮留めを取って毛束をほぐす。 \完成/.

次の

前髪なしの簡単ヘアアレンジ【ボブ・ミディアム・ロング】|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

前髪なし アレンジ

【目次】 ・ ・ ショートボブからミディアムボブのおすすめヘアスタイル ショートボブ|こなれ感のあるウエットヘア 女性らしいシルエットのショートボブスタイル。 長めの前髪でニュアンスを仕込むのが大人っぽく仕上げるポイントです。 ボブ|ふんわりエアリーなニュアンスヘア ランダムに動きをつけた巻き髪スタイル。 くしゅっと立体感のあるフォルムが、軽やかな雰囲気をまとえます。 なんとなく地味な印象…。 ストレート|好印象な前下がりボブ 硬・太・多…という三重苦の髪質は、前下がりのボブがベストバランス。 全体を丸いシルエットに。 後頭部はふんわり膨らませ、ストレートにブローします。 首から背中にかけてキュッと締まって見えるので、小頭見えも叶います。 ストレート|ターバンアレンジが似合うスタイル 何か物足りない時は、スカーフ風ターバンが大活躍! 動きのある外ハネを部分的につくることで、旬なスタイルに。 巻き|今っぽカーリーヘアで手軽にイメチェン ゆる巻き… ではなく、クルンとエッジのきかせたカールヘア。 みずみずしく仕上げるスタイリング剤をもみこんでセットします。 簡単アレンジ! ハーフアップやまとめ髪も 広がる日・広がる髪質のヘアアレンジ 広がる髪質・湿気の多い日にはこの時短スタイル! ヘアスタイルがこなれた顔まわりに。 後れ毛がカギ! カジュアルハーフアップ シンプルな服の日は、少しカジュアル方向のヘアで今っぽく。 ざっくりハーフアップして、後れ毛をつくることがポイント。 ヘアバームでウエットな束感に仕上げます。 スパイシーに決める! 女っぽいヘアアレンジ 後れ毛をつくるだけでグッと華やかに。 ひとつのまとめ髪がスパイシーかつ知的な印象になります。 ギュッとタイトにスタイリッシュなまとめ髪 後れ毛をつくらないスタイリッシュバージョン。 耳上・耳横・トップだけ、毛束を少し引き出してニュアンスをつくります。 少しずつ5mm程度引き出しながら、スプレーでキープして完成! 結婚式も簡単くるりんぱでOK! きちんと見えハーフアップ ハーフアップしてくるりんぱしただけの簡単アレンジ。 オフィスにもパーティーにも合うスタイルです。

次の

“前髪なし”が似合わない6つの理由

前髪なし アレンジ

簡単に髪をまとめることができるポニーテール。 だけどいつもと同じじゃつまらない。 そんな気分の時におすすめなのが、前髪を上げたり、流したりする前髪なしのポニーテールアレンジ。 暑い時期はもちろん、結婚式や特別な日にも役立ちそうなテクニックが満載のアレンジをご紹介しますので、参考にしてみてください。 【目次】 ・ ・ ・ オールアップスタイルで魅せるすっきりポニーテール まずは基本のこの形!外国人風のおしゃれポニーテール トップの毛のボリューム感が演出してくれるのは、外国人風のおしゃれ感。 【How to】 1 手ぐしで前髪に逆毛を立てていく 前髪の毛束を少しずつ取り、手グシで逆毛を立ててボリュームを出します。 2 ざっくりとまとめた後、クリップでとめる 1で出したトップのボリュームをつぶさないように気をつけながら、髪全体を手グシで集め、バナナクリップを使って高い位置で留めます。 3 トップの毛を指でつまみ出して調節する クリップを片手で押さえ、トップの毛を指でつまみ出してボリューム感を調節します。 サイドはタイトめに押さえ、トップはふんわりに。 毛先も柔らかく散らしてバランスをとって完成! 仕事スイッチをオン!清潔感抜群のハンサムポニー 初対面のクライアントとの打ち合わせには、キリッと大人っぽいシンプルなひとつ結びで。 前髪も上げてオールバック風にすれば顔周りが明るくなり、清潔感が出て印象良し! Back シンプルな髪型だからこそ、高さやフォルムにはこだわりを。 落ち着いた雰囲気に見せたい勝負の日は耳くらいの高さで程よいくずし感を出しつつ、派手すぎないヘアアクセで。 【How to】 1 ゆる巻きにした後で耳の高さで結び、毛束を巻きつける 耳あたりから毛先までの髪をゆるく巻いておき、手ぐしでざっくりまとめます。 耳くらいの高さでひとつ結びにして落ち着き感を。 結んだゴムを隠すように毛束を巻きつけてピンで留めます。 2 髪をポイントでつまみ出して、立体感&こなれ感を トップからサイドの髪をところどころ指で引っ張り出し、立体感とこなれ感を作って。 前髪も後ろに流して、バランスをみながらスプレーで固定します。 3 小顔見せ効果を作るように耳横に毛束を引き出して 耳横にかかるように、スプレーを少量つけた指先で毛束を引き出して。 髪を耳横に少し残すとこなれ感が一層出て、小顔見せ効果が生まれます。 前髪にねじりを加えると、簡単だけど手が込んでいるように見えます。 Back Side 【How to】 1 空気を含ませ逆毛を立てて、前髪を分ける 前髪は残し、くしをトップの毛に裏側から上下させて、空気を入れて逆毛を立てます。 前髪は8:2のサイドパートに分けて。 2 分けた前髪を外側にねじり、留めた後でくずす 外側に向けて、分けた前髪をそれぞれねじっていき、ピンで耳の後ろの位置に留めます。 3 全体の髪を手ぐしで集めてサイドで結ぶ 前髪を8:2の8のほうに寄せて、全体の髪を手ぐしで集め、サイドで結びます。 ざっくり手ぐし感をあえて残すのがおしゃれ感を出すコツ。 4 ヘアアクセをつけ、くずしてニュアンスづけを ヘアアクセをつけたら、毛束を片方の手で押さえながら、ランダムにトップやサイドの髪を引き出します。 こなれ感が出るようにニュアンスづけを。 Top Side 【How to】 1 前髪を少量ずつトップと合わせながら取る 前髪を4束に分け、ねじりを浮かさずに一体化させるために、それぞれトップの髪と合わせて縦長に取っていきます。 2 少しきつめにねじり上げて、ピンで留める 前髪を巻き込みつつ、4つの毛束を同じ方向にねじり上げてピン留め。 両サイドの髪をひと束残しておいて、全体は緩く結びます。 3 ねじりをくずさないように気をつけながら、少しずつ髪をつまみ出す ニュアンスをつけるように、ねじりの束から1〜2か所ずつ髪を引き出します。 短い前髪が飛び出たらワックスを使ってなじませて。 連続くるりんぱで上級者に見える簡単アレンジ 連続くるりんぱをするだけで簡単なのに、バックを器用に編み込んだみたいな上級者見えアレンジ! Back Side How toは動画でCHECK! Top Back 【How to】 1 前髪をラフにかきあげてポンパドールに 前髪全体を上げてトップの位置でゴムで結びポンパドールを作ります。 次のプロセスで髪を引き出すので、ほどけないように、きつめに結びしっかり固定! 2 ポンパドールの髪を指でつまんで思いきり良く引き出す 結び目を指で押さえながら、もう一方の指で髪を上につまみ出します。 ボリューム不足にならないように、大胆に引き出すのがポイント。 3 全体をざっくりとひとつに結ぶ 顔周りの髪を少し残し、全体をポンパドールの毛先ごとまとめて結びます。 サイドの髪も指でつまんで引き出して耳にゆるくかぶせて。 パーティーや特別な日にもおすすめ!やんちゃセクシーポニー 結婚式や2次会、決起会など、気持ちを入れて盛りたい時におすすめのアレンジです。 Side Back 【How to】 1 髪全体を手ぐしで大胆に持ち上げる 前髪を片方だけ一束分残して、残りの髪を手ぐしでまとめます。 こなれた手ぐし感を残すため、指を開いて大胆に髪に通すのがコツ。 2 後頭部の上の位置にシュシュで結ぶ まとめた髪は高めのポニーテールにして、シュシュで結びます。 安定感が心配な場合なら、ゴムで仮縛りをしてから隠すようにシュシュを重ねてもOK。 3 毛束を引き出して立体感をプラス 結び目を一方の手で押さえつつ、ランダムにトップとサイドの毛束をつまみ出します。 Side 手ぐしでざっくりまとめたラフ感が魅力。 毛先は軽く巻いておくと、だらしない印象にならずおしゃれ感キープ。 【How to】 1 手ぐしで髪を高めの位置にまとめてゴムで結ぶ 髪を手ぐしで後ろの高めの位置にざっくりとひとまとめにしてゴムで結びます。 2 前髪を斜めに流して、毛先をねじってピンで留める 前髪は動いても邪魔にならないように斜めに流します。 毛先を少しねじって奥の位置でアメピンで留めて。 前髪を1:9に流すだけ!一工夫で洗練された大人ポニーに 前髪を流すだけの簡単アレンジなのに、洗練された印象に。 休日のリラックスタイムにもぴったり。 Top Side 【How to】 1 トップとサイドの髪ごと、前髪を大胆に斜めに分ける 前髪をトップとサイドごとざっくり9:1に分けます。 前髪と全体の髪がうまくなじまないときは、コームで毛束の毛先から軽く逆毛を立てて、空気を入れてからやってみて。 2 ひとつに結んだら、前髪をピンで留める サイドの髪を耳が半分程隠れるくらいかぶせつつ、緩めにひとつに結びます。 3 前髪を少しずつつまみ出す くずれてしまわないようにピンを指でしっかり固定しつつ、前髪を引き出します。 2 全体の毛束を指でつまんで引き出す 全体の毛束を指で引き出し、表面が波打つようなニュアンスを。 ポイントは後頭部付近を大胆に引き出しボリュームを出すこと。 結び目がキュッとタイトに見えてメリハリがUPします。 3 毛束を2本取って、ねじねじする 端1/4くらいの毛束を取って2本に分け、毛先までねじります。 後でくずすので、ほどけないようにきつめにキュッとねじっておくのがコツ。 4 細かく毛束を引き出す 毛束の先端を持ちながら、ねじった部分をところどころ丁寧に細かく引き出します。 ざっくりでもOKですが、ひと味違う女らしい仕上がりにしたいなら、写真のように繊細に引き出すとよいでしょう。 5 毛束をゴムに巻きつけピンで留める ゴムに毛束を巻きつけてピンで固定します。 4で繊細に毛束を引き出したことで、ゴムに巻きつけたときにフラワー状の立体感が出ます。 この一手間で、バックスタイルがより女性らしく! 前髪が顔にはらり…抜け感抜群のサイドくるりんぱポニー 正面からだと一見味気ないローポニーも、テクニックを使えば一気にあか抜けスタイルに。 ポイントはほんの少しサイドに寄せること。 Side Back 【How to】 1 サイドに寄せて緩めに結ぶ 薄く前髪を残したら、全体をやや右寄りに結びます。 くるりんぱしやすいように、気持ちきつめに結んでからゴムをやや下げて。 2 穴に毛束を通してくるりんぱ 1で結んだゴムの上に穴をあけ、上から毛束を通してくるりんぱ。 左右に毛束を引っ張りながら、ゴムを押し上げます。 3 ゴム・顔周りの毛束を引き出す ゴムの周りがタイトになりすぎないよう、指でつまんで毛束を細かく引き出してくずします。 顔周りも引き出して、透け感をプラス。 3 引き出してくずし、仕上げる 穴に通し切ったら、毛先を下にキュッと引っ張ります。 最後に毛束をふたつに分け、ゴムを押し上げるように左右にグッと引っ張りましょう。 Back 【How to】 1 ざっくりとポニーテールにして、くるりんぱ 片サイドの髪を残し、ざっくりとゴムで結んでポニーテールに。 残しておいた髪は中間をゴムで2段で結び、くるりんぱにします。 毛先を通す穴を下にずらしながらさらに2回くるりんぱすると、まるで編んだようなニュアンスに。 2 ポニーの結び目に巻きつけてピンで留める 1でくるりんぱした毛束をゆるくほぐして、ポニーのゴムの結び目に巻きつけてピンで留めます。

次の