鶏 団子 卵 なし。 鍋にも最高!低糖質でも絶品柔らかな鶏団子の作り方(厳選6品)

鶏団子のレシピ/作り方:白ごはん.com

鶏 団子 卵 なし

鶏だんご鍋の下ごしらえ はじめに、土鍋に水と昆布を合わせておきます(水は土鍋の大きさにあわせて1〜1. 5リットルくらいで調整してください)。 続いて、 鍋を食べる前の段階で火を通しておくとよい「鶏だんご」と「ささがきごぼう」を作っておきます。 鶏だんごは、はじめにひき肉と塩を合わせて粘りが出るまでかき混ぜ、酒以外のAを加えてしっかり混ぜ合わせます(ここではまだ酒は加えません!)。 全体が混ざったら最後に酒を加えます。 酒は混ぜ合わせたタネの硬さを見ながら、やわらかすぎる状態にならないよう、調整しながら加えてください。。 より詳しくはへ(動画でも紹介しています)。 次にささがきごぼうです。 こちらはしっかり火を通すので、少し太めくらいがよいです。 ささがきにした後にさっと水にさらしてざる上げしておきます。 2つが用意できたら、昆布だしを火にかけ、沸騰前にごぼうを入れます。 アクが出てきたら除き、沸騰直前に昆布も取り出します。 軽く鍋の中を沸かしつつ、 タネを適量手に取って、親指と人差し指の間から直径3㎝ほどの大きさにしぼり出し、出てきたタネをスプーンですくい取って静かに落としていきます。 鶏だんごに火が通るまで、コトコトと炊いておけば、あとは具材を用意して鍋を温めて仕上げるだけです。

次の

作りおき★アレンジ無限大のフワフワ鶏団子

鶏 団子 卵 なし

鶏だんごの下ごしらえ まず、ボウルに分量の鶏ひき肉と塩だけを合わせます。 写真右のように手を軽く握り込んで、ボウルの中で粘りが出るまでしっかりとかき混ぜます。 ここでしっかりと練り混ぜることで、つながりがよくなり、なめらかな食感になります。 ひき肉に粘りがでてきたら、A(調味料やねぎ、卵など)を加えてしっかり混ぜ合わせます(ここではまだ酒は加えません!)。 全体が混ざったら、最後に酒を加えます。 酒は混ぜ合わせたタネの硬さを見ながら、やわらかすぎる状態にならないよう、調整しながら加えてください。 やりやすい状態は人によって違うのですが、酒は鶏肉の臭みを除いてくれるので、できれば全部入れたいところ。 やわらかくなりすぎるのはNGですが、 「タネはゆでる前に冷蔵庫で30分ほど冷やすと少し硬くなってしぼり出しやすくなる」「やわらかくてしぼり出しにくいときは、片栗粉をさらに追加で少量加えてもよい」という対処法もあります。 もちろん昆布なしのゆで汁もスープになるのですが、その時は多少鶏のクセが出やすいので、生姜を合わせたり、みそを溶いたりした上で使うとよいと思います。 ゆでる時はスプーンにサラダ油をつけておき(必須ではないですが塗ったほうが表面の仕上がりがきれいになります)、タネを適量手に取って、 親指と人差し指の間から直径3㎝ほどの大きさにしぼり出して、鍋に落としていきます(詳しくは下の動画でぜひチェックしてみてください)。 鶏だんごの大きさにもよりますが、全部入れ終わってから 約7〜9分ほどゆでればOKです。 ゆでた鶏だんごは、バットなどにあけて冷まします。 冷蔵庫で3日ほど日持ちしますが、それ以降に使うなら冷凍保存するとよいです(冷凍なら1か月が保存の目安)。

次の

鶏団子鍋(鶏つくね鍋)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鶏 団子 卵 なし

写真2 : 豚「肉だけ団子」材料 《作り方》 鶏肉、豚肉とも「肉だけ団子」は、ひき肉に塩2g、おろしショウガ5gを加えてよく練り、冷蔵庫で30分休ませた後、約25gずつの8個に丸めた(写真3)。 いずれの肉も練る時間は同じにした。 「加水団子」の場合は、「肉だけ団子」と同じ時間をかけて肉をよく練った後、数回に分けて水を加えながらさらによく練り、丸めた。 1個の重量を「肉だけ団子」と同じにし、鶏「加水団子」は10個を、豚「加水団子」は12個を作った。 写真3-1 : 鶏団子 スプーンを使って丸める 写真3-2 : 豚団子 手で丸める 《加熱》 加熱方法は、ゆでと電子レンジとし、中心温度が90度以上であることを確認した。 ゆで時間は、軽く沸き立つたっぷりの湯の中で4分間とした 写真4。 写真4 : 軽く沸き立つ湯でゆでる 電子レンジ加熱は、耐熱性のガラス丸皿に肉団子をドーナツ状に並べ、ふんわりとラップをかけて行った。 加熱時間は重量に比例させ、鶏肉、豚肉とも「肉だけ団子」は600W4分 写真5 、鶏「加水団子」4分30秒、豚「加水団子」は5分20秒加熱した 写真6)。 写真5 : 豚「肉だけ団子」電子レンジ加熱前と後 写真6 : 豚「加水団子」電子レンジ加熱前と後 《結果》 加熱すると、肉団子は締まって肉汁や脂肪が抜け出す。 ゆでた後、湯には脂肪が浮いた。 また、電子レンジ加熱では肉汁が流れ出て、特に「加水団子」の流出量は多かった。 それでも、加熱前後の重量を比較すると、鶏肉も豚肉も、ゆでもレンジ加熱も、ともに「加水団子」の方が「肉だけ団子」よりも抜け出さずに残っている肉汁や脂肪の量が多く、重かった(図1)。 図1 : 肉団子の重量変化 豚団子を包丁で切って、断面を観察した(写真7)。 「肉だけ団子」は、肉の粒同士がかたく密着している。 対して「加水団子」は包丁で力を加えると、切るよりも肉同士のつながりがほどける方が早く、くずれてしまったが、肉の粒の間に空間が見られる。 写真7 : 豚「加水団子」(左)、豚「肉だけ団子」(右)の断面 食べてみると、「肉だけ団子」はかたくしまってボソボソした食感なのに対し、「加水団子」はふっくらとして弾力があり、ジューシーだった。 料理熟練者が言う通り、水を加えた肉団子の方が明らかにおいしかった。

次の