レジカゴ バッグ 保冷。 使い勝手抜群な「レジカゴバッグ」おすすめ16選♪ アウトドアにも◎

【ダイソー】500円の「保冷機能付レジかごバッグ」が優秀 節約・時短5つの魅力を紹介 | マネーの達人

レジカゴ バッグ 保冷

先日登場した途端、1500個がまたたく間に完売したアンジェオリジナル「レジカゴバッグ」。 再入荷待ちが殺到した、今、大注目のアイテムです。 すでにチェックされている方も多いかもしれませんが、気になるのは実際に使ってみてどうなのか?という点ですよね。 ずっとレジかごバッグを探していたわたしにとって、このアイテムは「ようやく見つけた」理想のカタチ。 さっそく使ってみたのでレポートします! 小さい子どもとスーパーに行くのはひと苦労 わが家の買い物は、だいたい週2ペース。 2歳の娘を連れて車で出掛けます。 商品を袋詰めする時はいつも子どもが脱走しないかヒヤヒヤし、かといってベビーカートを利用すると通路を塞いでしまって、肩身が狭い。 これはいよいよ「レジカゴバッグ」の出番では? そこで探してみたものの、デザインが派手だったり生地がペラペラで、今ひとつ決め手に欠ける。 どうしようかと思っていたところで登場したのが、アンジェのレジカゴバッグ。 すぐに「これだ!」とピンときました。 第一印象から、好感度はかなり高め わたしが最も心惹かれたのが、エコバッグには見えないルックス。 潔いシンプルデザインとしっかりした生地感で、普段使いのバッグのように持ち歩けます。 持ち手の部分は、よくあるテープ紐ではなく本体と同じ生地で作られており、こういう細やかな作り込みのおかげで安っぽく見えません。 さらに、保冷素材&保冷ポケットのおかげで、娘が帰りに突然「公園に行きたい!」なんて時も、気兼ねなく寄り道できます。 はじめてのレジカゴバッグ。 こんなに快適だったとは! <レジでの装着が簡単> 作りがしっかりしているのでパッと広がり、バサッとカゴにかぶせられ、装着がとってもスムーズ。 初めて使った時もモタモタせずに済みました。 <たくさん荷物を入れても雪崩がおきない> バッグが自立し、荷物の雪崩を防いでくれます。 帰りの車のトランクの中や、帰宅して荷物を置いた時も安心。 また少々山盛りになっても巾着を閉じれば溢れません。 (ただしかなり重くなります。 ) <行きも帰りもこれひとつで> サイドに大きめのポケットがあり、お財布と鍵とスマホくらいなら余裕で入るので、行きも帰りもこれだけ持てばOK。 行きはこの形にして持ち歩いています。 <家での定位置は冷蔵庫の横> 小さく畳んだ状態は、バッグに入れて持ち歩くには少しかさばりますが、収納するには良いサイズ感。 冷蔵庫の横のファイルボックスにストンとおさまりました。 ここなら出掛ける前に保冷材を入れるのも、買った食材を片付けたあとに仕舞うのも、動線がスムーズ。 もうこれナシで買い物はできない 実際に使ってみて気になった点としては、 ・レジの人が不慣れだと、かえって時間がかかったり、入れ方が雑になったりするので、なるべくベテランさんのレジに並んだ方が良いこと でもそれより何より、会計のあと出口に直行できるのがとにかく快適で。 今までのように周囲に気を使いながら袋詰めをしたり、子どもにグズられることもナシ。 あ〜、もっと早く出会いたかった! 一度使えば病みつきになるレジカゴバッグ。 皆さんも買い物の相棒に、ぜひ検討してみてください。 【ご紹介したアイテム】 お買い物カゴバッグだからと言って、妥協しないシンプルなデザイン。 入れやすさ、取り出しやすさ。 ピクニックやキャンプなどのアウトドアでも使える大容量エコバッグです。

次の

【楽天市場】エコバッグ

レジカゴ バッグ 保冷

5cm 折りたたみ時のサイズ 約 :横23. たたんだ時に外側になっている部分が、 広げた時にバッグの底になります。 バッグはお買い物以外にも活躍しそうな超ビッグサイズ。 ブラックのシンプルなデザインで一年中使えそうです。 軽量のポリエステル生地。 本体部分は生地が二重になっています。 開口部と持ち手はフチにテープ付き。 巾着型のカバーもブラック。 紐も充分な長さです。 巾着部分の生地もたっぷりあって外側に垂らすとこんな感じに。 GLOWも平らに置ける広い底面。 内側の生地もツルツルした手触り。 バッグには保冷機能はありません。 ) ドリンク類や箱入りの食品など、たくさんお買い物をしても余裕で収納。 巾着がすっぽり覆ってくれます。 保冷ボトルケース。 ストラップは金具で好きなバッグなどに取り付けられます。 ファスナーは上部のみがオープンするタイプ。 500mLペットボトルを入れるのにジャストサイズ。 写真のような飲み口の広いタイプのボトルの場合、ファスナーを閉めるのがギリギリで少しきつくなります。 お買い物以外にも使いたくなるお洒落なデザインです。 レジカゴバッグは保冷機能はありませんが、本体部分の生地は二重になったつくり。 軽量な素材でたたむと薄型のコンパクトな形に。 ビッグサイズなのでたたむ時に少し空気を含んだ感じになりますが、軽く手で押さえるとすぐにコンパクトになります。 かなり大きいので、気軽なショッピングというよりはたくさんお買い物をする時に向いています。 週末など食材をまとめ買いする時にも活躍しそう。 底面が硬いつくりではないものの、ドリンク類なども余裕で入る大容量です。 保冷ボトルケースは500mLペットボトルにジャストサイズで、それ以外のボトルにはややきつめ。 ストラップの金具が取り外しできるので、好きなバッグに付けられるのが便利です。

次の

【レジカゴバッグの使い方】便利すぎるけど、迷惑にならないように気をつけよう!

レジカゴ バッグ 保冷

レジカゴバッグは迷惑なのか店員さんに聞いてみた 私のよく行くスーパー「マック〇バリュー」と「平〇堂」のレジ係の方に直接聞いてみました。 両店舗共に、マイレジカゴバッグ持参して聞いたのと、持参しなくて普通にスーパーの袋に詰めてもらう時と2回に分けて検証しています。 もちろん、レジ係の人も4回とも違う人です。 男性ではなく、女性の方にききました。 マイレジカゴ持参「マック〇バリュー」 時間帯:平日の夕方 混雑具合:ふつう 重たいものからお入れしていますが、肩掛けなどは持った際にどうしても形が崩れてしまうので。 なんということでしょう! ベテランのレジ係さんだったこともあり、詳しく教えていただけました。 検証結果、 レジカゴバッグは入れてもらえる! ただ、気になるのが無言だったレジ係さん。 この方はレジカゴバッグには否定派だったのかもしれません。 混雑時はみんな急いでいたりするからイライラしちゃうのもわかりますよね。 しぼりもついていて中身が飛び出さないし、ナイロンなので汚れても平気です。 スポンサーリンク レジカゴバッグのメリット・デメリット 実際に私がレジカゴバッグを使ってみておもった、メリット・デメリットを紹介します。 レジカゴバッグのメリット メリットといったら、袋代がかからず見た目的にスマートなところでしょうか。 買い物に行くと必ず入れてくれるビニールの袋。 両手に重い買い物袋だと、手がちぎれそうになるんですよね。。 私は週に一回大量に買い物をするので、その時の買い物帰りは悲惨な状態です。 まさにおばさんが汗だくで買い物袋を持っている悲惨さが伝わるでしょうか・・・ レジカゴバッグは、支払いが終わったら袋の先を閉じてそのまんま持って帰ることができるので、超超超ズボラな私にはぴったりなアイテム。 また 肩にかけることで重さが軽減されて、肩にかけた方が荷物の運びがしやすいです。 でも、あまり 重いと肩が取れるほど痛いからご注意を! 私のレジカゴバッグはもう一つ秘訣があります。 それは近くの「マック〇バリュー」では、ペットボトルを回収してくれるんですよ。 レジカゴバッグに空のペットボトルを入れてストック。 そのまま買い物に出向きます。 ペットボトルを回収箱に入れて、そこから買い物スタート。 これでペットボトルを捨てる労力も少なくて済むし、何よりペットボトルを捨てる袋などを購入しなくてもいいのでこれもオススメですよ! レジカゴバッグのデメリット デメリットを考えるとレジ袋がもらえないということでしょうか。 ゴミを捨てる時の袋に使えたりするから、ないと困るんですよね~ でも最近のレジ袋はお金が取られるので、塵も積もれば痛い出費になるのかもしれません。 「これぐらいで」と思うけれど。 そのために我が家は100均で ゴミ袋を買っています。 100円でかなりの量が入ったゴミ袋が手に入るので、なんだかこっちの方がいいんじゃないって感じです!.

次の