メルカリ。 「メルカリとヤフオク」利用目的の決定的な違い

メルカリ、米国では「1日に15万件の出品」

メルカリ

2018年、AFCチャンピオンズリーグを制覇した鹿島アントラーズ(「Wikipedia」より) フリマアプリ大手の メルカリがサッカーJ1の鹿島アントラーズの経営権を16億円で得た。 アントラーズは Jリーグ優勝8回の強豪。 1947年、住友金属工業のチームとして創設以来、旧住金社員はアントラーズに強い愛着を持ってきた。 2012年、住金と新日本製鐵が経営統合した後も、新日鐵住金はスポンサー契約を続け、合併後の社内融和に一役買った。 だが、今年4月、新日鐵住金から日本製鉄に社名を変更。 社名から住金の名前が消えたように、旧住金出身者は経営中枢から外れた。 日本製鉄にとって、アントラーズは旧住金の遺産のひとつでしかなくなった。 日本製鉄が旧住金色をとどめるアントラーズの経営権を手放したのは、自然な流れである。 アントラーズは今、アジアの王者である。 日本製鉄に「売り時」との判断が働いた可能性は高い。 一方のメルカリは2013年創業。 ユーザーの中心は20~30代の女性。 アントラーズを手に入れたことで、若い男子や40代以上の階層の開拓を狙う。 Jリーグの草創期は、住金のような重工長大な名門企業がクラブの経営を担ったが、急成長したベンチャー企業に取って代わられた。 メルカリがJ1最強のアントラーズを手に入れた意味は大きい。 次はどこを、どのITベンチャーが狙うのか。 キャッシュレス決済サービスをカシマスタジアムで展開 7月30日、東京都内で記者会見したメルカリの小泉文明社長は「私たちとアントラーズ、地域の三位一体でチームを強化したい」と抱負を述べた。 アントラーズの庄野洋社長は「クラブの伝統やフィロソフィーはしっかりと継承しながら、変えるべきものはしっかり変えていく」とした。 日本製鉄が、住友金属工業時代から70年以上にわたって持ち続けてきたクラブの経営権をメルカリに譲渡したのは、いわば時代の流れである。 18年のアントラーズの営業収益は73億3000万円。 J1ではヴィッセル神戸(96億6600万円)、浦和レッドダイヤモンズ(75億4900万円)に次いで第3位の規模だ。 それでも、クラブワールドカップに常に出場するチームを目指すには「(営業収益)100億円が必須。 100億円ないと世界では戦えない」(Jリーグ関係者)といわれている。

次の

メルカリに鹿島アントラーズがたった16億円で“叩き売り”された裏事情…早くも「転売」懸念も

メルカリ

メルカリ転売は売れるもの多数!月10万稼ぐのも可能!? メルカリと言えば?と聞かれて何を思い浮かべますか? フリマ感覚で安くお得に買えたり、 逆にいらないものを出品してお金に変えたり といったところですかね。 でもそれだけでは非常に勿体無いです。 実はメルカリには 売れるものがたくさんあるので メルカリを使って転売することで 主婦や学生でも月10万稼ぐことも可能です。 何故ビジネス初心者の方でもそれだけの収入を得ることができるかと言うと それは メルカリだからこその理由があります。 3000億円越えというフリマアプリの市場規模 あなたはフリマアプリ全体の市場規模ってご存知ですか? 2017年には 3000億円以上の市場へと成長しました。 あの有名なオークションサイト、 ヤフオクの市場規模が約 3400億円なので ヤフオクに迫る勢いですね。 3000億円のうち メルカリが約半分近くの規模があるので、 近い将来メルカリだけでヤフオクの規模を抜いてしまうかもしれません。 またヤフオクはもちろん、大手家電量販店「 ノジマ」も フリマアプリに参入してくると言う話が出てきました。 ノジマのフリマアプリは スマホや家電に特化したもので、 ノジマ自身も出店を予定しているのだとか… 今後フリマアプリでさらに稼ぎやすくなることを期待したいですね! 取扱できる商品(売れるもの)が豊富 2017年には 5,000万ダウンロードされたメルカリですが 1日の出品点数がなんと 100万品以上も出品されています。 メルカリは仕入先として使うこともあるのですが 同じ商品でも一日で何回も出品されていて 通知設定しているとひっきりなしにアラームがなります。 また商品数も多いですが、なんといっても 商品種類がとても多いです。 女性向けというのもありますが、レディースや化粧品だけでなく 家電やゲーム、スポーツ用品や自動車なども販売されております。 かなりニッチな商品もあり、意外なものが高く売れるかも?しれません。 メルカリが人気の理由は? 3分で楽々出品!メルカリ人気の秘密はその手軽さにあり! ここまでメルカリが急成長した一番の理由は 何と言ってもその 手軽さにあります。 出品自体は品物をスマホで撮って、特徴や説明を入れ 金額を決めたら3分ほどで出品ができますし 登録や出品もゼロ円で出来ます。 (ただし、売買成約時に10%販売手数料が取られます) また在宅で出来ることも人気を呼び 主婦層の間で利用者が拡大しており 現在日本だけで6000万ダウンロードを突破しています。 煩わしさを排除!メルカリの個人間取引の問題もこれで解決 メルカリが人気の理由には 安心して購入できるというのも人気の理由です。 商品の発送や代金決済において メルカリが出品者と購入者の間に入り 互いに個人情報を開示しなくても良い エスクローサービスを実施しています。 また決済についても メルカリ側で売上代金を一時的に預かり、 購入者が受け取り後、評価をしたら売上金が受け取れるようになります。 こうした個人間取引の問題を排除し 売り手と買い手双方が安心して取引できるのも人気の理由です。 安い値段で欲しいものを購入できる メルカリで利用している方の多くが 商品を安く買えるという理由で利用している人が大半です。 実際、Amazonやヤフオク、その他ショッピングサイトを 見ても 圧倒的に安いのがメルカリです。 中でも化粧品などは特に人気で 「お金をかけないでキレイになりたい」というニーズが多く あまり化粧品などにお金を掛けられない10代20代の ユーザーから人気があります。 メルカリで売れるもの10選はこれだ! メルカリの市場は 女性ユーザーが特に多く、 商品点数の約 4分の1をレディース用品が占めており、 女性向けの商品が比較的売れやすい印象です! またメルカリに限らず転売で儲かるためには、 売りたい商品売るのではなく 売れる商品を売るということが大切です。 転売をしていくと自然に 商品知識などがついてきて、 相場感や売れそうな商品が分かってくるので、 ぜひ宝探しのつもりでメルカリで楽しくたくさん儲けていきましょう。 レディース用品 メルカリの販売数に占める割合が最も多いのがレディース服になります。 やはり 女性ユーザーが多く、 出品する人も買い物する人もレディース服が断トツに多いです。 購入する人が多いと言うことは それだけ販売機会がたくさんあるので 積極的にリサーチしてみてはいかがでしょうか。 エンタメ・ホビー ゲームや マンガ、おもちゃなどが 「 エンタメ・ホビー」と言うジャンルになるのですが こちらもかなり人気カテゴリーですね。 ゲームソフトやマンガなどは 小さいので 送料無料が当たり前になっているメルカリでは 出品がしやすく相性が良いです。 またマンガなどはまとめ売りも人気で 1個ずつ買うのが面倒くさいという ユーザーに需要があります。 また、ゲームはソフトだけでなく 本体や 周辺機器も人気があります。 さらにゲームやおもちゃは プレミアになりやすく タイミング次第ではかなりの利益を取れたりします。 ベビー・キッズ 意外と人気なのがこのベビー・キッズ用品です。 メルカリでの出品数でいえば 3番目に多いカテゴリーになります。 オムツや赤ちゃん用のご飯といった消耗品を安く買うことが できたり、 使わなくなったベビーカーや服などが人気がありますね。 コスメ・美容 化粧品などは女性が一番 お金を使うジャンルではないでしょうか? お金を使うということは それだけ稼ぎやすいということですね。 メルカリではブランド物はもちろん 実は 試供品などの サンプル品もかなり売れます。 「 使ってみたいけど高い値段払って 肌に合わなかったらどうしよう」 といった 不安を抱える人が メルカリで 安価に購入して試してみるといった感じです。 下手に1時間コンビニでバイトするよりも 1時間試供品をかき集めた方が稼げるかも?しれません。 メンズ用品 メンズもかなり需要が上がってきているカテゴリーです。 アディダスや ナイキといった ブランドを狙うのも もちろん良いですが 洋服などであれば シーズンをずらした転売もできますね。 季節の変わり目では店頭やネットでは処分品として 安く売り出されることが多いので 安くなってから買い、シーズンが来たら高く販売する といったことができます。 さらに仕入先としてはメルカリも充分な仕入先 になりますので メルカリ仕入メルカリ販売というのも できてしまいます。 家電・スマホ 一昔前では 家電せどらーという言葉があったくらい 家電商品は非常に稼ぎやすいカテゴリーです。 またスマホ関連グッズもデコレーションしたり アクセサリーとして買う方が多いので売れやすいジャンルになります。 ただ家電商品は 大きいものが多いので 送料でかなり取られてしまいますので 売れはするけど、メルカリで家電商品の転売は 相当な価格差がないと少し難しいかもしれません。 ハンドメイド 個人的にはハンドメイドは かなり稼ぎやすいカテゴリーではないかと思ってます。 何故ならば オリジナル性が強くて 他の出品者と競合することがほとんど無いからです。 難しそうに見えるかと思われますが 探してみると意外と 自分でも出来そうな物があったりします。 ただしそれでもある程度の 専門スキルが必要に なって来たりしますので、利益を出すまでは長い目で みる必要があるかもしれません。 しかし、 100円や 200円の原価で 1,000円、2,000円と販売できる出来るようになれば かなり儲けることができるので、手先の器用な方などは チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 食品・日用品 意外にもメルカリでは食品なども転売できます。 賞味期限の表示義務や 必ず新品でなければいけないなど 多少の縛りがありますが、日用品は 圧倒的に回転が早いです。 そして食品などは割と薄利だと思われがちですが、 視点を変えると高利益も狙えます。 懐かしい梅ジャムです。 こちらの商品はメーカーの 製造中止が決定し 一気にプレミア価格になりました。 定価は400円ほどなのでなんと10倍もの 値段で取引されています。 送料引いても 3,000円以上利益が出ますので 梅ジャム30個近く集めれば すぐに 10万は 達成できそうですね。 インテリア・小物 インテリア・小物ジャンルでは食器やタンブラー、 マグカップなどを出品している方が多い印象です。 ちなみに私は以前タイに行った時に、タイ 限定デザインの スターバックスのタンブラーをメルカリで販売しました。 ほんと何でも売れるんだなと思います。 限定品・非売品 限定品はかなりメルカリで転売しやすいです。 期間限定とか 数量限定といったものは 期間が過ぎたり、売り切れになったりすると プレミアになりやすいので高利益が狙えます! 私がメルカリやヤフオクを使って転売する時は 大概こういったAmazonのカタログのない 限定品・非売品を売ることが多いです! 理由は簡単で、 プレミアになることが 予め予想できるからです。 何度も言いますが、限定品は 期間や数量に限りがあるので 需要>供給という図式が成り立ちやすいのです! この商品はディズニーで一定期間でかつ数量も 限りのある商品でした。 1個1,080円で販売されていましたが メルカリの販売価格はというと なんと 5,999円です。 値段が上がることが大方分かっているので 限定品を使ったメルカリ転売は 比較的初心者の方でも取り組みやすいのでオススメです。 こんなものまで売れるの? メルカリでは一見売れそうもないものが 意外と売れたりします。 紙袋は使わなくなったら捨ててしまいがちですが 少ない金額でも売れるのであれば売った方が良いですね。 松ぼっくりはクリスマスシーズンに飾りとして使う方が 購入していったりしています。 こういったものは元手がいらないので 資金が少ない人にはオススメです。 メルカリで絶対に転売してはいけないもの メルカリで売れるものというのは たくさんあるという事が分かって頂けたと 思いますが、売れるものであっても 絶対に売ってはいけないものもあるので注意が必要です! ・偽ブランド品 ・アダルト商品 ・生き物 ・武器 その他にも意外と知られていないのが タバコ、サプリメント、コンタクト、転売目的のチケット などが挙げられます。 出品禁止物の商品を運営側が削除したり していますが、 完全に取り締まる事ができて いないのが現状です。 仮に削除されないからといって 出品禁止物は絶対に出品してはいけません。 今回メルカリで売れるものが どういったものか?という事を多少なりとも ご理解いただけたと思います。 もしメルカリでの転売に慣れてきたら Amazonでの転売にも挑戦してみては いかがでしょうか? どうせ転売をするなら たくさん稼ぎたいですよね? Amazon転売の方がより 効率的に そして 圧倒的に稼ぐ事が可能です! 始めはメルカリで 相場感や 商品知識を身につけて ゆくゆくはAmazonで転売をしてみましょう!.

次の

【誰でも分かる】メルカリで送料が安い送り方一覧表【完全保存版】

メルカリ

「メルカリ」と「ヤフオク」はどう違うのか、STP分析の視点から解説します(編集部撮影) 日本人の2人に1人以上が利用するほど人気。 2013年に設立されたメルカリが運営するのが、"フリマアプリ"の「メルカリ」。 フリマとはフリーマーケット、いわゆる不用品を売り買いする「蚤の市」のこと。 それをスマートフォン等のアプリで行えるサービスが、メルカリです。 2018年7月現在、メルカリの国内ダウンロード数は、7100万件を突破。 単純に1人が1つの端末のみで使っているとすれば、日本国民の2人に1人以上が利用しているほどの人気です。 一方で、「不要になったモノを売り買いできる」アプリは、確かにメルカリだけではありません。 とくに、利用者数でメルカリと同数の人気を誇るのが、1999年に登場したオークションサイト「ヤフオク!」です。 STP分析で見る「メルカリ」と「ヤフオク」 メルカリとヤフオク、一見すると似たようなサービスです。 しかし、2つのサービスを「STP分析」してみれば、両社が「似て非なるもの」であることがよくわかるのです。 拙著でも詳しく解説していますが、STPとは、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の頭文字を取ったものです。 マーケティングで最も大切なことの1つは、ターゲットを決めること。 メルカリとヤフオクのSTP分析を文章化すると、こうなります。

次の