シアリス 偽物 効果。 【体験談】シアリスの実際の効果と心身に起きた重大な副作用とは!?

【体験談】シアリスの実際の効果と心身に起きた重大な副作用とは!?

シアリス 偽物 効果

シアリスは世界シェアNo. 1を獲得したこともある人気の高いです。 バイアグラやレビトラといった他のしても、 持続効果24~36時間・飲食しても大丈夫・副作用が弱く体に負担が少ない、などの特徴で、多くの人のを治してきました。 ところがここ数年、イーライリリー社から製造販売される本物のシアリスに紛れて、見た目だけ似せた有害な偽物が数多く出回っています。 本物のシアリスと偽物の見分け方は、簡単にまとめると以下の通りです。 本物のシアリスは2. 5mg、5mg、10mg、20mgだけ 本物のシアリスには20mgより多い成分を含むタイプは存在しません。 シアリスは国内では5mg、10mg、20mgの3種類、海外では2. 5mgを加えた4種類が流通しています。 通常のも、5、10、20mg以外のタイプが処方されることはありません。 シアリスの製造メーカーであるイーライリリー社では、シアリスの有効成分タダラフィルの配合量が20mgを超えることはない、と発表していますので、 50mgや100mgと謳うシアリスは絶対に偽物です。 そもそも主成分のタダラフィルは、シアリスに限らず 1日20mg以上摂取してはいけません。 偽物の中に、本当にタダラフィルが50mgや100mg含まれていたとしても、より強い効果が得られることはありませんし逆効果になります。 それどころか、成分の中にタダラフィル自体入っておらず、人体にとって毒でしかない成分が入っている可能性のほうが高いのです。 シアリスの錠剤の刻印はC20までしかない シアリスの正規品には、20mgなら「C20」、10mgなら「C10」、5mgなら「C5」というように、それぞれの 成分量に対応する数字が錠剤に刻印されています。 シアリスに20mg以上は存在しませんので、「C50」「C100」と彫られたシアリスは偽物です。 その他に、数字はあっていても「C」が刻印されていなかったり、ざらざらしてコーディングされていない錠剤も偽物です。 本物のシアリスは表面がツルツルしてキレイな雫型をしています。 サイトを見た時点で気付ければいいですが、もし届いてから偽物に気付いた場合、絶対に服用しないでください。 本物のシアリスの販売価格は1錠1,500円前後 「シアリス3錠1,500円」という破格の値段で売られている場合がありますが、これも偽物の可能性が非常に高いです。 本来のシアリスの値段は1錠1,500円程度です。 医薬品を扱う個人輸入代行サイトによって値段は前後しますし、まとめ買いで多少安くなることもありますが、そこまで値段に大きな違いが出ることはありません。 極端な安さの裏には、本来のED改善に役立つタダラフィルが入っておらず、反対に健康被害をもたらす有毒成分が入っている可能性があります。 節約のつもりで安いシアリスを買ったら偽物だった、というのは避けたいですよね。 シアリス錠剤がPTPシートで包装されている シアリスだけではなく、シアリスジェネリックやバイアグラ、レビトラなどはPTPシートという包装がされています。 ビニール袋に包まれているシアリスはありませんので、ご注意ください。 これは、、、、、、などのでも同じです。 薬の包装の他には、薬自体が入っているパッケージで偽物か判別できることもあります。 まずボトルタイプのシアリスは出ていません。 紙のパッケージで、場合によってはおなじデザインの偽物も出回ってる可能性がありますが、偽物の場合ほとんどカラーリングが違ったりチープな印刷だったりします。 ただ近年では、表面的には本物のシアリスにしか見えない精巧な偽物もあらわれてきました。 もし本物にしか思えないシアリスを飲んで異常な反応を起こしたら、すぐに病院に行ってくださいね。 シアリスの偽物に騙されないようにするために ED治療薬は新薬・ジェネリック共に日本国内のドラッグストアや普通の通販サイトで買えませんので、危険な偽物が出回りやすいものです。 多くの人がを通販でおこないますので、サイトの写真は本物でも届いたものが偽物だった、というケースもあります。 直接商品が見れないのは通販のデメリットですが、普通の病院やクリニックでも偽物のシアリスを処方してしまうところもありました。 偽物をつかまされないためには、本物を見分ける特徴と 信頼できる個人輸入代行サイトの見つけ方を知るのが一番の近道です。 死亡例もある偽物のシアリスの危険性 シアリスの偽物の多くは、中国・韓国・タイなどアジア諸国で製造されています。 詐欺目的での製造ですので、安全面に気を配って衛生的な設備ときちんとした成分で作られた薬と異なり、そのほとんどが不衛生で劣悪な環境、有害な成分で製造されています。 今まで見つかった偽シアリスの中には、殺虫剤の成分が含まれていたこともありました。 そんな不衛生な環境、有毒成分で作られた偽物が、人体に何も影響しないわけがありません。 本物のシアリスを飲んだ時に得られるED改善効果があるわけもなく、救急車で搬送されたり最悪のケースだと死亡した人もいるくらい危険なものです。 いまや世界中の人が利用しているED治療薬を悪用する詐欺グループは許しがたいですね。 100mgのシアリスは危険な偽物 シアリスの100mgや50mgは確実に偽物です。 シアリスは2. これは病院やクリニックでの処方はもとよりマトモな個人輸入代行サイトでも変わりません。 ところが50mgと100mgのシアリスを売っているところも存在します。 これは悪徳業者や詐欺グループなどが、成分も製造方法もメチャクチャな錠剤を「50mg・100mgのシアリス」といって流通させているのです。 偽物の流通率は非常に高く、特にネット通販では実際の商品を手にとって確認できないため偽物をつかまされてしまった、ということも少なくありません。 この偽物のシアリス100mg・50mg、届いて服用する前に気付けばまだ良いのですが、気付かず飲んでしまい大変なことになった例もあるのです。 2010年には呼吸困難によって病院に搬送された後、間質性肺炎により死亡した男性がいます。 搬送時に男性の衣服を調べたところ、シアリス50mgがポケットから見つかったことや、男性がそれまでそういった症状を起こしたことがなかったことから偽物のシアリスが原因と考えられています。 2016年には、シアリス50mgを使用した男性が痙攣と意識障害を引き起こした後に救急搬送される事案がありました。 幸いなことに命は取り留めましたが、治療の過程で一時的に脳の血管が詰まる脳血栓を起こしていたことが判明しています。 見た目だけシアリスに似せて人体に無害な成分でできているなら効果が無くお金だけ取られた、だけで済みますが、 偽物のシアリスの怖いところは飲んだら体に悪影響があり最悪の場合死に至る、ということです。 錠剤に含まれる成分が毒性の強い物である可能性も高く、さらに偽物は非常に不衛生で悪辣な環境で作られています。 中身だけではなく表面の色付けも、人体に有害なペンキや殺虫剤が塗られていることもあるそうです。 正規品の色を似せるために、プリンターのインクを混ぜたという例も報告されました。 基準を超える成分を摂取しても効果が倍増するどころか逆効果にしかならず、悪影響にしかありません。 体調によっては過剰摂取で死亡する可能性もありますので、どちらにしても100mg・50mgの偽物のシアリスは絶対に買わないようにしましょう。 基本的に偽物を売る業者は、お金をいかに儲けるかということしか考えていませんので、偽物を飲んだ人がどうなろうが一切頭に無いので注意が必要です。 偽物のシアリスには覚せい剤が含まれていることもある 今まで報告された偽物のシアリス錠に含まれている有害物質はさまざまですが、中には覚せい剤の成分に似た構造を持つ物質が含まれていた例もあります。 ・エフェドリンやメチルアンフェタミンなど覚せい剤の元になる物質• ・タダラフィルに似た性質や構造を持つ別の物質• ・詳細が明らかにされていない効果の不明な物質• ・人体に有害とされている毒性の強い物質 これらの物質が、シアリスの偽物に限らず他のED治療薬の偽者に含まれていたことが確認されています。 当然、正規品のシアリスやシアリスジェネリックなどED治療薬には含まれていない物質ばかりです。 特に問題なのが覚せい剤の元になる物質です。 知らずに使用してしまうと依存性と心身ともに蝕まれていき日常生活が送れなくなる危険性もありますが、服用していなくても含まれている成分量によっては所持しているだけで逮捕される可能性があります。 騙されてお金を取られる、体に害があり命の危険もある、といった被害の他にこういった危険もありますので、シアリスなどED治療薬の購入は信頼できるサイトでおこなって下さいね。 偽物のシアリスの流通率は5割 偽物のシアリスを服用した人が次々健康被害を訴え、また最悪のパターンで死亡した人が出て、多くの人に衝撃を与えました。 粗悪品の実態を明らかにするために各製薬会社がインターネット上で流通しているED治療薬の割合を調査したところ、驚くことに 約5割が偽物という結果になったのです。 中には病院関係者まで騙されて、病院やクリニックでの処方なのに偽物のシアリスを服用することになってしまった、という事例もありました。 それほど、利用者のごく身近なところでシアリス50、100mgのような有毒な粗悪品が出回っているのです。 偽物に騙され被害を受けないようにするためには、 本物か偽物かを見分けるポイントを知ることが大切です。

次の

【医師監修】シアリスの特徴、効果や正しい飲み方とタイミング(使用方法)、持続時間について|イースト駅前クリニックのED治療

シアリス 偽物 効果

シアリスは他のED治療薬(バイアグラ、レビトラ)に比べて少々即効性にかけますが、 服用後約36時間と長時間の効果が認められているのが最大の特徴です。 シアリス服用後は勃起した状態が長時間続くのではなく、「勃起しやすい状態」が長時間続きます。 シアリスは食事の影響をほとんど受けませんが食後すぐの服用は効果を弱める可能性があるため、効果的に使用したい場合は食前(空腹時)に飲むのが良いでしょう。 お酒との併用は禁忌ではありませんが大量のアルコールは勃起力を弱めます。 お酒と併用する場合はアルコールの摂取量を少量にしないと十分な効果は得られません。 シアリス錠の使用ポイント シアリスは性的刺激があった時、自然な勃起を助けるお薬です。 性的な刺激があると、陰茎に血液を送る血管が広がって、たくさんの血液が海綿体の中に流れ込み、勃起が起こります。 血管が十分広がらないと、十分な勃起が起こらない、あるいは勃起を維持できなくなり、性交時に支障が生じます。 シアリスは性的な刺激に応じて陰茎の血管を広がりやすくして勃起を助ける働きがあります。 性的刺激に自然に反応して勃起し、それを維持する、その手助けをする薬、それがシアリスです。 シアリスが勃起を助けるのは、性的刺激が加わった時です。 シアリスは性的な興奮を高める薬ではありません。 シアリスはライフスタイルに合わせた 服用が可能 服用約1時間後から36時間後までシアリスの効果は認められていますので、性行為の直前に服用いただく必要はありません。 例えば、朝服用した場合は、次の日の夜まで、また夕方服用した場合は2日後の朝までその効果は継続します。 シアリスの勃起を助ける効果は、 36時間にわたり認められています シアリスは、服用後36時間まで効果が認められており、この間、性的な刺激があった時だけ勃起が起こります。 つまり、シアリスの効果は36時間続くといっても、ずっと勃起が続いているということではありません。 食事のタイミングを気にせず服用可能 シアリスは食事による影響を受けませんので、空腹時、食前、食後のタイミングを気にすることなくいつでも服用できます。 シアリスの場合、夕方に服用し、その後夕食をゆっくり楽しんでいただくこともできます。 勃起障害をきちんと治療するために、 薬の効果、気になることを医師に お伝えください シアリスを飲んだ場合の効果、あるいは好ましくない作用がありましたら、それらについて必ず医師にお伝えください。 医師は増量または減量によって、あなたに合った薬の量を調節します。 シアリスは医師により処方される医薬品ですので、医師の管理の下、正しく使うことが大切です。 シアリスのニセモノにご注意ください! シアリスは「医師の処方」が必要な医薬品(ED治療薬)です。 最近、個人輸入代行業者等を通じて販売されているものの中に、シアリス(英語表記 Cialis)のニセモノが見つかっています。 ニセモノの中には、異なる成分などが混入しているおそれがあり、予測できない健康被害が懸念されます。 インターネット等での個人輸入による安易な使用はお控えください。 Copyright C LIBRA Clinic. All Rights Reserved.

次の

シアリス後発品の「シアスマ」とは?開発会社が謎過ぎる?

シアリス 偽物 効果

1998年のバイアグラの発売以降、ED治療薬は実績を積み重ねビックデータを基に安全な薬剤として市民権を得るようになりました。 またED治療薬は現在肺動脈性高血圧症や前立腺肥大症など他疾患の治療にも用いられるようになりました。 シアリスは食事やアルコールの影響が少ないこと、副作用が少ないことが特長です。 近年世界で最も人気のあるED治療薬で年間の処方数はバイアグラを超えるようになりました。 ユナイテッドクリニック上野・新橋・新宿・東京・大宮・名古屋・京都・福岡博多では皆様にED治療薬を安心して服用していただけるよう、また皆様のQOL(Quality of Life 生活の質)を改善できるようより心がけていきます。 シアリスの効果• 通常量は10㎎。 20㎎まで増量できる。 食事・アルコールの影響をほとんど受けない。 副作用が最も少ない。 心因性ED(妻だけED等)に効果的• 効果の発現に若干の個人差がある。 バイアグラ、レビトラとの大きな違いは食事・アルコールの影響をほとんど受けない薬剤で、服用後約30~36時間と長時間効果が持続することです。 そのため性行為の直前に服用する必要がなく、前もって服用していると自然に性行為に及ぶことができます。 食事・アルコールの影響をほとんど受けない利便性の高い薬剤であるためデートで食事の後に性行為に及ぶ方や旅行中などにも有用でしょう。 海外では金曜の夜に服用すれば日曜まで効果が持続するため、「ウイークエンド・ピル」と呼ばれて人気が高い薬剤です。 また副作用も最も少ないED薬です。 服用1~2時間後から効きはじめ、服用3時間後に効果のピークを迎え、マイルドな効果が30~36時間程度続きます。 シアリスも他のED薬と同様に性欲増進や性感染症予防効果はありません。 10mg製剤と20mg製剤があり、一般的な用量は10mgです。 20mg製剤は10mg製剤で効果の弱い方や、糖尿病などのED症状の強い方に使用します。 シアリスは食事の影響を受けにくい薬ですので糖尿病の方も服用しやすくなっています。 またシアリスは「妻だけED」など心因性EDに効果的であることがしられています。 自慰ではきちんと機能するのに、女性と行為の際だけEDになったり、妻との性行為の時だけEDになったり等、心因的な要素が強い方にシアリスは効果的と言われています。 シアリスの飲み方・服用方法 シアリスは10㎎錠と20㎎錠があり通常は10㎎です。 副作用が少ない薬剤だからでしょうか、ユナイテッドクリニック上野・新橋・新宿・東京・大宮・名古屋・京都・福岡博多では圧倒的に20㎎錠が多く処方されています。 シアリスの効果発現はバイアグラ、レビトラと比べて個人差があることが知られております。 またシアリスは食事・アルコールの影響を殆ど受けないといわれていて食事のタイミングをあまり気にせずに服用できますが、空腹時と比べると効果の発現時間が遅れたり、飲み過ぎ、食べ過ぎたりすると効果が減弱することが知られています。 長時間作用ですので前もって早めに服用するとシアリスの効果を体感して頂けると思います。 やむを得ず食後に服用する場合はなるべく脂っこいものをさけ、腹8分目くらいにおさえ、2時間くらい時間をあけてから服用するようにしてください。 また少量のアルコールはリラックス効果により性欲増進作用がありますが、アルコールはEDを引き起こす可能性がありますのでご注意ください。 顔の火照り感• 目の充血• 鼻づまり• 視野が青色調に見える 上記のようなものが知られておりますが薬の効果がきれると自然と症状は治まりますのでご安心ください。 PDE-5阻害剤の副作用はバイアグラ、レビトラ、シアリスで頻度の違いはありますが、どの薬剤も同様の副症が見られます。 シアリスはバイアグラ、レビトラより副作用の頻度が少ない薬剤です。 もともとシアリス等は血管拡張剤ですのでレビトラの効果が現れると同時に「顔のほてり」、「目の充血」などが多くの方に見られますがこれらは効果発現のサインと思っていただくと良いと思います。 「頭痛」、「動悸」も知られています。 これらの副作用は飲酒の時の症状をイメージしていただくとわかりやすいでしょう。 また薬の効果が消失するころに「鼻詰まり」、「目の奥の痛み」や光が過敏ななり視野や青色調に変化して見えたりすることもあります。 頭痛が気になる時は「ロキソニン」等を服用してください。 ご不明な点、ご心配な点は遠慮なく担当医師にご相談ください。 シアリスを服用してはいけない方(禁忌) 禁忌:以下に該当される方はシアリス錠の服用はできません。 本剤の成分に対し過敏症の既往がある患者• 硝酸薬あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルヒド等)を投与中の患者• 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者。 重度の肝障害のある患者。 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある患者。 網膜色素変性症患者(網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害をもつ症例が少数認められる。 塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者 人工透析中でシアリスの服用は可能ですが効果の著しい増強が知られており、低用量から服用することをお勧めしています。 禁忌薬や副作用などの御不明な点や、御心配の方は遠慮せず気軽に医師に御相談ください。 通販や個人輸入などや医師の処方ではない他人にもらったシアリス等を服用することは危険です。 60%が偽造品であることが明らかになっています。 これは製薬会社の問題ではなく流通の際に偽造品が混入するためです。 偽造品は効果がないだけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。 特にシアリスの偽造品は死亡事故報告があります。 きちんとした流通路で正規の薬剤を入手できればいいのですが患者さま個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は困難です。 偽造品は近年、非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に困難です。 ユナイテッドクリニックでは、きちんとした流通路をもつ医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。 診療メニュー• その他薬剤• AGA治療• 女性用バイアグラ•

次の