ペイペイ オーケー。 ペイペイOKのコンビニはファミマ・ミニストップ・ポプラ。使い方は簡単。

『PayPay(ペイペイ)』が使える『スーパー・ディスカウントストア』まとめ|キャッシュレスJAPAN

ペイペイ オーケー

オーケーストアで「起きたこと」 そもそもオーケーストアは平常時の価格でもかなり価格が安いスーパーとして知られています。 それがランチタイムの11時~14時ならばさらに安くなる。 普通の人は10%オフ、 ソフトバンク携帯かワイモバイル携帯の所有者なら20%オフと大きな差が出ます。 私の場合でいえば日ごろはなかなか手を出せないカルピスバターや、コストコでしか手を出さないジョンソンビルのソーセージ、A5黒毛和牛のロース肉(肩ロースではなくです)など、いつもなら買わない高級品をついついショッピングカートに入れてしまいます。 計算してみると 20%オフならそれらはすべて普段の生活予算で買うことができるわけです。 それで私は興奮しながら、この2ヶ月(このキャンペーンはオーケーストアの場合、7月、8月と名前を変えて同じサービスが行われていた)、週末になるとオーケーに出かけていたのです。 ところが私にとっては不思議な現象が目の前で繰り広げられます。 朝10時45分ぐらいに到着して1時間ほど買い物するのですが、なぜか到着した時間帯でもレジには長蛇の列ができているのです。 数えてみたら30人以上の人がこの時間にレジに並んでいます。 あと15分待ってペイペイ(PayPay)で決済すれば20%安くなるのに、気にしていない。 つまり 「同じ商品が20%安くならなくてもかまわない」という買い物をしているひとが非常にたくさんいるのです。 そして私が会計をする11時台でも変な現象が起きます。 実はペイペイ(PayPay)のようなスマホ決済ができるレジは3箇所しかないのですが、開いているレジ5箇所に均等にお客さんが並んでいるのです。 つまりこの時間帯に4番レジと5番レジに並んでいるお客さんは 20%オフにならなくても気にならないお客さんなわけです。

次の

ペイペイOKのコンビニはファミマ・ミニストップ・ポプラ。使い方は簡単。

ペイペイ オーケー

もくじ• コード決済(スマホ決済) スーパーのオーケー(OKストア)で使えるコード決済は、以下の通りです。 (2020年1月30日現在) ・PayPay(ペイペイ) ・LINE Pay(ラインペイ) ・楽天ペイ 対応していないコード決済は、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイ、などです。 クレジットカード オーケーでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。 楽天Edy、WAON、nanacoには対応していません。 そのほかの支払い方法は? オーケーでは、ビール券・おこめ券などの食品ギフト券が使えます。 株主優待券はありません。 この割引は、現金払いのときのみ有効です(ただし、PayPay・LINE Pay・楽天ペイでの支払いも、期間限定で割引対象となります)。 クレジットカード・電子マネーなどで支払う場合は、割引が適用されません。 会員カード発行費用は200円(税込。 現金払いのみ)で、入会金・年会費は無料です。 サービスカウンターで郵便番号のみ伝えれば発行できます。 オーケーとは? オーケーは、首都圏エリアで人気の激安スーパーです。 安いだけでなく、高品質な商品が買える点も支持されています。 近隣のほかのスーパー(競合店)よりも高い商品があれば、対抗値下げも積極的に行っています。 レジ袋は有料(1枚6円)。 段ボールは無料。 消費税軽減税率への対応 オーケーでは、日用品・酒類などは消費税率10%の標準税率が、飲食料品は消費税率8%の軽減税率が適用されます。 「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」の対象外です。

次の

『PayPay(ペイペイ)』が使える『スーパー・ディスカウントストア』まとめ|キャッシュレスJAPAN

ペイペイ オーケー

ディスカウントストアのOKストアで、QRコード決済のPayPay(ペイペイ)とLINE Pay(ラインペイ)が使えるようになりました。 【追記3】2019年10月1日からは、常時1. PayPayが使えるOKストアの対象店舗は? オーケーストアは関東地方に出店をしているスーパーマーケットですが、今回スマホ決済のPayPayとLINE Payが使える対象店舗は、全店舗となります。 ただし、オーケーストア一番町店だけは対象外となるので注意しましょう。 レジの並ぶ所に「 スマホ決済 対応レジ LINE Pay PayPay」と書かれた旗が立っているレジで、スマホ決済が利用できます。 今回訪れたOKストアでは、PayPayとLINE Payに対応したレジは4つありました。 【追記】その後、私がよく訪れているOKストアでは、全てのレジでPayPayとLINE Payが使えるようになりました。 OKストアでのPayPay支払い方法・手順 オーケーストアでPayPayを使って決済をする手順は以下の通りになります。 また残高の確認も忘れずに。 まずはレジでオーケーストアの会員カードを提示します。 レジの店員さんに「支払いはPayPayで」と伝える。 お買い物の合計金額が出たら、店員さんがお店専用のQRコードを提示してくる。 そのQRコードを、自分のスマホカメラでスキャンする。 支払い画面になるので、レジの画面に表示されている合計金額を入力し、「支払い」ボタンを押す。 決済が完了すると、OKストアのレシートが渡される。 手順4-5は不正防止のため、店員さんに画面を見せながら「支払い」ボタンを押す必要があります。 今回はPayPayでの支払いでしたが、LINE Payでも同じ手順です。 その金額をPayPayで支払ったので、今後残高に付与される PayPayボーナスは136円となります。 そのため、手数料無料期間中にはPayPayかLINE Payで決済をするのが、一番お得でオススメです。 【注意】LINE PayでのQUICPay払い LINE PayではQRコード決済以外に、QUICPayでの支払いも可能です。 PayPayの100億円還元キャンペーンは終わってしまいましたが、現在でも最大1. お酒や本みりんはOKストア会員割引対象外なので、PayPayの1. 日用品もOKストア会員割引対象外なので、PayPayの1.

次の