車 ナンバー 検索 あおり。 迷惑車ナンバー共有で「あおり運転」防ぐ? 投稿サイトの効果と課題

迷惑車ナンバー共有で「あおり運転」防ぐ? 投稿サイトの効果と課題

車 ナンバー 検索 あおり

82 ID:nnwUtvfQ0 BE:468394346-PLT 15000 あおり運転など乗用車やバイクによる迷惑行為の多発を受け、被害者が車両のナンバーを 投稿できるサイトが注目を集めている。 SNS上では歓迎する声がある一方、プライバシーの面から懸念もあがっている。 社会問題化するあおり運転をはじめ、信号無視や無断駐車など車やバイクの迷惑行為をデータベース化 した2つのサイト「number」「Number Data」が、脚光を浴びている。 前者は19年1月、 後者は19年3月に開設され、8月10日に起きた常磐道でのあおり運転暴行事件の後にSNSでの言及が急増した。 いずれもサイトの意義に「迷惑行為の抑止」を掲げ、被害に遭った人が (1)該当車両のナンバー(2)発生日・場所(3)具体的な被害?? などを投稿し、 共有できる仕組みだ。 numberは「テスト運用中」とあり投稿数は少ないが、Number Dataは 1万件(2019年8月15日時点)にのぼる。 43 ID:9y9FUTFF0 プライバシーより、嘘投稿でも簡単に載ってしまうのが結構、怖い。 嫌な目にあった理不尽な怒りや恨みを登録してすっきりするだけの隠キャサイト。 やるなら煽り情報とドラレコ映像を取りまとめて警察と陸運局に通報するとこまでやってくんないと。 ドラレコを警察に提出っていうの処理が妥当だと思う。 66 ID:Smtsaonx0 20年ぐらい前は当たり屋情報の紙が出回ってたけど、あれはなんだっただろう。 そもそもそんな当たり屋ナンバー割れてるなら警察が捕まえる。 98 ID:2dipXBso0 無駄って書いてる奴も多いが、黒ナンバー、緑ナンバーはガンガン晒した方がいい。 複数回上がってる奴は危険度高いと運輸支局なりトラック協会なりに通報できる。 あと運転手の安全教育ね。 会社とナンバーと煽られた場所と時間特定できれば確実に運転手か会社にダメージ与えれるよ。 95 ID:fR1BRImq0 私怨だとか逆恨みとか書いてる人居るけど、 サイトがでかくなって認知度上がれば、むしろ登録されてるやつほど当人は煽られなくて済みそうでは有る。 ま、だからこそ事後に検索することには意味あるかもしれんけど、どこかで「あ、このナンバーだ」とかいうことは結局無いか。 煽られたって言ってくる奴って、本当に煽られたかどうかなんて確認してないから。 俺もよく煽っただろと言って車止めて怒鳴り込まれることが多いんだけど、 クラクション鳴らしただろ!とか言われても、いや、それ隣の車なんですけど、、、 みたいなことばっかりで、煽られたという主張する奴って、車種とか見て勝手に被害妄想してるだけ。 あとはその会社に電話して、運行管理者さんにこのナンバーの車両のこの時間帯のドラレコチェックしてみてくださいって伝えるだけ。 悪質ならトラック協会に直接でも可能。 意味ないどころか反撃のための恐ろしい武器として使える。 そしたら俺車の四方にカメラつけて通報しまくるよ。 5ch. 名無しのドライバー• 2019年08月19日 18:22• 煽られ運転だとか煽られる方が悪いとか言ってる人は飛ばしすぎてたり車間詰め詰めだから前の車に対応出来てないだけでしょ? 世の中色んな人がいて運転能力も様々だからどんな時でも余裕の持てる運転をするべき 無駄に車間を詰めない流れより無駄に飛ばさない 無駄な追い越しはしない 到着時刻なんてそこまで変わらんよ 特に下道 流れと速度差があるのは遅い車も速い車も同じだが、より重大な事故が起こりやすいのは速い車の方です だから、遅い車、ノロノロした車に文句を言う前に自分が自制した速度で流れに合わせて走るようにしましょう 異常に飛ばしたり車間詰め過ぎたりしない限りそんな危険な状況は生まれないですから 心に余裕を持って走ることです•

次の

韓国の新ナンバープレート、日本車にとっては「死に神」?|レコードチャイナ

車 ナンバー 検索 あおり

など乗用車やバイクによる迷惑行為の多発を受け、被害者が車両のナンバーを投稿できるサイトが注目を集めている。 SNS上では歓迎する声がある一方、プライバシーの面から懸念もあがっている。 前者は19年1月、後者は19年3月に開設され、8月10日に起きた常磐道でのあおり運転暴行事件の後にSNSでの言及が急増した。 numberは「テスト運用中」とあり投稿数は少ないが、Number Dataは1万件(2019年8月15日時点)にのぼる。 例えば、「クラクションを鳴らされ車間をつめられて急な割り込みをされ、急ブレーキをかけられました怖かったです」「氷結を飲みながらの運転」「常習犯? 火の付いたタバコを捨てる。 迷惑極まる」などと書き込まれており、トラブル時の画像や動画も投稿されている。 Number Dataはデータの蓄積を主眼にするが、numberは警察や国土交通省など関係機関への情報提供も代行するという。 ツイッター上では、「皆様まず自分の車が掲載されていないか検索しましょう。 無意識のうちに煽ってるかもしれません」「警察にはこのサイトを常にチェックしてほしい」と評価する声が目立つ。 弁護士の見解は? その反面、プライバシーの面や虚偽投稿を懸念する声も少なくない。 車両ナンバーの公開は問題ないのか。 IT法務に強い深澤諭史弁護士は取材に対し、「ナンバープレートだけでは個人情報ではありません。 個人情報は個人を特定出来る情報か、あるいは、他の情報と容易に照合して個人を特定出来るものをいいます。 ナンバープレートは、数字等の組み合わせなので、それだけからは個人を特定出来ません。 また、登録を調べれば特定はできますが、容易に照合できるとまではいえないからです」との見解を示す。 しかし、「個人情報に該当しなくても、個人情報ではない情報の公開で、第三者に違法に損害を与えれば、責任を問われる可能性があります。 これはよくある勘違いですが、個人情報でなければ問題ない、ということではありません」と留意すべき点があるという。 「同サイトは、直ちに罪に問われる可能性は低いです。 もっとも、デマの投稿を(暗にであっても)知りながら放置するとか、管理責任を全うしない場合は、民事上の賠償責任を負担する可能性が高いでしょう。 また、デマを投稿した場合、投稿者の責任も問われる可能性があります」(深澤弁護士) サイト運営者の対策は… は、これまで投稿後に問題がないかチェックし、削除依頼にも応じていたというが、担当者は取材に「8月15日から事前確認のシステムが完成しましたので、サイトに実装いたしました。 今後はスタッフによる確認後にサイト内に反映される仕組みになるので、投稿内容が明らかないたずらであったり、投稿内容に不自然な点がある場合、特定の相手に対しての執拗(しつよう)な投稿などは掲載されなくなりました」とさらなる対策を講じたと明かす。 現状は本業のかたわらとして4人が運営に関わっており、「デリケートな趣旨のサイトであるため、速やかに対応できる体制を整え、弁護士を交えて法律面でも整備されたサイトを目指していけたらと思います」(担当者) 一方、numberでの対策は、投稿後のチェックと削除対応のみにとどまっている。 代表である40代男性は取材に「個人的な趣味の延長で運営しており、かけられる費用と人材をサイト開設前に検討した結果、悪意を持って利用する人間に対する未然の防止対策をすることは現実的ではないと判断しました」と答える。 ただし、目視で確認できない数の投稿が集まった場合は、AI(人工知能)などに対応したプログラムを実装予定だとした。 一言コメント 今後、さらに注目されそうなサイトだ。

次の

【あおり運転】急増する車のあおり運転 悪質運転するナンバーを1万台調査しランキング 1位は? : くるまにあ速報

車 ナンバー 検索 あおり

あおり運転・悪質ナンバーの投稿 Number Data 迷惑車ナンバー共有HP メリットとデメリット 茨城県の常磐高速道路で「あおり運転」さらには「殴打暴力」をした事件で、警察は傷害の疑いで指名手配していた宮崎文夫(43歳)をついに逮捕しました。 (同乗していた女も逮捕) あれだけ証拠があるのに逮捕に何を時間がかかっているのか!?、あういう危険な男は厳罰を!、同乗していたガラケー女にも厳罰を!、、、フェイク・デマ拡散、虚々実々織り交ぜ、このお盆の暑い日本列島を揺るがした大きなニュースでした。 お盆期間中の高速道路で被害者側の車を「あおり」、高速道路ど真ん中で車を無理やり止め、5発殴打、さらにはうしろから走っている車も巻き込んだ可能性も高かった、まさに常軌を逸した凶悪事件。 逮捕後の今後の行方は警察や報道にゆだねるとして、本記事では、 車体ナンバー等の情報で悪質行為を投稿できるサイトを紹介したいと思います。 そしてもうひとつ、相手の迷惑車のナンバーを控えて、すぐに車体ナンバーを入力し、動画も投稿すると、悪質な行為が全世界に拡散、利用者はそれを閲覧できるというサイトです。 あまりの反響の大きさにサイトは見れない・閉鎖?されています。 ) この迷惑車ナンバー悪質行為共有サイトですが、メリットもあればデメリットもあります。 どこまで個人情報が割り出されるか? 利用する側のリスク 利用される側のリスク 大きな課題をはらんでいただけに閉鎖(見れない・検索できない)状態になっています。 (不安定な状態) 僕がアクセスしたときは利用できました。 個人的なうらみのためのデマやフェイク情報を意図的に投稿した場合は、民事裁判に発展する可能性もあります。 投稿される情報の制度や信ぴょう性を高めるために、運営者側はAI 人工知能)の搭載も視野に入れているとのことです。 以下は現時点での僕の見解です。 利用上の注意 個人運営サイトのようであり、運営者情報がいまのところ怪しい(?) 個人情報を入力するのはまだ控えたほうがいいかな? 僕は自分ちの車の情報を入れて検索してみましたが。。。 上の画像からも確認できます。 すぐにやったのはエゴサーチですね。 すなわち自分の車のナンバーをいれてみる。 うちは悪いことをやっていないので、検索結果は、「検索結果がありません」と出てきました。 上の画像が検索結果です。 他人からは何も投稿されてなかったことに、とりあえず安心はしました(笑) アクセス集中のときは利用できませんが、空いているときは閲覧や利用もできますので、どんなものか確認してみましょう。 ただし、個人情報は入れないほうがいいです。 スポンサーリンク どうやって車社会リスクから身を守るか 都会では交通網が発達してますので歩く距離で公共の交通機関を利用できます。 田舎や郊外で暮らせば分かりますが、生活するためには車の利用が必須です。 そして、車のリスクは高齢化社会の大きな課題です。 あなたはいつ被害者になっても、もしくは、いつ加害者になってもおかしくはないからです。 本当に恐ろしい社会になりました。 原則・鉄則はこれです! 自分の身は自分で守りましょう! You should defend your own life. 下記の車関係のリスクヘッジもあわせて読んでください。

次の